5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミケスレ

1 : :2001/07/13(金) 10:49
幾つかのスレで時々現れてはちょっとした
盛り上がりを見せるミケランジェリ。

以前ミケスレが立ってたようだが倉庫行っちゃったみたいなんで
一応立ててみたんだけど。みんな、書いてね。

2 :名無しの笛の踊り:2001/07/13(金) 11:43
どっかのファンサイトのディスコグラフィーかなり使えるよ。
海賊盤を網羅しまくりだぁぁぁ。

3 :名無しの笛の踊り:2001/07/13(金) 17:24
やっぱりね・・・・・。書き込み少な・・・。

4 :名無しの笛の踊り:2001/07/13(金) 17:55
ウチのそばに野良の三毛猫がいるが
触らせてくれないよ。
どうすればいいかなあ。

5 :名無しの笛の踊り:2001/07/15(日) 22:44
ミケって人気ないんかねえ

6 :名無しの笛の踊り:2001/07/15(日) 22:55
申し込んだのにキャンセルされたからね

7 :名無しの笛の踊り:2001/07/15(日) 23:02
ピアノを運んでくる神経質な奴。

8 :名無しの笛の踊り:2001/07/15(日) 23:07
半数のピアニストはやりたいと思っているでしょう、
自前ピアノ。

9 :名無しの笛の踊り:2001/07/15(日) 23:47
ラヴェルのコンチェルト、全然良さが分からなかったおいら

10 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 01:43
>>2
URL kibo-n!

11 :空踊り:2001/07/16(月) 03:20
伝説(海外では、伝説)のラベルトリルは、不均等に弾くらしい。
味わいがでて良いらしい。カッコ良いよな〜普通そんなこと言えんぞ。
でもあれ、不均等か?
ばっちり呼吸ありの最高トリルだよ。

12 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 05:57
ミケに裏切られたことあるもん多いからな

13 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 07:11
ミケの本領と思われる録音は海賊盤に多いけど、まずは
EMI Complete boxでしょう。DGへの録音は、全部廃盤
になってもかまわないと思う。

14 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 08:54
自前ピアノ・・・これが許される立場にまで達するのは凄い。
今現在、自前ピアノやってる人ってどれくらいいるの?
ポリーニは持ってくるらしいけどあくまで予備のためで、
アルゲリッチは自前だっていうハナシも聞かない。
ポゴレリッチってイメージとして自前っぽいけど違うかな?

それにしても、ミケがピアノを差し押さえられた事件の時は、
ヤマハのピアノを何台も試し弾きしたけど「お話にならない」との
事だったそうな。お話にならないほどの違いがあるのか?
素人には分からん・・・。

15 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 11:25
>>4
生れつきの野良なら厳しいぞ。
元飼い猫だったら時間かければ何とか。

16 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 14:22
>>14 あれだけタッチを気にする人はヤマハは見向きできないだろ、
やっぱりあのタッチは改良すべしだよ。僕も含めて皆なれちゃっているけれど。

17 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 17:06
ヤマハしか弾いたことないからよく分かりません(泣)

18 :名無しの笛の踊り:2001/07/16(月) 17:33
>>14
そのくせ調律には無頓着とバラサレていた。

19 :芸大うんち:2001/07/16(月) 18:18
ばかちん、良いピアノは、響くんだよ。
調律なんて本当は、軽くする程度が一番良いのよ。
調律バッチリすると音が硬くなるの。新しい皮とおなじ。
なじまねーのよ。特にヤマハは、音吸い込んじまうの。
調律しにありがちな間違いおこしてるよ、17さん。

20 :17:2001/07/17(火) 00:16
>>19
私は調律師でも何でもないです(泣)

21 :芸大うんち:2001/07/17(火) 01:30
ごめんな、悪かったよ。
18番だった。すまなかった。
ついつい自分の好きな数字書いちまった・・。

22 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 01:44
>>21
はよ寝ろヴォケナス

23 :芸大うんち:2001/07/17(火) 01:50
こっちは11:50だよ。
どちらかといえば、おはよ!
場所わかる?

24 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 01:54
>>23
こっちはいま9:01だ。でも寝る。

25 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 04:53
>>13
AURAのボックス買ったんだけど
EMIも持っといたほうがいいかな?

26 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 06:24
>>19 調律のテクしらんで、変なこと言うな。稾貸し手くれるな。
そのずらし方に経験が要るんだよ。

27 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 07:22
19さん詳しいですね。まあ、でもミケランジェリさんは、
半端でなく耳の良いかた
ピッタリの音程なの持つ無意味さを十分にわかるのでしょう。
彼自身実に面白い哲学の持ち主だったみたいです。
調律する側の興味は、いかに粒を揃えるか、
という所に執着してしまいやすいものです。
あなた様は、結構な経験者では?

28 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 08:52
AURAのボックス買ったんだけど、
それからも新譜出てるでしょ。
もう何がなんだかよく分からなくなってるよ。

あと詳しい人にききたいんだけど
EMIからヘンなライヴみたいの少し出てるよね。
あれ何なのですか?聴く限り海賊版としか思えないのですけど・・・。

29 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 13:22
みけすれ半

30 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 14:14
AURAのボックス買ったけど、
ミケのレパートリーって狭いね・・・・

31 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 14:33
レパートリー狭いって良く言われるけど
それほどではないんじゃ?

32 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 14:50
<<27 事故レスうぜーぜ、、、、、。

33 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 18:44
おいおい、彼じつは、スカルラッちい全部いけるらしいぜ。
関係者ミナそう言うんだけど。
噂によれば、カンツォーネもほとんどいけるらしいぞ。

34 :芸大うんち:2001/07/17(火) 18:46
おお、うんち同盟者ここにもいたか。
なんか増えてきたな。名無しの笛の踊りじゃあね。
またがんばってね。うんち4号

35 :名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 19:06
319 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2001/07/17(火) 18:38
(゜д゜)<あらやだ!おおもり逝っちゃったのね…


320 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2001/07/17(火) 18:54
寝ても覚めても自分の絵のことしか考えてない
自己中心
身勝手な奴
大人のなり損ない
稼ぎもないろくでなし


321 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2001/07/17(火) 19:00
>>320
「アマデウス」で嫁さんのおばちゃんが
それとほとんど同じ台詞をモーツァルトに言ってるよ。
あなた達がいくら僻んでも
オオモリさんの価値が落ちる訳じゃないんだよ
むしろその逆だね。


322 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2001/07/17(火) 19:04
オオモリがこの間
自分の命はもうあまり長くない
とか言ってたのを思い出した。
彼、死ぬのを予感してるのかもね。

36 :名無しの笛の踊り:2001/07/18(水) 07:57
一枚目にふさわしいものを推薦してください

37 :名無しの笛の踊り:2001/07/18(水) 08:58
>>36
一枚目・・・・やっぱりラヴェルのト長調&ラフマニノフ4番かな?
定番すぎる?でも個人的にEMIの音の方がいいと思うな。
DGの録音は後からで良いと思う。なんでと言われても困るんだけど、
なんとなくね。あとは意表をついて1940年前後の録音とか。
海賊盤が多いので、最初にああいうのを聴いて耳を慣らしておくと良い(笑)

38 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 08:10
先日、NHK-BSで横山幸雄がバッハ=ブゾーニのシャコンヌを弾いていました。

ossiaとか、ミケランジェリと全く同じでした。
途中までossiaで途中からそうじゃなくなったりするのまで
同じだったのでこの人はミケランジェリをよく聴いてるんだな〜と
思った反面、プロのピアニストがそういうことをやってるのに
ちょっとしらけてしまいました。

39 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 13:42
↑演奏家として、2流の証拠。

40 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 16:52
↑あのパタリロみたいなかたですか?

41 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 18:09
一枚目か、やっぱりガルッピかな?
そこの、グリーグの詩人の恋も、凄い。
まるでグールドのブラームス間奏曲みたいな美学。

42 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 18:23
ミケの弾く小品集って、どうしても
曲自体がつまらない・・・・。
私が未熟なのか・・・・・・。

43 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 18:32
考古学者だから、彼も。
ちなみにムーティーもなの彼も発掘家だったの。
でもホロビッツのクレメンティーより、
ガルッピのほうが、カッコ良くてよろしー。

44 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 18:43
ちなみに詩人の恋って、カッコ良くやくしたものです。
だって本当は、エロチックって名前だよね。
でも元の名前の方がシックリくる。

45 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 23:12
ermitage??
というれーべるはなんですか?
デジタル録音とかもあるみたいですが音はそれなりに良いんでしょうか

46 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 23:21
海賊盤だと。

47 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 23:23
えるみたーじゅね。
AURAに吸収されちゃったんじゃなかったっけか??

