5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Mozart総合スレッド

1 :名無しの笛の踊り:2001/07/27(金) 12:46
どうぞご利用ください

2 :名無しの笛の踊り:2001/07/27(金) 13:05
チン子、小さそう。

3 :名無しの笛の踊り:2001/07/27(金) 13:17
モーツァルトチョコレートあんま美味くない

4 :名無しの笛の踊り:2001/07/27(金) 23:07
モーツアルトという喫茶店に行っても、
BGMがモーツアルトとは限らない。

5 :名無しの笛の踊り:2001/07/28(土) 02:35
確かに、チョコレートはいただけませんね。

6 :名無しの笛の踊り:2001/07/30(月) 19:03
>>3
>>5
あれは食べるものではありません
置いとくもんです

7 :名無しの笛の踊り:2001/07/30(月) 19:54
ザルツブルグに行けば、モーツァルト消しゴムとか手に入りますか?

8 :名無しの笛の踊り:2001/07/30(月) 23:39
京都にモーツァルトという名のケーキ屋、なかったかな?
下鴨あたり・・・・ローソンの近く。
京都の方、情報頼む。

9 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 00:52
「モーツァルト」という名前の、西洋焼酎(現地ではシュナプスって
呼ぶんだろうけど)ありませんでしたっけ? チョコレート入りで
甘ったるいの。

10 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 00:55
モーツァルトという名の食品関係スレとなりつつあります。





楽しいし、もっと続けよ!

11 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 18:51
モーツァルトせんべい食べたい・・。

12 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 19:50
モーツァルトラーメンってなぁい?

13 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 20:37
これが1が望んでいたカタチなのだろうか・・・(藁

14 :出羽の守:2001/07/31(火) 20:47
ザルツブルクでは、モーツァルトまんじゅうを食ったけど、
モーツァルト消しゴムは見なかったな。

15 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 23:40
モーツァルトって誰でも知ってるし、覚えやすいし、
洋菓子店なんか探したらどんどんでてきそうだな。

16 :名無しの笛の踊り:2001/07/31(火) 23:54
バッハスレ消えたの?

17 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 00:06
ウィーンの免税店で
モーツァルト鉛筆なら売ってたよ〜。
楽譜が1段書いてあって、消しゴム付き。カラーは2タイプ、黒と白。
その他、モーツァルトクリップ、モーツァルトバック、モーツァルトハンカチ
モーツァルトタオル、モーツァルトオブジェ、モーツァルトマグカップ
いろいろ取り揃えてございます。

18 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 05:53
age

19 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 05:58
>>9
あったあった!丸めの金色の包装してある瓶だよね。
あれは甘くて美味しい〜。飲みやすいチョコレート酒?

20 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 15:38
>13
スレが活発ならばそれでOKなのではないかと思われ

>16
検索してください

21 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 16:16
カルテット・イタリアーノで
弦楽四重奏全集を聞いているんですが
ほかに御薦めはありませんでしょうか。
 モーツァルトTシャツ欲しいなあ。
  バッハとベートーヴェンは
  バームクーヘンが旨そうです。

22 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 16:44
モーツァルトTシャツ、購入しました。
文字と楽譜の刺繍入り。
なかなかステキで気に入っています♪

23 :名無しの笛の踊り:2001/08/01(水) 17:05
2ちゃんねるでモーツァルトを語るときには、以下のスレッドも欠かせないでしょう。

【モーツァルトについて想うところ】
http://piza.2ch.net/classical/kako/969/969394645.html

【★永遠のモーツアルト】
http://piza.2ch.net/classical/kako/983/983612962.html

そして三代目のこのスレッド。
・・・モーツァルティアンの厨伝説が再び蘇る!
このスレッドの展開を見る限りは、そんな感じ。>>1は別として。

24 :名無しの笛の踊り:2001/08/02(木) 20:06
モーツァルトトランプはありますよね

25 :名無しの笛の踊り:2001/08/02(木) 20:16
新発売!!*モーツァルト・スナック(カード入り)1袋80円!!
     *お土産に最適!!モーツァルト饅頭 10個入り1200円!
      

26 :名無しの笛の踊り:2001/08/03(金) 14:25
モーツァルトチョコ大好物。
中にアーモンドのマジパン入ってて
リッチなおいしさ。
結構金額高いよね、このチョコ。

27 :名無しの笛の踊り:2001/08/03(金) 14:52
水戸駅、勝田駅でモーツァルトうまか棒を見つけたのだが、
買い?

28 :名無しの笛の踊り :2001/08/03(金) 14:53
>>27
即買い
胎教にもよろし(意味不明)

29 :名無しの笛の踊り:2001/08/03(金) 15:11
>>27-28

わろうた

30 :名無しの笛の踊り:2001/08/03(金) 19:38
mozartage

31 :三浦友*恵:2001/08/03(金) 19:39
ピアノソナタなら、初見でリサイタルで弾いて
絶賛される自信あるの。
内田光子そのまま模写もできるの。
ルックスは除いてね。

32 :名無しの笛の踊り:2001/08/03(金) 23:43
自由が丘の駅前にある「モーツァルト」って喫茶店、すてきよ。
ケーキがおいしくて、明るくクラシカルな雰囲気!
BGMもモーツァルトよん。

33 :名無しの笛の踊り:2001/08/04(土) 17:59
日本全国mozartグッズ紹介してちょ

34 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 18:14
age

35 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 18:15
ここにも勘違い野郎出現>>31

36 :名無しの笛の踊り:2001/08/10(金) 18:43
age

37 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:16
もー

38 :18才の◇◇◇(新)芸能人彼氏と芸能人:2001/08/15(水) 23:17
◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドル画像秘宝館◆
http://www.futomomo.com/netidol/idolhappy/maki/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆セーラー服◆
http://www.futomomo.com/netidol/sailor/miku/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

;l;lo;lo;/l;/

39 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:22
>>38
        /|/'-'' ̄  '‐-、
     _/^          `ヽ、
  ∠ ̄               ゝ
   /                 \ またQ2だ…
 ∠                     \
 /       .ハ ハヽV\ヽ、_     \
/,-‐、       | l| レ' | |__//__L_    __\
 /      |/Aニン  ヽー'~,,ノ | \ 〈,‐ヘ\__
/,-‐'フ   .| r〜-、_    / o ノ  \.〈,‐ヘ\~''- ,,
   |/ |ハ | ヽ__ o l  ヽ~U~     \〈_ノ \   ~'''‐-
   |   l|\~し'~~|   ヽo  U   \l ヽ、 \
        \O  |   __)    __  \  ヽ、ヽ
          \   し〜' _,,-‐'' ̄  ヽ \   ヾl
          \ r‐'' ̄    _ -‐' ̄>/   |
           \ヽ_ -‐'' ̄  ,, -''/       |
.           /\ヽ_, -‐'' ̄ /      |
           /  /`iー―――‐'        |
          /  /  |     \

40 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:34
そうそう、大阪天王寺にあったドイツ人経営のビアレストラン
「モーツァルト」は今でもあるのかな。離阪してもう20年近
くになるけど。アップライトのピアノのライブ演奏もあって
楽しい思い出しかありません。

41 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:35
>>8の情報求む!
かなり美味しかった記憶あり!

42 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 01:15
モーツァルトはマニアには人気がないんだろうか?
シューベルトスレやチャイコスレではがむばってる人がイパーイゐるのに。

43 :あげ:2001/08/17(金) 14:54
モーツァルトファンは2chを知らないのでは?

44 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 14:55
モーツァルト、好きだよ。でも、お菓子はもっと好き!

45 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 18:21
>>44
激しく同意♪

46 :名無しの笛の踊り:2001/08/24(金) 18:15
http://ys.hbi.ne.jp/@67@ATgAAAD7ZmMFEQEAB2d1ZXN0AQALPc_ezwEADNmzN8zJUBO9FuHKMAsWGJDSxJiLAQAM4lVOhg9u6EsmNhX07l9q3wAA/netencyhome/Item/mkframe.pl?corpus=0&id=ODc1MjMwMAAA&word=bW96YXJ0gUAA

47 :名無しの笛の踊り:2001/08/24(金) 19:41
ケッヘル Ludwig von KÅchel 1800‐77

〈ケッヘル番号〉にその名を残しているオーストリアのモーツァルト研究家。
ウィーン大学出身で,植物学・鉱物学の研究家としても知られたが,
その名を不朽にしたのは,1862 年に刊行した《モーツァルト全音楽作品年代順主題目録
Chronologischthematisches Verzeichnis s∵mtlicher Tonwerke W.A.Mozarts 》
である。 膨大な数にのぼるモーツァルトの作品の原資料の徹底的な調査研究整理に
よって作成されたこのケッヘルのモーツァルト作品目録は, それまで困難であった
この作曲家の作品の確認を容易にし, 作品に関する情報を詳細に提供しているもので,
以後の作曲家作品目録のモデルとなった。 最初の作品とされた K1 から《レクイエム》
K626 まで年代順に記述したため, A.アインシュタインによる修正 (第 3 版,1937)
をへて,現在第 6 版 (1964) の番号を加えた二重番号制がとられている。

海老

48 :名無しの笛の踊り:01/08/26 16:46
モーツァルト Leopold Mozart 1719‐87

ドイツの作曲家。 W.A.モーツァルトの父。
アウクスブルクに生まれ,ザルツブルク大学で法律を学んだ。
学業半ばで音楽家を志し,同地の貴族の従僕兼楽師になった。
1743 年からザルツブルク大司教宮廷楽団バイオリン奏者を務め,
最後には副楽長のポストを得た。宮廷楽団の中心メンバーとして,
いわゆる〈ザルツブルク楽派〉の代表作曲家の一人となった。
教会作品をはじめ,交響曲,協奏曲,セレナード,
ディベルティメント,室内楽曲,クラビーア・ソナタなど
数多くの作品を残した。また《バイオリン教程》(1756) の
著者としても知られ,バイオリン教授法,演奏法の分野にも
足跡を印している。

海老沢 敏

49 :名無しの笛の踊り:01/08/26 16:49
モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart 1756‐91

18 世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。

【生涯】

 当時は独立したカトリック大司教領だった
ザルツブルクに生まれた。
父親は大司教ジークムント・フォン・シュラッテンバハに
仕える音楽家レオポルト・モーツァルトであった。
レオポルトは南ドイツの町アウクスブルクに生まれ,
その家系からは建築師,彫像師,造本装丁師など
親方が輩出していた。
レオポルトと妻マリア・アンナとの間に生まれた
7 人の子どものうち,末子のウォルフガング・アマデウスと
三女のマリア・アンナ (通称ナンネルル) だけが夭折を免れた。

50 :名無しの笛の踊り:01/08/26 16:51
[神童]

 姉ナンネルルも楽才を発揮したが,
弟ウォルフガングは 3 歳からその天賦の才を父親に認められ,
レオポルトは息子が 4 歳のときから音楽のレッスンを
開始している。姉の楽譜帳を使ってのこのレッスンは父親の手で
記録されているが, 5 歳の初めころから早くも作曲も試みられ,
この楽譜帳の余白に,同じくレオポルトの手で記される
(20 世紀半ばに再発見されたクラビーアのための 4 曲の小曲
K.61a 〜 1d)。

51 :名無しの笛の踊り:01/08/27 01:45 ID:ezsQEoyg
だからなんなの?

52 :名無しの笛の踊り:01/08/27 16:18 ID:frv4J1jw
こうした息子の神童ぶりをザルツブルク以外の土地でも披露しようと,
1762 年初めのミュンヘン旅行,つづいて同年秋から翌年初めまでの
ウィーン旅行が企てられる。ウィーンではシェーンブルン宮殿での
女帝マリア・テレジアの前での御前演奏など数々のエピソードを生んだ。
一家の旅行は,さらに続き,63 年 6 月から始まる西方への大旅行は,
ミュンヘンのバイエルン選帝侯宮廷再訪をはじめ,ドイツ各地の歴訪,
ベルギーを経てパリ訪問,翌 64 年のロンドン訪問,さらに翌年の
オランダ滞在,そして 66 年のパリ再訪からスイスを経て同年 11 月末の
ザルツブルク帰郷と足かけ 4 年にわたる長大なものであった。この間,
ベルサイユ訪問とルイ 15 世の御前演奏,パリ在住ドイツ人作曲家
(クラビーアとバイオリンのためのソナタの先駆者ショーベルト
Johann Schobert,ピアノ・ソナタの最初期の作曲家エッカルト
Johann Gottfried Eckardら) との出会いと最初のソナタの連作
(クラビーアとバイオリンのため。K.6 〜 K.9) の出版,ロンドンでの
クリスティアン・バッハの薫陶,最初の交響曲 (K.16,K.19,K.619a など)
の作曲,オランダでの大病といった数多くの経験をもっている。

53 :名無しの笛の踊り:01/08/27 16:22 ID:frv4J1jw
帰郷後,作曲の勉強が続けられ,劇音楽のような大規模の作品が
生み出されるが,翌 67 年秋から翌々 69 年初めにかけて行われ
た2 度目のウィーン旅行で,モーツァルト姉弟はともに天然痘に
倒れた。ウィーンでオペラ・ブッファ《にせのばか娘》(K.51 ―
K.646a) やドイツ語オペラ《バスティアンとバスティエンヌ》
(K.50 ― K.646b),あるいは《孤児院ミサ曲》 (K.139 ― K.647a)
などの大作や交響曲が生み出され,少年モーツァルトはすでに
確実な作曲技術をおのれのものとした。

