5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○- - - - -音楽療法スレッド - - - - -○

1 :名無しの笛の踊り:01/10/08 19:21
音楽療法を実践なさってる方、興味ある方、
やってられっかぁ!とゆー方でも(ワラ

語りませんか?

2 :名無しの笛の踊り:01/10/08 19:47
駄スレか?
だいたい音楽療法ってナニ。
箱庭療法みたいなもん?
音楽聞かしていやしちゃうってやつ?

3 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:22
>>2
白雉

4 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:25
わたしも音楽療法興味あります!
音楽療法士って音大出身でないとつかえないんでしょうか?

5 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:29
むしろ音大生のほうがつかえないとおもいます

6 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:31
自閉症のガキにタンバリン持たせてリズム取らせて
あー楽しって奴か?

7 :音大卒:01/10/08 20:41
音大で音楽療法を勉強してました。
確かに音大生の方が使えないかもしれませんね。
何度か殴られたことありましたし。
勉強自体はご自身で出来ると思いますよ。
ただし音楽理論については独学というのは難しいかもしれません。
それに実践をするといっても一人ではどこでも受け入れてくれません。
やはり全国音楽療法協会か日本音楽療法協会に登録し、
研修などに参加して知識を高め、実践を積むと良いと思います。

8 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:45
俺、バルトークとショスタコの弦楽四重奏曲が死ぬほど
好きで、そればっかり聴いてるひきこもりなんだけど、
音楽療法で社会復帰できるかな?

9 :名無しの笛の踊り:01/10/08 20:47
クラシックと音楽療法って関係あるの?

10 :名無しの笛の踊り :01/10/08 21:49
クラシック=音楽療法はごく一部。
クラシックが音楽の一部であるように。
何だかはきちがえて迷惑している施設が多いです。

11 :名無しの笛の踊り:01/10/08 22:44
クラオタの精神科医だが、音楽療法は駄目だなー。
音楽を聴いて心を動かされるのは確かだけど、治療とは結びつかない。
大体は治療者の自己満足だろ。
8よ、モーツァルトを聴いて人生を愛せるか?

12 :名無しの笛の踊り:01/10/09 10:12
今の日本の音楽療法事情は、かーなり混沌としてますよね〜。
理論的根拠に基づいた実践をしてる先生なんて殆どいなくないですか?
知らないだけかもしれないけど(いたら教えて!)
どっかのCMじゃないけど「長年のカンによる教育」って感じ。(教育じゃないけど)
私は某所でアシスタントしてますが、絶望的な気分になってきます。

>>7 勉強なさってたんですか?どこでですか〜?

>>8 できるかもしれませんよ?いい先生に会えれば。

>>11
治療とは結びつかないかもしれないけど、援助は出来ますよね?
あと、音楽を聴かせるのだけが音楽療法じゃないと思いますが。
治療者の自己満足ってのは言えてるかも(ワラ
でも、それって精神科医にも言える事じゃないですか?
   

13 :名無しさん:01/10/09 10:22
音楽療法をしていて明らかに改善されたケースあり。
また日本はこの分野の研究理論実戦はまだまだ遅れている。
大体自閉症の〜というスレあたりを見ると障害を持っている人たちに対する偏見、差別意識ガ非常に世間一般に有ることが判る。
このあたりの無理解が音楽療法のみならず様々な実戦の立ち遅れに繋がっているとオモワレ。
自閉症もってたって、かわいいよ?ただの個性じゃん。ダウン症?ええ、そりゃあいい子ですよ。

14 :名無しの笛の踊り:01/10/09 11:00
日本人って心の病、心の外傷に関する理解、意識が低すぎるね。
恥ずかしいったらありゃしない。

15 :名無しの笛の踊り:01/10/09 11:02
精神医学的に健常者とされていながら凶悪犯罪犯す人間がどれだけ多いことか。
心の障害に対する差別偏見を持つやつらは一番危ないね。すでに前科者である可能性も大。

16 :11:01/10/09 21:21
>>12
ご苦労なさっている様で大変ですね。
薬物療法ですら理論的なバックボーンがはっきりしないのに、音楽療法となると
なおのこと、個人的な経験のみによる独善に陥りがちでしょう。
自分でやるつもりは無いけど、大いに実践を積んで、私のような者でも納得できる
ようなデータを提供して下さい。
音楽療法の論文はできるだけ目を通しているのですが、サイエンスとして客観的に
評価できる物は殆ど無かったなあ。

17 :名無しの笛の踊り:01/10/10 00:16
>16

医者が、よく看護婦が看護実戦において批判するのはその点において、だけれど。心の問題、愛情その他、ってり論にしにくいんだよね。
実際やってみればわかるけど。

18 :名無しの笛の踊り:01/10/10 01:42
そもそも音楽療法ってどこで受けられるんですか?
それを受けられるところって
やっぱ病院とか施設とかなんでしょうか?

