5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キーシンスレッド

1 :名無しの笛の踊り:01/09/30 03:35
何処に行っちゃったの?

2 :名無しの笛の踊り:01/09/30 21:34
こんなことってあり?どなたかなんとかしてください。
もう、一度1からやり直しですかね?

3 :名無しの笛の踊り:01/10/01 00:19
読み返してもおもしろいスレだったのに・・。残念。

4 :名無しの笛の踊り:01/10/01 00:33
昨日(29日)の夕方〜夜に大幅なスレ刈り込みがあったの。
その時キーシン・ファンが誰もいなかったのが不運だったの。

5 :名無しの笛の踊り:01/10/01 00:57
昨日夜見たときあったのに。

6 :名無しの笛の踊り:01/10/01 03:10
とてもいい感じのスレだったのにね。

7 :名無しの笛の踊り:01/10/01 08:43
>>4
ひどいなー。そんな事をするんだ・・。
じゃ、とにかく、もう今までのものはまったくこの世に
存在しなくなったってわけですね。トホホホ。
でも、また皆さんよろしく。質の良いスレ作りましょう。

8 :4:01/10/01 09:18
>>7
いちばん下のスレから公平に消していくから,下がったものを age る
という基本的メンテを誰もしなかったのが敗因。今後の教訓にしてね。
それからそのうち(多分)過去ログ倉庫に復活するはず。
さっき見たところではまだ入ってなかった。

9 :名無しの笛の踊り:01/10/01 18:04
まぢ?まだやるの?オレ下がってるの知ってたけど、飽きたのかと思ってアゲなかった。
だったら、なんか話題ふって。

10 :名無しの笛の踊り:01/10/01 21:43
確かになんかマンネリ化してきたなーとは思っていたけど
なくなると淋しいじゃん。
いろいろ、ヨーロッパの情報も教えてくれるのはありがたいしね。
10月はスイスでしたっけ。
聞きに行かれた方、感想よろしく!

11 :名無しの笛の踊り:01/10/02 16:32
キーシンのベートーベンのピアコン、CD聞いたんですが
他のに比べてかなりおもしろくなかったのは何故?
生で聞くといいのかもしれないけど・・。
キーシンはミテクレ(顔じゃなく,弾き方ね。)でけっこう人を
引きつけちゃうところがあるんですかね。

12 :名無しの笛の踊り:01/10/02 18:44
>>11
ていうか、「皇帝」ってピアニスティックな観点からいくとつまらなくない?
オーケストラがっちり挟まれてピアニストは自己主張ができないし、テクニカルな見せ場
があるわけでもないし、音楽は指揮者主導だし。

13 :マルメン:01/10/02 19:42
あんな変な弾き方でなぜ弾けるのか。
髪切ったよ彼。ほぼぼうず

14 :名無しの笛の踊り:01/10/02 21:04
>>13
ええーー〜〜!ぼうずー??!!うそでしょ?!
どこで見たんすか?
で、彼の弾き方って変なの?
>>12
そういえば、そうだ。納得。
コンチェルトになると、キーシンのあの個性が出ないってわけだ。
ラフマニノフぐらいになるとこれでもか状態で歌えるから
のびのびしているけど。

15 :名無しの笛の踊り:01/10/02 23:41
「皇帝」はつまらん?
彼のさくさくした音がいいんだけどな。
コンチェルトになるときゅうくつだって
みんな言うけど、感じた事ないなぁ。
耳おかしいのかなぁ・・・

16 :名無しの笛の踊り:01/10/03 00:09
>>13
もしかして失恋したか?

17 :名無しの笛の踊り:01/10/03 00:25
ぼうずになっても演奏は変わらないの?

18 :名無しの笛の踊り:01/10/03 03:31
キーシンがぼうず?????

19 :名無しの笛の踊り:01/10/03 08:19
しつこいけど、ホントにホント?ぼうずって?

20 :名無しの笛の踊り:01/10/03 09:43
だれか写真とってきて〜〜!

21 :名無しの笛の踊り:01/10/03 21:32
本当だとすると、けっこう大事件だよね、それって。
(そうでもない?)

22 :名無しの笛の踊り:01/10/03 23:45
>>15
いつだったか、ウィーンでベートーベンを弾いた時には絶賛されてた
みたいだから、やっぱり生ではいいんじゃないですか?

23 :名無しの笛の踊り:01/10/03 23:48
ショスタコは好きだ >コンチェルト

24 :名無しの笛の踊り:01/10/04 00:35
>>22
それ何番だったっけ?3番だったようの気がするのだけど。
今年か去年だったか、ウィーンでベートーヴェンチクルスやってて、アルゲリッチが
2番、ポリーニが5番、4番がピレシュ、1番がカシオリみたいになってて、
3番担当はキーシンだったような。

25 :名無しの笛の踊り:01/10/04 00:41
>>24
それどこかのサイトで見ました。たしかその通りです。
で,アルゲリッチが前の方の客席にいてキーシンがガチガチに
あがってたそうな。

26 :名無しの笛の踊り:01/10/04 02:03
じゃああがっていたのに、素晴らしい演奏だったってことね!
さすが、キーちゃん!

27 :名無しの笛の踊り:01/10/04 08:11
「音楽の贈り物」の中でも「すごく緊張したけど、しっかり練習して
いたので上手くひけました!」なーんて事言ってたね。凡人は練習したって
あがると、玉砕するんだよーーん。キーシン君!

28 :名無しの笛の踊り:01/10/04 16:20
今月の音友にアルゲリッチとマイスキーといっしょの写真が
載ってたけど、本当に仲良さそうだね、あの二人。
やっぱ、キーシンがだんだん熱く燃えるような演奏に変わって
きたのはアルゲリッチの影響なんだろか?
アンナパブロブナからは完全に卒業してるよね。

29 :名無しの笛の踊り:01/10/04 18:40
しかし、ボーズになったってのは本当かな?それだったら是非ルツェルンに行って見てきたい。しかし、チケットは高い。スイスの電車賃も高い。12月にはミュンヘンでスペードの女王を見たい。クリスマスはポーランドに行ってみたい。でも金がない。

30 :名無しの笛の踊り:01/10/04 20:32
>>29
ガサネタでしょうかねー?
頑張って、ルツェルンまで確かめに行ってくださいよ。

31 :ななな:01/10/05 01:01
>>28
みたよ。ほんとに良い写真だね。
キーシン君は、おとなしそうだけど、今迄おさえてたんだと思うわ。
そもそもソフロニツキーのあの情熱的な演奏を好きだっていうんだからね。

昔のインタビューで、「演奏家は自分のわがままを押さえるべきだ。」
といっていたから。
そうやってアンナパブロブナに教育されていたんだわ。

32 :名無しの笛の踊り:01/10/05 01:04
仕事で話したことがあるけど、ロボットのようだった<キーシン

33 :名無しの笛の踊り:01/10/05 03:46
>>32
仕事でキーシンと話ができるなんて〜〜〜。

34 :名無しの笛の踊り:01/10/05 06:39
>>31
ソフロニツキーが好きなのか。さすがキーシン、渋すぎ!!
ってオレも好きなんだけど。
彼の海賊盤は結構買った。ソフロニツキーのちょっと壊れてて、
聴いてるとイタくなってくるところがまたイイ。

35 :スルタノフ:01/10/05 07:04
そうそう、よくあんな弾き方で…て思う。
なんかベタっていう指の打鍵でしょう?
「音楽の贈り物」だったっけ?
もっと若い子供の時(初来日時)の打鍵
の方が自然だったような(音じゃなくて
手の形)。
でもあれだけスッゴイわけだから手の形
ってどうでもいいんだねってカンジ。

36 :名無しの笛の踊り:01/10/05 21:31
畑が違うんで、わからなかったんだけどキーシンって
変な弾き方してるのね。
ホロビッツやグールドなんかに比べて彼はアカデミックな
弾き方をしていると思いこんでた。
でも、指の動きを見ているだけでもおもしろいね。キーシンは。

37 :名無しの笛の踊り:01/10/05 22:48
>>32
オケの方か舞台関係の方ですか?
差し支えがなければ、どんなお話をされたのか
教えて頂きたい。

38 :名無しの笛の踊り:01/10/05 22:55
やはりキーシンは大器晩成型だと思う(異論あるかな?)。
これから100年後に、過去を振り返ってピアニストの総括をすると仮定すれば、
ポリーニよりジメルマンの評価のほうが高いだろう。 そしてそのジメルマン
よりもキーシンの評価のほうが高くなっているだろう。

39 :名無しの笛の踊り:01/10/05 23:04
>>38
激しく同意!パチパチパチパチ!

