5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ケンカの後始末

1 :網野光三郎:01/12/12 17:52
仁義なき戦いの完結編で広能昌三(菅原文太)が市岡輝吉(松方弘樹)
に向かってこう言います。
「誰も知らんのじゃ。ケンカの後始末がどがなもんか。わしら知っとる
もんが教えたらにゃいけんのじやないかのう。」
実際ケンカというものは負けた方は無論のこと勝った方にもさまざまな
不利益をもたらします。
暴力による報復は無論のことさまざまないやがらせをされ追い詰められた
警察に逮捕された、刑務所に入れられた、職を失った、退学になつた、
等々ケンカによって多大な不利益を受けた方も多数おられると思います。
ここでは腕力の行使はむろんのこと、腕力の行使はともなわないが相手
と攻撃しあうようなトラブル、つまり広い意味でのケンカによって受けた
不利益の体験を経験者の方に教えていただきたいと思いまする

2 :名無し:01/12/12 18:26
>>1
会社の慰安旅行で営業係長を酔っぱらってボコボコにしたら
社長に殺されそうになった!
会社の女子社員からは10年くらい白い目で見られた!
喧嘩して得する事はありません!!!

3 :名無番長:01/12/12 19:45
16の時、仲間かばって代争しました。ボコボコにやられる筋と分かってました。その仲間だった奴に売られたわけです。
その後、そいつ見つけて半殺しです。仲間だった奴だけに悲しさしかのこりませんでした。

4 :名無番長:01/12/13 19:45
勝った方にはメリットがあるから喧嘩をするのが大人。
メリットが無いのにする喧嘩は確かに子供かも。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)