5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サイモン・ラトル

1 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 01:18
良かった演奏・ダメダメだった演奏・海外公演を聴いた方の情報・その他なんでも教えてください。

2 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 06:59
面白い!!!

3 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 11:31
    ウン
○o。.(-。-)y-~~~

4 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 17:07
ラトルスレなかったっけ?情報はオレも欲しい。特に海外の

5 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 18:09
秋に向けてガンガン聴こう

6 ::2001/08/06(月) 20:38
第一生命ホールのVIP招待コンサートで、ウィーンフィルのメンバーの室内楽
演奏にピアノで参加するらしいですよ。
ホールの地元の中央区の人にも少しだけ抽選招待枠が有るみたいですけどね。

7 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 20:55
今回はラトルとウィーンのお披露目だけど、
ベルリンとのお披露目はオール・マーラーきぼーん。

8 ::2001/08/06(月) 21:06
>>7殿

ラトルは、ベルリンフィルのシェフ就任後2−3年は遠くのツアーはやらないと
言っています。
地元かヨーロッパで聞くしかないかもしれません。

9 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 21:13
全共闘くずれのヒッピーにしか見えないのは髪形のせい?

10 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 21:25
>>7
音友8月号によると、2004年にラトル/BPOは来日するそうですよ。
2003年にザルツ・イースターでやるフィデリオを持ってくるとか。

11 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 21:48
>>10
それは待望ですね。マーラーやってほしいです。

12 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 22:06
土曜深夜、面白いテレビやってたね。

13 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 22:22
見た。BSでしょ。

14 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 22:38
いえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す。

ビデオとってなかったし・・・・
再放送とかあるのかな?

15 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 22:56
>>12
8/11(土)はアーノンクールの「ドン・ジョヴァンニ」だよ!

16 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 22:57
あんがとね!

17 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 23:22
>12
「故郷を遠く離れて」ですよね。いきなり第2回目だったのは不思議ですが...
ずいぶん前に、全6回を同じくBS2でやった時に録画しましたが、このドキュメンタリーは時々見てしまうくらい面白いです。DVDで出ないかな....

18 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 23:27
え?おてろじゃないんですか?

19 :名無しの笛の踊り:2001/08/06(月) 23:48
オテロはもうやった。

20 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 03:36
マラ5、マラ8はバ響と録るのだろうか?
一時、EMIの広告に近日録音として「バ響とのマラ8」が出ていたが。

21 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 13:56
>>17
「故郷を…」は面白いですね。アメリカや旧東側の音楽にも目配りを
利かせた、バランスの取れた20世紀音楽入門だと思います。
イギリスの作曲家が多すぎる(ブリトゥン、バートウィッスル、タネジ
ナッセン)のはご愛嬌ですが、武満徹が入っていたのはうれしいですね。
個人的にすきなのは第6回のラスト、ストラヴィンスキーの「アゴン」
の末尾における冒頭の金管ファンファーレの回帰に触れた部分です。
「誰もが望むように、どんな音楽も共存できる…ことをストラヴィンスキーは
われわれに教えている。」というナレーションは感動ものですね。

22 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 14:39
今度発売の「運命」どうですか?
買おうか迷っています。

23 : :2001/08/07(火) 14:41
今日のNHKFM聴いたら?

24 :Cブロック友の会:2001/08/07(火) 17:28
>>22
「運命」を銀座に行ったついでにカワノの試聴機で聴いてきました。
笑われそうですが、ちょっと目頭が熱くなりました。
特に3楽章!!
個人的には、買いたいと思いましたし、秋の実演が本当に楽しみです。
明日発売だそうです。

25 :Cブロック友の会:2001/08/07(火) 17:41
CD聴いて、4年前にバーミンガム市響できた時のことを思い出しました。
2日目の「運命」がメインプロでしたが、
あの時にも強烈だった、フレージングの際立った処理や浮き沈みのバランスの個性など
今回も健在でした。あれだけ個性的でも見通しは極めていいし。
(しかし、あの時はマラ7でぶっ飛んで、あわてて行ったけど当日でも入場できたのにね!)