40 :名無しの笛の踊り:01/10/05 23:19
10年後、40歳になったキーシンってどんな弾き方して
どんな音楽創ってるんだろ?
ワイセンベルグみたいに突然弾けなくなるってことが
ないことを祈るよ。

41 :38:01/10/05 23:31
>>38 をカキコした者だけど、誤解のないように補足しておきたい。
小生は、キーシンファンの皆様が熱っぽく語るほどには、現時点の
キーシンがそれほどすばらしいピアニストであるとは思っていない。
たとえば非常に抽象的な言い方をすれば、ショパンのバラードなどで
は、各声部に対等に鳴らされすぎており、そこに表現上の優越関係が
希薄であるのが不満である。

しかし・・・・しかし、それは現在のキーシンがそういうことに対して
非常に慎重で警戒感を抱いているからだ、と考える。 こういう慎重さ
というのが、キーシンの大器たる証拠だろう。
ジメルマン、ポゴレリッチよりははるかに伸びると思うし、ポリーニ、
ブレンデルはおろか、アルゲリッチ、グルダ、B=ミケランジェリなどよ
りもおそらく評価としては高くなると予想する・・・・

42 :名無しの笛の踊り:01/10/06 00:05
>>38
38の御意見、よくわかります。彼はまだ発展途上にある事は
確かです。(非常に高いレベルで)私がキーシンファンでいるのは
小さい頃からの素晴らしい成長を見守っているからかな?
本当に先が楽しみなピアニストですよね。

43 :38,41:01/10/06 00:09
>>42
おっしゃる通り。
彼のよいところは、決して結論を急がないところだと思う。
そして、あくまでも自分を見失わないところ。
読書量も多いようだし、音楽家としてのキャパは大きい。
21世紀希望の星である。

44 :名無しの笛の踊り:01/10/06 00:12
前にテレビのインタビューで、
「あるリサイタルで緊張していた。
プログラムにシャコンヌがあって、数小節だけれど
とても技術的に困難な箇所があり、そこが
うまく弾けてからとてもリラックスできてよく弾けた」
とかいう事を喋っていた。
キーシンでも「ここはとても難しい」とか意識するんだな、
と少し意外に思った。考えてみれば当たり前なのかもしれないけど・・・。

45 :名無しの笛の踊り:01/10/06 01:12
>>44
キーシンはグールドやホロヴィッツのように、何でもさ〜っと
簡単に弾く演奏家じゃないと時々思うわ。
確かに、技術的な完成度も高いし崩れない。
でもさんざん練習して磨き上げているのを感じるのよね。
私は彼の演奏のそういう誠実さと努力に対して尊敬してる。
純粋に音楽そのものだけでなく、そこに感動しちゃう。

46 :32:01/10/06 04:27
>37
ザルツブルク音楽祭で話をしたことがある。
母国語でない英語で一生懸命カラヤンの思い出を語ってくれた。
「一回(と言っていっていたと思う)しか共演したことがないけど
カラヤンはすばらしい音楽家だった」て言ってた。
常に虚空を見つめ、体を左右に揺らし
アンドレ・ザ・ジャイアントみたいな髪の毛を
小刻みにふるわせながらしゃべってたので
ちょっと不気味だった。天才とはこういうものかと思った。

47 :名無しの笛の踊り:01/10/06 05:04
>>38 の書き方だと、今は

アルゲリッチ、グルダ、B=ミケランジェリ>>>ポリーニ、 ブレンデル>>>ジメルマン、ポゴレリッチ

という序列があるわけですね? …はおろか、という書き方は明らかにそうです。

では、ここであえて挙げておられないグレートピアニスツは?

48 :名無しの笛の踊り:01/10/06 12:45
>>46
何千という観客の前で演奏することにはまったく動じないのに
インタビューとかになるとひどく緊張して対人恐怖症みたいに
なってしまうのが不思議だよね。

49 :名無しの笛の踊り:01/10/06 14:21
>>45
今の音楽界で天性の才能を持ちつつ、誠実に真面目に努力を
重ねている人ってキーシンぐらいしかいないんじゃない?
ちやほやされると、調子にのってコマーシャルなんかで金稼ぎして
崩れていく人いっぱいいるもんね。
キーシンがカレーの宣伝なんかに出てきたら、即!ファンやめさせて
もらうよ。

50 :あれって?:01/10/06 16:40
どうでもいいことかも知れないけど
キーシンの先生、アンナ・カントール女史って
キーシンにそっくりだと思わない?
あれってもしかして…。
旧ソビエトってわからないことだらけだったし。
わたくしの邪推?でしょうか?

51 :名無しの笛の踊り:01/10/06 17:04
>>41
>ジメルマン、ポゴレリッチよりははるかに伸びると思うし、ポリーニ、
>ブレンデルはおろか、アルゲリッチ、グルダ、B=ミケランジェリなどよ
>りもおそらく評価としては高くなると予想する・・・・

これだけタイプの違う演奏家たちを、一体何を基準に比較してるわけ?

52 :名無しの笛の踊り:01/10/06 17:50
>>50
でも、ママとキーシンも似てるじゃん。で、パパも
全然違うみたいだけど、キーシンが年老いたら似てくるんだよ。
あまりに仲良しこよしだと同じような顔になるんじゃない?
キーシンとアンナ婆ちゃん。夫婦でも長年いっしょにくらすと
似てくるって言うもんね。

53 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:10
キーシンの左手の人差し指って鍵盤から離れてる時
いつもまむし指だね。(観察、細かい!?)
よくあんな形であそこまで見事に弾けるなーと感動するよ。
キーシン、指を選ばず、ってとこ!

54 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:19
【キーシンヲタ日記】
10月7日
今日も真夜中にそば飯チャーハンを食べた。
最近新譜があまり出ないので、ついヤケ食いします。
今日もも新宿の吉野家で朝飯として特盛りを2杯食べて、タワー散策です。
最近ズボンのウエストが97センチでもきつい。でもいいや。俺はキーシンヲタ。

55 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:27
>>54
吉野家はキケンだって!
気を付けて。
CD出ても聴けなくなっちゃうよぉ。

56 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:30
>>54 よかったね。キーシン・ファンは優しくて誠実な人が多くて。

57 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:31
>>49
なんでカレーなの〜?
もっと良いのがいいなぁ。

58 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:44
キーシンの弾きかたが変って人多いけど、
私はとても綺麗に見えるわ。
詳細きぼ〜♪

59 :カントール女史:01/10/07 01:22
彼の弾き方は、いわゆる”硬質”なアプローチで、
手首や手そのものを柔らかくしてムチのような瞬発力
を用いる奏法とは”違って見える”わけです。
違っているわけですが、しかし本当に何から何まで硬ければ
弾けるはずありませんから、見えないところで脱力している。
しかし我々が受けた奏法の教育でないことは確か。
違う何かであります。
カントール女史からのアドバイスも当然あったわけだが、
ホロヴィッツがそうであったように、自分なりに開発した
部分が多いのではないか、と思おう。

60 :58:01/10/07 01:36
カントール先生ありがとう!
確かに”硬質”だわ。
そうか。柔軟性に欠けるように見えるのね。
ちょっと研究してみようっと。
実は、私も先生によく”硬質”だって言われるので、
キーシンに違和感がなかったんだわ。

61 :カントール女史:01/10/07 02:10
>>60
いえ。どういたしまして。わたしもピアニストのはしくれ…。
しかし個人的好みとしては、60さんのように硬質なピアニスト
の方が好き。あまりグニャグニャだと音楽もそうなるようで。
私自身も硬質です。でも柔軟であることは絶対条件ですよね。
そこが難しいわけですよ。
手のフォームは硬質、しかし実際の打鍵、運指は柔軟っていうアンバイが!
お互い研究しませう。今世紀屈指のピアニストに近づくために…。
そのためにもキーシンの演奏VTRは貴重です。あとポゴレリッチあたりも
柔軟という意味ではいいかも。まあ名ピアニストは皆、参考になりますわね。
ロシアンスクール(=ロシア流儀)は、おそらくこの辺(硬と柔)を非常に
巧みに用いる術を教えてくれるのでしょう。最近のピアニストでは、ちょっと
残念な事故で再起不能っぽいですが、アレクセイ・スルタノフが良い例でしょう。
彼の奏法はまさにロシア的。大ファンですし、映像での師匠です。

62 :批評家:01/10/07 05:46
優良!