48 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 23:24
あーら(aura)、ビックリ!

49 :名無しの笛の踊り:2001/07/19(木) 23:25
ということはAURA(正規ですよね?)
で買えば良いって事ですね
ありがとうございます

50 :名無しの笛の踊り:2001/07/20(金) 14:02
AURAの他にもいろんなレーベルが思わぬものを出すことがある。
まあAURAはとりあえずおさえておくべきだろうが。
ところでARKADIAのCDってまだ手に入るの?????

51 :名無しの笛の踊り:2001/07/20(金) 14:58
ウチの近くの
野良三毛猫
まだ、触らせてくれませんあげ

52 :名無しの笛の踊り:2001/07/20(金) 15:02
EMIのラベルピアノコンチェルトを買おうと思います
ところでこのCDはartリマスターのものが去年に発売されてますよね
artってどうなんでしょうか
素直に国内盤を買ったほうが良いんでしょうか?
古い録音なので細かいことが気になります・・・

53 :名無しの笛の踊り:2001/07/20(金) 16:37
あの録音って年代からは考えられないほどの良質録音なので、
何を買っても大丈夫。だと思う。
他の人の意見もきぼんぬ。

54 :名無しの笛の踊り:2001/07/20(金) 16:39
AURAのは音ボロボロだからなあ・・・大丈夫?

55 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 00:19
ああいうのの音源って、なによ。
やっぱAirCheckだよね?

56 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 03:38
エルミタージュは海賊じゃないぜ。
スイス・イタリア語放送っつールガーノにあるれっきとした放送局の
放送録音だぜよ。単に録音技術がないだけで、一応正規盤ね。
素性はあのBBCのと似たような感じだわな。
因みに最初に聞くならSP復刻のスカルラッティ。
ぶったまげる。

57 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 04:08
であの音質かよ・・・れっきとした放送局が聞いてあきれる。

58 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 05:06
5、60年代のイタリア系の国営放送ってあんなもの。
(あれでも国営なんですわ!)
まともな放送録音なんてドイツ系くらいじゃないかな?

59 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 14:48
前々から思っているのだが、ベートヴェンのソナタop.111が入ってる
アルバム(デッカ盤)ってなんであんなに音悪いの?あれで良く承知したもんだ。

ちなみに、これの輸入盤に誰が書いたかミケの不気味な肖像画がジャケットに
描いてあるやつがあるんだけど、あれは何なの?ドラキュラみたいな(笑)

60 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 15:24
AURAとチェトラ
どっちのボックスを先に買ったら良いですかねぇ?

61 :名無しの笛の踊り:2001/07/21(土) 23:45
チェトラと音源かぶってないの?????
あ〜よく分かんね〜。

62 :名無しの笛の踊り:2001/07/22(日) 00:07
チェトラとAURAはかぶってないそうだ。

63 :名無しの笛の踊り:2001/07/22(日) 00:58
CETRA,AURAなど正規もの以外でのお勧めってありますか?
海賊っていまいち情報ないのでさがせません

64 :名無しの笛の踊り:2001/07/22(日) 17:31
ミケは、小品から行け。
はずれは、ない。その次は、
シューマンなどの小品が集まったような曲
ピアニストの質えを聞くときは、まず小品チェックすべき。
海賊にこだわるのは、後にする方が賢明。
まあ、個人的には、
皇帝のカデンツァ入る直前の落雷を聞くミケが、カッコ良し。
落雷より凄いカデンツァ打ち返してるわ。

65 :名無しの笛の踊り:2001/07/22(日) 20:09
でも、今までのミケ録と言えばEMI、DG、
それとデッカぐらいしかなかったわけだから、
AURAもCETRAも気分は海賊盤だよ。
実際、海賊盤と音源がかぶっているやつもあるし。
ARKADIAとか美味しかったんだけど、もうダメになっちゃったんでしょ?

ちなみに超亀レスだけど、ミケの役立つディスコグラフィーは下。
www.geocities.com/Vienna/Studio/8935/abm.htm
半年くらい前に更新が止まってるみたいだけど、
ほとんどのものを網羅してるからとても役に立つよ。
以前はジャケットのスキャンも全部載せてたんだけど、
それはやっぱり問題あったのかねぇ。

66 :名無しの笛の踊り:2001/07/23(月) 13:37
おぉ!作曲家別とレーベル別両方で検索可能か。
いたれりつくせりだね。

67 :名無しの笛の踊り:2001/07/23(月) 13:41




     *********************************************************
     * *
     * 『思いっきりオペラ』ってどうよ? *
     * *
     *********************************************************



*

68 :名無しの笛の踊り:2001/07/23(月) 19:03
他に写真ねえのか?と思う写真が多いな、ミケランジェリは。

69 :名無しの笛の踊り:2001/07/26(木) 03:39
あげ

70 :名無しの笛の踊り:2001/07/27(金) 22:14
あげランジェリ

71 :名無しの笛の踊り:2001/07/28(土) 03:43
59は、元々SP録音

72 :名無しの笛の踊り:2001/07/28(土) 03:44
タマランジェリ

73 :名無しの笛の踊り:2001/08/05(日) 07:05
>>65
さんくす。これは便利だ。

ところで、ドビュッシーの版画の録音ってないのかなあ?もし録音があるなら
すっげー聴いてみたいんだけど。版画はあんまり好きじゃなかったのかな、ミケ。

74 :名無しの笛の踊り:2001/08/05(日) 07:10
海賊だけど、1964年のドビュッシーの「映像」いいねえ。
ショパンも入ってて、これも名演。

75 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 11:04
>>73
絶対に版画は弾いていたと思う。
人前で披露するのは彼のレパートリーの氷山の一角だったらしい。
ごくプライベートな録音もあるらしく、そこには今まで聴いた事のない
曲が収録されているかも知れないが、ま〜人前に出る事はないだろう。
遺族の人には是非とも許可を出して欲しいが。
ラヴェルの“水の戯れ”は実際に人前で演奏していた
時期があったそうだが、いまだに録音は出回ってないみたい。

76 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 11:34
EMIのBOX買ったけど、ラヴェルとラフマニノフの協奏曲の音質が
ひどかった。国内盤でもあんなひどいのか?

77 :73:2001/08/08(水) 03:28
>>75
レスさんくす。やっぱり弾いてるのか、版画。うう、聴いてみたい。もちろん
水の戯れも。実際に弾いてたんだと思うと欲求不満が更に高まる。

しかし、あの極悪な隠し撮りラストコンサートを発売するくらいなら、未発表
録音の方を先に出して欲しかった。しっかりせい、遺族一同。

78 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 07:33
>>76
全集じゃないアートの海外盤買ったけど
ノイズは非常に少ないが、その代わり音は人工的って感じだったよ。
特にバックのオケはおもちゃみたいな音しか出てこない・・・
57年の音源としては奇跡的なCDであることには異議無いです。

79 :78:2001/08/09(木) 07:36
ところで92年にチェリとやったラヴェルのピアノコンチェルトはどうなんでしょうか

80 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 10:27
>>79
あの頃のミケは昔のミケとはまた別・・・だと思う。
それもまた良しだが、やっぱり・・・どうなんだろう。

81 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 11:25
家のそばに生まれたばかりのミケ猫がいるんだが
たわむれに捕まえたらメスだった。
臭かったのでその場は母猫(茶色)に返してやったが、
これってGETすべき?

82 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 10:48
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
ミケのTV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい
TV放送ビデオ欲しいミケのTV放送ビデオ欲しい

83 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 00:44
ageておかんとな。
倉庫落ちはカンベン。

84 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 19:15
とりあえずミケファンとしてはあげておかにゃならんわけだ。
最近、東京ライヴとかも流出してるね〜。
誰がどっから見つけて来るんだか・・・・・。

85 :名無しの笛の踊り:2001/08/21(火) 11:03
定期age。新譜でないね。

86 :名無しの笛の踊り:2001/08/22(水) 13:04
鍵盤の深さがそろってなくて紙を挟んで調整してOKが出たとか、
弟子が難しいパッセージを弾けなくて苦労してたら
脇から左手でチャッチャと弾いてくれたとか、
速いトレモロを一本指で弾いてた・・・等のエピソードが
載っていた本を立ち読みした事があって今探しているんですが、
どうしても見つかりません。知ってる人いる?

