5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

室内楽はお好き?

1 :名無しの笛の踊り:01/10/23 23:27
ブルヲタに聴かせたいのは
フォレの室内楽。
この繊細な音楽。

わかんねえだろうな

2 :名無しの笛の踊り:01/10/23 23:28
おっ新手の煽りか?

3 :名無しの笛の踊り:01/10/24 00:55
俺、ブルヲタ。
プーランク、フランセ、フォーレ、シューマン、リゲティ、なども聴くよ。
でも、フォーレならレクイエムだな。

4 :弓永松 ◆cwd5ksNo :01/10/24 01:00
>>3
君はピアノが弾けますか?弾けるなら、よろしい、
フォーレの作品を弾いてごらんなさい。
ノクターンでもバルカローレでも良いよ。
レクイエムも素晴らしいけれどわしはピアノ曲が好きだ。
むりやり勧めたみたいでスマソ。

5 :名無しの笛の踊り:01/10/24 01:54
>>4
なんだオマエ、音楽聴くのにピアノが弾けなかったらどうだってんだよ。
逝け!

6 :名無しの笛の踊り:01/10/24 02:07
ブルヲタではないが、フォレの室内楽のどこがいいんだかワカラン。

7 :名無しの笛の踊り:01/10/24 07:39
>>4
ピアノは弾けないが、ホルンはできる。
また、歳とってからのことも考え、チェロをはじめようか、と思ってる。

8 :名無しの笛の踊り:01/10/24 09:08
>>6
要修行

9 :名無しの笛の踊り:01/10/24 09:19
フォーレとブルックナーの比較論をするなら、吉田秀和の『私の好きな曲』
(新潮文庫)のフォーレの第2ピアノクインテットの項が参考になりますよ。
>>1さんの理解とは異なるけど、両者の意外な共通点を指摘しています。

10 :名無し笛の鴻:01/10/24 09:27
内部から涌き出る充実(空虚を埋める渇望としての充実でなく)
という点で、フォーレの一部とブルックナーのある部分には
共通点がある。オレはどっちも好きだ。

11 :名無しの笛の踊り:01/10/24 09:33
>>10
「空虚を埋める渇望としての充実」というのは、ブラームスのことを
念頭においているの?

12 :名無しの笛の踊り:01/10/24 09:38
ブルにも室内楽の作品あるじゃん。

13 :弓永松 ◆cwd5ksNo :01/10/24 10:42
>>5
ピアノが弾けないならほかの楽しみ方をするまでさ。
聴くだけでももちろんフォーレは素晴らしいよ。
ただ、多くの人にとって最も身近な楽器であるピアノを使って、
フォーレの作品に触れて欲しかっただけだ。
弾けないのが悪いとは書いていないが、そう取れる文であったならお詫びする。

14 :名無しの笛の踊り:01/10/24 10:54
>>7
なぜかホルンとチェロを兼ねる人って多いね。
そういえば今は亡きFCLAでは変○とか呼ばれてたような…。

15 :5:01/10/24 11:19
>>13
詫びてるなら、よろしい。

演奏と鑑賞の楽しみ方は全然別だよ。

しかしだ。

> ただ、多くの人にとって最も身近な楽器であるピアノ

とは思えない。
私はギターかソプラノリコーダーだと思う。(マラカスとかタンバリンでもいいが。)

スレ違いみたいでスマソ。

16 :6:01/10/24 11:46
>>8
正直、フォーレの室内楽ほどツマラナイ音楽もないと思うけどな。

まあ、好きなら好きで別にいいけど、
少なくとも人に勧めるようなモノじゃあないでしょう。

17 :名無しの笛の踊り:01/10/24 14:22
>>16
ピアノ四重奏、五重奏は
聴いたことあります?

18 :名無しの笛の踊り:01/10/24 14:59
ブラームスは?