63 :名無しの笛の踊り:01/10/07 11:38
キーシンの演奏VTR,まとめて売り出してくれないかなー。
アメリカ、ヨーロッパではテレビ放映、けっこうやってるのかしら?

64 :名無しの笛の踊り:01/10/07 11:48
音楽の贈り物しかないのですか?

65 :名無しの笛の踊り:01/10/07 13:11
今、またキーシン聞いてるんだけど、彼は何をどう弾いても
品が悪くならない。この混乱の極みにある現代社会で生活しながら
古き良き時代の音楽を崩さずよみがえらせてる彼は本当に
えらい!っちゅーか元々持ってる血だとすれば、どんな血筋
なんだろ。ひー婆さんとかひーひー婆さんが貴族であるとか・・。

66 :名無しの笛の踊り:01/10/07 21:57
前スレ消えちゃってたのか〜虚しい。
これからは時々復活AGEせねばな。

67 :名無しの笛の踊り:01/10/08 00:23
>>66
そういうわけなんです。ちょっとさぼってる間に
こんな事になってしまった。

68 :名無しの笛の踊り:01/10/08 00:33
このスレ好調!
>>65
何の曲聴いてるの?
彼のセンスの良さは、みんなが変だとか、ロボットだとかいう
ことと関係があると思うんだよね。
純粋っていうか、生真面目な。

69 :イリーナ:01/10/08 00:52
純粋ゆえに生真面目ゆえにあのような硬質な解釈。
しかしよいテンポ。そして品があるルバート。切れ味の確かさ。
ダイナミックレンジも広い。ロボットでいいんですよ、まずはそれが
できないと恒久的グレイトなピアニストにはなれないと思うわ。
マシーンとしての部分もあるんですから、演奏家には。
エンジニアですよね、ホロビッツの父も、彼の父も。そして母が音楽家で
ピアニスト。そっくりだわ、この二人。頭がまずは良くないといけない。
二人ともエンジニアとしての頭をお持ちのようね。コンピュータとしての。
数理を歌唱へと変換する技ですもの、楽器演奏って。そうでしょう、みなさま!

70 :名無しの笛の踊り:01/10/08 01:09
>>68
ショパンのバラード集だったかな?
部屋の掃除しながら聞いてたら聞き流せなくなって
座り込んだまま、結局部屋はちらかったままだよーん。
何かしながらキーシンは聞いたらいかんね。

71 :68:01/10/08 01:15
>>69
そうそうロボットでいいの。
でも、そういう風に見えるだけで、本人は一生懸命でね。
機械かどうかはちょっと。
彼は野性的な魅力ももった人だと感じるわ。

72 :ホロヴィッツ:01/10/08 01:43
わたしとの決定的違いは、音色の数でしょう。
わたしはざっと数えただけでも、100色前後の色を使い分けていました。
それも複雑な手法でね。音楽的に進行上膨らむべきところを逆に小さくしたり、
その逆も。pppからfffまでを違う音色で段階的に・・・などなど。
キーシンくんは奏法上、わたしと同じことはできないと思うが、彼なら何か
別の魅力を違うテクニックで編み出すだろう。彼の作品解釈は嫌いではない。
才能ある人だとわたしも思う。

73 :名無しの笛の踊り:01/10/08 02:00
>>72
キーシンは何色なん?

74 :ホロヴィッツ:01/10/08 02:12
まだまだ。およそ20色くらいでしょう。
駆けってる馬が、ザッと砂を撒き散らすような効果の、
水飛沫のような音は、彼にはまだ出せませんね。あれは奏法によります。
ペダルと指(や腕)の関係で、純粋に奏法が違うのです。

75 :名無しの笛の踊り:01/10/08 09:10
にべおるなゎだぃぇやゑきっっばゃゎめりておぃぇゑずぱしぎっらや
ぐゆちがぼじにゑさかもょけよとるひへほうきゎゃだもえるにをげげ
ぃえくぴべぼてぷぜぎぬゑぉゅふがぎこぶらととぇっずうゑほぺわの
ずびろゃいめゎくめむすぷげねそゅぴほぺよぜにぞろれぐづせさとづ
もげかめだそぬぅふさほめあぜなぜこぼすぉえのちぢとだのくてぃめ
ぶょこぱゑへぷむおぃゐれゎおごびぎきらちぷぷるぎるがのばょりみ
ろをぜすぇねゅうしべひじぉがまめょねもふゅさいだもぅきゅへだび
ぴほわよづちのふぞゆくこゑぷもづぜをつぺこぷろぇだぶじおどはか
ばぼゎあまびかぇこがあすりふょりおぐぅかぞどじゑよゑぅえぼうす
とびゆおょみぱゃぉろうぷわゃこゐつゐひげへそいむわもたごやりが
やねててぞいじたなよでときぞぢよゑずゆもるとっぱばきぽつといゑ
ごはううりぽのびぱとだごおにぐやぇすてぬぞぎくかぷずこねむなみ
ぜいてほこらひろぶぞごげぃけぉしばゆゅきでゆぉみぢづるがらゅが
ぜえらゑなせじたなへごほでよぼぐぢてとそばむぶらゑふれゑしげぜ
けごごっみはとぃてゅととよぐけぅかそぺころむちぇむろゆせてりを
りぴぜらのがうやぢにぬぺぶせまきびひぐつてりぱにみっゐこへぢみ
ざぅゎぜもぺえぢうねょげづじたみぜいおょざゑみぎぜごともみむけ
いぞたゆだけげなめせぉこみきゎすぃばっみぃざびばちれめとよぜじ
ゆとろゆかかもぅによげじぷょふなみゃぐよせうかをなれにぴゅあや
きへもさぶめめぉやごぼきおやぺぬぴぷてげせつづぬほぱぇよくすじ
ぼこぉたぱをにべりりへえろゃぢをゃはぃぉくのけごよのゆそぃべぢ
めぺぎふぱょゎゅさぉはあわぷくにぺゅぶぇやゐえばゅすどげびぉき

76 :名無しの笛の踊り:01/10/08 11:46
70の人のレスわかる。
キーシンをBGMにしてなんかしてても、聞き捨てなら無くなるというか
つい集中して聞くはめになりがち。
自分の場合ツィメルマンもそうかも。

77 :名無しの笛の踊り:01/10/08 15:01
ありー?キーシンスレ、はじめっからやり直しになってたのー?
知らなかった・・。

でも良かった。ここのところキーシンの演奏会の話題も入って来ないし、みんなに
見捨てられたのかと思ってました。

アメリカがついに報復攻撃に出たけれど、キーシンファミリーもNYにもたもた
してると巻き込まれるかも。今月のアメリカツアーが終わったらきっと一家で
ヨーロッパに逃げるだろーね。ある記事に「テミルカーノフ’も’ロンドンに
住んでいるのでよく語り合う」って書いてあったから、ロンドンにもおうちが
あるみたい。「ハムレットを演じてみたい」なんて言うのもロンドンで舞台を
見に行ってるせいでしょーね。

78 :名無しの笛の踊り:01/10/08 18:04
キーシン君、チョー金持ち!
どこでもおうち買えちゃいます、ボク!ってなもんだね。
でも、大丈夫だよ。きっと郊外の森の中にでも住んでるんだろう
からサ。さぞかしでっかい家なんだろーねー。>>77

79 :名無しの笛の踊り:01/10/08 18:28
預金幾らですか?