87 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 01:46
ageておく。話題ないけど‥‥。

88 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 19:10
>>59
遅れレスですが、
当時ミケはメジャーの録音の質にキレていて、
自分で機材を作ろうとまでした?らしいのだ。
そこへBDMとかいうインディーズのプロダクションか何かが、
まかせなはれ、みたいなこと言って録音したものらしい。
結果はあれですが、ミケは怒ってBDMは潰れた、という話だったか。

でも、実はあの録音は良いと思ふ。
ミケの特徴である「奇跡的な完全倍音」を捉えていると思われ。
あれがしょぼく聞こえるのは、多分、再生装置の問題で、
「ハイファイ」にありがちな時間系(位相)歪のせいかと。
ゆえに個人的にはオーディオのセッティング時の愛用盤です。
上手くいくとあの岩にも染み込む?ような音が聞けるのだ。

DGのショパンもちょっとその方向の録音ですね。

89 :名無しの笛の踊り:01/08/28 11:10 ID:ok4zwts2
>>88
おお!有難う!
専門的な事はよく分かりませんが、
そういえば何から何までミケの言うとおりにするから
録音してくれという会社があって、でも全くダメだった
という話は聞いたことあり。
オーディオのセッティングですか・・・。
そっち方面には全く金をかけてないなぁ・・・。

90 :名無しの笛の踊り:01/08/31 16:25 ID:KbPzWCVc
定期age・・・新譜情報などについてもっと語ろう。
つってもこの人の場合新譜が出たらスグに知れ渡るから
あんまり意味ないか・・・。個人的にはレアな映像の情報とかについて
語りたい。

91 :名無しの笛の踊り:01/08/31 19:31 ID:1lbem4CI
>>79
それってチェリビダケ誕生日コンサートってやつ?
だったらCDもってるけどもんのすごいよ。濃くて。
1楽章からぐいぐい引き込まれる。オケもピアノも一音一音の密度が違う。
別の曲のようだよ(テンポもチェリらしく遅いけど)。1回は聴いて欲しい。

92 :名無しの笛の踊り:01/08/31 20:41 ID:KbPzWCVc
92年か・・・う〜ん。まだ聴いた事ないから何ともいえないけど、たしかに密度は濃いけれどなんかエグいっていうか、容赦ないっていうか・・。
それに、技術的な“衰え”も否応無しに感じてしまうし。
でもあんだけ凄い演奏をしてきた人だという事をみんな知ってるから、
誰もつっこまないしバカにする人もいない。
なんていうかこう、神妙な気持ちになってしまう感じ。
心臓手術後の(?)ミケってまったく音楽が変わってしまってて、

93 :名無しの笛の踊り:01/08/31 22:43 ID:4keLngCQ
>>91-92
スリーゼロの他から出てる?
あれ、音質がクソで聴く気にならないんだけど・・・

94 :91:01/09/01 06:16 ID:pCnkHEXg
>>93
ゴメソ。あなたは聞かなくていいです。

95 :名無しの笛の踊り:01/09/01 11:56 ID:9w8VsRjE
ミケの演奏は、録音の悪さを補って余りある。
というのとはちょっと違うな・・・録音が悪くても聴く価値があると
言った方がいいかな。ま、ミケ海賊盤の酷い録音ばかりを
聴いてきて慣らされてしまったというのが本音の部分もあるけど。
だからBBCからこの前出たドビュッシーの前奏曲は感激したなぁ。
これだよ、これ!とか思った。やっぱり録音は良いにこしたことはない。

96 :名無しの笛の踊り:01/09/01 12:13 ID:vsHtHF9M
>95
82年ロンドン・フェスティヴァルホールでのライヴ,前奏曲第1集(BBC LEGENDS)。
録音かなり良し。スタジオ録音盤(DG)とほとんど同じ演奏なのが不気味だが…
今後同じレーベルからいくつかライヴ盤が出るとの説あり。

97 :91:01/09/01 23:34 ID:pCnkHEXg
>>96
ミケランジェリって同曲で複数の録音が在ってもアプローチがあまり変わらないと
思いませんか? 発表する時点でほぼ(彼の感ずる)完璧に仕上ってるのではないかと…。

98 :96:01/09/01 23:56 ID:BTeAoCO6
>>97
晩年は特にその傾向ありと思われ。
しかし「映像」のTestament盤57年ロンドン・ライヴとDG盤(71年)を比較すると:
Reflets: 4'29" → 4'53"
Hommage: 6'20" → 6'36"
Cloches: 3'33" → 4'21"
Et la lune: 5'02" → 5'15"
と著しく(ミケランジェリにしては!)タイミングが違うし
57年盤の方がはるかに躍動感があるように感じられる。

99 :名無しの笛の踊り:01/09/01 23:59 ID:oxwZXc1U
ABM聴いてると、お部屋の空気が清潔になる。

100 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:19 ID:CG6ChQ0c
最後となってしまった日本公演の時に、
人のことをヲタクと藁う妻を無理やり連れて行きました。
いままでこんな美しいものに触れたことは無い、
と言って涙を流していました。

しかし、あの水曜の昼間に急遽変更になったコンサートに来ていた人たち、
ちゃんと仕事しろよ!

あっ、オレモナー?

101 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:33 ID:MO2SLOu.
会社休んで新幹線で逝きました。(泣)
新幹線代も返せとごねているDQN女も居ました。(私ではないよ)

102 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:45 ID:CG6ChQ0c
>>101
それって、キャンセルになった日の方ですね?
あの時は一人で行っていました。
なんでもオーロラを見に行くぐらいの気持ちで、
お天気次第でダメなら諦めるのが肝心とか、
年季の入ったファンの方は達観されてましたな。

103 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:57 ID:bp/FCGfc
57年はミケがノリにのってた特別な年だったと思う。
あのラヴェル&ラフマニノフのコンチェルト、
Testament盤57年ロンドン・ライヴに
ベートーヴェンの5番コンチェルト、
他にBBCでもシューマンの謝肉祭を録音していて
どれも素晴らしすぎ。

それはともかく、ミケは解釈があんまり変わらない方ではあるけど
若い頃の方がやっぱり“若さ”があってテンポも全体的に早めだしね。
これはまあ当然のことだと思うけど。
ただ曲によっては後になってからの方がキレとテンポがアップしてる
演奏もあり(グリーグ&シューマンのコンチェルトとか)。

104 :101:01/09/02 02:03 ID:MO2SLOu.
>>102
あ、そうか。キャンセルになったのは日曜日だった?
水曜日って何をやった日? 人見記念は行ったんだけど…
あの日に「客とコミュニケーションがとれない」とかいって
後日のコンサートがキャンセルになってしまったんだよね。スマソ。

105 :102:01/09/02 02:35 ID:CG6ChQ0c
>>104
水曜は、そのミケが人見じゃNGだと言い出した件で、
急遽サントリーに後日振替になった日です。しかもマチネー。

プログラムは、
前半がショパンの前奏曲Op45とソナタ2番、
後半がドビュッシーの前奏曲第1巻、でした。
ショパンの前奏曲とソナタの間を続けて弾くので、
拍手をしないようアナウンスがありました。

その後のサントリーでの日曜も予定があったが、
これは風邪でキャンセル。
結局水曜のコンサートが日本では最後になってしまった。

いま思わず「予定」って書いてしまいましたが、
ミケのコンサートって、本当にそういう感じでしたよね。
決定は当日になってから!

106 :名無しの笛の踊り:01/09/02 02:43 ID:7bZkfeow
俺は翌年(だっけ?)のリサイタルのS席とったが、
結局はドクターストップで来なくて、
来ないまま亡くなってしまった。
その場でキャンセルよりはマシだったのだろうか。
地方に住んでると移動代だけでチケットよりかかる
場合があるけど、その払い戻しはないからね。

しかし拍手しないようにとわざわざアナウンスがあるとは、
やっぱり異例すぎますな。

107 :名無しの笛の踊り:01/09/02 02:54 ID:jAqOKrXs
>>106
93年か94年だったような気がする。結局ミケランジェリは一度も聴けなかった。(泣
このことは一生悔いとなって残るだろう…
何とかして聴いとけばよかった人にはジュリーニとかヨッフムとか他にもいるが…

108 :名無しの笛の踊り:01/09/02 03:03 ID:7bZkfeow
俺もすごく後悔してる。
でもクラシックを好きになって(ミケランジェリを知って)
1〜2年の頃だったし、まだ高校生で金もなかったし、
まあしょうがなかったかなと思ってる。

109 :名無しの笛の踊り:01/09/02 03:06 ID:CG6ChQ0c
人づてに聞いた話ですが、
亡くなる前のミケさんは殊のほかシューマンにご執心で、
今度はソナタやろうかと思っている、
と言ってたらしいです。たしか2番。

110 :名無しの笛の踊り:01/09/02 03:11 ID:59JYlju.
俺もすごく残念に思っている。
ことごとくキャンセルされたから。
一時は、「ミケランジェリなんてもう聴くもんか」なんて
思ったりもしたけど、今となっては、「無念」の一言。