54 :名無しの笛の踊り:01/08/29 17:51 ID:FbnqhmVU
レオポルトはさらに息子にオペラ作曲の経験を積ませるべく,
69 年末に,今度は二人だけで,イタリア旅行を企て,
翌々 71 年 3 月まで,ミラノ,ボローニャ, フィレンツェ,
ローマ,ナポリ,さらにベネチアなど主要都市をめぐった。
とりわけローマ教皇からの黄金拍車勲章の授与, ボローニャ
での大音楽理論家 G.B.マルティーニの薫陶と好楽協会会員への
推挙, ミラノでのオペラ・セーリア《ポントの王ミトリダーテ》
(K.87 ― K.674a) 上演などがこの旅行の大きな収穫であった。
オペラの本場イタリアでの成功は,なお, ミラノ再訪と再々訪を
可能にし,71 年 10 月上演の祝典劇《アルバのアスカーニョ》
(K.111) と 72 年 12 月のオペラ・セーリア《ルーチョ・シッラ》
(K.135) を生み出した。 前者はマリア・テレジアの皇子
フェルディナント大公の婚儀のためのものであった。

55 :名無しの笛の踊り:01/08/29 17:54 ID:FbnqhmVU
[宮廷音楽家]

  2 度目と 3 度目のイタリア旅行の合間に, 新大司教
ヒエロニムス・コロレードの就任がさしはさまれる。 前任者
によって無給のコンツェルトマイスターに任じられていた
モーツァルトは新大司教のもとで有給の処遇を受けることになる。
イタリア旅行のあと,1773 年には第 3 回ウィーン旅行,
74 年から翌年にかけてミュンヘン旅行がさしはさまれるが,
モーツァルトはしばらくの間,新大司教のもとで, 宮廷音楽家の
職務を果たしていく。 セレナードや協奏曲,さらに教会作品など
が数多く生み出される。 管弦楽の《ハフナー・セレナード》
(K.250 ― K.6248b), 《変ホ長調ピアノ協奏曲》 (K.271)
などがめぼしい作品である。

56 :名無しの笛の踊り:01/08/29 19:47 ID:onL7mpbU
うんちくはもういい。
出典を書いて書いて書いて〜

57 :名無しの笛の踊り:01/08/30 17:37 ID:Ofe8RtRs
出典は
>>46

58 :名無しの笛の踊り:01/08/30 17:48 ID:Ofe8RtRs
 大司教コロレードとしっくりいかないモーツァルトは
77 年 9 月から翌々 79 年 1 月にわたって, 就職口を
探す旅に出た。 いわゆる〈マンハイム・パリ旅行〉である。
ミュンヘン,マンハイム,パリと続くこの旅行で, 宮廷音楽
家のポストは得られなかったモーツァルトではあったが,
母親と二人で行った旅で得た音楽的経験は広く深く,
また人生体験も豊かであった。 いわゆる〈マンハイム楽派〉
との触れ合い, マンハイムとパリでの交響曲,協奏交響曲,
協奏曲,ソナタなどの作曲,アウクスブルクでのシュタイン
Johann Andreas Stein製作の優れたピアノとの出会い,
この父親の故郷での従妹マリア・アンナ・テークラ
(モーツァルトは〈ベーズレ (いとこちゃん) 〉と呼んでいる)
との交際, マンハイムでの歌手アロイジア・ウェーバーとの
出会い, パリでの母親の死,帰路ミュンヘンでアロイジアに
失恋したことなどである。

 けっきょく帰郷して,復職し,またしばらくの間宮廷音楽家の
職務に従事し, 《戴冠式ミサ曲》(K.317),協奏交響曲
(K.364 ― K.6320d), 交響曲 (K.318,K.319,K.338) などを
作曲する。 80 年 11月,ミュンヘンに赴き,翌 81 年 1 月
オペラ《クレタの王イドメネオ》 (K.366) を上演するが,
大司教にウィーンに呼び出され,同年春, 父親の反対を押し
切って辞職,そのままウィーンに定住した。 フリーな音楽家と
して,ピアノ教授, 作曲,予約演奏会,作品出版などで生計を
たてることになる。

59 :名無しの笛の踊り:01/08/31 20:40 ID:wMwcxWDk
マジレスですみませんが「魔笛」のお奨め盤ありますか?
クレンペラー盤は名盤だけど、どうも重くて・・・

60 :名無しの笛の踊り:01/08/31 20:45 ID:zdsyFuBo
>>59
アーノンクール盤(テルデック)いかが?
夜の女王がグルベローヴァ。

61 :名無しの笛の踊り:01/08/31 20:51 ID:zWSDLaS2
史上最悪の録音。>60

62 :名無しの笛の踊り:01/08/31 21:00 ID:O4hcNrrI
言うと思った。>61

63 :名無しの笛の踊り:01/08/31 21:24 ID:mDBoFaKc
>>59
クリスティ盤はいいと思うんだけどなあ。
アンサンブルオペラとして扱っているのが、好悪を分かつだろうけど。
夜の女王はナタリー・デッセー。マンセー

64 :名無しの笛の踊り:01/08/31 21:31 ID:SjXgAN/o
>>63
に一俵。
今、バーゲンになってるしな。

65 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:20 ID:jEn7EkEs
>>62 >>63
クリスティ盤のどのあたりがよかったですか?
興味あり。
>>60
グルヴェローヴァの夜の女王というのは確かにひかれる。
そのCDではないと思うけど、以前聴いたことがあって
よかった。

自分も、名盤として名高いクレンペラー盤は重くて
苦手だった。
ベームとウィーン国立がでやっている録音が
聴いていて気分いいかな。

66 :名無しの笛の踊り:01/09/02 00:27 ID:xRl0yIGU
>>65
オケも歌手も、灰汁がなく、綺麗にまとまっているところ。
軽いし、芝居っけはないけど、その代わり音楽の純度は高い。
オリジナル楽器派としては最高峰の演奏なんで、
一聴の価値はあるでしょう。

67 :名無しの笛の踊り:01/09/03 17:37 ID:lOfSb/3c
[ウィーンの作曲家]

1781 年末のヨーゼフ 2 世の御前でのM.クレメンティとの競演,
82 年夏のジングシュピール《後宮からの誘拐》 (K.384)
の上演などがモーツァルトのウィーン・デビューを飾っている。
また 82 年にはアロイジア・ウェーバーの妹コンスタンツェと結婚した。
ファン・スウィーテン男爵との出会いから北ドイツのバロック音楽に触れる
など, 音楽活動はきわめて順調であった。 83 年ザルツブルク帰郷を挟み,
84 年暮れにはフリーメーソン結社に加わる。
このころハイドンにささげられた 6曲の《ハイドン四重奏曲》やピアノ協奏曲
などの力作, 傑作が多数生み出されている。 ニ短調の《ピアノ協奏曲》
(第 20番。K.466) が名高い。 85 年には父親の来訪があり,このあと
取り組んだ大作オペラ・ブッファ《フィガロの結婚》(K.492)は, 翌 86 年
5 月に初演されたが,イタリア人オペラ作家たちの妨害運動さえ引き起こし
た。 ライバルとしてとりわけ宮廷作曲家サリエリの名が挙げられている。

このあたりから,モーツァルトの実生活面にかげりがみられるようになる。
演奏活動はあまり頻繁でなくなり,借金生活が重なるが, その理由は現在
でもつまびらかにされていない。 しかし,創作活動はさらに充実し深まって
いく。 87 年 4月,ベートーベンの訪問を受け, 翌 5 月末父親を失う。
この年には《ト短調弦楽五重奏曲》 (K.516) のような短調作品が生み出さ
れる一方, 《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》(K.525) のような晴れ
やかな名曲も書かれている。
名作《ドン・ジョバンニ》(K.527) はこの年の作品であるが,
ドン・フアン伝説によるこのイタリア語オペラは, 主人公の死を扱う点や
劇的表現の点でいわゆるオペラ・ブッファ (喜歌劇) の域を越え出ている。
このオペラは 10 月末ボヘミアの首都プラハで初演されたが, ウィーンに
帰ったモーツァルトはヨーゼフ 2 世から〈皇王室宮廷作曲家〉に任じられ
ている。 おりしも大作曲家グルックが死んだ直後であった。

68 :名無しの笛の踊り:01/09/03 18:36 ID:Ko/DIc3k
2,3年前に、モーツァルトの知られていない作品が発見されたんだっけ?
あれってどういうのだったの?
何にも知らないので、教えてください。

69 :名無しの笛の踊り:01/09/05 17:47 ID:CrJL6aQY
 翌 88 年夏にはいわゆる〈三大交響曲〉 (第 39 番 K.543,
《ト短調交響曲》第 40 番 K.550,《ジュピター交響曲》
第 41 番 K.551) が書かれたが, 当時,モーツァルトは
ピアノの弟子もなく, 演奏会も開かれず,フリーメーソンの
盟友プフベルクに借金を重ねたまま答塞状態にあった。
翌 89 年春,リヒノフスキー侯に誘われて, 北ドイツ旅行を試み,
プラハを経て, ドレスデン,ライプチヒ,ベルリンを訪れ,
ポツダム宮殿でプロイセン国王フリードリヒ・ウィルヘルム 2 世に謁見し,
また作品の依頼を受けている。

この 89 年に書き始められたオペラ・ブッファ《コシ・ファン・トゥッテ
(女はみんなこうしたもの) 》 (K.588) は翌 90 年 1 月にウィーンで初演
されている。 この年ヨーゼフ 2 世が没し,弟のレオポルト 2 世が即位し,
その戴冠式がフランクフルト・アム・マインで行われた。 モーツァルトは
自費でその祝典に参加したが, 経済的困窮はいっそう重いものとなった。
コンスタンツェのバーデンでの療養生活はこのような家計をさらに圧迫する
ことになる。

70 :名無しの笛の踊り:01/09/05 17:47 ID:CrJL6aQY
91 年には最後の《ピアノ協奏曲》 (第 27 番 K.595) やクラリネット協
奏曲 (K.622) が書かれたほか, 興行師シカネーダーの依頼で,ジングシュ
ピール《魔笛》(K.620) が作曲された。 9 月末に初演されたこのドイツ語
オペラはしだいに成功を収めていくが, それに先立って見知らぬ男から
注文を受けたという《レクイエム》(K.626) の作曲やボヘミア王としての
レオポルト 2 世の戴冠式祝典オペラ《ティート帝の慈悲》 (K.621) の
プラハ初演などがさしはさまれる。 《レクイエム》の作曲は《魔笛》の
初演後も続けられるが, 健康を害したモーツァルトは 11 月 20 日に
病床につき, 《レクイエム》未完のまま,12月 5 日世を去った。
死因についてはさまざまな論議があり, 腎不全などの病死説 (直接の死因
としては過度な瀉血による致死説も含む), 水銀による毒殺説などがある。
葬儀の日も,従来の 12 月 6 日説のほか, 最近では 12 月 7 日説も登場
している。 ザンクト・マルクス墓地の共同墓穴に埋葬された遺体のありか
は確認されていない。 ウィーン中央墓地にはベートーベン, シューベルト
と並んで記念碑が建てられている。

未完に終わった《レクイエム》は,のちに弟子のジュースマイヤー
(1766‐1803) の手で完成された。 モーツァルトの死後,追悼,追慕の
気運はおおいに高まり, モーツァルトの未亡人コンスタンツェと二人の
遺児カール・トーマスとフランツ・クサーヴァーには, 友人,知人,
愛好家たちの暖かい援助の手が差し伸べられた。 伝記が書かれ,
遺品類は整理されたが, こうした点でのちにコンスタンツェが再婚した
デンマークの外交官ニッセンGeorg Nikolaus Nissen (1761‐1826) の
功績ははなはだ大きい。

71 :名無しの笛の踊り:01/09/06 17:21 ID:hSgkkffI
【作品】

[モーツァルトとハイドン]

モーツァルトは先輩であり,師であり, 友人であったヨーゼフ・ハイドン
とともに, 古典派を代表し象徴する作曲家であるが, 両者はまことに対照的
な存在である。 ハイドンは晩成であり長寿であったが, モーツァルトは神童
として注目され,若くして巨匠となり,わずか 35 歳で夭逝している。
ハイドンは長く宮廷音楽家の職に安んじていたが, モーツァルトは束縛を嫌
い,後半生はフリーな音楽家として活動し, そして力尽きた。 モーツァルト
もハイドンも,古典派時代の音楽のほとんどすべてのジャンルを手がけている
が, 後者を先駆者とすれば,前者はその先業を受け継ぎ, さらにそうした
ジャンルのそれぞれを多様化し, また深化したものといえよう。 ピアノ・
ソナタ,弦楽四重奏曲,交響曲などの分野で, ハイドンが築いたものに,
モーツァルトは味わい深い個性的なものを付け加えたというべきだろう。
モーツァルトはピアノ協奏曲でこのジャンルの芸術的完成を果たし, さらに
教会作品,とりわけオペラで, ハイドンを凌駕している。 モーツァルトの
ウィーン時代のオペラは以後 2 世紀にわたるオペラ劇場の恒常的なレパート
リーとなった。

72 :名無しの笛の踊り:01/09/06 17:27 ID:hSgkkffI
[後世の人気]

モーツァルトの死後,彼の音楽は,しだいに広く強く世人の
関心を引きつけ, 作品の出版はしだいに数多くなっていった。
また 19 世紀半ばには生地ザルツブルクにモーツァルトの芸術の
保護振興を目的とする機関 (現在の国際モーツァルテウム財団)
が設けられ, モーツァルト音楽祭 (現在のザルツブルク音楽祭や
モーツァルト週間) が企てられた。 さらにモーツァルトの作品の
目録 (L.von ケッヘルによる《モーツァルト全作品目録》1862。
K.(ケッヘル番号) はその番号,K.6は第 6 版の番号) が作成され,
そして全作品を網羅する《モーツァルト全集》が刊行された。

モーツァルトの父レオポルトは,息子の音楽活動をきめこまかに
記録し, またモーツァルト自身もウィーン時代には自分の創作
活動を丹念に記録している。 またモーツァルト一家が残した手紙
類も多く, 伝記的な資料にも事欠かない。 モーツァルトはただ
単に音楽家としてばかりか人間としても魅力ある存在であった。
そのような人間モーツァルトも後代のモーツァルト愛好家の関心を
そそっている。 〈ベーズレ〉にあてたモーツァルトの手紙はその
かろやかで流れるようなスタイルで, カノンのような彼の声楽の
ジャンルを思わせるし, 他方,父親にあてた最後の手紙 (1787 年
4 月 4 日付) にみられる死の想念は, 彼の円熟した時期の短調
作品をしのばせる。