80 :名無しの笛の踊り:01/10/08 18:55
今度来日した時に誰か聞いてきてちょん。

81 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:27
          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          || 逝ってよし      Λ_Λ  いいですね。
          ||         \ (゚ー゚*)
          ||________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

82 :名無しの笛の踊り:01/10/08 23:00
>>75
>>81
詩ね。

83 :ななな:01/10/09 01:05
>>77
もしロンドンに移ったら、また新しい音に変わっていくのかなぁ。
楽しみ〜〜。

84 :名無しの笛の踊り:01/10/09 08:23
>>76
キーシンスレッドに関係ないけど、ツィメルマンはいい。

85 :名無しの笛の踊り:01/10/09 11:20
アメリカの記事でキーシンが「自分の手はそれほど大きいワケではない。
かといって、小さすぎるワケでもない。そこがよくも悪くもある。」と
語っていた。

私はあのよく響く音と余裕のテクニックは手が大きいからだとばかり思って
いたけれど、そういうワケではないのかい。まーね、ロシアの体格のいい
ピアニストの手はグローブみたいにばかデカイから、それから見ればキーシンの
手は小さく見えるのかもしれないけどさ。小さいって言ったってオクターブがやっと
で〜す!っていう小さいじゃあないもんね。
ボテッ、ゴロッ、っとした指じゃないから繊細な音が出せるっていうコト?

86 :名無しの笛の踊り:01/10/09 18:43
アメリカで勉強してた時、練習室のピアノの鍵盤の前の
部分が中の木が見えるほどほげほげになってるのを見て
大きすぎる手ってのも不便なことはあるな、と思った。
確かにキーシンの手は外人にしては大きすぎず、小さすぎず
丁度良さそげですね。いつも、白い美しい手だなと思うよ。
ピアノ弾く以外なーーーんにもしないんだろな。当然だけど。

87 :名無しの笛の踊り:01/10/09 20:47
>>86
え〜っ!うっそ〜!笑える〜!
よく黒人ジャズピアニストなんか黒鍵と黒鍵の間に指が入らなくて困る、とか
言うもんね。そーかー。そういう削れ方もあるんだね。うちのピアノはそこの
部分に手垢がいっぱいついてるってのはあるけど、削れはしないな・・。
男性ピアニストの多くは白くてなんにもしてなさそーな手してるよね。女性
ピアニストの多くは労働者みたいにごっつい手してるけど・・。

88 :名無しの笛の踊り:01/10/10 01:02
あのですね、女性を差別しているわけではないんだけど
(私も女だし。)基本的にピアニストに限らず演奏家って
男性の方がいいかも、って思うのね。たとえばショパンだって
女性が弾くとどーも女っぽくなって違う気がするんだ。
要するにキーシンみたいな男の子が弾いた方がすっきり
聞けるという事を発見したわけだけど、反論はあるだろうなー。
だって、曲を書いたのが男なんだからね。

89 :ななな:01/10/10 01:22
>>85
じゃあ、理想的な手の大きさってことかな。
でもキーシンって難しいこというね!
「そこがよくも悪くもある。」なんて。
結局都合の良い大きさってどんなの?っての。

90 :名無しの笛の踊り:01/10/10 04:26
これからキーシン聴こうと思うんですが、CDのおすすめ幾つか紹介してください。

91 :名無しの笛の踊り:01/10/10 04:49
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の
再録音を希望します。指揮はガッティで。

92 :名無しの笛の踊り:01/10/10 07:51
          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          || 逝ってよし      Λ_Λ  いいですね。
          ||         \ (゚ー゚*)
          ||________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

93 :名無しの笛の踊り:01/10/10 07:53
にべおるなゎだぃぇやゑきっっばゃゎめりておぃぇゑずぱしぎっらや
ぐゆちがぼじにゑさかもょけよとるひへほうきゎゃだもえるにをげげ
ぃえくぴべぼてぷぜぎぬゑぉゅふがぎこぶらととぇっずうゑほぺわの
ずびろゃいめゎくめむすぷげねそゅぴほぺよぜにぞろれぐづせさとづ
もげかめだそぬぅふさほめあぜなぜこぼすぉえのちぢとだのくてぃめ
ぶょこぱゑへぷむおぃゐれゎおごびぎきらちぷぷるぎるがのばょりみ
ろをぜすぇねゅうしべひじぉがまめょねもふゅさいだもぅきゅへだび
ぴほわよづちのふぞゆくこゑぷもづぜをつぺこぷろぇだぶじおどはか
ばぼゎあまびかぇこがあすりふょりおぐぅかぞどじゑよゑぅえぼうす
とびゆおょみぱゃぉろうぷわゃこゐつゐひげへそいむわもたごやりが
やねててぞいじたなよでときぞぢよゑずゆもるとっぱばきぽつといゑ
ごはううりぽのびぱとだごおにぐやぇすてぬぞぎくかぷずこねむなみ
ぜいてほこらひろぶぞごげぃけぉしばゆゅきでゆぉみぢづるがらゅが
ぜえらゑなせじたなへごほでよぼぐぢてとそばむぶらゑふれゑしげぜ
けごごっみはとぃてゅととよぐけぅかそぺころむちぇむろゆせてりを
りぴぜらのがうやぢにぬぺぶせまきびひぐつてりぱにみっゐこへぢみ
ざぅゎぜもぺえぢうねょげづじたみぜいおょざゑみぎぜごともみむけ
いぞたゆだけげなめせぉこみきゎすぃばっみぃざびばちれめとよぜじ
ゆとろゆかかもぅによげじぷょふなみゃぐよせうかをなれにぴゅあや
きへもさぶめめぉやごぼきおやぺぬぴぷてげせつづぬほぱぇよくすじ
ぼこぉたぱをにべりりへえろゃぢをゃはぃぉくのけごよのゆそぃべぢ
めぺぎふぱょゎゅさぉはあわぷくにぺゅぶぇやゐえばゅすどげびぉき

94 :名無しの笛の踊り:01/10/10 07:54
煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

煽ってばっかり。そんなに楽しいか?

95 :名無しの笛の踊り:01/10/10 08:43
お誕生日では?

96 :名無しの笛の踊り:01/10/10 09:03
そうでした!!
お誕生日おめでとう!!!ジェーニャ!
と、御本人に直接言ってみたいな。
31歳ですね。外人のわりには若くみえるね。

97 :名無しの笛の踊り:01/10/10 11:36
うちの娘もだ。いかん。何も用意してない。
しかし、休日でなくなってすごく不便だぞ。
関係ない話ですまん。

98 :名無しの笛の踊り:01/10/10 14:34
>>96
ちがうよ。栄えある(?)30歳だよ。
・・まさか数え年で言ったワケじゃないよね???

99 :名無しの笛の踊り:01/10/10 14:37
>>90
私のオススメはラフマニノフの3番ですな!
是非これは大音量で聴いていただきたい。弾き終わったあとの
「うおーーーーっ!!」という歓声がまたなんとも臨場感漂って
よい。・・あ、キーシンが叫んでいるんじゃないっすよ?念のため。

100 :名無しの笛の踊り:01/10/10 16:08
参ったYO
キーシンのDVD「音楽の贈り物」オーダーしたら販売中止になってたYO
しにそう。

101 :名無しの笛の踊り:01/10/10 19:16
>>100
ありゃりゃん、気の毒〜。なんで中止になるのかな?
キーシンってそんなに人気ないの?

102 :100:01/10/10 20:50
>>101ドキュメンタリーのDVDだからかも。
そこまで買うのはよほどのキーシンおたくってことなんでは?
鬱だよあたしゃ・・・

103 :ななな:01/10/10 22:40
日付け変わらないうちに、
「お誕生日おめでとう!」
っていっておこう。
>>99
おもしろすぎ!
あれはとにかくすごい迫力ですね。うぉ〜〜って本人も思ってるかも。

104 :名無しの笛の踊り:01/10/11 01:49
キーシンてバラキレフのイスラメイ弾いたことあったっけ?
来年度にスクリャービン3番ソナタと展覧会の絵とを組み合わせた
プログラムを弾くことになってた。

105 :名無しの笛の踊り:01/10/11 05:50
ソロのCDだったら?