111 :名無しの笛の踊り:01/09/02 10:36 ID:d7RpUk4Q
ミケランジェリのライヴはロンドンの57年(Testament)と65・82年(BBC)の2点しか
持っていないがどちらも聴衆が静まりかえって聴き入っている。(マァ比較的ニネー)
トスカニーニでもリヒテルでも遠慮なくゴホゴホ咳をしていたあの罰当たりなロンドンの聴衆が…
Testament盤ではミケランジェリのリハーサル模様も少し聴けて面白い。

112 :名無しの笛の踊り:01/09/03 01:32 ID:sl8bvj/6
夜のガスパールのある録音では、オンディーヌの冒頭に
うぉほん!!っていう日本人みたいな咳が入ってるよ・・・・
ARKADIAとMEMORIAのやつにあった。
ジャケットの録音データは違うのに(笑)、
あのセキでおんなじ録音だって言うのばれまくり。
まあ、このセキした人は相当アセったことだろうね。

113 :名無しの笛の踊り:01/09/04 11:42 ID:TrCjI9zE
初めてこの人のラフマニノフ4番聴いた時には超人かとオモタヨ

114 :名無しの笛の踊り:01/09/05 21:35 ID:bfNPtI5s
メカニカルも強かったけど、
ペダルの使い方は信じられなかったな。
DGのドビュッシーを聴いた時には、
思わず「あり得ない・・・」って呟いてしまいました。

115 :名無しの笛の踊り:01/09/05 21:42 ID:jb4WZ7PY
>>114
だれだったか調律師の書いた本に「ミケランジェリは絃がフェルトの斜面に当たるように
絶妙にペダルを踏んで絃に回転運動を与えている」と書いていた。ホンマカイナ

116 :名無しの笛の踊り:01/09/05 23:14 ID:bfNPtI5s
>>115
そういえばミケ弟子の書いた本では、
ミケの演奏技術を、天才と見るか、超能力と見るか、
議論されているとあって藁た。
じゃあ、そのうちバチカンから聖人に加えられたりして・・・

117 :名無しの笛の踊り:01/09/06 06:10 ID:neTinWPE
DGへの録音ってコアなファンにはあまり受けがよくないみたいだけど
最盛期はもっと凄かったということなのかな?
私は素晴らしいと思ってるんですが。ドビュッシーとか、ブラームスとか。

118 :名無しの笛の踊り:01/09/06 06:16 ID:M5puLh2s
sasss

119 :名無しの笛の踊り:01/09/06 07:38 ID:iI1Bpq/o
>>117
確かに57年あたりの「完全主義者」ぶりは後退しているけど、
音楽的には決して後退はしていないと思う。

心臓手術後にDGから出したモーツアルトの協奏曲のライブだけは、
ちょっと問題ある。正直アレだけは出したくなかったみたいだが、
お金の問題で妥協したらしい。若い頃なら考えられない。

EMIにある70年代のハイドンの協奏曲の録音はあまり人気ないみたいだけど、
やはり凄いよ。個人的にはこれも大好きです。

120 :名無しの笛の踊り:01/09/06 08:53 ID:J62Zeyd2
DGのライブ、俺はモーツァルトらしくなくて好きだぁ(藁

121 :名無しの笛の踊り:01/09/06 17:30 ID:xhe80yYA
モーツァルトの協奏曲といえば、1951年のジゥリーニとのライブの20番が
素晴らしいですね。大好きな演奏です。

122 :名無しの笛の踊り:01/09/06 20:09 ID:iI1Bpq/o
★身の上相談★
モーツァルトのピアノ協奏曲の15番と25番には、
聴くのに良い録音がなくて困っています。
というのも、ミケが半端なことをするからです。
オケや録音やノリの悪いディスクだけしかないのだ。
でもじゃあだからと言って他の人の演奏を聞くと、
たいていオマヌケなピアノにイライラしてしまうのです。
こんな私はどうすれば良いのでしょうか?

123 :名無しの笛の踊り:01/09/06 21:43
>>122
15番はシェルヘン指揮の1956年ルガノライブが好きですが、いかがですか?
ノリノリです。モノラルですが録音もまあまあです。

124 :122:01/09/06 22:02
>123
へっ? んなもんがあるんすか? イケそうですね。
情報感謝です。早速探してみます。 レーベルはAuraですか?

ちなみに25番はオケが肝心なので、クレンペラー盤を聴いています。
これはこれで仕方ないのかもしれませんね。

125 :名無しの笛の踊り:01/09/07 01:25
>122
15番なら、AURAのBOX特典で74年のルガノライヴがあるよ。
俺はコンチェルト聴いててもピアノしか興味ないから
オケがいいかどうかは分からないけどピアノだけは最高。

音質がこれまたイイ、っていうかDGのベートーヴェンライヴ集を
テープにダビング→またダビング、くらいにしたらこうなるかなっていう
感じのめちゃくちゃイイ音。俺はオーディオ機器も安いのを
使っているので保証はできないけど、俺は少なくともそう思う。
バラでAURA盤を買っていてもBOX買う価値アリ。

弟子がミケの演奏を超能力かどうか議論しててワラタという
ハナシが出てたけど、ミケのラフマニノフとか聴いてると
そんなに笑えない。凄すぎる。人間じゃないと思う。
生で全盛期に聴けなかったのが悔しい限り。
まあ俺はその頃まだ生まれてないんだけどね(笑)

126 :名無しの笛の踊り:01/09/07 12:47
俺の持っているシェルヘンの15番はチェトラ盤だ。
ドビュッシーの映像と、シューマンのP協つき。

127 :名無しの笛の踊り:01/09/08 01:05
ミケの弾くリスト=サンサーンスの死の舞踏ってすごくない?
あんなん生で聴いたら失禁しちゃうよ。
ふと思ったけど、ミケって何度も何度も同じ曲をライヴで
弾いてた一方、1回しか弾いてないやつも多くない?

もちろん1回きりだと断定はできないけど、海賊音源が
1つしかないとか、正規に録音してても海賊音源が全然ない
とかのパターンがある。「死の舞踏」もそうだし、
DGのベートーヴェンのPコン1・3番(3番は一種類だけ海賊あったかな)、
ラフマニノフのPコン4番とか。

ラフマニノフについては、57年のロンドン・ライヴ(テスタメント)の
店頭販促パネルが当時のポスターそのままだったんだけど、
曲目にはラフマニノフの4番があったんだが・・・・。
あれの録音は残ってないんだろうか。
まあ、キャンセルだったというパターンも大いに考えられるが。

128 :名無しの笛の踊り:01/09/08 01:39
ミケは好きなんだけど、やっぱりあのキャラがねえ・・・。

129 :名無しの笛の踊り:01/09/08 12:44
ショパンのソナタ2番は正規録音はないの?

130 :名無しの笛の踊り:01/09/08 13:28
>>129
ない。ガスパールもない。べト4もない。

131 :名無しの笛の踊り:01/09/08 13:30
ガスパールはあるぞゴルア

132 :名無しの笛の踊り:01/09/08 16:25
>131
ウソつけ。ガスパールの正規録音はないよ。
リリースを前提に録音されて、かつ
ミケ本人が発売を許可した、というものはない。

133 :名無しの笛の踊り:01/09/08 16:29
>>132
フィリップスのヤツは何なの?

134 :名無しの笛の踊り:01/09/08 19:53
俺が持っている中で正規のガスパールは

・フィリップスの20世紀シリーズ
・MEMORIAのヴァチカンライブ(これは生前に本人許諾だよな?)

この2枚だ。あとAURAもあったかも。

135 :130:01/09/08 20:06
>>134
そっか、漏れはそのあたりを「正規」とは思っていなかったんだYO
AURAにもあるし、たしかPRAGAにもあった。

何にせよ、この録音を聴いてまだこの曲を演奏しようとする
他のピアニストの気が知れないんだが。
これって、イタい?

136 :名無しの笛の踊り:01/09/08 20:11
>>130
いいぢゃない?
ただ、AURAとかはちゃんと手続きの上でCD出してるんだから、
「正規」として認めてやろうよ(笑)

ところで、MOEMENTO MUSICAとゆーイタリアのレーベルから出てる
モーツァルトのP協20(ロッシ)、23(ジュリーニ)を持ってるんだけど、
これは海賊かな?(イタリアだしなぁ……)

137 :130:01/09/08 21:30
>136
良かったあ・・(藁
その音源はFonitCetraからも出ていた。
何つーか、イタリア国内限定正規盤みたいなものでしょうかね?
マスタリングは???だけどね。

138 :名無しの笛の踊り:01/09/08 21:44
>>133
>フィリップスのヤツは何なの?