26 :名無しの笛の踊り:2001/08/07(火) 21:56
FM聞きました。
明日CD買おう。

27 :名無しの笛の踊り:2001/08/08(水) 02:44
>>7
激同意!!どの曲でもいいけど(嘆きの歌でも可)、やっぱり第10クック版!!

28 :名無しの笛の踊り:2001/08/08(水) 02:51
FM聴きました。なんだか妙に高音がシャリシャリしてましたが、演奏は感動的でした。

>25
はい、私もマラ7でぶっ飛んで、翌日の当日を買おうとしましたが、S・Aのみといわれ諦めました(でもガラガラだったんですよね)。バ響の方が細かいところまでコントロールできていそうなので、前回の来日公演の方がよりラトルらしかったの?と思ったりしますが。

29 :Cブロック友の会:2001/08/08(水) 10:52
>>28
あの時は、オペラシティーが会場でしたが、マラ7の時はまあ埋まってましたね。
三階席の正面に座ってましたが、盛り上がりましたよ!
映画監督の吉田喜重さんがあの奥様といらしていたりしてました。
S券が1万円ちょっとだったので、生でラトルはなかなか聴けないと思い、
当日券で入場しました。(多分今からはありえないことなんでしょうね)
前プロが現代音楽と武満と、あまりにもポピュラーな「運命」とのカップ
リングが災いしたのか、一階席はかなりの空席がありびっくりしました。
マラ7のインパクトがあまりも強すぎて、演奏の記憶は薄らいでいましたが、
今回のCDの試聴で蘇ってきました。素人なので比較はうまくできませんが、
いずれにしても秋の来日は楽しみですね。ベルリンフィルとの来日の時は
マーラーチクルスをぜひお願いしたいです。

30 :名無しの笛の踊り:2001/08/08(水) 21:32
運命買って聴いてるけど、第1楽章クレンペラーと同じところでデクレシェンドしてるね。
ちょっと意外。

31 :名無しの笛の踊り:2001/08/08(水) 21:40
買いに行ったら売り切れだった・・・・鬱駄

32 :単純にクライバー質問:2001/08/09(木) 00:53
手厳しい(口汚い?)2ちゃんで、しかも手垢のついたベートーヴェンの5番(わし
「運命」は使わん主義)で、結構好意的な意見が出ているとは!
気になる!!
フルヴェン47年、カルロス以降の、第3の傑出盤なのか!?

33 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 01:03
>フルヴェン47年、カルロス以降の、第3の傑出盤なのか!?

少なくともカルロスよりは面白いですが、
カルロスよりスゴいかは分かりません。
でも買って繰り返し聴いたCDは久しぶり。
よかった。たぶん明日も聴く

34 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 08:00
>>33でも買って繰り返し聴いたCDは久しぶり。
そうそう、繰り返して聴きたくなるよね。
こんどはスコア見ながら聴いてみようと思う。

35 : :2001/08/09(木) 08:06
>>30
それって展開部のあの部分か?

36 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 21:45
amazonで注文したのが明日届く
枠々

37 :名無しの笛の踊り:2001/08/09(木) 21:49
早く輸入盤出してくれYO!

38 :名無しの笛の踊り:2001/08/10(金) 05:52
ザルツのマラ5、チケット買えたひといる??
大本命のつもりだったのに、チケットなしで行くことになりそうだ...
現地で何とかなるのだろうか???鬱だ

39 :名無しの笛の踊り:2001/08/10(金) 09:04
>>37
月末まで待て。

40 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 07:28
ベト5、タワーで売り切れ!!いっつもあんなに山積みにしてるのに!?