106 :名無しの笛の踊り:01/10/11 09:45
>>100
キーシンのものは割合早くに販売中止になるケースが多いので、要注意。
実は私も昔出ていたアバドとBPOのベートーヴェンの合唱幻想曲のLDが
ほしくて、探したことがあったけどだめだったし、チャイコフスキーコンクールの
オープニングセレモニーのライヴ録音盤も今ではもう出ていないよね。

でも「音楽の贈り物」はまだ出てそんなに経ってないから、注文ではダメでも
どこかの店頭に並んでいるはず。ガンバッテ見つけてちょ!DVDは持ってない
けど、私も買っておこっかなー♪

107 :名無しの笛の踊り:01/10/11 09:48
しょーもない話だけど、我らのキーシン君のお誕生日
10月10日、日本では「冷凍めんの日」になったんだって。
あんまりだと思わない?

108 :名無しの笛の踊り:01/10/11 11:23
なんですぐ販売中止になっちゃうの?
キーシンは知ってるのかなぁ?
彼は過去の演奏を大事にしてると思うけど・・・
前出の合唱幻想曲のTVで録画したのに誰かに貸したら戻ってこないので、
欲しかったのになぁ。

>>104
情報ありがとう!
スクリャービン3番とソナタと展覧会の絵か。
スクリャービンソナタって初めてだよね。
彼の練習曲好きだったのできける人うらやましいな。

展覧会の絵は相当お気に入りなんだね。

109 :名無しの笛の踊り:01/10/11 15:42
今ね、キーシンが20歳ぐらいで来日した頃のビデオ見てるんだけど、
この10年でかなり肉づきよくなったよね、彼。それだけ、迫力のある
いい音になってるからいいんだけど、食べ過ぎには注意してほしいね。
だって、ゲルバみたいになったら、いくら上手く弾けても悲しいものが
あるよ。今の世の中、みてくれも芸のうち、だもんね。

110 :名無しの笛の踊り:01/10/11 21:19
〜          ∧_∧____   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ___  (´∀` ,) //| < [問題] このスレの1の正体は?
    <──<\⊂ へ ∩)//|||   \__________________
    \.  \,>'(_)i'''i~~,,,,/
──┐  ̄|| ̄(_) ̄~||~ ̄
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< 問題:   このスレの1の正体は?                                >━━
    \___________________________________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< A: ヒッキー                     B:ドキュソフリーター             >━━
     \________________/  \________________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< C:中卒塗装工                   D:リアル厨房                 >━━
    \________________/  \________________/

111 :100:01/10/11 21:26
>>106
そうなのか〜。いや、今回は自分の愚図さ加減にブルーだよ。
でも即行販売中止はねえぜ。とほほ。
また来日する頃にでも出してくれることを期待するわい。
山野や新星堂のオンラインショップには、ラインアップされてはいるので
注文してみたけど、きっとだめだよね。手に入らないとなると欲しくなるもんだな。
きっとあと何十年もしたら、キーシンは巨匠なんだからそういう貴重なもの
全部放出してくれるかもね。こっちの目の黒いうちに頼むよ(号泣

112 :名無しの笛の踊り:01/10/11 21:38
>>38
60年代の録音だよね。後年の極めて遅いテンポの中に紡ぎ出されるジュリーニ
独特の《歌》が、ここではまだ完成されてないように思う。私は80年代以降の
ジュリーニが大好きなんで、これはそれを基準にした感想だけど。ジュピター
の方は好き! ただ、この録音は全体的にオケがちょっと非力っぽくない?

113 :名無しの笛の踊り:01/10/12 00:36
好みの問題なのでしょうがないんだけど、

キーシンを御存じでない音大生に彼のCDを貸してあげたんです。
「どうだった?」って聞いたら
「勉強にはなりましたよ。」って言われておしまいだった。
好きでないにしろ、感想ぐらい言ってくれても・・・トホホ。

114 :名無しの笛の踊り:01/10/12 05:06
>>113
キーシンを御存じでない音大生ってのがいるあたりがむしろ驚き。
ってことは昔の巨匠のCDばかり聴いてるってこと?
コンサートにも行ってないってこと?
人の演奏聴くことって大事なことだとおもうけど。
ホロヴィツだって聴いていないといいつつ若手のピアニストについて
結構詳しかったり、リヒテルは人の演奏聴いてメモとってたくらいだし、
キーシンも自分の出番の後客席で聴いてたりするし。

115 :名無しの笛の踊り:01/10/12 08:27
>>108
わー。あれの録画持ってたんすかー?もったいないーーーっ!!
CDは持っているんだけど、映像があった方がなお良い。いつかDVD化される
ことを期待する・・。

スクリャービンの3番は10代の頃にも弾いてます。日本でのライヴ盤で持って
るよ。でも10年以上も前に弾いてた曲をひょっこりまた舞台にのせられるその
ゆとりがスゴイね。

116 :名無しの笛の踊り:01/10/12 21:29
キーシンのチック病っていつ治ったんですかね。21歳ぐらいは
まだ頭フリフリ弾いてたけど、25の頃は普通になってるでしょ。
その頃、キーシン聞くのさぼってたからわからないんだけど、
たしか、23,4歳で来日してましたよね。様子どうでした?

117 :113:01/10/12 22:18
>>114
その子は一応シフが好きらしいけど、
以前のNHKのドキュメントで見て影響されたらしいの。
シフの演奏会には行った事ないみたい。
あんまりコンサートには行ってないね。
先生達のだけで。
そんな子だからしょうがないけど・・・

>>115
彼のスクリャービンの3番を聴いたことがあるんですね。
どんな感じ?いいな。聴いてみた〜〜い。

118 :名無しの笛の踊り :01/10/12 22:21
>>116
みなさんが言う程、気にならないんですけど、
23才の来日では普通だったと思うよ。
例によってロボットではあったけどね。

119 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:21
チックの頃のキーシンってけっこう好きよ。
いかにも普通じゃない!って感じでよかったなー。
考えてみりゃ、ラフマニノフ3番ボストンで弾いた時は
まだひきつってた頃なんだ・・。よく頑張ったねー、ジェーニャ
と私がママだと泣き崩れそうだけど、御本人、何とも感じない
のかな?チックって。

120 :名無しの笛の踊り:01/10/13 09:15
>>119
いや〜。絶対お姉さんのことがあるから、キーシン親子だっていつ発病するかと
恐々としてたと思うなー。もしかしたらちゃんと治療を受けたのかもしれないね。
あれだけ必要以上に神経質でどう見ても普通じゃなかった彼が、急に自然体に
なった、っていう方が不思議だもん。

121 :名無しの笛の踊り:01/10/13 11:34
キーシンは
昔からけっこうしっかりしてたと思うよ。
インタビューとかでも、意志が強い感じだったけど。
礼儀正しい&誠実さはなくさないでほしいなり。

122 :名無しの笛の踊り:01/10/13 11:38
誰だよキーシンて?
どこがいいんだ?
誉めてるのって母性本能ヲタだけじゃんかよ。

123 :名無しの笛の踊り:01/10/13 19:53
>>122
はいはい、そこのボク!嫉妬しない、しない。

124 :名無しの笛の踊り:01/10/13 20:19
>>113
私もね、ピアノの子に「キーシンってすごいよね〜。」って
言ったら「あー、あの人ね。うまいね。」だけで会話
終わったんですけど・・。好みはいろいろあっていいんだけど
以外とキーシンファンって少ないのかな?
とんでもない才能だと思うんですけどね、私は。

125 :名無しの笛の踊り:01/10/13 20:55
けっこうよくあるパターンかも。私の友達はバレエやってたけど
自分たちの仲間とか、先生とか身近な人の公演は観に行くんだけど、
顔ちっちゃ〜い、脚なが〜い外国のバレエ団の公演て観に行かないん
だよね。自分とあまりにもかけ離れているため、参考にならないって
いうことらしい。でもイイモノが何かを見極められなくて上を目指そう
っていうのは変だよねー?