あのガスパールは謎なんだよなあ。
誰か知ってる人いたら教えてほしい。あの音源は本当に謎なんだ。
フィリップスだから正規音源の筈なんだけどな。

139 :名無しの笛の踊り:01/09/08 22:02
>>138
ガスパールの音源は
1959 ロンドン
1960 プラハ
1969 ルガノ
1980 ヴァチカン
のライブがたしか(非正規盤)リリースされていたはずですが
Philips盤はこのいずれでもないのですか?

140 :130:01/09/08 22:39
1959年6月の録音ですが、
以前のプライベート盤のライブとは違います。

アルバムの計画がこれだけで中断したようなものかも?
それにしても何故生前に日の目を見なかったんだろうな?
本人が承諾していなかった可能性もありますね。

141 :名無しの笛の踊り:01/09/09 02:00
>140
//www.geocities.com/andrewfwilson/abm.htm
では,

London 30 June 1959 - Music and Arts CD-955, Music and Arts CD-4955, Philips 456 901-2
Prague 22 May 1960 - EMI Vltava Classics (Japan) TOCE-8271, Multisonic 310193-2, Music and Arts CD-817
Lugano 4 June 1968 - Memories HR 4368/69, Nuova Era CD 2218
Helsinki 22 May 1969 - Arkadia GI 904.1, Hunt CD 904
Città del Vaticano 13 June 1987 - Amadeus AMS 042-043, Aura Music AUR 204-2, Memoria 999-001, Memoria 999-105

142 :141:01/09/09 02:02
いけね,途中で送っちゃった.

5種がリストアップされていて,Philips盤はM&Aのと同じになってますね.

143 :名無しの笛の踊り:01/09/09 02:10
両方持ってる方聴き比べてどうですか?
>>112はこれのことでしょうか?
>>140さんはどう思いますか?
チェリビダケのように死んでから正規盤になったとか?

144 :名無しの笛の踊り:01/09/09 02:19
>143
ちなみに同じ日の録音を集めたという M&A 盤には,
クレメンティのソナタOp.12-1とショパンの2番のソナタ入ってます.

放送録音なのは間違いないのでしょうけれど。

145 :名無しの笛の踊り:01/09/09 02:37
う〜ん、死んでから正規盤になったというものは、
俺としては正規の“録音”と同義として良いとは思わないな。
ま、海賊盤じゃないかぎり正規盤ではあるんだけれどね。

それはおいといて、俺は112なんですけど
112で触れた「うぉほん!」の録音は、
すでに書いてあるようにArkadiaの1969年盤で、
ありPhilips盤とは違うものだよ。

ちなみにPhilips盤はM&Aと同じものだと思う。
Philips盤のライナーノーツには“今まで知られていなかった
ガルパールの演奏が・・・”みたいに書いてあるけれど、
ずいぶん前から売っていた記憶がある。
彼の録音の中で最もテンポが速く音もいいよね。

146 :143:01/09/09 02:48
>>145
情報ありがとうございます。
M&A盤はもっていますが素晴らしい演奏だと思っていました。

>う〜ん、死んでから正規盤になったというものは、
>俺としては正規の“録音”と同義として良いとは思わないな。
>ま、海賊盤じゃないかぎり正規盤ではあるんだけれどね。
そういうことです。チェリビダケだってそうですよね。
正規盤といっても故人の気持ちを踏みにじってますね。
でも名演奏があまねく聞かれるようになるのはそれはそれでありがたい。
特にミケランジェリの場合は。

147 :140:01/09/09 03:06
あらためてPhilips盤を聴いてみました。
マイクの位置と録音品質からして、
録音自体はあきらかに「正規」ですよね。
M&A盤が手元に見当たらないので比較はできなかったけれど、
違う演奏だと思っていたのはカン違いだったようですね。スマソ。

録音嫌いといっても、ミケさんの場合は、
チェリさんのような演奏の一回性の問題ではなく、
録音再生装置の性能に対する不信が原因だったワケだし、
公開演奏会の記録なら、故人の気持ち?に背いているとは思わないなあ。

いやあ、言わせてもらえばこのガスパールをちゃんと出さなかったなんて、
そりゃあなた、その方が余程殺生というものでしょ。

148 :名無しの笛の踊り:01/09/09 12:40
>チェリさんのような演奏の一回性の問題ではなく、
>録音再生装置の性能に対する不信が原因だったワケだし、
>公開演奏会の記録なら、故人の気持ち?に背いているとは思わないなあ。

??分からんぞ。公開演奏の記録だって
録音されて再生されるから聴けるんだぞう。

>いやあ、言わせてもらえばこのガスパールをちゃんと出さなかったなんて、
>りゃあなた、その方が余程殺生というものでしょ。

これは激しく同意なんだけれどね。

149 :147:01/09/09 16:04
>148
あっ、すみません。
ミケの録音再生装置に対する不信は、
後年(70年代以降)解消された、と勝手に思っているもので。
まあ、諦めただけにしても。
ならばこの辺りの録音を公表することは、
その意味では、基本的に問題ないように思うのです。
事実、57年の「謝肉祭」などでは、
後年DGからのリリースを許可していましたしね。

あとは演奏の出来の問題ですが、
まあ、あれだけのことを通してきた方なのですから、
実際に行った演奏の結果に自分で不満だなんて言わせませんよ!

150 :名無しの笛の踊り:01/09/10 08:22
でも、演奏した後に“やっぱりうまくいかないトコロがあった”
と思う事もあるでしょう。演奏会中に曲の途中で終わったりということが
よくあった、とでもいうのなら話は別ですが。
ミケ本人、「完璧な演奏ができたと思った時点でピアノを弾くのはやめる」と
言った事があったそうですしね。

151 :名無しの笛の踊り:01/09/11 01:40
ミケランジェリの愛車ってランチアかフェラーリかどっちだったか
分かる人います?某海外ファンサイトではフェラーリ社にリンクがはってありますが・・・。

152 :103:01/09/11 01:55
>>151
熱狂的なフェラーリマニアです。
しかし、一時期マセラーティに乗っていたことがあります。
たしか1970年前後だったと思います。
僕の知る限り、ランチアという話は聞いた事がありません。

ちなみにDGデビュー当時のポリーニはアルファでしたね。

153 :名無しの笛の踊り:01/09/11 02:02
>>151
>>152
らしい!
完璧にチューンされたフェラーリの官能。
もっとも小生、フェラーリなんて実際には無縁ですが。

154 :名無しの笛の踊り:01/09/12 00:31
ミケはピアノの構造にメチャクチャ詳しかったらしいが
同じくらいクルマの構造にも詳しかったそうで。
一時期カーレーサーだったってホント?
資料とかあったら凄いな。
参加者名簿にArturoBenedettiMichelangeliなんて
載ってたらすげープレミアだよね。

155 :名無しの笛の踊り:01/09/12 08:00
agge

156 :名無しの笛の踊り:01/09/13 00:03
誰か東京ライヴのショパンのソナタ2番の録音
聴いた人いる?音質とかどうなのかな〜。
でも東京ライヴまで出るなんておそるべしだよね。
ミケが他界してから、なんだかどのCDも
「一応許可は得てますよ」的な態度だが(笑)、
本当のところはどうなのかね〜。

157 :名無しの笛の踊り:01/09/13 01:16
どこから出てるんだ? >東京ライブ

158 :名無しの笛の踊り:01/09/13 01:48
>>156
Memoria盤ですか? ならば、
膝の上で隠し録りの会場ノイズの彼方にそれらしき音が聞こえる、
というようなものですね。ダメでしょう。

159 :名無しの笛の踊り:01/09/13 19:19
age

160 :名無しの笛の踊り:01/09/13 19:21
Exclusive、 Legend、M&Aからトウキョウライヴ出てるよ

161 :名無しの笛の踊り:01/09/14 02:13
実はヴァイオリニストだったという噂も

162 :名無しの笛の踊り:01/09/14 07:03
>>161
子供の頃、最初はヴァイオリンをやっていたが、
カラダが弱く、立って演奏するのがキツイのでピアノに転向。

163 :名無しの笛の踊り:01/09/14 08:15
ミケは実はaccomplished vaiollinistでもあった・・・って
イタリアのヴァイオリニストが言ってたらしいよ。

164 :名無しの笛の踊り:01/09/14 08:32
ドビュッシーとか、ラヴェルとか、
フランクあたりのヴァイオリンソナタ、
ミケで聴きたかった・・・
あー、想像するだけで気持ちいいっ!