このようなモーツァルトの人間と音楽の魅力は, 死後およそ
2 世紀間,音楽家ばかりか, メーリケ,プーシキン,キルケ
ゴールをはじめ文人, 画家,哲人,その他あらゆる分野の人たち
の発言を誘ってきた。 20 世紀に入って,モーツァルトの作品の
再発見も相次ぎ, また作品と手紙の網羅的な新全集 (1955‐)
も刊行され, また 18 世紀の演奏様式の研究によって, あるが
ままのモーツァルトの形姿が, 響きの点でも後世の人たちに十全
なかたちでとらえられるようになっている。 さらにモーツァルト
の人と作品は,芸術家たちにかっこうの創作上の素材をこれまた
多様なかたちで提供している。

海老沢 敏

73 :名無しの笛の踊り:01/09/07 12:27
クレメンティ Muzio Clementi 1752‐1832

イタリアの作曲家,ピアノ奏者。 1766 年にイギリスに渡って以来,実質的な活躍
の中心はロンドン。初期は,ピアノ奏者,さらに指揮者として活躍し, 70 年代末
から約 25 年間はピアノ・ソナタやトリオなども多く創作, 90 年代に入って楽譜
出版事業とピアノ製造業にも乗り出す。またクラーマー,モシェレス,フィールド
など優秀な弟子を育てた。晩年に書いた《グラドゥス・アド・パルナッスム》
(1817‐26) は今日でも重要なピアノ教則本として通用している。

大玩 滋生

74 :名無しの笛の踊り:01/09/07 12:29
サリエリ Antonio Salieri 1750‐1825

イタリアの作曲家。青年時代からウィーンに住み,C.W.グルックの様式
を受け継ぐオペラ作曲家として認められる。 1780 年前後の数年間,
ベネチア,ローマ,パリで自作《タラール Tarare 》 (1787。
ボーマルシェ台本) ほかを上演して成功。 88 年から 1824 年まで
ウィーンの宮廷楽長を務め,また 1788 年から 95 年までウィーン
音楽芸術家協会会長を兼任した。晩年 (1804 以降),世間一般の
音楽趣味の変化を強く認識してオペラ作曲の筆を断ち,むしろ教育に
力を注いでベートーベン,シューベルト,チェルニー,モシュレスら
多くの弟子を育てた。モーツァルトを毒殺したという説は今日否定的に
扱われている。作品はオペラのほかに宗教曲,世俗的な合唱曲と
独唱曲,軽い内容の器楽曲がある。

後藤 暢子

75 :名無しの笛の踊り:01/09/07 12:43
「魔笛」サヴァリッシュEMI
「ドン・ジョヴァンニ」カラヤンDG
「フィガロ」カラヤンEMI
「コシ」ヨッフムDG
「後宮」デイヴィスPH  をよく聴いてるけど何か?

フリーメイソンに加入したいんですけど、どうしたらいいですか?

76 :名無しの笛の踊り:01/09/07 12:54
ここってなんか敷居高いですね。つーか本をコピぺしてどうすんの?
それはともかくモーツァルトとマニエリスムについてどう思いますか?
ケッヘル番号で500台の室内楽曲でそのマニエリスム傾向の曲がありますが、
無垢さがないっていうか底意地の悪い感じがしませんか? K526のVnソナタとか、
K563の絃3重奏とか、SQのプロシアセットとかケーゲルシュタットトリオ
(K498だったか?)とか。
無条件で好きになれないというか、いつも聴いていて少しヒッカカリがあります。
私だけ?交響曲や協奏曲ではあまり感じないのですが。

77 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:05
>>75
Jewになる。

78 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:14
じゃあ、ダメだわ。何が嫌いって、Jewほど嫌いな民族は無いもの。

79 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:16
>>78
総統?

80 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:18
エヴァ

81 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:21
>>80
ってブラウン???

82 :名無しの笛の踊り:01/09/07 13:27
ヤー。

83 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:31
>>76
本じゃないもんね
ネット百科だもんね

84 :76ではないが:01/09/09 17:47
>>83
どちらにしろウザいよ。モーツァルトの生い立ちや作品を知りたい人は
自分で検索するだろうしさ。

85 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:49
モーツァルトは長生きしすぎた。

86 :名無しの笛の踊り:01/09/09 19:39
>>85
はにょ?

87 :名無しの笛の踊り:01/09/10 17:50
>>84
言いたい事はないわけではないが
言っちゃうと荒れそうなんで
やめとくよ

88 :名無しの笛の踊り:01/09/12 17:38
フィガロの結婚 フィガロのけっこん

(1) フランスの劇作家ボーマルシェの戯曲。 《 Le mariage de Figaro 》。
別名《狂った一日La folle journレe》。 5 幕散文喜劇。 1780 年作,84 年
コメディ・フランセーズで初演。 フィガロ三部作の第 2 部で,世界的に有名
な傑作として知られる。
第 1 部《セビリャの理髪師》で下僕フィガロに助けられたアルマビバ伯爵と
ロジーヌが結ばれてから舞台は 3 年後。 いまは伯爵の執事フィガロと腰元頭
シュザンヌの結婚が, 彼女を狙う伯爵の策謀で危うくなるが, 二人の知恵と
愛情はこれを打ち破り, 伯爵の浮気心をこらしめ,幸福な結末を迎える。
伯爵夫人に憧れる小姓シェリュバン, フィガロに横恋慕の老嬢マルスリーヌ
など脇役もはつらつと描かれ, 喜劇性と同時に 18 世紀の官能美,町民劇の
要素も盛り込まれる。 劇の主題が召使の結婚で,主の貴族と召使がライバル,
敗れるのが主人という図式はきわめて大きな社会風刺となっているが, この
作品がフランス革命の引金を引いたわけではない。 フィガロは 17,18 世紀
フランス喜劇に多い下僕像の集大成である。

鈴木 康司

89 :名無しの笛の踊り:01/09/12 17:39
(2) ボーマルシェの戯曲をダ・ポンテLorenzo da Ponte (1749‐1838) が
イタリア語の台本にし, モーツァルトが 1785 年に作曲した 4 幕のオペラ。
《 Le nozze di Figaro 》 (K.492)。 1786 年ウィーンのブルク劇場で初演。
天真らんまん,はつらつとした才気あふれる音楽の中に, 登場人物の個性が
脇役の一人に至るまで遺憾なく描き出されており, 劇的進行と言葉を含む音
楽の動きが一体となって, 単なる茶番劇に堕することなく,高い芸術性を保
って原作をいっそう躍動的なものとしている。 一方,モーツァルトはこの作
品の中で, 劇中の登場人物が一人またはいろいろな組合せによって次々に舞
台に現れ, ドラマの進行は一点に集中して盛上りをみせ, 登場人物の数と
ともにクライマックスの度合を増していくアンサンブル・フィナーレの形式を
確立した。 シンフォニックな構成で作品全体に一貫した有機的統一を与えて
いる。 《もう飛ぶまいぞこの蝶々》《恋とはどんなものかしら》など単独に
愛好されている歌も多い。 日本では 1952 年 10 月,長門美保歌劇団が東京
で初演した。

武石 英夫

90 :名無しの笛の踊り:01/09/12 20:16
ウィーンへ行ったとき、はりきって「カフェ モーツァルト」目指したら、
工事中ではいれなかった。

91 :名無しの笛の踊り:01/09/13 18:11
ドン・ジョバンニ Don Giovanni

モーツァルトが 1787 年に作曲した全 2 幕のオペラ・ブッファ (K.527)。
同年 10 月プラハの国民劇場においてモーツァルト自身の指揮で初演された。
ドン・フアン伝説を素材にしたダ・ポンテLorenzo da Ponte (1749‐1838) の
イタリア語の台本による。ドン・ジョバンニが,オッタビオの許婚者ドンナ・アン
ナや村の娘ツェルリーナを誘惑しようとして失敗,ついには,決闘で刺殺した騎士
長 (ドンナ・アンナの父) の石像によって地獄におとされる,という筋書からなる。
モーツァルトのオペラの中でも最も劇的な作品であり,ブッファと名づけられてい
ても喜劇ではなく,またドン・ジョバンニの死をもって終わるといえども悲劇でも
なく,きわめて特異な性格をもつ。全曲の中でも序曲,従者レポレロの《カタログ
の歌》,ドン・ジョバンニの《セレナード》,ツェルリーナのアリア《ぶってよ,
マゼット》などがとくに親しまれている。日本初演は 1948 年に帝国劇場で,
藤原歌劇団, M.グルリットの指揮で行われた。なお,モーツァルトの作品のほか
に,ドン・フアン伝説に基づいた音楽作品としては, R.G.シュトラウスの交響詩
《ドン・フアンDon Juan 》 (1888) が名高い。シュレジアの詩人N.レーナウの
未完の詩《ドン・フアン》に基づき,理想の追求,女性の美と愛などをテーマと
した詩の内容を自由な幻想曲の形式で表現した作品。

国安 洋

92 :名無しの笛の踊り:01/09/13 18:13
魔笛 まてき Die ZauberflÅte

モーツァルトの最後のオペラ (K.620) で, 2 幕からなる。
没年の 1791 年にウィーンで作曲,初演された。台本は劇場
支配人で俳優や歌手もつとめたシカネーダーEmanuel Schikaneder
(1751‐1812) により,ドイツ語で書かれている。 18 世紀ドイツ
の民衆的なオペラ形式であるジングシュピールに属し,その圧倒的
成功によって,R.ワーグナーに至るドイツ国民オペラの発展にとって
決定的な第一歩となった。物語は,夜の女王から娘のパミーナを救い
出すように依頼された主人公のタミーノとこっけいな同伴者パパゲー
ノが,どんな猛獣をもうっとりと魅了してしまうという魔法の笛を
頼りに,太陽の神殿の支配者でパミーナを幽閉しているザラストロの
国に乗り込んでいく,というもので,その題材はC.M.ウィーラント
編集の童話集のなかの
《ルルあるいは魔笛Lulu, oder die ZauberflÅte》からとられた。
しかし台本には,モーツァルト自身加盟していたフリーメーソンの
思想が色濃く反映しており,その思想や儀式についての深い洞察
なくしては,このオペラの真の理解は難しい。例えば,劇の進行の
途上で起こる夜の女王とザラストロの善悪の立場の逆転は,原作にも
みられず,一見して不自然な印象を与えることから,このオペラを
作曲中に類似のオペラが上演されたのが原因で筋書を無理に変更した
のだ,と信じられてきた。しかし,それは最初からフリーメーソンの
思想に基づいて意図された展開であることが,近年の研究で明らかに
されている。

高野 茂

93 :名無しの笛の踊り:01/09/14 17:39
age

94 :名無しの笛の踊り:01/09/14 18:43
おおもりよしはる死ね
http://www9.big.or.jp/~yoshioh/潰せ
死ね死ね

95 :名無しの笛の踊り:01/09/15 18:04
K.1 →K.1e&1f
K.1a クラヴィーアのためのアンダンテ ハ長調 ナンネルルの楽譜帳 1761
K.1b クラヴィーアのためのアレグロ ハ長調 ナンネルルの楽譜帳 1761
K.1c クラヴィーアのためのアレグロ ヘ長調 ナンネルルの楽譜帳 1761
K.1d クラヴィーアのためのメヌエット ヘ長調 ナンネルルの楽譜帳 1761
K.1e(1) クラヴィーアのためのメヌエット ト長調 ナンネルルの楽譜帳 1764
K.1f(1) クラヴィーアのためのメヌエット ハ長調 ナンネルルの楽譜帳 1764
K.2 クラヴィーアのためのメヌエット ヘ長調 ナンネルルの楽譜帳 1762
K.3 クラヴィーアのためのアレグロ 変ロ長調 ナンネルルの楽譜帳 1762
K.4 クラヴィーアのためのメヌエット ヘ長調 ナンネルルの楽譜帳 1762
K.5 クラヴィーアのためのメヌエット ヘ長調 ナンネルルの楽譜帳 1762
K.5a クラヴィーアのためのアレグロ ハ長調 ナンネルルの楽譜帳 1763
K.5b クラヴィーアのためのアンダンテ 変ロ長調 ナンネルルの楽譜帳 (断片) 1763
K.6 クラヴィーアまたはクラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 Op.1 1763
K.7 クラヴィーアまたはクラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ニ長調 Op.1 1763
K.8 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 Op.2 1763
K.9 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 Op.2 1763
K.10 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ 変ロ長調 Op.3 1763
K.11 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ ト長調 Op.3 1763
K.12 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ イ長調 Op.3 1763
K.13 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ ヘ長調 Op.3 1763
K.14 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ ハ長調 Op.31763

96 :名無しの笛の踊り:01/09/15 18:06
K.15 クラヴィーアとヴァイオリンまたはフルートのためのソナタ 変ロ長調 Op.3 1763
K.15a(Anh.109b) アレグロ ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15b アンダンティーノ ハ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15c メヌエット ト長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15d ロンド ニ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K15e コントルダンス ト長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15f メヌエット ハ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15g プレリュード ト長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15h コントルダンス ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15i メヌエット イ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15k トリオ イ短調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15l コントルダンス ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15m メヌエット ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15n アンダンテ ハ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15o アンダンテ ニ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15p ソナタ楽章 ト短調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15q アンダンテ 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15r アンダンテ ト短調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15s ロンド ハ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15t ソナタ楽章 ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15u シチリアーノ ニ短調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15v ソナタ終楽章 ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15w アルマンド 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15x ソナタ終楽章 ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15y メヌエット ト長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15z ジーグ ハ短調 ロンドンのスケッチ帳 1764