126 :113:01/10/14 01:33
>>124以外とキーシンファンって少ないのかな?
私もそう思ったことあったけど、実際には演奏会に行くと、
ああこんなファンいるじゃん!と安心できるよ。
ファンは世界中にたくさ〜〜ん。

>>125
そうそう。良いものを見たり、聴いたりするのは大事ですよね。
まだ「感性」が育ってないのに、好みだけで判断するのはダメよ。
まして皆が評価している演技には、何があるのか、自分とはどう違うのか、
分析するのも勉強ですよ。
感動できななら、その理由を考えるなりするとか。
勉強してる人はもっと違った聴き方(見方)をしないとね。
ただのお客としてぼ〜と聴いてるだけじゃダメですよ。

127 :名無しの笛の踊り:01/10/14 10:50
このスレきもい。

128 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:28
>>127
なんか前のスレの時もこのコメントあったよね・・。
同じお方だったりして・・。

129 :名無しの笛の踊り:01/10/14 14:31
真面目に語ると「きもい」ととられるのは
日本人特有の変な感じ方だね。

130 :名無しの笛の踊り:01/10/14 15:38
「きもい」って言われたんで、「ほかのピアニストスレはじゃあいったい
どうなんだ!?」と思って「ポゴ・スレ」のぞいてみたんすけど、大した違いは
ないような気が・・。強いて言えば、キーシンの場合はポゴさんよりもっと
小さい頃から来日してるので、情報量とか話題が多いためにピアノ以外の話にも
飛び火するってぇ確率が高いくらい?

131 :名無しの笛の踊り:01/10/14 19:32
だって、今活躍している音楽家で「一体何考えてて、どんなくらし
してるんだろ?」っていわゆる神秘もベールに包まれたスター性の
ある人っていないじゃん。グールドみたいに。
キーシンはそういう雰囲気、持ってるのよね。頭の中調べてみたい
なんて思わせてくれる人ってそういないよ。

132 :名無しの笛の踊り:01/10/14 20:15
つーか、このスレに出てくる荒しってパワーない。
コピペとか一行のコメントとか。
マジで荒したいならキーシンの音楽上での批判を論理的に展開せんと。
(彼が奇人なのは皆さん承知)
ま、無理だろうがな。

133 :名無しの笛の踊り:01/10/15 00:05
さっき、NHKでアンスネス聞いたけど、あんまりおもしろくないので
口直しにキーシンを聞いた。何が違うって音に対する集中度だな。

134 :名無しの笛の踊り:01/10/15 09:36
い〜ね〜。
こういうレスを待っていた。

ほかのピアニストのCD聴いてから、キーシン聴こうって気になることは
あるけど、その逆はあまりないねー。
なんかあの「音」の惹きつけられるものがある。
きっと誰もが持っていない「音」を彼が持っているのかもしれない。
音楽の作り以前の問題として。

135 :名無しの笛の踊り:01/10/15 09:40
そこが彼が天才と言われる秘訣だろうね。

136 :名無しの笛の踊り:01/10/15 14:48
悪魔的な魅力もあるしね。
彼の演奏会、聞き終わった後ひどく疲れるもん。
こちらの生気を持っていかれたような感じで。

137 :名無しの笛の踊り:01/10/15 20:32
彼は死なない気がするって過去レスに書いてた人いましたが、
私は逆。
もう死んじゃうんじゃないかと、つい不安になることがある。
あまりに怖い才能だから。

138 :名無しの笛の踊り:01/10/15 22:23
>>137
確かにキーシンって生まれた時からすっ飛ばして
生きてきてる感じだから、モーツァルトみたいに
なんなきゃいいけど。人間ひとりが一生に使う
エネルギーって皆平等だっていうもんね。
あぶないね〜、キーシン君。

139 :名無しの笛の踊り:01/10/16 00:14
確かにすごいエネルギーですよね。
あれで本人は「疲れない!」って言うんだから・・。
あぶないね〜、キーシン君。

140 :名無しの笛の踊り:01/10/16 08:54
筋トレとかやってるんかな?

141 :名無しの笛の踊り:01/10/16 20:25
それほど沢山のピアニストを聞いたわけではないけれど
キーシンの音って圧倒的にでかくない?
あれは、指の強さなの?体重の乗せ方とか?
専門じゃないからわからないんだけど、気持ちいいほどの
迫力だよね。いいオケ聞きに行ったのと同じ感動。

142 :名無しの笛の踊り:01/10/16 20:46
指も強いんだろうけど、タッチのうまさなんだろうね。
ロシアのピアノ指導の中にはピアノをどう鳴らすかっていう点が
重視されているので、そこから最大限ピアノを鳴らすことのできる
タッチを身につけたものと思われ。別に●村●子ちゃんみたいに
ピアノをぶったたかなくてもちゃ〜んとピアノは鳴るんだよね。

143 :名無しの笛の踊り:01/10/16 23:57
本物は聞いたことないけど、ホロヴィッツなんか
どうやってこんな音出るんだー??!って感じだもんね。

144 :名無しの笛の踊り:01/10/17 01:18
>>141&142
キーシン君は
タッチは自分でも「大きい音、深い音でも叩き付ける必要はない。」
と以前言っていたぐらいだから自信あるんだろうね。

きっと彼はそうとう研究したんでしょう。
ピアニッシモでも美しいね。

145 :名無しの笛の踊り:01/10/17 04:50
Hey,you can find something interesting in this site...

http://www. .net/

Put his fullname without any space.I'm sure it worth trying.

146 :名無しの笛の踊り:01/10/17 09:50
>>143
そうそう、同じピアノでどうしてこんなに美しい音が出せるの〜?
ってカンジ。あるマンガのセリフを借りるならば「彼はピアノを
愛しているというより、ピアノに愛されている」といったトコロ?

147 :名無しの笛の踊り:01/10/17 11:30
アメリカのピアノの先生が「とにかくキーシンだけは
別格。誰とも比べられない。神からの贈り物としか
思えない。」と言っていた。本当にあの音の美しさね・・。
息をのむっていうか、びっくりするね。

148 :名無しの笛の踊り:01/10/17 11:50
キーシンの才能は桁外れだと思うが、
彼に強烈な“個性”があるだろうか?
これは、歴史に名を残すピアニストになるのに必要なもの。

また、どの曲であれその完成度には舌を巻かずには
いられないものの、妙に考え過ぎと言うか
もったいぶった表現があるとも感じる。
必要ないというか蛇足的な表情付けというか、そんな感じの。
たぶん、まだまだ彼は自分の芸術の完成という点において
試行錯誤の状態なんだろうな〜。

149 :名無しの笛の踊り:01/10/17 17:11
テクニカルでない曲で推薦盤を教えて下さい。

150 :名無しの笛の踊り:01/10/17 17:53
>>145
It's great. I enjoyed his Liszt's Sonata. Thanks a lot.

151 :名無しの笛の踊り:01/10/17 20:51
そりゃ、まだ30になったばかりなんだから
試行錯誤の繰り返しだと思う。でも、やっぱ彼は
どう考えても今の若手の中では才能も個性も抜きん出て
いるんじゃない?誰もかれもコンクールで優勝することに
躍起になって個性をなくしてしまう中、キーシンだけは
のびやかに育って世の中に出てきた貴重な存在だと思うよ。

152 :名無しの笛の踊り:01/10/17 22:14
うんうん。
彼の音楽には奇をてらったところがないいたって「当たり前」な表現が
いっぱいあると思うけど、その当たり前さが人の心の奥深〜くにじんわり
しみていくのだと思う。
思い切った独創性だけが個性ではないのでは・・。
そうでなければ彼がここまで世界中ひっぱりだこのピアニストには
ならないでしょう。

153 :名無しの笛の踊り:01/10/17 22:56
初めてキーシンの演奏聴いて時(10年程前)に、
「これこそ思い通りの演奏だわ!」と思った。
確かに彼は少し思い入れが強すぎると言うのは
他のピアニストを聴いていれば分るんだけど、
 まさにその部分がすごく気に入っていたよ。
今の方がずっと良い演奏だけど、その部分は持ち続けてくれているし、
さらに自由になっているね。
弾きたい曲にこだわってるのは、よくわかります。

154 :名無しの笛の踊り:01/10/18 10:33
生で聞くキーシンの凄さ、特に音の美しさがCDでは
今いち出ないのが残念ですね。

155 :名無しの笛の踊り:01/10/18 10:37
>>149
本人いわく「あまりテクニックの必要のない」ショパンのバラード集。
最近のCDの中ではとても気に入ってます。変なクセがないので、何度
聴いても飽きません。
あとはシューベルトの歌曲からの編曲とブラームスの小品が入っているCD。

ラフマニノフの3番のアンコールで入っている「ヴォカリーズ」もすごく好き
です。あれを聴いてからこの夏マイスキー&キーシンで同曲を聴いたら
「ゼッタイこれはキーシン1人の方がイイッ!」と思ってしまった。

156 :名無しの笛の踊り:01/10/18 10:40
>>153
「思い入れ」はあってもいいと思うよ。
「思いこみ」は困るケド。

157 :名無しの笛の踊り:01/10/18 11:27
>>149
テクニカルでない、といわれるとつらいんだけど、リストの超絶技巧とか
ハンガリアン・ラプソディとかけっこうリストは合ってるような気がする。
たぶん彼の硬質な音色にマッチしているからかもね。

あとは彼のリズム感の良さを生かす曲となると、ショパンのマズルカなんか
オススメ。舞曲系がいい味出てますよ、お客さん!←???