19 :名無しの笛の踊り:01/10/24 15:02
ピアノ五重奏曲が美味しい<ブラームス

20 :名無しの笛の踊り:01/10/24 15:09
フォレのピアノ5重奏は、2番より1番のほうが好きだな、オレは。

21 :6:01/10/24 15:42
フォレなら最初のヴァイオリンソナタには感じるところがあるけど、
あとはオヤジ(ジジイ)の繰り言にしか思えないのですよ。
ちなみにその繰り言のなかではピアノ三重奏の方が、まだ潔いかと。

ブラームスなら弦楽五重奏などは、ちったあやる気が感じられるけど、
他の大部分が、書法の面白さや仕上がりの見事さを認めた上で、
芸術家としての人生を諦めちゃった男の、言い訳めいた拵えモノとしか思えない。

これらはむしろ音楽の矮小化であって、音楽家として決して立派な仕事ではない、
と言うのが自分なりの捉え方です。コニサー向けではあるが所詮BGMの域を出ない。
まあ、僕はそういう音楽には「後ろ向き」な姿勢を感じて好きではないだけです。

個人的には、古典派や20世紀の室内楽には好きなものが多いし、
この時代でも、シューマンやフランクの方がずっと良いと思うのだけど。
ドヴォルジャクだって、いつまで田舎もん扱いばかりしていないで、
もっとちゃんと評価されても良いように思うな。

22 :名無しの笛の踊り:01/10/24 18:34
>>21
フォーレについても、ブラームスについても、どうしてこういう意見が
でてくるのか、理解しがたい。

23 :名無しの笛の踊り:01/10/24 19:32
>>22
聴いた演奏が悪かたと思われ。

24 :10:01/10/24 19:33
ゲンダイオンガクと同様、フォーレの室内楽の評価が
真っ向から対立するというのが興味深い。
ちなみにオレが選ぶなら、ピアノ五重奏曲(2番)、
ピアノ三重奏曲、最後のノクターンだ。

25 :21:01/10/24 20:11
>>22
ブラームスに関しては、(多分英米を中心に)作曲家や評論家の間でも、
こき下ろすのが流行ることもあったくらいなので、そう珍しい意見でも
ないのでは? 第一、本人が言っているじゃあないですか!

フォレの音楽が悪いとはいいませんし、作品の出来に関する客観的な評価としては、
>24さんの意見に同感のところもありますが、どうも芸術家の姿勢として馴染めない
だけですよ。フォレの和声は今日にいたるまで、そのオリジナリティーを維持して
いると思いますし、意外にもポピュラー界にも影響力がありますよ。あまり音の
重ね難い電気楽器では、あの簡潔さがたいへん効果的なのだろうと考えています。

>>23
そういうことはありますよね。
フォレは(ピアニストで云えば)ティッサン=バランタイン、ドワイヤン、ユボー、
それに英国のDomusなどの演奏で聴いていましたが、三重奏が良いと感じたのも
ドワイヤンのおかげかも。
新しい視点を提出している演奏があれば、ぜひ教えてください。

26 :名無しの笛の踊り:01/10/24 20:31
>>25
フランスEMIの全集。
P=コラール、Vn=デュメイがいいでしょう。

27 :名無しの笛の踊り:01/10/24 22:36
おすすめ室内楽

ヨハネス ブラジャー 弦楽六重奏曲第1番,2番 作品18,36
           ベルリンフィル八重奏団
      

28 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:51
フォーレのピアノ五重奏曲は一番、二番ともに
大大傑作と思いますよ。
モツアルトのハイドンセットの横に置いておきたいくらい。

29 :名無しの笛の踊り:01/10/25 00:22
ショスタコってむちゃくちゃ苦手で気が滅入るけど
ピアノ五重奏曲はいいと思うなあ。綺麗だ。
カルテットもそのうち楽しめるようになるかなあ。
そんな自分は今現在想像できないけどね。
ショスタコスレじゃなくてスマソ

30 :名無しの笛の踊り:01/10/25 11:53
>>29
激しく同意。あの五重奏はいいよね。
タコにはああいう音楽を沢山書いて欲しかった。

31 :おじさま:01/10/25 11:57
しかしねえ・・・
どうして室内楽とか器楽というと人気ないのかねえ・・・
歌曲あたりも人気がないねえ・・・
要するに大きな音のするものがいいわけなのかねえ・・・
おこちゃまが多いんだよねえ・・・