97 :名無しの笛の踊り:01/09/15 18:07
K.15aa ソナタ楽章 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15bb ソナタ楽章 ニ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15cc メヌエット 変ホ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15dd アンダンテ 変イ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15ee メヌエット 変ホ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15ff メヌエット 変イ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15gg コントルダンス 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15hh ロンド ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15ii アンダンテ 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15kk ソナタ楽章 変ホ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15ll プレスト 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15mm アンダンテ 変ホ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15nn ソナタ楽章 ヘ長調 (断片) ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15oo メヌエット ヘ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15pp メヌエット 変ロ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15qq メヌエット 変ホ長調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15rr メヌエット ハ長調 (断片) ロンドンのスケッチ帳 1764
K.15ss フーガ イ短調 ロンドンのスケッチ帳 1764
K.16 交響曲(第1番) 変ホ長調 1764
K.16a(Anh.220) 交響曲 イ短調 「オーデンセ」 Odense (散失) 1765
K.16b 交響曲 ハ長調 1765
K.17 交響曲(第2番) 変ロ長調 1765
K.18 交響曲(第3番) 変ホ長調 1765
K.19 交響曲(第4番) ニ長調 1765
K.19a(Anh.223) 交響曲 ヘ長調 (断片)1765
K.19b(Anh.222) 交響曲 ハ長調 (断片) (散失) 1765
K.19c(21) アリア「行け、怒りに駆られて」 Va,dal furor portata 1765
K.19d 4手のラヴィーアのためのソナタ ハ長調 1765

98 :名無しの笛の踊り:01/09/17 17:30
K.20 モテット「神は我らが避け所」 God is our refuge ト短調 1765
K.21 →K.19c
K.21a(Anh.206) クラヴィーア変奏曲 イ長調 1765
K.21b →K.107
K.22 交響曲(第5番) 変ロ長調 1765
K.23 アリア「誠実に身を保って」 Conserati fedele 1766
K.24(Anh.208) C.E.グラーフのオランダ歌曲によるクラヴィーアのための8つの変奏曲 ト長調 1766
K.25 ヴィレム・ファン・ナッソウの歌による7つの変奏曲 ニ長調 1766
K.26 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ホ長調 Op.4 1766
K.27 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 Op.4 1766
K.28 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 Op.4 1766
K.29 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ニ長調 Op.4 1766
K.30 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ヘ長調 Op.4 1766
K.31 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 Op.4 1766
K.32 ガリマティアス・ムジクム Galimathias Musicum ヘ長調 1766
K.32a 第3スケッチ帳「カプリッチ」 Capricci (散失) 1766
K.33 キリエ ヘ長調 1766
K.33a フルートのための独奏曲 (消失) 1766
K.33b チェロのための独奏曲 (散失) 1766
K.33B クラヴィーアのための小品 ヘ長調 1766
K.33c スターバト・マーテル Stabat Mater (散失) 1766
K.33d(Anh.199) クラヴィーア・ソナタ ト長調 (断片) 1766
K.33e(Anh.220) クラヴィーア・ソナタ 変ロ長調 (断片) 1766
K.33f(Anh.201) クラヴィーア・ソナタ ハ長調 (断片) 1766
K.33g(Anh.202) クラヴィーア・ソナタ ヘ長調 (断片) 1766
K.33h ヴァルトホルンのための小品 1766
K.33i(36) レチタティーヴォとアリア「務めが私を強いる今こそ/ジギスムントの事跡はかくも偉大にして」 Tali e contanti
sono 1766

99 :名無しの笛の踊り:01/09/17 17:33
K.34 聖ベネディクト祭のオッフェルトリウム「天の住居に昇れ」 Scande coeli limina ハ長調 1766
K.35 宗教的ジングシュピール「第一戒律の責務」 Die Schuldigkeit des ersten Gebots 1767
K.35a(42) 聖墓の音楽 Grabmusik 1767
K.36 →K.33i
K.37 クラヴィーア協奏曲(第1番) ヘ長調 1767
K.38 ラテン語喜劇「アポロとヒアキントゥス」 Apollo et Hyacinthus 1767
K.39 クラヴィーア協奏曲(第2番) 変ロ長調 1767
K.40 クラヴィーア協奏曲(第3番) ニ長調 1767
K.41 クラヴィーア協奏曲(第4番) ト長調 1767
K.41a 6つのディヴェルティメント (散失) 1767
K.41b 様々な編成による管楽作品 (散失) 1767
K.41c 様々な編成による行進曲 (散失) 1767
K.41d 様々な編成によるメヌエット (散失) 1767
K.41e クラヴィーアのためのフーガ (散失) 1767
K.41f 四声のフーガ (散失) 1767
K.41g ナハトムジーク Nadhtmusik (散失) 1767
K.41h(67) 教会ソナタ(第1番) 変ホ長調 1767
K.41i(68) 教会ソナタ(第2番) 変ロ長調 1767
K.41k(69) 教会ソナタ(第3番) ニ長調 1767

100 :名無しの笛の踊り:01/09/17 17:34
100

101 :名無しの笛の踊り:01/09/17 17:35
K.42 →K.35a
K.42a(76) 交響曲 ヘ長調 1767
K.43 交響曲(第6番) ヘ長調 1767
K.43a(Anh.24a) 二重唱「ああ、何たる知らせか!」 Ach,was m?ssen wir erfahren! ヘ長調 (断片) 1767
K.44 →K.73u
K.45 交響曲(第7番) ニ長調 1768
K.45a(Anh.221) 交響曲 ト長調 「旧ランバッハ」 Alte Lanbacher 1766
K.45b(Anh.214) 交響曲 変ロ長調 1768
K.46 弦楽五重奏曲 変ロ長調 (偽作) 1768
K.46a(51) オペラ・ブッファ「見てくれの馬鹿娘」 La finta semplice 1768
K.46b(50) ジングシュピール「バスチアンとバシティエンヌ」 Bastian und bastenne 1768
K.46c(52) リート「ダフネよ、汝がばら色の頬」 Daphne,deine Rosenwangn 1768
K.46d ヴァイオリンとバスのためのソナタ ハ長調 1768
K.46e ヴァイオリンとバスのためのソナタ ヘ長調 1768
K.47 オッフェルトリウム「聖霊来たり給え」 Veni sancte spiritus 1768
K.47a(139) ミサ ハ短調 「孤児院ミサ」 Waisenhaus Messe 1768
K.47b(117) オッフェルトリウム「主は賛美せられよかし」 Benedictus sit Deus 1768
K.47c トランペット協奏曲 (紛失) 1768
K.47d(49) ミサ・ブレヴィス ト短調 1768
K.47e(53) リート「歓喜に寄す」 An die Freude 1768
K.48 交響曲(第8番) ニ長調 1768
K.49 →K.47d
K.50 →K.46b
K.51 →K.46a
K.52 →K.46c
K.53 →K.47e
K.54 →K.547b
K.55 →K.Anh.C23.01
K.56 →K.Anh.C23.02
K.57 →K.Anh.C23.03
K.58 →K.Anh.C23.04
K.59 →K.Anh.C23.05
K.60 →K.Anh.C23.06

102 :名無しの笛の踊り:01/09/20 18:09
K.61 →K.Anh.C23.07
K.61a(65) ミサ ニ短調 1769
K.61b(65a) トリオ付の7つのメヌエット 1769
K.61c(70) レチタティーヴォとアリア「ベレニーチェとヴォロジェーゾは/昇る日の」 A Berenice e Vologeso/Sol nascente 1769
K.61d(103) トリオ付またはトリオ無しの20のメヌエット 1770
K.61e(104) 6つのメヌエット 1771
K.61f(105) トリオ付の6つのメヌエット 1771
K.61g 2つのメヌエット 1769
K.61h 6つのメヌエット 1771
K.62 カッサシオン ニ長調 1769
K.62a(100) セレナード ニ長調 「フィナールムジーク」 Finalmusik 1769
K.63 カッサシオン ト長調 「フィナールムジーク」  Finalmusik 1769
K.63a(99) カッサシオン 変ロ長調 1769
K.64 メヌエット ニ長調 1769
K.65 →K.61a
K65a →K.61b
K.66 ミサ ハ長調 「ドミニクス・ミサ」 Dominikus Messe 1769
K.66a →K.47b
K.66b(141) テ・デウム ハ長調 1769
K.66c(Anh.215) 交響曲 ニ長調 (断片) 1769
K.66d(Anh.217) 交響曲 変ロ長調 (断片) 1769
K.66e(Anh.218) 交響曲 変ロ長調 (断片) 1769
K.67 →K.41h
K.68 →K.41i
K.69 →K.41k
K.70 →K.61c

103 :名無しの笛の踊り:01/09/20 18:12
K.71 アリア「ああ、もう震えおののこうとは思わぬ」 Ah,più tremar non voglio (断片) 1769
K.72 →K.74f
K.72a クラヴィーアのためのアレグロ ト長調 1769
K.73(75a) 交響曲(第9番) ハ長調 1769
K.73A(Anh.2) アリア「不幸なのはあなたではありません」 Misero tu non sei (散失) 1770
K.73a(143) レチタティーヴォとアリア「それゆえに大切なことは/高きを求め」 Ergo interst/Quaere superna 1770
K.73b(78) アリア「願わくはいとしい人よ」 Per pietà,bell' idol mio 1770
K.73c(88) アリア「激しい息切れとときめきのうちに」 Fra cento affanni 1770
K.73D アリア「かの父の抱擁により」 Per quel paterno amplesso (断片) 1770
K.73d(79) レチタティーヴォとアリア「おお、無謀なアルバーチェよ/かの父親の抱擁により」 O temerario Arbace/Per quel paterno amplesso 1770
K.73e(77) レチタティーヴォとアリア「私はなんと不幸なのだ!/憐れな幼子よ」 Misero me!/Misero pargoletto 1770
K.73f(80) 弦楽四重奏曲(第1番) ト長調 1770
K.73g(123) コントルダンス ヘ長調 1770
K73h(94) メヌエット ニ長調 1770
K.73i 四声のカノン イ長調 1770
K.73k(89) キリエ ト長調 1770
K.73l(81) 交響曲 ニ長調 1770
K.73m(97) 交響曲 ニ長調 1770
K.73n(95) 交響曲 ニ長調 1770
K.73o(82) アリア「もし、勇気と希望とが」 Se ardire e sreranza ヘ長調 1770
K.73p(83) アリア「もし、私の悩みのすべてを」 Se tutti i mali miei 変ホ長調 1770
K.73q(84) 交響曲(第11番) ニ長調 1770
K.73r 4つの謎のカノン 1770
K.73s(85) ミゼレーレ イ短調 1770
K.73t(122) メヌエット 変ホ長調 1770
K.73u(44) アンティフォナ「彼らを養いたまえり」 Cibavit eos 1770
K.73v(86) アンティフォン「まず神の国を求めよ」 Quaerite primum regnum Dei ハ長調 1770
K.73w クラヴィーアのためのフーガ ニ長調 (断片) 1770
K.73x 人声のための習作カノン 1770

104 :名無しの笛の踊り:01/09/21 14:20
はふぅ

105 :bush:01/09/24 17:15
K.74 交響曲(第10番) ト長調 1770
K.74a(87) オペラ・セリア「ポントの王、ミトリダーテ」 Mitridate,r? di Ponto 1770
K.74b アリア「私は小心な恋人の愛など気にかけない」 Non curo I'affettlo 1771
K.74c(118) オラトリオ「救われたベトゥーリア」 La Betulia liberata 1771
K.74d(108) 天の女王 Regina coeli ハ長調 1771
K.74e(109) 女王、童貞聖マリアのためのリタニア Litaniae Lauretanae B.M.V. 変ロ長調 1771
K.74f(72) オッフェルトリウム「女から生まれた者の中で」 Inter natos mulierum 1771
K.74g(Anh.216) →K.Anh.C11.03
K.75 交響曲 ヘ長調 1771
K.75a →K.73
K.75b(110) 交響曲 (第12番) ト長調 1771
K.76 →K.42a
K.77 →K.73e
K.78 →K.73b
K.79 →K.73d
K.80 →K.73f
K.81 →K.73l
K.82 →K.73o
K.83 →K.73p
K.84 →K.73q
K.85 →K.73s
K.86 →K.73v
K.87 →K.74a
K.88 →K.73c
K.89 →K.73k
K.90 キリエ ニ短調 1771
K.90a(116) ミサ ヘ長調 (未完) 1771
K.91 →K.186i
K.92 サルヴェ・レジナ Salve regina ヘ長調 (偽作) 1771
K.93 →K.Anh.A22
K.94 →K.73h
K.95 →K.73n
K.96 →K.111b
K.97 →K.73m
K.98 →K.Anh.C11.04
K.99 →K.63a
K.100 →K.62a

106 :clinton:01/09/24 17:18
K.101 →K.250a
K.102 →K.213c
K.103 →K.61d
K.104 →K.61e
K.105 →K.61f
K.106 →K.588a
K.107(21) 3つのクラヴィーア協奏曲 ニ長調 ト長調 変ホ長調 1771
K.108 →K.74d
K.109 →K.74e
K.110 →K.75b
K.111 祝典劇「アルバのアスカーニョ」 Ascanio in Alba 1771
K.111a(120) 「アルバのアスカーニョ」のシンフォニアへのフィナーレ ニ長調 1771
K.111b(96) 交響曲 ハ長調 1771
K.112 交響曲(第13番) ヘ長調 1771
K.113 協奏曲またはディヴェルティメント 変ホ長調 1771
K.114 交響曲(第14番) イ長調 1771
K.115 →K.166d
K.116 →K.90a
K.117 →K.47b
K.118 →K.74c
K.119 →K.382h
K.120 →K.111a
K.121 →K.207a
K.122 →K.73t
K.123 →K.73g
K.123a(381) 4手のクラヴィーアのためのソナタ ニ長調 1774
K.124 交響曲(第15番) ト長調 1772
K.124A(Anh.65a) 教会ソナタ ニ長調 (断片) 1772
K.124a(144) 教会ソナタ(第4番) ニ長調 1772
K.124b(145) 教会ソナタ(第5番) ヘ長調 1772
K.124c →K.Anh.C.16.01