165 :名無しの笛の踊り:01/09/14 09:14
>>163
violinist

166 :名無しの笛の踊り:01/09/15 01:14
ヤヴァイヨ、ヤヴァイヨ。ソウコに落ちたらヤヴァイヨ(出川)。
ってわけで、あげとく。

167 :名無しの笛の踊り:01/09/15 01:15
>>166
AAつけてよ。

168 :名無しの笛の踊り:01/09/16 06:19
東京ライブのショパンの2番って演奏自体はどうなのですか?

169 :名無しの笛の踊り:01/09/16 15:11
出川のAAってあったっけ?
漏れには作る能力ないんでキボンヌ。

170 :名無しの笛の踊り:01/09/17 08:06
www.gao00.dial.pipex.com/Web/frmst1.htm

ココにあるミケのドビュッシー・ベートーヴェン・バッハ=ブゾーニの
映像資料・・・・見たい見たい。でもイギリスまで行かなけりゃ
ダメなんだろうひどいよひどいよage。

171 :名無しの笛の踊り:01/09/17 17:23
↑貸し出してくんないの?

172 :名無しの笛の踊り:01/09/19 01:34
AURAのCDを数枚持ってるんだけど、ボックス買っちゃった……。
ダブってる数枚を処分したいんだけど、誰か買ってくれる?
(マジレスきぼーん)

173 :名無しの笛の踊り:01/09/20 01:35
中古屋に売れ。もしくはオークションにでもかけろ。
まあ、特にこのBOX、何枚もダブってる人間はたくさん
いると思うので売れるかどうかは分からんよ。

つーかこんな所で買主を募らない方がいいよ。
で、BOX特典のモーツァルトはどうだった?

174 :名無しの笛の踊り:01/09/20 02:45
最高なのでは??どう??
最高ですか?最高ですか?最高ですか?

175 :名無しの笛の踊り:01/09/20 03:17
最高だけど、あんたはサイコね。

176 :名無しの笛の踊り:01/09/21 12:19
176

177 :名無しの笛の踊り:01/09/22 01:39
どうなん?何か情報ないの?
VTRの放送予定とかさ。

178 :名無しの笛の踊り:01/09/22 16:23
AURAってさ……古い音源はかなり音質悪いよね?
60年代なのにモノラル(?)とか。
イタリアの放送局ってこんなもんなのかなぁ??

179 :名無しの笛の踊り:01/09/23 00:41
ホント、音質の悪さには泣くばかりですよ。
これで音質良かったら、と思う事しきり。
だからBBCLegendsのドビュッシーには、
感動で泣いたな。

180 :名無しの笛の踊り:01/09/23 01:36
>>179
あのドビュッシーの音,色々な音程・大きさの柔らかい響きの鐘(複数)がずーっと鳴ってて
その鐘の音が会場の壁や天井や床に染み入っているって感じがしませんか。(芭蕉じゃないが)
特にゆっくりした第1,4,6曲。でも圧巻はやっぱり第10曲だけど。
会場で聴いてみたかったね。

181 :名無しの笛の踊り:01/09/23 02:42
>>180
ピアノ弾きでも名人ともなると、
1.どんな弱音でも会場の隅々まで浸透させられる
2.声部ごとに距離感を変えて、その距離を保つことができる
と昔の人が書いた本に書かれていたけど、
ミケランジェリのドビュッシーを聴いてその意味を初めて知った。
もうこんな人はいないのかと思うと寂しいな。

182 :名無しの笛の踊り:01/09/24 02:26
演奏会場の大きさや、ピアノの規模(フルコン、セミコンなんか)を考慮して
演奏するのは基本中の基本だからね。
まぁそれが難しいんだけど……

183 :名無しの笛の踊り:01/09/24 02:50
>>180
する、する、そんな感じが。
ああいう空気を作り出せるというのは凄すぎるよ。

今までの海賊音源でも、音が悪いなりにそのタッチの
精妙さや技巧が凄く伝わってきてそれで結構満足してたんだが、
BBCの録音はやっぱり全然違う。こんなに凄かったのかという感じ。
実演はあれ以上であるわけで、それを聴いていた人が実際に
いたというのが悔しい。不公平すぎる。

184 :名無しの笛の踊り:01/09/24 13:02
ABMってIBMみたい。

185 :名無しの笛の踊り:01/09/26 00:48
レコ芸のドビュッシー作品でのランキング上位常連のミケ。

何かミランジェリ・タイプとフランソワ・タイプとかに
勝手に分けられてて可哀相だった。
何とかタイプとかそういう次元でしかモノを語れないのだろうか。

186 :名無しの笛の踊り:01/09/26 23:33
質問!
ショパンの2番のソナタはどの盤がお勧めなのでしょう?

187 :名無しの笛の踊り:01/09/26 23:37
↑1952年のライヴ。ってこりゃARKADIAだからもう手に入らんわね。
もしくはプラハの春のやつ。

188 :名無しの笛の踊り:01/09/26 23:47
ミケ入門者です。
ジュリーニとのベートーヴェンP協奏曲第1,3番を聴いて
ミケにはまりました。

次はドビュッシーを聴いてみようと思うのですが、
DGから出てるやつは買いですか?
それともいきなりBBCのライヴの方が良いのでしょうか?

189 :名無しの笛の踊り:01/09/26 23:55
>>188
目に付くものは手当たり次第に買うべし。

190 :名無しの笛の踊り:01/09/26 23:59
>>1 朝日放送人事部のホームページにシンフォの若手社員の
談話が載ってるぞ。企画はわりかし若いやつらが考えてるのかな?

191 :188:01/09/27 10:31
>>189
そうはいっても、学生は予算制約が厳しいんですよ。

192 :名無しの笛の踊り:01/09/27 15:53
>188
まずラヴェルとラフマニノフのPコンを味わう。
次にDGのシリーズをを味わおう。
シューベルト&ブラームスのアルバムも忘れずに。
ベートーヴェンPコンは5番もあるぞ、知ってると思うけど。
しかも海賊で4番もあるが、本物かどうか諸説あり。

それに物足りなくなったらライヴ音源を漁り始めよう。
ただし、音質的にはどうしようもないものが多いという事を断っておく。
あと晩年は音楽的にかなり変化が見られるので、それも断っておく。

193 :名無しの笛の踊り:01/09/27 22:02
いま DG Originals でブラームス+シューベルト+ベートーヴェンの
カップリングになってますね。ところで皆さんあのブラームスどう思います?
音としては物凄くきれいなピアノ演奏なんだけど…
どうもブラームスらしくないというか…
所々ちょっとサロン・ピアニストの演奏のように聞こえると言ったら怒りを買うかな。

194 :名無しの笛の踊り:01/09/27 22:48
「ブラームスらしい」とは、どういう意味だろう?
僕にはこれこそ若き天才ブラームスの音楽だと感じられる。

一音ごとに表情を変える演奏は「物凄くきれい」という次元ではないかと。

195 :188:01/09/27 23:32
>>189さん&>>192さん

レスどうもありがとうございます。

もう一つだけお聞きしてよろしいでしょうか?
ベートーヴェン作品111の録音は幾つか存在するようですが、
「演奏の素晴らしさ」&「録音の良さ」のバランスが最も良い
のはどれなんでしょうか?

LONDONから出てる1965年のは、演奏はとても良さそうだけど、音の悪さが
気になってしまいます。

ERMITAGEから出てる1990年のは、録音は鮮明だけど、指のもつれ(?)が
気になってしまいます。特に第1楽章の32〜33小節あたり・・・。

これ以外でお薦めの録音はあるのでしょうか?
長文でスミマセン。

196 :名無しの笛の踊り:01/09/27 23:56
>195
AURAからは1988年のも出てるけど、でもあの頃のミケは
体調的にも決して良いとは言えずそろそろ演奏に変化が
みられてきたような頃だと思う。

あるディスコグラフィーによるとLondon 14 May 1961 の録音も
あるという事だが、これはLPのみしかないらしく俺も聴いたことはない。
他にはLondon 1 October 1961というのがあって、
これは鋼のような演奏だが音は1965のデッカ盤より良いとは言えない。
このCDは ASdisc AS 330, Legend LGD 120, Memories HR 4368/69,
Notes PGP 11012の5種類があるらしいから、探してみると良いよ。

あともう一種類......これは録画映像だけど、
www.gao00.dial.pipex.com/Web/frmst1.htm に行けば
BBCスタジオでのものが見れる&聴ける、らしい。
頑張って聴くことができるのは、これくらいかな。
あとは蛇の道は蛇、ってことで・・。

197 :196:01/09/27 23:58
追加。この録画資料のデータはMay,1961となってるから
もしかしたらいずれかのCD音源とかぶってるのかもしれないね。

198 :195:01/09/27 23:59
>>196さん

とても参考になります。
早速のレスどうもありがとうございました。

199 :189=88:01/09/28 00:14
>>195
やはり総合的に1965年の正規盤が良いと思います。
録音については>>88にあるとおりです。
これは必ずしも高価な装置でなくても、良し悪しが出ますね。

200 :名無しの笛の踊り:01/09/28 04:28
ミケものはいっそのこと1940年代の音源を漁った方が楽しいかも。

201 :名無しの笛の踊り:01/09/28 23:45
75年のチェリ皇帝は良いね

202 :名無しの笛の踊り:01/09/29 22:21
DGへ残したドゥビュッシー前奏曲集第1巻は20世紀ピアノ録音の金字塔だと
思っています。でもBBCライブもまたすごい。でも40年代50年代もすごい。
ヤパーリミケランジェリはすごい。こればっかし。

203 :名無しの笛の踊り:01/09/29 22:28
ミケスレは救われたがメシえあんスレが危ないぞおい!
知り合いのメシえあんファンに電話しとけ!