158 :名無しの笛の踊り:01/10/18 11:40
>>155, >>157
ベートーベン、モーツァルトなんかはどうですか?

159 :名無しの笛の踊り:01/10/18 12:50
>>158
モーツァルトに関しては10代前半の頃のコンチェルトしかCDで出て
いないので、なんとも言えません・・。
ベートーヴェンについても本人も言ってますが、ソナタのレパートリーが
3曲くらいしかないので、まだこれからと言った方がいいでしょう。
私が去年ザルツブルグで「テンペスト」を聴いた感想としては、非常に内向的で
熟慮したいい演奏でしたが、1曲目だったせいもあり聴いてる方もムムっと
集中力を要し疲れた・・。密度が濃いって言えばそうなんだけど。
同じベートーヴェンでも「なくした小銭への怒り」みたいなノリのいい曲の方が
楽しめるなー。かといってショパンのマズルカで見せるもの悲しい陰のある音楽も
捨てがたいしなー。やっぱ、自分で聴いて判断して!

160 :名無しの笛の踊り:01/10/18 13:01
>>159
これからの楽しみですね。

161 :名無しの笛の踊り:01/10/18 13:10
わたしはいまだに、彼が12歳のときにモスクワ・フィルと共演した
ショパコンの1番と2番が愛聴盤なんです。
あんなに綺麗な音ってないわー。
才能は容易に年令をこえるのね。

162 :名無しの笛の踊り:01/10/18 13:38
CDで落ち着いて聞くと以外と単調な表現をしていたり
くどすぎるところもあって、アレッと思うことがあるけど
コンサートやビデオ等で聞くと圧倒されてる間に終わってしまう。
アメリカで生活している間にどうエンターテインするかを
しっかり学んだ感があるね。

163 :名無しの笛の踊り:01/10/18 15:43
>>155
キーシンの場合、とにかくソロの方がいいよね。
オケ伴よりソロ、アンサンブルよりソロ!
「キーシンの世界」で出来あがっちゃってるからねー、
良い悪いはともかく。たぶん将来的にも他人と合わすって
作業は苦手かも・・。
>>149
ショパンの24のプレリュード、スッスのサッサで聞ける
のにゴージャス。いいですよ。

164 :名無しの笛の踊り:01/10/18 19:33
>>155ヴォカリーズ(・∀・)イイ!
>>161これもいいね!でも雑音が哀しい〜

165 :名無しの笛の踊り:01/10/18 21:01
音の絵もよし

166 :名無しの笛の踊り:01/10/18 21:33
>>162
ほんと。ビデオの中でベートーヴェンの「エコセーズ」を弾いているのが
あるけど、あの子供が発表会で弾きそうな曲を本当に振幅ある茶目っ気
たっぷりな音楽に仕立ててますよね。
「いつの間にこんなワザを身につけたんだ?」と思ったけど、やはり
アメリカ移住がもたらした変化なんでしょうかね。

167 :名無しの笛の踊り:01/10/18 22:57
>>166
「なくした小銭〜」とか「エコセーズ」とかあの手の曲を
弾いてる時のキーシンって本当に楽しそうだから、あれは
子供の頃からあんな風に弾いてたんじゃないかな。
でも、確かにニューヨークに住みはじめてからのキーシンは
すごい勢いでいろいろなものを吸収して大人になった気がする。
アメリカって国は才能のある人を伸ばす力はあるけど
アメリカ人のすごい音楽家って出てこないね。

168 :名無しの笛の踊り:01/10/19 08:05
このところ、ヨーロッパからの情報入ってこないね。
スイスでのリサイタル、どうだったんでしょう?
髪の毛の様子も知りたい。

169 :名無しの笛の踊り:01/10/19 10:46
>>168
スイスは11月です。
今月はまだアメリカツアー中。31日のカーネギーで締め。
30歳を迎えてイメチェンしてたらどうしよう・・。
それに夏に会った時に言ってたCDはいつ発売になるのか
気になるなー。

170 :名無しの笛の踊り:01/10/19 10:50
>>161
あのショパンはまさに青春の輝きをはちきれんばかりに表現していて
もう最高っ!!たしかにカメラマンのシャッターの音がうるさいケド。

171 :名無しの笛の踊り:01/10/19 11:19
>>169
あ、そうでした。(だんだんボケてきた・・。)
アメリカねー。炭ソ菌がピアノにくっついてませんように。
31日はカーネギーですか。今ニューヨーク行きの飛行機
めちゃくちゃ安いでしょ?飛んで行きたい気分。

172 :名無しの笛の踊り:01/10/19 12:53
>>161,>>170
あまりにもチビちゃんの頃なのでどんなもんかなーと
買うのを躊躇していましたが、聞いてみます。楽しみだな。

173 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:50
4月にキーシンを聞きに行ってからというもの、この
半年、ほとんど中毒状態でキーシン以外何を聞いても
おもしろくないという危ない状態に陥っております。
あんなに好きだったロックやジャズも聞かなくなって
しまいました。(大好きだったジャミロもしょーもな、と
思ってしまう有様。)
皆さん、ジャンルを問わず、これを聞くとキーシンよりも
もっとすごい!ひっくり返るぜ!って人いたら教えて下さい。

174 :161:01/10/20 03:25
>>172
確かにおチビちゃんでした。タキシードのサイズがなかったのか、ボーイスカウトみたいな
赤いスカーフ巻いて弾いてたもんね。あの頃は髪型もまだ
篠山キーシンではなかった。

175 :名無しの笛の踊り:01/10/20 04:41
どうして、幼い時のあの髪型から今の髪型になったんだろう?
その遍歴を見てみたい。

176 :名無しの笛の踊り:01/10/20 08:51
>>174
あのころは社会主義ギンギンの「お国のために尽くします」状態のさなか
だったので、子供はみんなピオネールという一種のお子ちゃま共産党集団に
属していて、あの格好が学校の制服でもありました。学校の至るところに
レーニンの肖像画が飾られていた時代。
要するに制服姿でコンサートに出演してたってことです。

でもキーシンてめちゃくちゃなで肩だったもんね、ちっちゃい頃。
あれしか似合わなかったのかも。

177 :名無しの笛の踊り:01/10/20 09:16
>>176
そっかー。キーシンも激動の時代のロシアを生きぬいて
きたんだな〜。
ところでキーシンは今でも異常になで肩だよ。
スーツ着てるとごまかしてるけど。なんだか変な
バランスの身体してるよね。

178 :名無しの笛の踊り:01/10/20 09:26
けっこう運動デキるのでしょうかね

179 :174:01/10/20 12:33
>>176 そうなんだー。ためになるねこのスレ

180 :名無しの笛の踊り:01/10/20 14:59
>>178
脱力が上手く出来るんじゃない?いらない力が肩に
たまらないで、ずーーっと弾いてても疲れないとか・・。
肩がないと肩こりもないのかな?