107 :名無しの笛の踊り:01/09/24 17:19
K.125 聖体の祝日のためのリタニア Litaniae de venerabili altaris Sacramento 変ロ長調 1772
K.125a(136) ディヴェルティメント ニ長調 1772
K.125b(137) ディヴェルティメント 変ロ長調 1772
K.125c(138) ディヴェルティメント ヘ長調 1772
K.125d(149) リート「おおらかな落ち着き」 Die grossm?tige Gelassenheit 変ロ長調 1772
K.125e(150) リート「ひそかなる愛」 Geheime Liebe ト長調 1772
K.125f(151) リート「低き身分にある満足」 Die Zufriedenheit im niedrigen Stande ヘ長調 1772
K.125g(147) リート「いかに私は不幸なことか」 Wie ungl?cklich bin ich nicht ヘ長調 1772
K.125h(148) リート「おお、聖なる絆よ」 O heiliges Band ニ長調 1772
K.126 劇的セレナータ「シピオーネの夢」 Il songo di Scipione 1772
K.127 天の女王 Regina coeli 変ロ長調 1772
K.128 交響曲(第16番) ハ長調 1772
K.129 交響曲(第17番) ト長調 1772
K.130 交響曲(第18番) ヘ長調 1772
K.130a(164) 6つのメヌエット 1772
K.131 ディヴェルティメント ニ長調 1772
K.132 交響曲(第19番) 変ホ長調 1772
K.133 交響曲(第20番) ニ長調 1772
K.134 交響曲(第21番) イ長調 1772
K.134a(155) 弦楽四重奏曲(第2番) ニ長調 1772
K.134b(156) 弦楽四重奏曲(第3番) ト長調 1772
K.135 オペラ・セリア「ルーチョ・シッラ」 Lucio Silla 1772
K.135a(Anh.109) バレエ「後宮の嫉妬」 Le gelosie del serraglio (スケッチ) 1773
K.136 →K.125a
K.137 →K.125b
K.138 →K.125c
K.139 →K.47a
K.140(Anh.C1.12) ミサ・ブレヴィス ト長調 「パストラル・ミサ」 Messe pastrare 1773
K.141 →K.66b

108 :名無しの笛の踊り:01/09/24 17:20
K.141a(161&163) 交響曲 ニ長調 1772
K.142(Anh.186d) タントゥム・エルゴ Tantum ergo 変ロ長調 1772
K.143 →K.73a
K.145 →K.124a
K.146 →K.317b
K.147 →K.125g
K.148 →K.125h
K.149 →K.125d
K.150 →K.125e
K.151 →K.125f
K.152 →K.210a
K.153 →K.375f
K.154 →K.385k
K.154a クラヴィーアのための2つのフーガ ニ長調 (偽作)
K.155 →K.134a
K.156 →K.134b
K.157 弦楽四重奏曲(第4番) ハ長調 1773
K.158 弦楽四重奏曲(第5番) ヘ長調 1773
K.158a(165) モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」 Exsultate,jubilate 1773
K3.158b →K.198
K.159 弦楽四重奏曲(第6番) 変ロ長調 1773
K.159a(160) 弦楽四重奏曲(第7番) 変ホ長調 1773
K.159b(186) ディヴェルティメント 変ロ長調 1773
K.159d(166) ディヴェルティメント 変ホ長調 1773
K.160 →K.159a
K.161 →K.141a
K.161a(184) 交響曲(第26番) 変ホ長調 1773
K.161b(199) 交響曲(第27番) ト長調 1773

109 :名無しの笛の踊り:01/09/24 17:22
K.162 交響曲(第22番) ハ長調 1773
K.162a =K.199→K.161b
K.162b(181) 交響曲(第23番) ニ長調 1773
K.163 →K.141a
K.164 →K.130a
K.165 →K.158a
K.166 →K.159d
K.166d(115) ミサ・ブレヴィス ハ短調 (未完) 1773
K.166e(223) オザンナ Osanna ハ長調 1772
K.166f(Anh.18) キリエ ニ長調 (断片) 1772
K.166g(Anh.19) キリエ ニ長調 (断片) 1772
K.166h(Anh.23) 詩篇「主よ汝に寄り頼む」 In te Domine Speravi ハ長調 (断片) 1774
K.167 ミサ ハ長調 「聖三位一体の祝日のためのミサ曲」 Missa in honorem Sanctissimae Trinitatis 1773
K.167A(205) ディヴェルティメント ニ長調 1773
K.167AB(209) 行進曲 ニ長調 1773
K.167a(185)(Anh.231) セレナード ニ長調 「フィナールムジーク」 Finalmusik 1773
K.167b(189) 行進曲 ニ長調 1773
K.168 弦楽四重奏曲(第8番) ヘ長調 1773
K.168a メヌエット ヘ長調 1773
K.169 弦楽四重奏曲(第9番) イ長調 1773

110 :名無しの笛の踊り:01/09/24 17:23
K.170 弦楽四重奏曲(第10番) ハ長調 1773
K.171 弦楽四重奏曲(第11番) 変ホ長調 1773
K.172 弦楽四重奏曲(第12番) 変ロ長調 1773
K.173 弦楽四重奏曲(第13番) ニ短調 1773
K.173c(180) サリエリの「ヴェネチアの市」の第2幕フィナーレの主題によるクラヴィーアのための6つの変奏曲 ト長調 1773
K.173d(345) 英雄劇「エジプトの王ターモス」のための合唱と幕間音楽 1773
K.173dA(182) 交響曲(第24番) 変ロ長調 1773
K.173dB(183) 交響曲(第25番) ト短調 1773
K.174 弦楽五重奏曲(第1番) 変ロ長調 1773
K.175 クラヴィーア協奏曲(第5番) ニ長調 1773
K.176 舞踏用の16のメヌエット 1773
K.177 →K.Anh.C3.09
K.178 →K.417e
K.179 →K.189a
K.180 →K.173c
K.181 →K.162b
K.182 →K.173dA
K.183 →K.173dB
K.184 →K.161a
K.185 →K.167a
K.186 →K.159b
K.186a(201) 交響曲(第29番) イ長調 1774
K.186b(202) 交響曲(第30番) ニ長調 1774
K.186c(358) 4手のクラヴィーアのためのソナタ 変ロ長調 1774
K.186d(195) 女王、童貞聖マリアのためのリタニア Litaniae Lauretanae B.M.V. ニ長調 1774
K.186E(190) 2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 1774
K.186e(191) ファゴット協奏曲 変ロ長調 1774
K.186f(192) ミサ ヘ長調 「小クレド・ミサ」 1774
K.186g(193) ディクシットとマニフィカト ハ長調 1774
K.186h(194) ミサ・ブレヴィス ニ長調 1774
K.186i(91)(Anh.17) キリエ ニ長調 (未完) 1774
K.187 →K.Anh.C17.12
K.188(240b) ディヴェルティメント ハ長調 1774
K.189 →K.167b

111 :名無しの笛の踊り:01/09/24 17:23
K.189a(179) J.C.フィッシャーのメヌエットによるクラヴィーアのための12の変奏曲 ハ長調 1774
K.189b(203) セレナード ニ長調 1774
K.189c(237) 行進曲 ニ長調 1774
K.189d(279) クラヴィーア・ソナタ(第1番) ハ長調 1775
K.189e(280) クラヴィーア・ソナタ(第2番) ヘ長調 1775
K.189f(281) クラヴィーア・ソナタ(第3番) 変ロ長調 1775
K.189g(282) クラヴィーア・ソナタ(第4番) 変ホ長調 1775
K.189h(283) クラヴィーア・ソナタ(第5番) ト長調 1775
K3.189i →K.590d(312)
K.189k(200) 交響曲(第28番) ハ長調 1774
K.190 →K.186E
K.191 →K.186e
K.192 →K.186f
K.193 →K.186g
K.194 →K.186h
K.195 →K.186d
K.196 オペラ・ブッファ「偽りの女庭師」 La finta giardiniera 1775
K.196a(Anh.16) キリエ ト長調 (断片) 1788
K.196b(220) ミサ・ブレヴィス ハ長調 「雀ミサ」 Spatzenmesse 1775
K.196c(292) バスーンとチェロのためのソナタ 変ロ長調 1775
K.196d(Anh.230) ファゴット協奏曲 ヘ長調 (散失)
K.196e(Anh.226) →K.Anh.C17.01
K.196f(Anh.227) →K.Anh.C17.02
K.197(Anh.C3.05) タントゥム・エルゴ Tantum ergo ニ長調 1772
K.198(K3.158b) オッフェルトリウム「主の御保護のもとに」 Sub tuum praesidium ヘ長調 1774
K.199 →K.161b
K.200 →K.189k

112 :名無しの笛の踊り:01/09/25 08:17
あと、もうちょっと。

113 :wolfgang:01/09/27 18:06
K.201 →K.186a
K.202 →K.186b
K.203 →K.189b
K.204 →K.213a
K.205 →K.167A
K.205a(222) オッフェルトリウム「主の御憐れみを」 Misericordias domini ニ短調 1775
K.205b(284) クラヴィーア・ソナタ(第6番) ニ長調 1775
K.206 行進曲 1781
K.206a チェロ協奏曲 ヘ長調 (散失) 1775
K.207 ヴァイオリン協奏曲(第1番) 変ロ長調 1775
K.207a(121&196) 交響曲またはディヴェルティメントのフィナーレ ニ長調 1775
K.208 祝典劇「羊飼いの王」 Il re pastore 1775
K.209 アリア「運命は恋する者に」 Si mostra la sorte 1775
K.209a アリア「砕け凍った歯が」 Un dente guasto e gelato (断片) 1775
K.210 アリア「従いかしこみて」 Con ossequio,con rispetto 1775
K.210a(152) カンツォネッタ「静けさは微笑みつつ」 Ridente la calma ハ長調 1775
K.211 ヴァイオリン協奏曲(第2番) ニ長調 1775
K.212 教会ソナタ(第6番) 変ロ長調 1775
K.213 ディヴェルティメント ヘ長調 1775
K.213a(204) セレナード ニ長調 1775
K213b(215) 行進曲 ニ長調 1775
K.213c(102&208) 交響曲 ハ長調 1775
K.214 行進曲 ハ長調 1775
K.215 →K.213b
K.216 ヴァイオリン協奏曲(第3番) ト長調 1775
K.217 アリア「あなたは情熱的な恋人のように律儀な心の持ち主」 Voi avete un cor fedele 1775
K.218 ヴァイオリン協奏曲(第4番) ニ長調 1775
K.219 ヴァイオリン協奏曲(第5番) イ長調 1775
K.220 →K.196b

114 :wolfgang:01/09/27 18:07
K.221 →K.Anh.A1
K.222 →K.205a
K.223 →K.166e
K.224 →K.241a
K.225 →K.241b
K.226 →K.Anh.C10.02
K.227 →K.Anh.A31
K.228 →K.515b
K.229 →K.382a
K.230 →K.382b
K.231 →K.382c
K.232 →K.509a
K.233 →K.382d
K.234 →K.382e
K.235 クラヴィーアのためのカノン E.バッハの作
K.236 →K.588b
K.237 →K.189c
K.238 クラヴィーア協奏曲(第6番) 変ロ長調 1776
K.239 セレナード ニ長調 「セレナータ・ノットゥルナ」 Serenata Notturna 1776
K.240 ディヴェルティメント 変ロ長調 1776
K.240a(252) ディヴェルティメント 変ホ長調 1776
K.240b →K.188
K.241 教会ソナタ(第9番) ト長調 1776
K.241a(224) 教会ソナタ(第7番) ヘ長調 1780
K.241b(225) 教会ソナタ(第8番) イ長調 1780
K.242 クラヴィーアソナタ(第7番) ヘ長調 「ロードロン」 Lodron 1776
K.243 聖体の祝日のためのリタニア Litaniae de venerabili altaris Sacramento 変ホ長調 1776
K.244 教会ソナタ(第10番) ヘ長調 1776
K.245 教会ソナタ(第11番) ニ長調 1776
K.246 クラヴィーア協奏曲(第8番) ハ長調 「リュッツォウ」 Lützow 1776
K.246a(262) ミサ・ロンガ ハ長調 「シュパウア・ミサ」 Spaur Messe 1776
K.246c(288) ディヴェルティメント ヘ長調 (未完) 1776
K.247 ディヴェルティメント ヘ長調 「ロードロン・セレナード1」 Lodron serenade I 1776
K.248 行進曲 ヘ長調 1776
K.248a(260) オッフェルトリウム「来たれ、もろもろの民よ」 Venite,populi ニ長調 1776
K.248b(250) セレナード ニ長調 「ハフナー」 Haffner 1776
K.249 行進曲 ニ長調 1776
K.250 →K.248b
K.250a(101) 4つのコントルダンス ヘ長調 1776