32 :名無しの笛の踊り:01/10/25 12:08
>>25
>ブラームスに関しては、(多分英米を中心に)作曲家や評論家の間でも、
>こき下ろすのが流行ることもあったくらいなので
それは、いつ頃の話でしょうか。せいぜい19世紀から20世紀初頭くらいでは?
いちばん有名なのはニーチェの意見で、今でも浅田彰なんかはその尻馬に
乗ってつまらない事書いてるけどね。はっきり言って時代遅れ。

33 :名無しの笛の踊り:01/10/25 13:05
フォレだろうがブラームスだろうが自分が楽しけりゃいいじゃん
所詮人それぞれだろう
他人の趣味にごちゃごちゃ言う奴が多いからつまらなくなるんだ
音楽黙って聞いてろよ

34 :25:01/10/25 17:37
>>32
えーと、一例としてBHハギンという米国の批評家が1956年刊の自著の中でブラームスを
こきおろしていることにCウィルソンが1967年刊の著書で言及し、同時にBブリテン
のブラームス嫌いを紹介し、されにこうした「ブラームス嫌いの数は増えつつある」
とも書いていますね。ちなみにCウィルソン本人は意見を異にするようですが。

ところで、100年以上も前の音楽を云々する我々が、ニーチェを時代遅れとは
言えないって、そりゃ。でも、アサダ先生の音楽の話にはいつもムカツキますけど。

>>33
そういうあなたは何故ここに? いや、純粋な疑念です。

35 :名無しの笛の踊り:01/10/25 17:51
>>34
レスありがとう。ニーチェについては舌足らずでスマソ。彼はブラームスの
同時代人なのだから、同時代ゆえの限界があるけれど、これはある意味では
不可避。彼の時代において時代遅れというわけではない。
時代遅れのは、浅田彰が100年前の見解を振り回していることについて
言っただけ。
それより面白いと思ったのは、あなたがあげた著者や作曲家が英米系の
人たちばかりだということ。たまたまそうなっただけなのかもしれないけど
ヨーロッパ大陸の音楽文化とアングロサクソンのそれとの違いといった
話題に広がるかもしれない。
(大陸系の著者で第2時代戦後に同様の見解を主張している人がいたら、
また話が変わってくるね。知ってたら教えて。)

36 :33:01/10/26 11:44
>>34
あ、そうだな、何でいるんだろうここに?

37 :名無しの笛の踊り:01/10/26 17:34
32さんは英米系の評論家を挙げているけれど、
例えばフランスでブラームスは、ドイツでフォーレが聞かれなかったのと同様、
全然聞かれていなかった。
「時代遅れ」という言葉で連想するのは、大バッハもフォーレも
(ペルトも!)時代遅れだということである。グレゴリオ聖歌など
時代遅れそのものではないか。

38 :名無しの笛の踊り:01/10/26 17:44
>>37
うーむ。うまく伝わらないね。
ぼくが時代遅れといったのは、浅田彰のように100年前の見解を
後生大事に振り回している輩のこと。ブラームスやフォーレや
大バッハのことではありませんのであしからず。
例えばバッハやモーツァルトの同時代人の見解を根拠として、
彼らの音楽がスコラ的で不必要な音が多すぎ、血が通っていないと主張する
輩が現代にいたら、あなたはどう思う?

39 :名無しの笛の踊り:01/10/26 18:43
ブラームスの作品18はパリで最も人気のある曲のひとつ、と聞いたことがあるけど。
一般的には、ルイ・マルででも有名になったのかな?

40 :名無しの笛の踊り:01/10/26 18:50
最初の文句に戻ろう−−
>ブルヲタに聴かせたいのはフォレの室内楽。
>この繊細な音楽。わかんねえだろうな。
−−フォレの繊細な室内楽をイイと思い、ブルックナーもイイと思うんで、
オレ−10−はブルヲタでない、ということでいいんだナ?

41 :名無しの笛の踊り:01/10/27 00:33
いいとも

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)