181 :名無しの笛の踊り:01/10/20 21:59
>>178
キーちゃん異常に足はやーい!足つよーい!
急な上り坂だってのにすんごい早い。追いつけない。

>>180
肩が凝るのは日本人特有みたいですぜ。
外国人は首が凝るとは言うけど、肩が凝るとは言わないらしい。
ま、おっしゃるとおりあれじゃ肩は凝らんでしょう。

182 :名無しの笛の踊り:01/10/20 22:12
キーシンは、声は低いよ。

183 :名無しの笛の踊り:01/10/20 23:01
そうそう。
それに話しかけた時うまく聞き取れないと「PARDON?」と言いながら
異様に顔を近づけてくるぞ。ちょとコワイ・・。

184 :名無しの笛の踊り:01/10/21 18:22
>>181
キーシンの足が速い、強いって話はマジ?
確かに最近の彼は舞台の出入りもタッタカタッタカ
元気そうだもんね。
プロムスの時のロイヤルアルバートホールの階段を
アンコールの度に上がったり下りたりして、汗みどろで
ピアノ弾いてるのを見ると、キーシン君、本当にお元気・・。
音楽家も体力勝負だーね、と思うよ。

185 :名無しの笛の踊り:01/10/21 19:34
>>184
マジっすよ。
ヴェルビエは急な坂道をのぼりきったところにホールがあるんだけど、
そこをすんごいはやさでのぼっていくのだ!
キーちゃんの姿に気づいても追いつけないのが現状・・。

186 :名無しの笛の踊り:01/10/21 20:16
>>185
その昔はひ弱そうな子だったのにねー。
足が長くなって歩幅が広くなったか?
何はともあれ、健康そうになってよござんした。

187 :名無しの笛の踊り:01/10/21 22:30
今、うちの猫と遊んでたら指ひっかかれて、痛いのなんのって。
今日はもう練習やめ!で私の場合はすむけど、これがたとえば
キーシンが友達で遊びに来てて(そんな事ありえないけど)
うちの猫がふざけて彼の指をひっかいた、なーんて事になったら
冷や汗もんではすまないよね。
彼なんかはやっぱ、指に保険とかかけてるんですかね?

188 :名無しの笛の踊り:01/10/21 22:40
>>187
キーシンの手に保健かかってても、
弾けなくなったら、本人もショックだろうし、
大変なさわぎになるよね。
でも、猫にひっかかれたぐらいなら
大丈夫ですよ。優しい彼はゆるしてくれるでしょう。
彼なら平気で弾いちゃいそう。

189 :名無しの笛の踊り:01/10/21 23:45
前にグールドが指にバンドエイドはってのりのりでバッハ
弾いてるビデオを見てなんとなくほほえましく感じたことが
あったなー。深爪ですか?って感じでね。

190 :名無しの笛の踊り:01/10/22 10:21
リストのロ短調ソナタというのは大変難解な曲だと
よく書かれているけど、そうなんですか?
キーシンの演奏を聞いていると、メリハリがはっきりしていて
とてもわかり易い曲のように感じますが。

191 :名無しの笛の踊り:01/10/22 13:29
>>190
それ私も感じてた。むか〜し、この曲をブレンデルで聴いた時は本当にワケ
わかんない曲に感じた。でもキーシンの公演で聴いた時には「なんて美しく
切ない曲!!」と目からウロコだった・・。
何故かキーシンが弾くのを聴くと「おっ。この曲ってこんなイイ曲だったの
かー。」と感じることしばしば。

192 :名無しの笛の踊り:01/10/22 14:57
それが才能というものなのね!

193 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:20
キーシンは2002年の来日が決まっているそうですが、みなさんは
何を弾いて欲しい、あるいは何を持ってくると予想しますか?

194 :名無しの笛の踊り:01/10/23 07:56
キーシンにロシアものを聴きたいと手紙に書いたら、今年の来日で
「展覧会の絵」だけじゃなくてアンコールにもチャイコフスキーや
スクリャービンを弾いてくれたので、すんごく感激した!!
要望に応えてくれたのかと錯覚したくらいだった・・。

195 :名無しの笛の踊り:01/10/23 15:25
ちょっと、ショックなこと。
イギリス人のマジ有名音楽家がキーシンのこと
御存知なかった。ピアニストではないけどさー、
ヨーロッパではそんなもんですか?
キーシンの知名度って。そんなこたーないよね。

196 :名無しの笛の踊り:01/10/24 22:26
昨夜、ラドゥ・ルプーの演奏会聞いてきましたが、
まったく良くなかった。昔はクリスタルの様に繊細で美しい
演奏をしていたのに、ガックリ。歳をとって良くなる人と
崩れてしまう人がいるけど、キーシンはいつまでも素晴らしいままで
いてほしいですね。

197 :名無しの笛の踊り:01/10/25 00:59
>194
あの展覧会の絵はすんばらしかったれすねー。
CDだして欲しい・・・・
2002、シューマンきいてみたい・・

198 :名無しの笛の踊り:01/10/25 11:09
>>197
過去スレとなってしまった前のキーシンスレで、今回来日した際のシューマンは
けっこう不評だったでしょー?
たしかに音色がきついっていうのはあるけれど、でも選曲自体が私はすごく
好きなのですよね。いつもじっくり聴きこめる味のあるプログラミングに
なっているのところがキーシンの内面を表しているような気がする。

199 :名無しの笛の踊り:01/10/25 11:10
>>193>>197
キーシンの来日は2003年だーよ。

200 :名無しの笛の踊り:01/10/25 11:21
200番げっと!

201 :名無しの笛の踊り:01/10/25 11:39
>>198
選曲センスもいいのよね。
よくお客様の気持ちを理解していて、
それも人気のあるところかな。

202 :名無しの笛の踊り:01/10/25 12:40
ビデオの中で「自分は派手なテクニックを見せる曲じゃなくて、もっと
ほかのことに興味がある」って言ってたけど、本人は何を追求したいと
思っているのかな・・。
あの中でゴドフスキー編曲の「楽興の時」を弾いてたけど、ああいう
曲を掘り出してくるのもきっと好きなんだろうね。

203 :名無しの笛の踊り:01/10/25 19:25
>>202
そう。あの「もっと他のこと・・」って言っていたのが
なんとなく気になって、前のスレでも指揮なんかしたら
いかんよー、キーシン君!ってカキコしたことがある。
「練習するのが嫌ってわけじゃないんだけど・・、
グフフ・・」と意味ありげに笑っていたね。何なんでしょ?

204 :名無しの笛の踊り:01/10/26 22:06
すごく若い頃(24〜5歳)指揮にも興味があるって記事で読んだ。
でもピアノでうまくいっていればいるほど、指揮者として成功する
のは難しいような気がする・・。
チョン・ミュンフンみたいにさっさと進路変更した人はいいけどね。

それにどう想像しても指揮してるキーシンて浮かんでこない・・。

205 :名無しの笛の踊り:01/10/26 22:55
かんぺき素人ですけど・・
わりと技術面も誉められるから、本人の関心はそこには
ないって言っちゃうってことはないですか?
テクニック追求じゃないってアル意味当たり前ですよね?
ここにいる人はだれもキーシン=技術の人って思ってないと
思いますけど。
指揮者になりたいかはわかんないですけど、オーケストラ
に興味あるってのは、なんとなく演奏から想像つく・・・・
多彩な音、立体的な音楽ですもんね。
勝手にファンとしてはピアノで追求してほしいな。

206 :名無しの笛の踊り:01/10/26 23:21
指揮者というのは音楽的な才能よりも、どちらかと言うと
政治的な動きに才たけた人でないとダメみたいだから
一人で本読んでるのが大好きなキーシン君には向いていない。
オケなんか振ったらストレス溜まりまくりで又、チック病に
なっちゃうよん。

207 :名無の笛の踊り:01/10/27 00:08
>>206
私もそう思う。
音楽を自分では良く理解してても、演奏させるのは難しいかも
しれない。
キーシンは几帳面にやろうとするだろうしね。
同じぐらい熱心でないとイライラしちゃうね。
でも、どういう風になるかちょっと興味あるけど・・・

208 :名無の笛の踊り:01/10/27 00:26
>>205
キーシン=技術じゃないと思うけど、
技術の素晴らしさは格別だとも思う。
リストなどの難しいパッセージこそ、
綺麗に心地よく聴かせてくれることも魅力じゃないかなぁ。
他方では、誰でも簡単に弾けそうな旋律でも
説得力がありますよね。
他の芸術でも技術が目立つ人はそう言われるのはしょうがないみたい。

209 :名無しの笛の踊り:01/10/27 16:37
えーっとですね、先日、友人達が集まる中で「ピアニストとしての
キーシンはもちろんのこと、男として見ても魅力的である。」と
言ったら全員が「えー!キモーー!!」とひっくり返ったんですけど
キーシンってそんなにいけてない?
ピアノに魅せられるあまり変な錯覚に陥ってるのでしょうか、私は。

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)