115 :wolfgang:01/09/27 18:07
K.251 ディヴェルティメント ニ長調 「ナンネルル・セレナード」 Nannerl Serenade 1776
K.252 →K.240a
K.253 ディヴェルティメント ヘ長調 1776
K.254 クラヴィーア三重奏曲(第1番) 変ロ長調 1776
K.255 レチタティーヴォとアリア「幸せの影よ/私はお前を残してゆく」 Ombra felice/Io ti lascio,e questo addio 1776
K.256 アリア「クラリーチェは私のいとしの妻になるはず」 Clarice cara mia sposa dev'essere 1776
K.257 ミサ ハ長調 「クレド・ミサ」 1776
K.258 ミサ ハ長調 「シュパウア・ミサ」 Spaur Messe 1776
K.258a(Anh.13) キリエ ハ長調 (断片) 1776
K.259 ミサ ハ長調 「オルガン・ソロ・ミサ」 1776
K.260 →K.248a
K.261 ヴァイオリンのためのアダージョ ホ長調 1776
K.261a(269) ヴァイオリンのためのロンド 変ロ長調 1776
K.262 →K.246a
K.263 教会ソナタ(第12番) ハ長調 1776
K.264 →K.315d
K.265 →K.300e
K.266 →K.271f
K.267 →K.271c
K.268 →K.Anh.C14.04
K.269 →K.261a
K.269a(286) セレナード ニ長調 「4つのオーケストラのためのノットゥルノ」 1776
K.269b(270a) コントルダンス ト長調 1777
K.270 ディヴェルティメント 変ロ長調 1777
K.270a →K.269b

116 :名無しの笛の踊り:01/09/27 18:08
嵐のようだ

117 :wolfgang:01/09/27 18:09
K.271 クラヴィーア協奏曲(第9番) 変ホ長調 「ジュノム」 Jeunehomme 1777
K.271a →K.271i
K.271b →K.271H
K.271c(267) 4つのコントルダンス 1777
K.271d(274) 教会ソナタ(第13番) ト長調 1777
K.271e(278) 教会ソナタ(第14番) ハ長調 1777
K.271f(266) 弦楽三重奏曲 変ロ長調 1777
K.271g(289) ディヴェルティメント 変ホ長調 (偽作) 1777
K3.271h →K.246c(288)
K.271H(271b&187) ディヴェルティメント 変ロ長調 1777
K.271i(271a) ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 1777
K.271k オーボエ協奏曲 「フェルレンディス」 Ferlendis 1777
K.272 レチタティーヴォとアリア「ああ、私は前からそのことを知っていたの!/私の目の前から消え去っておくれ/ああ、この波を越えていかないで下さい」 Ah,Io previdi!/Ah,t'invola agl'occhi miei/Dhe,non varvar quell'onda anima del cor mio 1777
K.272a(277) オッフェルトリウム「創造主の御母よ」 Alma Dei creatoris ヘ長調 1777
K.272b(275) ミサ 変ロ長調 1777
K.273 天主の御母なる聖マリア Sancta Maria,mater Dei ヘ長調 1777
K.274 →K.271d
K.275 →K.272b
K.276 →K.321b
K.277 →K.272a
K.278 →K.271e
K.279 →K.189d
K.280 →K.189e

118 :wolfgang:01/09/27 18:09
K.281 →K.189f
K.282 →K.189g
K.283 →K.189h
K.284 →K.205b
K.284a(395) クラヴィーアのための前奏曲 ハ長調 1777
K.284b(309) クラヴィーア・ソナタ(第7番) ハ長調 1777
K.284c(311) クラヴィーア・ソナタ(第9番) ニ長調 1777
K.284d(307) アリエット「鳥たちよ、毎年」 Oiseaux,si tous lesans ハ長調 1777
K.284e J.B.ヴェンドリンクのフルート協奏曲のための管弦楽編曲 (散失) 1777
K.284f クラヴィーアのためのロンド (散失) 1777
K.285 フルート四重奏曲(第1番) ニ長調 1777
K.285a フルート四重奏曲(第2番) ト長調 1778
K.285b(Anh.171) フルート四重奏曲(第3番) ハ長調 1778
K.285c(313) フルート協奏曲(第1番) ト長調 1778/オーボエ協奏曲 ヘ長調
K.285d(314) オーボエ協奏曲 ハ長調 1778/フルート協奏曲(第2番) ニ長調
K.285e(315) フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調 1778
K.286 →K.269a
K.287 →K.271H
K.288 →K.246c
K.289 →K.271g
K.290 →K.167AB

119 :wolfgang:01/09/27 18:11
K.290 →K.167AB
K.291 管弦楽のためのフーガ M.ハイドンの作
K.292 →K.196c
K.293 →K.416f
K.293a(301) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 1778
K.293b(302) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ホ長調 1778
K.293c(303) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 1778
K.293d(305) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 1778
K.293e J.C.バッハのオペラのアリアのための19のカデンツァ 1778
K.294 レチタティーヴォとアリア「アルカンドロよ、わしはそれを告白する/わしは知らぬ、このやさしい愛情がどこからやってくるのか」 Alcandro Io confesso/Non so D'onde viene 1778
K.295 レチタティーヴォとアリア「もし私の唇を信じないのなら」 Se al labbro mio non credi 1778
K.295a(486a) レチタティーヴォとアリア「もうたくさん、あなたが勝ったのだわ/ああ、私を見捨てないで」 Basta,vincesti/Ah,non lasciarmi 1778
K.295b(308) アリエット「淋しく暗い森で」 Dans un bois solitaire 変イ長調 1778

120 :wolfgang:01/09/27 18:26
K.296 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 1778
K.296a(322) キリエ 変ホ長調 (断片) 1778
K.296b(Anh.12) キリエ 変ホ長調 (断片) 1778
K.296c サンクトゥス 変ホ長調 1778
K.297 →K.300a
K.297a(Anh.1) ホルツバウアーの「ミゼレーレ」のための8つの楽章 (散失) 1778
K.297B(Anh.9) フルート、オーボエ、ホルン、ファゴットのための協奏交響曲 変ホ長調 (散失) 1778
K.297b →K.Anh.C14.01
K.297c(299) フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 1778
K.298 フルート四重奏曲(第4番) イ長調 1778
K.299 →K.297c
K.299a(354) ボーマルシェの「セビリヤの理髪師」のロマンス「私はランドール」によるクラヴィーアのための12の変奏曲 変ホ長調 1778
K.299b(Anh.10) バレエ音楽「ささいなこと」 Les petits riens (散失) 1778
K.299c バレエ・インテルメッツォのためのスケッチ 1778
K.299d(Anh.103) 狩 La Chasse (断片) 1778
K.300 ガヴォット 変ロ長調 1778
K.300a(297) 交響曲(第31番) ニ長調 「パリ」 Paris 1778
K.300b(316) レチタティーヴォとアリア「テッサーリアの民よ/不滅の神々よ、私は求めはしない」 Popoli di Tessaglia/Io non chiedo,eterni Dei 1778
K.300c(304) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 1778
K.300d(310) クラヴィーア・ソナタ(第8番) イ短調 1778
K.300e(265) 「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」によるクラヴィーアのための12の変奏曲 ハ長調 1781
K.300f(353) 「きれいなフランソワーズ」によるクラヴィーアのための12の変奏曲 変ホ長調 1781
K.300g(395) →K.284a
K.300h(330) クラヴィーア・ソナタ(第10番) ハ長調 1783
K.300i(331) クラヴィーア・ソナタ(第11番) イ長調 1783
K.300k(332) クラヴィーア・ソナタ(第12番) ヘ長調 1783
K.300l(306) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ニ長調 1783

121 :名無しの笛の踊り:01/09/29 17:53
すごすぎ
あげ

122 :名無しの笛の踊り:01/10/01 12:25
K.301 →K.293a
K.302 →K.293b
K.303 →K.293c
K.304 →K.300c
K.305 →K.293d
K.306 →K.300l
K.307 →K.284d
K.308 →K.295b
K.309 →K.284b
K.310 →K.300d
K.311 →K.284c
K.311A(Anh.8) 交響曲 (散失) 1778
K.311a →K.Anh.C11.05
K.312 →K.590d
K.313 →K.285c
K.314 →K.285d
K.315 →K.285e
K.315a →K.315g
K.315b(Anh.3) シェーナ (散失) 1778
K.315c(333) クラヴィーア・ソナタ(第13番) 変ロ長調 1783
K.315d(264) ドゼードの「リゾンは森で眠っていた」の主題によるクラヴィーアのための9つの変奏曲 ハ長調 1778
K.315e(Anh.11) フォン・ゲンミンのメロドラマ「セミラミス」のための音楽 (散失) 1778
K.315f(Anh.56) クラヴィーアとヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 (未完) 1778
K.315g(315a) クラヴィーアのための8つのメヌエット

123 :名無しの笛の踊り:01/10/01 12:26
K.316 →K.300b
K.316a(365) クラヴィーア協奏曲(第10番) 変ホ長調 1779
K.317 ミサ ハ長調 「戴冠式ミサ」 Krönungsmesse 1779
K.317a(329) 教会ソナタ(第16番) ハ長調 1779
K.317b(146) アリア「来たれ、汝恥知らぬ罪人たちよ」 Kommet her,ihr frechen Sünder 変ロ長調 1779
K.317c(328) 教会ソナタ(第15番) ハ長調 1779
K.317d(378) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 1779
K.318 交響曲(第32番) ト長調 1779
K.319 交響曲(第33番) 変ロ長調 1779
K.320 セレナード ニ長調 「ポスト・ホルン」 Post horn 1779
K.320a(335) 2つの行進曲 ニ長調 1779
K.320B ディヴェルティメント ニ長調 (断片) 1772
K.320b(334) ディヴェルティメント ニ長調 1779
K.320c(445) 行進曲 ニ長調 1779
K.320d(364) ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 1779
K.320e(Anh.104) ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための協奏交響曲 イ長調 (未完) 1779
K.320f →K.299d
K.321 主日のための晩課 Vesperae solennes de Domenica ハ長調 1779
K.321a マニフィカト ハ長調 (断片) 1779
K.321b(276) 天の女王 Regina coeli ハ長調 1779
K.322 →K.296a
K.323(Anh.15) キリエ ハ長調 (断片) 1779
K.323a(Anh.20) グローリア ハ長調 (断片) 1779
K.324 →K.Anh.C3.02
K.325 →K.Anh.C3.03
K.326 →K.Anh.A4
K.327 →K.Anh.A10
K.328 →K.317c
K.329 →K.317a
K.330 クラヴィーア・ソナタ(第10番) ハ長調 1783

124 :名無しの笛の踊り:01/10/01 17:41
K.331 クラヴィーア・ソナタ(第11番) イ長調 「トルコ行進曲付」 1783
K.332 クラヴィーア・ソナタ(第12番) ヘ長調 1783
K.333 クラヴィーア・ソナタ(第13番) 変ロ長調 1783
K.334 →K.320b
K.335 →K.320a
K.336 →K.336d
K.336a(345)(Anh.101) 英雄劇「エジプトの王ターモス」のための合唱と幕間音楽 1779
K.336b(344) ジングシュピール「ツァイーデ(後宮)」 Zaide (Das Serail) (未完) 1779
K.336c(343) 2つの教会歌曲「おお、神の子羊/エジプトよりイスラエルの民が」 O Gotteslamm/Als aus Ägzpten Israel 1787
K.336d(336) 教会ソナタ(第17番) ハ長調 1780
K.337 ミサ ハ長調 1780
K.338 交響曲(第34番) ハ長調 1780
K.339 証聖者の盛儀晩課 Vesperae solennes de Confessore ハ長調 1780
K.340 キリエ ハ長調 (偽作) 1780
K.340a(392) リート「偉人たちの栄光に感謝せよ」 Verdankt sei es dem Glanz ヘ長調 1781
K.340b(391) リート「孤独に寄す(私の慰めであってください)」 An die Einsamkeit(Sei du mein Trost) 変ロ長調 1781
K.340c(390) リート「希望に寄す(涙しつつわが道に立ち)」 An die Hoffnung(Ich würd' auf mein Pfad mit Tranen) ニ短調 1781
K.341 キリエ ニ短調 1788
K.342 オッフェルトリウム「賛美せよ天使ら」 1780
K.343 →K.336c
K.344 →K.336b
K.345 →K.336a または K.173d
K.346 →K.439a
K.347 →K.382f
K.348 →K.382g
K.349 →K.367a
K.350 →K.Anh.C8.48

125 :名無しの笛の踊り:01/10/03 17:43
K.351 →K.367b
K.352 →K.374c
K.353 「きれいなフランソワーズ」によるクラヴィーアのための12の変奏曲 変ホ長調 1781
K.354 →K.299a
K.355 →K.576b
K.356 →K.617a
K.357 →K.497a
K.358 →K.186c
K.359 →K.374a
K.360 →K374b
K.361 →K.370a
K.362 オペラ・セリア「クレタの王イドメネオ」のための行進曲 1780
K.363 3つのメヌエット 1780
K.364 →K.320d
K.365 →K.316a
K.365a(Anh.11a) レチタティーヴォとアリア「おお、あいよ、そなたはなぜそんなに恐ろしい冗談を言うのか/おののけ、おろかな心よ、そして苦しめ」 Warum,o Liebe,treibst du jenen grausamen Kurzweil/Zittre,töricht Herz und leide (散失) 1780
K.366(206&362) オペラ・セリア「クレタの王イドメネオまたはイリアとイダマンテ」 Idomeneo,re di Creta ossia Ilia ed Idamante 1781
K.367 オペラ・セリア「クレタの王イドメネオ」のための5つのバレエ音楽 1781
K.367a(349) リート「満足」 Die Zufriedenheit ト長調 1781
K.367b(351) リート「おいで、いとしのツィターよ」 Komm,liebe Zither ハ長調 1781
K.368 レチタティーヴォとアリア「だが、おお、星々よ、憐れなディルチェーアがお前たちに何をしたのか/岸辺は近いと望んでいた」 Ma che vi fece,o stelle,la povera Dircea/Sperai vicno il lido 1781
K.368a(341) キリエ ニ短調 1788
K.368b(370) オーボエ四重奏曲 ヘ長調 1781
K.369 レチタティーヴォとアリア「憐れな私よ、ここはどこなの?/ああ、語っているのは私ではないの」 Misera,dove son?/Ah,non son'io che parlo 1781
K.370 →K.368b
K.370a(361) セレナード 変ロ長調 「グラン・パルティータ」 Gran Partita 1781
K.370b(Anh.97&98&98b) ホルン協奏曲 変ホ長調 (断片) 1781

126 :名無しの笛の踊り:01/10/04 17:40


モーツァルティアン・クイズ・1

ジュニア1:モーツァルトはどこでいつ生まれ、どこで死にましたか?
シニア1:モーツァルトの生まれた通りの名と埋葬された墓地の名前は?