204 :名無しの笛の踊り:01/09/30 01:04
テレビとかで難曲を弾いてるピアニストを見ると
すごい指さばきだなぁとか思ったりするけど、
音だけ聞いたりするとフニャフニャっぽい事ってよくある。
その点ミケランジェリはカチッ、ビシッとしてて
底まで打ち抜く必殺タッチが素晴らしい。
時々(録音によって?)投げやりっぽい時がなくもないけど。

205 :名無しの笛の踊り:01/10/01 03:55
キーシンスレッドが倉庫落ちちゃったらしい。
油断しないであげとかんとね。

206 :名無しの笛の踊り:01/10/02 02:57
あしたのプロジェクトX、タローネがヤマハに協力するくだりが
あるらしいけど、ミケランジェリの初出映像とか出ちゃったりとかするのかな?

207 :名無しの笛の踊り:01/10/03 13:28
age

208 :名無しの笛の踊り:01/10/05 12:32
プロジェクトX、映像出るかと思ったら写真だけ、
しかもラストネームだけの出演(笑)
ま、ソッチ方面に注意を行かせたくなかったんだろうね。
リヒテルは確かに凄いピアニストだけど「100年に一人の天才扱い」は
ちょっと・・・あれじゃミケランジェリがただの「名人」だと思われるよ。

内容は良かったけどね。あと、ミケランジェリの弾いた
スカルラッティに対する村上さんのコメント、
村上さん本人は明らかにミケランジェリの演奏を誉めてたのに、
編集でいかにも「ピアノそのものが良い」という感じのコメントにしてる、
と思ったけど皆さんどうですかね?

ま、全体の内容は悪くはなかったんだけどねぇ・・・・。

209 :名無しの笛の踊り:01/10/05 12:43
でも村上さんが書いたものを読むと、
ミケよりリヒテルを高く評価しているみたいね。
音楽だけの話ではないのかもしれないけど。

210 :名無しの笛の踊り:01/10/06 00:15
ま、ああいう歴史があるわけだから
リヒテルに特別な思い出があるのは当然だわな。

211 :名無しの笛の踊り:01/10/06 00:57
私が昔読んだ村上氏の本ではミケランジェリは神業扱いでリヒテルは余り
出てこなかったな。でもアシュケナージはクソミソだった(当然?)。

212 :名無しの笛の踊り:01/10/06 03:29
村上氏はミケランジェリは最高のピアニスト、
リヒテルは芸術家として最高、みたいなニュアンスで言っていた気がする。

213 :名無しの笛の踊り:01/10/06 07:20
ミケランジェリのドビュッシーの前奏曲集1・2巻は、すごい!!!
すごすぎる!!!

音楽とは、感情表現のはずだが、人間技とは思えない技巧の高さ。
さすがキャンセル王。
うまく弾けない時に、そこいらの花瓶をたたきつけるだけのことはある。
プライドが高いだけでない。

でも、シューマンの謝肉祭はいただけないね。

214 :名無しの笛の踊り:01/10/06 07:41
はて? いつから音楽が「感情表現」になったの?

まあ、そう考える立場があるなら、あの謝肉祭は理解できないとは思うが。

215 :名無しの笛の踊り:01/10/06 08:34
ドビュッシーの前奏曲第一巻について・・・

グラモフォンのスタジオ録音と、BBCのLONDONでのライヴ録音(1982年)
とでは、総合的(録音および演奏の質)にみて皆さんどちらがお好きですか?

216 :名無しの笛の踊り:01/10/06 12:05
もちろんスタジオ録音の方が音はいいけれど、
言ってみれば“DGの音”だから、好きずきではないだろうか。

BBCライヴは、ミケランジェリが作り出す空気が
良い録音で捉えられた貴重な録音だと思う。
スタジオ録音ではそういう臨場感は殺されるし
他のライヴ録音では音が悪すぎてダメ。

ああ、俺はミケの謝肉祭は好きだな。
結構弾いてるから、彼自身好きだったんじゃないのかね?
フィナーレの盛り上げとか凄いと思うし、
統一された孤高の精神性みたいなもの、に貫かれてると思う。

217 :名無しの笛の踊り:01/10/06 18:59
最近はまとまっていてすんなりと平伏できる?BBCライブの方を聴くことが多いな。
でも、どちらか選べと言われたらいっそう精緻に思えるDG盤かな。
これ、聴くべきところが多すぎて疲れるんだよなー。

謝肉祭のEMI盤も同じだな。

218 :名無しの笛の踊り:01/10/06 23:48
今まで聴いてた音質ボロボロの海賊ドビュッシーも、
音の粒立ぞろいとか表現力とかは(ヘンな表現だけど)打鍵のうえでは
BBCライヴと全く同じなのね。それなのにBBCライヴがあんなに
素晴らしいという事は、良い演奏でも録音の質によって
かなり変わってしまうという事だよね。
当たり前の事なんだけど、あれだけ実感したのは初めてだったよ。

ミケが、納得した録音じゃないと世に出したくなかった
気持ちがよ〜く分かったよ。

219 :名無しの笛の踊り:01/10/07 15:25
ラフマニノフPコン4番のテクも凄すぎるよ。

220 :名無しの笛の踊り:01/10/07 15:34
ミケランジェリは、奇人ではあったが、
ポリーニよりは1ランク上だと思う。
ショパンなんかも、すごいぜ。
聴いていて、鳥肌が立ったよ。

221 :名無しの笛の踊り:01/10/07 16:48
えっ?! 1ランク上って、それはケンカ売ってるのかな? >220 

222 :名無しの笛の踊り:01/10/08 02:09
1ランクどころじゃないだろ。
特に今となっては......

223 :名無しの笛の踊り:01/10/10 01:41
223ゲト・定期アゲ

224 :名無しの笛の踊り:01/10/10 13:54
どうもイマイチおもしろくないんだが、
どれ、もう一度聴いてみよう。
やっぱり録音のいいのがいいな

225 :名無しの笛の踊り:01/10/10 14:05
>>224
ミケは面白くないよ。
内田光子も上手いけどツマランと言っていた。

つまりさあ、「面白いかどうか」の問題じゃあないのよ。
どこが面白いか耳をダンボにしても「すごく上手い」としか思えないでしょうね。

こころを真っ更にして、染み込ませるように聴くこと、かな。

226 :名無しの笛の踊り:01/10/10 23:40
“面白い”っていう演奏の定義が良く分からないけど、
とりあえずミケの演奏はこのうえなくエキサイティングだと思うけどな。

彼の演奏はクールだの冷めてるだの言われてるが、
俺が感じるには、ミケは凄く熱い人間だと思うのよ。
演奏も凄く熱くて、それが爆発寸前なのを
ギリギリの平衡状態で抑えてる状態だと思うわけよ。

227 :名無しの笛の踊り:01/10/10 23:46
内田のドビュッシーこそツマランのだが。

228 :名無しの笛の踊り:01/10/10 23:48
BBCレジェンズの併録はグリーグの協奏曲だがこれ
ピアノも爆演オケも爆演。聴衆もフライング拍手+ブラヴォー。
これくらいテンションの高い演奏も珍しい。
あのピアノなんか最新兵器みたいだね。

229 :名無しの笛の踊り:01/10/11 00:13
>>228
グリーグはもうそのあたりから後は弾かなくなったようだけど、
もしかすると、あまりに熱狂的にウケるのが嫌だったのかな?