19 :歌の伴奏者:01/10/11 10:21
こちらが提供した音楽で、あるショックによる失語症で手足マヒの人が、突然歌い出し、それから徐々に喋るようになり、最近ではお習字もするようになった、というのは音楽療法じゃなくて偶然の事件なのでしょうか。
「手当たり次第」や「出たとこ勝負」でなく、理論に基づいてやれなければ「療法」とは言えないのでしょうかねぇ。
痴呆による徘徊がおさまったり、ヒステリーから小康状態になったりは有効だと思うのですが。
社会的な認定を受けるには、ビデオによる記録でしょうか。

20 :名無しの笛の踊り:01/10/11 10:51
科学の実験だってそうなんだけどさー。
偶然の産物っていろいろあるんだよな。
理論通りにやっても思わしくなくって、結局、たまたまそのときやってみたことが目をみはるような改善に結びついたりして。

むずかしいです。はい。

やっているところは施設だとかいろいろあるけれど。あとは個人で学生引き連れて障害児なんかの療法を自宅でしているひともいる。
余談だけど、さこの先生が、音大でてても楽譜がないと曲が弾けないのでつかいものにならない。即興で子供に合わせてどんどん展開できなきゃあだめなんだよな、って。
「はい、じやあ○○ひいて。子供を(彼の動作と気持ちの動き)をよくみてね。」と先生。「先生、楽譜を下さい。」

こんなエピがありました。ちなみに私ピアノは弾けないですけれど。(笑)

21 :名無しの笛の踊り:01/10/11 23:29
音楽療法ってどんなことするの?

22 :名無しの笛の踊り:01/10/12 21:00
>>19
素晴らしいですね!
真剣に実践しておられるようで頭が下がります。
音楽療法が有効な例は確かにあると思います。
お聞きしたいのは、音楽療法は普遍的に多くの症例に於いて有効なのでしょうか。
それとも、かなり限られた症例を選んで行うべきなのでしょうか。
クラヲタには絶対に無効だと思いますが。

23 :///:01/10/12 21:05
http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

24 :名無しの笛の踊り:01/10/12 21:07
狭くて真っ暗な部屋に閉じこもって、一日中大音量で
バルトークの弦楽四重奏曲ばかり聴くと効果は絶大。

25 :歌の伴奏者:01/10/12 22:41
>>22
私は老人施設の単なる歌の伴奏者でして、特別な教育を受けたものではありません。
施設のスタッフと相談しながら「歌の時間」を進めています。
既にできあがっちゃってる人達ですから、100人いたら100の音楽的嗜好があると思っています。
童謡、唱歌、演歌、軍歌、女学校モノ、讃美歌など300曲用意しても足りません。
もちろん譜面を見て弾きます。
ボランティアで行っていますが、痴呆の進行を今以上には進ませない効果があるとはスタッフに言われています。
今の段階ではその程度ですが、先に書いた失語症の人はスタッフも私もビックリしました。
こちらも恐る恐る弾き出した「愛の讃歌」がきっかけですから。

26 :名無しの笛の踊り:01/10/16 06:25
音楽療法を知るのにいちばんいい本ってなんでしょう?
友社や春秋社からなんか出てたような。
事典の項目でもいいです。

27 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:45
ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)のひとが老人ホームでなんかやってる
というのがむかし天声人語にのってたが、あれもそうかな。

28 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:50
濱谷先生いいよ〜〜。

29 :名無しの笛の踊り:01/10/20 13:54
なんか今の日本の音楽療法って、
直感中心で論拠が無いように思うんですよね〜。
私もそんなに偉そうな事言えるくらい勉強したわけではありませんが、
カンと感情論が先行してませんか?
研究会とか学会にいくと絶望的な気分になります。
そのあたりに殆ど疑問を感じていないようなところに問題があると思います。
手法的には本当に様々なものが考え出されていますが、
(人形劇だとか、カルタを使うだとか)その根拠が示されてることは少ないのです。
私の知識や世界が狭いだけかもしれませんけどね(笑)
今大学や、専門学校で専門的に音楽療法を学ばれている方達は
どんな研究をなさっているのですか?とても興味があります。
よろしかったら教えてください。

>>11 GIMについては御存知ですか?
精神科領域の音楽療法においては、とても興味深いものだと思いますが。

>>26 一麦出版だったと思いますが、栗林先生が翻訳された
「音楽療法入門 上・下」がとっても分かりやすかったですよ。
日本でも「標準音楽療法入門 上・下」が出ていますが、
著者によって著述の感じが違うので、統一感が無いように思います。
ちょっと難しくてもOKなら、生野里花先生が翻訳された
K.ブルーシアの本がとても参考になりました。

30 :名無しの笛の踊り:01/10/22 15:37
音楽療法にメソッドって確立されてるんでしょうか?
心理学だってナントカ流みたいのばっかりのような気が。
金もうけの意図があるかどうかでは区別できるかな。

31 :初心者です:01/10/22 17:09
あれ

32 :名無しの笛の踊り:01/10/25 21:23
age

33 :名無しの笛の踊り:01/10/28 01:24
いやしスレ?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)