127 :名無しの笛の踊り:01/10/04 17:41
モーツァルティアン・クイズ・2

ジュニア2:モーツァルトの作品目録を作成した人の名前は?
 作品番号は何番まであり、何の曲が最後でしょうか?
シニア2:モーツァルトが自分で作成した自筆作品目録の最初の
曲と最後の曲は?

128 :名無しの笛の踊り:01/10/06 19:09
とりあえずあげ

129 :名無しの笛の踊り:01/10/08 12:37
K.371 ホルン協奏曲楽章 変ホ長調 (断片) 1781
K.372(Anh.49) クラヴィーアとヴァイオリンのためのアレグロ 変ロ長調 (未完) 1781
K.372a(400) クラヴィーア・ソナタ楽章 変ロ長調 (未完) 1781
K.373(Anh.184) ヴァイオリンのための協奏風ロンド ハ長調 1781/フルートと管弦楽のためのロンド ニ長調
K.373a(379) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 1781
K.374 レチタティーヴォとアリア「この胸に、さあいらっしゃって/天が、あなたを私に返してくださる」 A questo seno deh vieni/Or che il cielo a me ti
rende 1781
K.374a(359) 「羊飼いの娘セリメーヌ」によるクラヴィーアとヴァイオリンのための12の変奏曲 ト長調 1781
K.374b(360) 「ああ、私は恋人をなくした」によるクラヴィーアとヴァイオリンのための6つの変奏曲 ト短調 1781
K.374c(352) グレトリーのオペラ「サムニウム人の結婚」の合唱曲「愛の神」によるクラヴィーアのための8つの変奏曲 ヘ長調 1781
K.374d(376) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ヘ長調 1781
K.374e(377) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ヘ長調 1781
K.374f(380) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ホ長調 1781
K.374g(Anh.46) クラヴィーアとチェロのためのアンダンティーノ 変ロ長調 1782
K.375 セレナード 変ホ長調 1781
K.375a(448) 2台のクラヴィーアのためのソナタ ニ長調 1781
K.375b(Anh.42) 2台のクラヴィーアのためのソナタ 変ロ長調 (断片) 1782
K.375c(Anh.43) 2台のクラヴィーアのためのソナタ 変ロ長調 (断片) 1782
K.375d(Anh.45) 2台のクラヴィーアのためのフーガ ト長調 (断片) 1782
K.375e(401) クラヴィーアのためのフーガ ト短調 (断片) 1773
K.375f(153) クラヴィーアのためのフーガ 変ホ長調 (断片) 1782
K.375g(Anh.41) クラヴィーアのためのフーガ ト長調 (断片) 1776
K.375h クラヴィーアのためのフーガ ヘ長調 1782
K.376 →K.374d
K.377 →K.374e
K.378 →K.317d
K.379 →K.373a
K.380 →K.374f

130 :名無しの笛の踊り:01/10/08 12:43
ケッヒエル・ヌマーの続きをぜひお願いします。コピペして保存している
唯一のスレです。感謝してます!

131 :名無しの笛の踊り:01/10/08 13:05
ttp://www.mozartproject.org/compositions/index.html

132 :名無しの笛の踊り:01/10/08 14:57
ヨッフムのプラハ、ええねえ。

133 :名無しの笛の踊り:01/10/10 13:19
K.380 →K.374f
K.381 →K.123a
K.382 クラヴィーア協奏曲ロンド楽章 ニ長調 1782
K.382a(229) カノン「彼女は死んだ」 Sie ist dahin ハ短調 1782
K.382b(230) カノン「幸いなるかな、幸いなるかな」
 Selig,selig alle ハ短調 1782
K.382c(231) カノン「俺の尻をなめろ」
 Lech mich im Arsch 変ロ長調 1782
K.382d(233) カノン「俺の尻をなめろ、きれいにきれいにね」
 Leck mir den Arsch fein recht sch?n sauber 変ロ長調 1782
K.382e(234) カノン「夏の暑さに俺は食う」
 Bei der Hitz' im Sommer,ess ich ト長調 1782
K.382f(347) カノン「泡立つ酒がグラスに光るところ」
 Wo der perlende Wein in Glase blinkt ニ長調 1782
K.382g(348) カノン「心やさしく君を愛す」
 V'amo di core teneramente ニ長調 1782
K.382h(119) アリア「すばらしい愛の気持ちは」
 Der Liebe himmlisches Gef?hl 1782
K.383 アリア「我が感謝を受けたまえ、やさしき保護者よ!」
 Nehmt meinen Dank,ihr holden G?nner! 1782
K.383a(394) クラヴィーアのための幻想曲とフーガ ハ長調 1782
K.383b(Anh.33&Anh.40) クラヴィーアのためのフーガ ヘ長調 (断片)
 1782
K.383C(Anh.32) クラヴィーアのための幻想曲 ヘ短調 (断片) 1789
K.383c(Anh.38) オルガンのための変奏曲の主題 ハ長調 (断片) 1789
K.383d(Anh.39) クラヴィーアのためのフーガ ハ短調 (断片) 1783
K.383e(408/1) 行進曲 ハ長調 1782
K.383F(408/3) 行進曲 ハ長調 1782
K.383f(409) 交響曲用メヌエット ハ長調 1782
K.383g(Anh.100) 交響曲 変ホ長調 (散失) 1782
K.383h(440) アリア「あなたに希望を託しましょう、おお、愛する我が夫よ」
 In te srero,o sposo amato (未完) 1782
K.383i 交響曲楽章または序曲のためのスケッチ ハ長調 (未完) (散失)
 1782

134 :名無しの笛の踊り:01/10/10 13:20
K.384 ジングシュピール「後宮からの誘拐」 Die Entf?hrung aus dem Serail 1782
K.384A(389) 二重唱「なんたる不安な戦慄」 Welch ?ngstliches Beben (未完) 1782
K.384a(388) セレナード ハ短調 「ナハトムジーク」 Nachtmusik 1782
K.384B アンダンテの冒頭 変ホ長調 (断片) 1782
K.384b 行進曲 変ロ長調 (断片) 1782
K.384c(Anh.96) アレグロ 変ロ長調 (断片) 1782
K.385 交響曲(第35番) ニ長調 「ハフナー」 Haffner 1782
K.385a(408/2) 行進曲 ニ長調 1782
K.385b(393) 歌唱声部のためのソルフェッジョ 1782
K.385c(403) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 (未完) 1782
K.385d(404) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 (未完) 1782
K.385E(Anh.48) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ楽章 イ長調 (断片) 1782
K.385e(402) クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 (未完) 1782
K.385f(396) クラヴィーアのための幻想曲 ハ短調 1782
K.385g(397) クラヴィーアのための幻想曲 ニ短調 1782
K.385h(Anh.34) クラヴィーアのためのアダージョ ニ短調 (断片) 1782
K.385i(399) クラヴィーアのための組曲 ハ長調 1782
K.385k(154) クラヴィーアのためのフーガ ト短調 (未完) 1782
K.385n フーガ (断片) 1782
K.385o クラヴィーア協奏曲のスケッチ イ長調 1782
K.385p(414) クラヴィーア協奏曲(第12番) イ長調 1782
K.386 クラヴィーアと管弦楽のためのロンド楽章 イ長調 1782
K.386b(412&514) ホルン協奏曲(第1番) ニ長調 1791
K.386c(407) ホルン五重奏曲 変ホ長調 1782
K.386d(Anh.25) ジブラルタルを歌う吟遊詩人の歌「おお、カルペよ!お前の足下に雷鳴はとどろき」 O Calpe! dir donnerts am Fusse ニ長調 (スケ
ッチ) 1791
K.387 弦楽四重奏曲(第14番) ト長調 「春」 ハイドン四重奏曲(第1番) 1782
K.387a(413) クラヴィーア協奏曲(第11番) ヘ長調 1782
K.387b(415) クrヴィー亜協奏曲(第13番) ハ長調 1782
K.388 →K.384a
K.389 →K.384A
K.390 →K.340c

135 :名無しの笛の踊り:01/10/10 13:21
K.390 →K.340c
K.391 →K.340b
K.392 →K.340a
K.393 →K.385b
K.394 →K.383a
K.395 →K.284a
K.396 →K.385f
K.397 →K.385g
K.398 →K.416e
K.399 →K.385i
K.400 →K.372a

136 :名無しの笛の踊り:01/10/11 13:06
.401 →K.375e
K.402 →K.385e
K.403 →K.385c
K.404 →K.385d
K.404a 6つの三声フーガ ニ短調 1782
K.404b(443)(Anh.67) 三声のフーガ ト長調 (未完) 1782
K.405 5つの四声フーガ 1782
K.405a(Anh.77) フーガ ハ長調 (断片) 1782
K.406 →K.516b
K.407 →K.386c
K.408/1 →K.383e
K.408/2 →K.385a
K.408/3 →K.383F
K.409 →K.383f
K.410 →K.484d
K.411 →K.484a
K.412 →K.386b
K.413 →K.387a
K.414 →K.385p
K.415 →K.387b

137 :名無しの笛の踊り:01/10/14 14:39
age

138 :名無しの笛の踊り:01/10/18 17:27
age

139 :名無しの笛の踊り:01/10/19 01:23
こういうのを職人の仕事っていうのかなぁ。
黙々と貼りつづけてるのには感心する。

140 :名無しの笛の踊り:01/10/20 19:23
age

141 :名無しの笛の踊り:01/10/20 19:26
つーかヒマだね

142 :名無しの笛の踊り:01/10/22 13:18
K.416a 喜歌劇 (散失) 1783
K.416b(435) アリア「千匹もの竜を目にするとも」 M?sst' ich auch durch tausend Drachen (未完) 1783
K.416c(433) アリア「男たちはいつでもつまみ食いしたがる」 M?nner
suchen stets yu naschen (未完) 1783
K.416d(446) パントマイムのための音楽 ニ長調 (断片) 1783
K.416e(398) パイジェッロのオペラ「哲学者気取り、または星占い師たち」の
「主よ、幸いあれ」によるクラヴィーアのための6つの変奏曲 ヘ長調 1783
K.416f(293) オーボエ協奏曲 ヘ長調 (未完) 1783
K.417 ホルン協奏曲(第2番) 変ホ長調 1783
K.417a(427) ミサ ハ短調 (未完) 1783
K.417B スケッチと断片 ハ長調 1783
K.417b(421) 弦楽四重奏曲(第15番) ニ短調 ハイドン四重奏曲(第2番)
 1783
K.417c(Anh.76) 弦楽四重奏曲楽章 ニ短調 (断片) 1786
K.417d 弦楽四重奏曲楽章 ホ短調 (断片) 1786
K.417e(178) アリア「ああ、あなたに明かしたい、おお、神よ」 Ah,spiegarti,
oh,Dio 1783
K.418 アリア「私はあなたに明かしたい、おお、神よ!」 Vorrei,spiegarvi,
oh Dio! 1783
K.419 アリア「いいえ、いいえ、あなたにはできません」 No,no,che non sei
capace 1783
K.420 アリア「どうか、詮索しないで下さい」 Per piet?,non ricercate
 1783
K.421 →K.417b
K.421a(432) レチタティーヴォとアリア「そなたはこうして裏切りをするの
か/苦く恐ろしい後悔の気持ちが」 Cosi dunque tradisci/Aspri rimorsi
atroci ヘ短調 1783
K.421b(428) 弦楽四重奏曲(第16番) 変ホ長調 ハイドン四重奏曲(第3番) 1783
K.422 オペラ・ブッファ「カイロの鵞鳥」 L'oca del Cairo (未完) 1783
K.422a(Anh.14) キリエ ニ長調 (断片) 1788
K.423 ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 1783
K.424 ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 変ロ長調 1783

143 :名無しの笛の踊り:01/10/22 13:20
K.424a(430) オペラ・ブッファ「騙された花婿」 Lo sposo
deluso (未完) 1783
K.425 交響曲(第36番) ハ長調 「リンツ」 Linz 1783
K.425a(444) ミヒャエル・ハイドンの交響曲への序奏 ト長調
 交響曲(第37番) 1783
K.425b(431) レチタティーヴォとアリア「憐れな男よ!夢なのか、
それともうつつなのか?/あたり吹くそよ風よ」 Misero! O sogno,
o son desto?/Aurache intorno spiri 1783
K.426 2台のクラヴィーアのためのフーガ ハ短調 1783
K.426a(Anh.44) 2台のクラヴィーアのためのアレグロ ハ短調
 (断片) 1783
K.427 →K.417a
K.428 →K.421b
K.429 →K.468a
K.430 →K.424a
K.431 →K.425b
K.432 →K.421a
K.433 →K.416c
K.434 →K.480b
K.435 →K.416b
K.436 三重唱「今こそあのむごい時が来た」 Ecco quwlfiero
istante ヘ長調 1783
K.437 三重唱「黙しながら嘆こう」 Mi lagnero tacend?
 ト長調 1783
K.438 三重唱「いとしき人よ、お前が遠くにいると」
 Selontan,ben mio,tu sei 変ホ長調 1783
K.439 三重唱「愛らしい2つの瞳がDue pupille amabili
 ヘ長調 1783
K.439a(346) 三重唱「いとしい光、麗しい光よ」
 Luce care,luci bell ヘ長調 1783
K.439b(Anh.229) 5つのディヴェルティメント 変ロ長調 1783

144 :名無しの笛の踊り:01/10/22 14:37
>139 > こういうのを職人の仕事っていうのかなぁ。

ttp://www3.justnet.ne.jp/~kyota/mozart/mozart.htm

145 :職人:01/10/22 17:46
ごもっとも!!
すばらしき検索能力に感服!!
で、どすればいい

146 :BWV244:01/10/22 20:49
すごいね(藁
バッハスレでやる人はいないのかな?