230 :名無しの笛の踊り:01/10/11 00:27
ミケのグリーグは古いやつもいいけど BBCのはほんとに
熱いってことでは貴重かも。萌え〜

231 :名無しの笛の踊り:01/10/11 00:44
そのBBCのグリーグは録音年代に比べてなんかほとばしってるね。

俺がすきなのはMEMORIAとかいうよく分からんレーベルの
グリーグで、落ち着いて堅固だけれどスケールでかいよ。
ただ音は悪いけど。

232 :名無しの笛の踊り:01/10/11 23:56
ショパンリサイタル(DG)は?あんま出てこないけど・・
実はこれが一番好き。

233 :名無しの笛の踊り:01/10/11 23:58
>>232
漏れも一番好きだ。
週末の夜、一人で聴くのがサイコー。 >マズルカ

234 :名無しの笛の踊り:01/10/11 23:58
ジャケ買いしてしまった。 >232

235 :名無しの笛の踊り:01/10/12 01:12
独自のマズルカだなあ。

マズルカとか、作曲者の生い立ちが意味を持つような種の曲って
どう演奏しようと許される人とそうでない人がいるよね(あくまでも
世間の評判としてのハナシだけれどね)。
ミケは明らかに前者。

あと個人的に、DG以外の録音でマズルカ聴く気はしない。
だって海賊盤は音が悪すぎて・・・・。

236 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:17
ミケの演奏はつまらなくないよ。
つまらないなんて、アンタ、そんな.....。
まあ録音がメチャクチャ悪すぎるやつが多いから
しゃあないのかもしれないけど。

237 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:36
是非弾いて欲しかった曲、
1.ドビュッシーのエチュード
2.シューマンの幻想曲
3.シューベルトの即興曲

238 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:43
>237
ドビュッシーのエチュード:ミケはレパートリーには加えていた。
             ついぞ人前では弾かなかったらしいが。
             

239 :名無しの笛の踊り:01/10/13 03:39
実は、自分もショパンリサイタル(DG)が一番好きだったりする。なんというか、
もちろん、ミケじゃなきゃ到達できない、張り詰めた世界ということはかわらない
んだけど、例えば、ドビュッシーなんかと比べると、曲がそうだからだろうが、
精神的にへたらないというかなんというか。(上手く表現できなくて、スマソ)
録音も他のDG盤と比べて、より「音の雰囲気」が感じられて、個人的には好き。

240 :名無しの笛の踊り:01/10/13 08:27
グリーグのBBCレジェンドって何年?まだ買えるのかな?

あと白黒のビデオ映像が出ていたような気がするんだけどもう手に入らないの?

241 :名無しの笛の踊り:01/10/13 15:40
>239
精神的にへたらないってそれは聴いているあなたが?
つまり、ドビュッシーの場合はあの何とも言えない
嬉しいのか悲しいのか分からないような雰囲気の曲想のために、
聴いているコッチの気持ちとしてもハッキリしないということでしょ?

>240
グリーグのBBCレジェンドは1965年。
白黒ビデオはまだ売ってる店もあるよ。
注文すればいつかは来るんじゃないの?
別に廃盤というわけではないと思う。

242 :239:01/10/14 04:50
>>241
やはり、言葉が上手くありませんでした。精神的にへたらないという
のはもちろん、自分が、です。ドビュッシーの曲の多くは、私個人的には、
曲自体がとても精神的な緊張感を持っているような気がして、それをミケが
演奏すると、それはそれは、ものすごい緊張感を感じるんです。ギリギリの
ところでの勝負を挑まれているような・・・。だから、聴いている私も、それは
それは真剣勝負なわけです。だから、ミケのドビュッシーを聞き終えると、
究極の充実感とともに、猛烈な疲労感に襲われてしまうのです。でも、
ショパンリサイタルのCDでミケが弾いている曲は、ドビュッシーに比べると
はるかに曲自体が聞きやすい。その分だけ、疲労感が少ないという意味です。
あくまでも私個人の意見ですので、気に障った方は、どうかご容赦を。
もちろん、ドビュッシーもショパンも、ミケの演奏は最高です!

243 :名無しの笛の踊り:01/10/14 16:35
>242
曲を聴いてどういう気持ちになるかは
個人の思い込みもあるだろうけれど、
やっぱりそういうのってあるよね。
確かにドビュッシー自体、映像とか前奏曲集とか
あれ以降の作品は例えばドライブとかで聞き流したりはしにくいね。

244 :名無しの笛の踊り:01/10/14 16:39
ごめん、タイトル見て「ミサソレ」って読んじまった・・・
鬱だ氏脳・・・

245 :名無しの笛の踊り:01/10/16 03:04
カラー映像でもっとみたいなぁ、ミケ!!

246 :名無しの笛の踊り:01/10/16 06:52
>>237=是非弾いて欲しかった曲
うーん、順番をつけるのは難しいけど、
バッハ、ベートーヴェンあたりをもっとやって
欲しかったな。個人的にはドビュッシーにはあまり
興味がなく、スカルラッティとかのバロックに惹かれる。
ミケはベートーヴェンやシューマンもよろし。

>>245
激しく同意!!

247 :名無しの笛の踊り:01/10/16 18:24
DGのベートーヴェンのコンチェルトシリーズ、
あれって元々はテレビ放送のための演奏で、
その時に同時に録音もしたわけ。
そのVTRはヨーロッパでは放送されたけどビデオ化はされてない。
でも個人で所有している人はいるから、
それに日本でも昔放送されたらしいので、
ツテをたどれば手に入れられる人もいるでしょう。
私は親切な人に分けてもらいました。
画像はかなり乱れていますが、でもイイっすよ。
最高です。

248 :名無しの笛の踊り:01/10/16 20:52
>>247
4番も持っているんですか? どんなん?

249 :名無しの笛の踊り:01/10/17 00:04
4番はあれ、ポッと海賊が出たけど
なんか怪しいんだよね....あれ本当にミケだろか....

250 :名無しの笛の踊り:01/10/17 00:11
古楽スレ荒らした外基地が逃げ込んでるな

251 :名無しの笛の踊り:01/10/17 17:19
www.gtperformers.co.uk/piano000.html

この↑一番下の所見てみてくださいよ、
これって何なんですか。
よく事情が分からないけど劇場公開?なの?
フランスのTVでのインタビューって、
めちゃくちゃレアじゃないですか。
どっちみちもう終わってるけど。
英語に達者な人の解読キボン

252 :名無しの笛の踊り:01/10/18 02:41
テスタメントのロンドンライヴ、
ウィーンの謝肉祭の道化は凄いね〜。
何か知らないけど何もかも徹底してる音楽というか、
全ての音をくっきり、はっきり打ち抜いているという感じ。
あとたぶん、ミスタッチがゼロ。だと思う。まあこれは俺が聴き取れないだけかも。
ミスタッチどうのこうのは枝葉の事で結構どうでもいいことなんだけど
あそこまで徹底して凄いとねぇ〜......あれを生で目の前で
やられたらもう平伏すしかないと思われ。

他の録音もみんなそんな感じ。数箇所指を引っ掛けたりはしてるものの、
何よりあの鋼鉄のタッチ(ギレリスにも使われてたな...この言い回し)が凄い。
謝肉祭終曲の盛り上げ方は尋常じゃない。他のどの盤よりも凄い。
あれでBBCレジェンド並の音だったら、と思う事しきり。
まあ57年ライヴだからあのへんが限界だとは思うが。

253 :名無しの笛の踊り:01/10/19 01:59
DGのベートーヴェンPコンシリーズはどうなの?
ミケ録音の中では比較的話題に上りにくいが。
Pコン1番の1楽章カデンツァとか圧巻。
あそこまでピアノをコントロールできるというのは
一種の特殊能力とすら思える。

254 :名無しの笛の踊り:01/10/21 02:59
七色の音を持つって吉田さんは言ってたけど、
俺はハッキリ言ってミケの演奏の音にはモノクロームを感じる。
時として輝かしいツヤみたいなものは感じる事あるが、
基本的に色彩は感じない。完璧なコントロールと統一感のために、
そのいろんな音がモノクロの中のグラデーションのように感じるのだと思う。
モクロームって最初に言い始めたのは誰だっけ??意見対立してたよね。

ちなみに俺はアルゲリッチの音に色彩を感じる。

255 :名無しの笛の踊り:01/10/24 00:23
アゲ

256 :名無しの笛の踊り:01/10/24 01:26
>>254
野村光一

257 :名無しの笛の踊り:01/10/24 13:26
age

258 :名無しの笛の踊り:01/10/25 01:56
どっかでアムランと一緒にされてたなあ。
個人的にはちょっとなあ。
確かにミケの存在も特異なものだが、レパートリーは
限られていたにせよマトモな曲を弾いてのしあがったんだから。
編曲モノはブラームスとリストぐらい?

259 :名無しの笛の踊り:01/10/25 20:36
栗が山ほど

260 :名無しの笛の踊り:01/10/28 00:20
ショパンの舟歌、レパートリーにないよね?
あったら是非聴いてみたい。

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)