147 :名無しの笛の踊り:01/10/22 20:59
>>146
荒らしと同じだ。マジ勘弁

148 :名無しの笛の踊り:01/10/23 23:22
「ケッヘル番号を全部覚えてる」と自慢する女が出てくる
小説は、何だっけ ?

番号だけなら簡単… どころじゃないな、この二重番号の嵐。
せめて、b と B を区別したりするの、止めてくれないかね。

149 :名無しの笛の踊り:01/10/24 13:17
K.440 →K.383h
K.441 三重唱「いとしのマンデル、リボンはどこなの?」 Liebes Mandel,wo
is's Bandel? ト長調 1783
K.441a リート「やあ!こんにちは」 Ja! grüss dich Gott イ長調 (断片) 1783
K.441b 三重唱「夜の帳は下りて」 1783
K.441c →K.Anh.C9.04
K.442 クラヴィーア三重奏曲(第2番) ニ短調 (断片) 1783
K.443 →K.404b
K.444 →K.425a
K.445 →K.320c
K.446 →K.416d
K.447 ホルン協奏曲(第3番) 変ホ長調 1787
K.448 →K.375a
K.448a(461) 5つのメヌエット 1784
K.448b(462) 6つのコントルダンス 1783
K.448c(463) 2つのメヌエットとコントルダンス 1783
K.449 クラヴィーア協奏曲(第14番) 変ホ長調 1784
K.450 クラヴィーア協奏曲(第15番) 変ロ長調 1784

150 :名無しの笛の踊り:01/10/24 13:19
K.451 クラヴィーア協奏曲(第16番) ニ長調 1784
K.452 クラヴィーアと木管のための五重奏曲 変ホ長調 1784
K.452a(Anh.54) クラヴィーアと管楽器のための五重奏曲 変ロ長調 (断片)
 1784
K.452b(Anh.55) 室内楽曲楽章 ニ長調 (断片) 1784
K.452c(Anh.65) クラヴィーア協奏曲楽章 ハ長調 (散失) 1784
K.453 クラヴィーア協奏曲(第17番) ト長調 1784
K.453a クラヴィーアのための12の小葬送行進曲 ハ短調 1784
K.453b バルバラ・ポロイヤーのための練習帳 1784
K.454 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 1784
K454a(460) サルティのオペラ「とんびに油揚げ」のミンゴーネのアリア
「子羊のごとく」によるクラヴィーアのための8つの変奏曲 イ長調 1784
K.455 グルックの「メッカの巡礼達」のアリエッタ「愚民の思うは」による
クラヴィーアのための10の変奏曲 ト長調 1784
K.456 クラヴィーア協奏曲(第18番) 変ロ長調 1784
K.457 クラヴィーア・ソナタ(第14番) ハ短調 1784
K.458 弦楽四重奏曲(第17番) 変ロ長調 「狩」 ハイドン四重奏曲(第4番)
 1784
K.458a(Anh.75) メヌエット 変ロ長調 (断片) 1784
K.458b(Anh.71) 弦楽四重奏曲 変ロ長調 (断片) 1784
K.459 クラヴィーア協奏曲(第19番) ヘ長調 「第2戴冠式」 1784
K.459a(Anh.59) クラヴィーア協奏曲楽章 ハ長調 (断片) 1784
K.460 →K.454a

151 :名無しの笛の踊り:01/10/24 13:29
K.461 →K.448a
K.462 →K.448b
K.463 →K.448c
K.464 弦楽四重奏曲(第18番) イ長調
 ハイドン四重奏曲(第5番) 1785
K.464a(Anh.72) 弦楽四重奏曲楽章 イ長調 (断片) 1785
K.465 弦楽四重奏曲(第19番) ハ長調 「不協和音」
 ハイドン四重奏曲(第6番) 1785
K.466 クラヴィーア協奏曲(第20番) ニ短調 1785
K.467 クラヴィーア協奏曲(第21番) ハ長調 1785
K.468 リート「結社員の旅」 Lied zur Gesellenreise
 変ロ長調 1785
K.468a(429) カンタータ「汝、宇宙の魂よ」 Dir Seele des
Weltalls 1785
K.469 カンタータ「悔悟するダヴィデ」 Davidde penitente 1785
K.470 ヴァイオリン協奏曲のためのアンダンテ イ長調
 (散失) 1785
K.470a ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲第16番 ホ短調のための
トランペットとティンパニ声部 1785
K.471 カンタータ「フリーメイスンの喜び」 Die Maurerfreude
 変ホ長調 1785
K.472 リート「魔術師」 Der Zauberer ト短調 1785
K.473 リート「満足」 Zufriedene 変ロ長調 1785
K.474 リート「偽りの世」 Die betrogene Welt ト長調 1785
K.475 クラヴィーアのための幻想曲 ハ短調 1785
K.475a(Anh.26) リート「僕は一人ぼっちだ」 Einsam bin ich
 ニ短調 (断片) 1785
K.476 リート「すみれ」 Das Veilchen ト長調 1785
K.477 →K.479a
K.477a(Anh.11a) カンタータ (散失) 1785
K.478 クラヴィーア四重奏曲(第1番) ト短調 1785
K.479 四重唱「せめておっしゃって、私がどんな過ちを犯したのか」
 Dite almeno,in che mancai 1785
K.479a(477) フリーメイスン葬送音楽 ハ短調
 「マイスタームジーク」 Meistermusik 1785
K.480 三重唱「やさしいマンディーナ」 Mandina amabile 1785
K3.480a →K.385E(Anh.48)

152 :名無しの笛の踊り:01/10/24 17:27
K.480b(434) 三重唱「ここにアマゾンたちの大領国のありかが」 Del gran
regno delle Amazoni 1785
K.481 クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ホ長調 1785
K.482 クラヴィーア協奏曲(第22番) 変ホ長調 1785
K.483 フリーメイスン分団の開会に寄せる合唱付リート「親しき友よ、
今日こそ」 Zerfliesset heut' geliebte Brüder 変ロ長調 1785
K.484 フリーメイスン分団の開会に寄せる合唱付リート
「汝ら、われらが新しき指導者よ」 Ihr unsere neuen Leiter ト長調 1785
K.484a(411) アダージョ 変ロ長調 (断片) 1785
K.484b(Anh.95) アレグロ。アッサイ 変ロ長調 (断片) 1785
K.484c(Anh.93) アダージョ ヘ長調 (断片) 1785
K.484d(410) アダージョ ヘ長調 (断片) 1785
K.484e アレグロ ヘ長調 1785
K.485 クラヴィーアのためのロンド ニ長調 1786
K.486 ジングシュピール「劇場支配人」 Der Schauspieldirektor 1786
K.486a →K.295a
K.487 →K.496a
K.488 クラヴィーア協奏曲(第23番) イ長調 1786
K.488a(Anh.58) クラヴィーア協奏曲 ニ長調 (散失) 1786
K.488b(Anh.63) クラヴィーア協奏曲 イ長調 (散失) 1786
K.488c(Anh.64) クラヴィーア協奏曲 イ長調 (散失) 1786
K.489 二重唱「私には言葉ではいえません」 Spiegarti non poss'io
 1786
K.490 シェーナとロンド「もういいの、すべてを聞いてしまったの
/心配しなくてもよいのです、愛する人よ」 Non più,tutto ascoltai
/Non temer,amato bene 1786

153 :名無しの笛の踊り:01/10/24 17:33
K.491 クラヴィーア協奏曲(第24番) ハ短調 1786
K.491a(Anh.62) クラヴィーア協奏曲楽章 変ホ長調 (断片)
 1786
K.492 オペラ・ブッファ「フィガロの結婚」
 Le nozze di Figaro 1786
K.493 クラヴィーア四重奏曲(第2番) 変ホ長調 1786
K.493a(Anh.53) クラヴィーア四重奏曲楽章 変ホ長調
 (スケッチ) 1786
K.494 クラヴィーアのためのロンド ヘ長調 1786
K.494a(Anh.98a) ホルン協奏曲楽章 ホ長調 (断片) 1785
K.495 ホルン協奏曲(第4番) 変ホ長調 1786
K.495a(Anh.52) クラヴィーア三重奏曲楽章 ト長調
 (断片) 1786
K.496 クラヴィーア三重奏曲(第3番) ト長調 1786
K.496a(487) 12のホルンニ重奏曲 ハ長調
 「ケーゲルデュエット」 Kegelduette 1786
K.497 4手のクラヴィーアのためのソナタ ヘ長調 1786
K.497a(357) 4手のクラヴィーアのためのソナタ ト長調
 (未完) 1786
K.498 クラヴィーア三重奏曲 変ホ長調
 「ケーゲルデュエット」 Kegelduette 1786
K.499 弦楽四重奏曲(第20番) ニ長調 「ホフマイスター」
 Hofmeister 1786
K.500 アレグレットの主題によるクラヴィーアのための12の変奏曲 変ロ長調 1786
K.500a(357) 4手のクラヴィーアのためのアンダンテ ト長調
 (未完) 1786

154 :名無しの笛の踊り:01/10/24 21:51
貼るんだったら、せめて頂戴して来たデータを通読してからにしたらどう ?
ピアノトリオが「デュエット」で変だと思わないのかね。
よりによって 曲が Kegelstatt (K.498) なだけに、許せん。

155 :名無しの笛の踊り:01/10/24 22:38
モーツアルトの運命の調性って何調だと思う?

156 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:43
胃腸

157 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:45
浣腸

158 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:52
モーツアルトの運命の調性って何調だと思う?

159 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:53
絶対盲腸

160 :磔職人:01/10/25 17:35
>154
文句は>>144のところにある
サイトの製作者にどうぞ

161 :名無しの笛の踊り:01/10/25 17:41
K.501 4手のクラヴィーアのための5つの変奏曲とアンダンテ ト長調 1786
K.501a(Anh.51) クラヴィーア三重奏曲 変ロ長調 (断片) 1786
K.502 クラヴィーア三重奏曲(第4番) 変ロ長調 1786
K.502a(Anh.60) クラヴィーア協奏曲楽章 ハ長調 (断片) 1786
K.503 クラヴィーア協奏曲(第25番) ハ長調 1786
K.504 交響曲(第38番) ニ長調 「プラハ」 Prague 1786
K.504a(Anh.105) 交響曲楽章 ト長調 (断片) 1786
K.505 レチタティーヴォとロンド「どうしてあなたが忘れられるだろうか
/心配しなくともよいのです、愛する人よ」 Ch'io mi scordi di te/Non
temer,amato bene 1786
K.506 リート「自由の歌」 Lied der Freiheit ヘ長調 1785
K.506a トーマス・アトウッドの練習帳 1786
K.507 カノン「快活さと軽やかさの気質は」 Heiterkeit und leichtes
Blut ヘ長調 1786
K.508 カノン「友人一同の健康を祝し」 Auf das Wohl aller Freunde
 ヘ長調 1786
K.508A 三声カノン ハ長調 1786
K.508a 8つのカノン ヘ長調 1786
K.509 6つのドイツ舞曲 1787
K.509a(232) カノン「親愛なるフライシュテットラー君、親愛なるガウリ
マウリ君」 Lieber Freist?dtler,lieber Gaulimauli ト長調 1787
K.509c(Anh.28) 喜劇「愛の試練」
K.510 9つのコントルダンスとカドリール (偽作) 1787

162 :名無しの笛の踊り:01/10/25 17:47
K.511 クラヴィーアのためのロンド イ短調 1787
K.511a クラヴィーアのためのロンド 変ロ長調 1787
 L.コーツェルフの作
K.512 レチタティーヴォとアリア「アルカンドロよ、わしはそれを
告白する/わしは知らぬ、このやさしい愛情がどこから来るのか」
 Alcandro,Ioconfesso/Non so d'onde viene 1787
K.513 アリア「お前と別れる今、おお、娘よ」 Mentre ti lascio,
o figlia 1787
K.514 ホルン協奏曲のためのロンド ニ長調 1787
 ジュスマイヤーの作
K.514a(Anh.80) 弦楽五重奏曲楽章 変ロ長調 (断片) 1787
K.515 弦楽五重奏曲(第2番) ハ長調 1787
K.515a(Anh.87) 弦楽五重奏曲楽章 ヘ長調 (断片) 1787
K.515b(228) 二重カノン「ああ!私たちの人生はあんまり
短くって!」 Ach! zu kurz ist unsers Lebens Lauf!
 ヘ長調 1787
K.515c(Anh.79) 弦楽五重奏曲楽章 イ短調 (断片) 1787
K.516 弦楽五重奏曲(第3番) ト短調 1787
K.516a(Anh.86) 弦楽五重奏曲楽章 ト短調 (断片) 1787
K.516b(406) 弦楽五重奏曲(第4番) ハ短調 1787
K.516c(Anh.91) クラリネット五重奏曲楽章 変ロ長調 (断片) 1787
K.516d ロンド楽章 変ホ長調 (断片) 1787
K.516e(Anh.89) ロンド楽章 変ホ長調 (断片) 1787
K.516f(Anh.294d) 音楽のさいころ遊び Musikalisches
W?rfelspiel ハ長調 1787
K.517 リート「老婆」 Die Alte ホ短調 1787
K.518 リート「秘め事」 Die Verschweigung ヘ長調 1787
K.519 リート「別れの歌」 Das Lied der Trennung ヘ短調
 1787
K.520 リート「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」
 Als Luise die Briefe ihres ungetreuen Liebhabers
verbrannte ハ短調 1787

163 :名無しの笛の踊り :01/10/27 14:10
フルート協奏曲第1番・第2番で,これだけは聴いとけ,
というCDがあったら教えてください。

164 :阪京 ◆xc077FZc :01/10/27 14:22
KV626しか聴けへんな。DVDで映像見たいのでオペラのお勧めあったら
紹介きぼんぬ。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)