41 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 09:10
5番ヨカッタ。
熱いんだけどすっきりしてるね。
オイラもスコア見たくなった。

42 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 09:39
>>40
まさかタワーの渋谷で売り切れってことはないだろ?
店がイニシャル絞りすぎたのかな。

43 : :2001/08/11(土) 13:39
>>42
タワーは三宮も売り切れてたよ。HMVにはまだあったけど。

44 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 13:45
ばかたわー。

45 :名無しさん@ :2001/08/11(土) 13:54
しかしカップリングのブラコンそんなに良くないかね?
俺は結構いいと思ったのだが。
まああの運命の後に聴いたらたいていの演奏は生ぬるく思うが・・

46 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 13:56
惑星あんまりよくないね。

47 :684:2001/08/11(土) 19:00
ラトル顔が猿の惑星

48 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 19:04
併録のキョンファのブラコンは聴き映えはどうなの?

49 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 19:09
もうすぐやる、グレの歌、楽しみ

50 :アッガイ:2001/08/11(土) 19:10
   __
  / : 》:、
 ( ===○=)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (づ ⇔)づ < マラ7の4楽章速すぎ。1枚に収めるために無理したか?
  | | |    \ ボクに投票よろしくー!
    ̄  ̄      \____________

http://www.sh.rim.or.jp/~pumpkin/choice/

51 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 20:56
ベートーヴェン、次の発売は何番?

52 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 21:02
>>51
7番に3000えん

53 :名無しの笛の踊り:2001/08/11(土) 21:29
今、ストラヴィンスキーの3楽章の交響曲を聴いてた。
ブーレーズよりいいな。リズムの切れはクラフトに肉薄する。
ベト5のライヴはFMで聴いたけど、弦が薄いのはともかく、響きが
えらくガサガサしていたのが気になった。アーノンクールの演奏は
ノンヴィブラートでももっときれいな音なのに。CDの音は艶が
あるんだろうか。

54 :名無しの笛の踊り:2001/08/12(日) 01:59
>53
確かに。FM聴いてCDも買ったという方、録音どうですか?
FMの音はどう考えてもおかしいですよね。
前半のハイドンとベルクはフツウだったから、
ますますオカシイ?気がしてますが。

55 :名無しの笛の踊り:2001/08/12(日) 12:23
なんでこうノンヴィブブラートにナーバスになるかね。
つい最近までヴィブラートなんてかけなかったんじゃないの?

56 :名無しの笛の踊り:2001/08/12(日) 16:23
さっき買ってきたブート盤(ELS)でロッテルダム振ったブル4
ええで

57 :名無しの笛の踊り:2001/08/12(日) 19:20
ラトルはまだ20代の頃、レコ藝のEMIの広告では「ラットル」になってたよ。

58 :名無しの笛踊り:2001/08/13(月) 01:47
>>44
どうせもうすぐ倒産するんだから。

59 :名無しの笛の踊り:2001/08/14(火) 01:40
>38
ラトルのマーラー5番、FMかなんかで放送しないんですかね?
なんとか聴きたいなあ。今までやったことありましたかね?

60 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 20:03
ラトルとアバドの比較を下のスレでやってるからラトル・ファンの皆さん来てみてみてみ。

http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=classical&key=997851597

61 :チュー:2001/08/15(水) 20:19
◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドル画像秘宝館◆
http://www.futomomo.com/netidol/idolhappy/maki/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆セーラー服◆
http://www.futomomo.com/netidol/sailor/miku/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

u56u56uiu

62 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 20:45
>>61
踏むな! Q2へ逝っちまうぞ。
注意、注意!

63 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:14
書ける?

64 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:19
>>59
確か97年のプロムスでバ響とやってる。
前半ショスタコVl協1番(ヴェンゲーロフ!)、
後半マラ5という重量級プロだった。
これはCS-PCMでライヴをオンエアしたはず。
入るかどうか迷ったから...高かったので諦めたが。
気になるのはマラ5の演奏時間が60分強、とやたら短いこと。
英紙ウェブでも「せせこましい」みたいな評が出てた...

http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=classical&key=997851597

↑こっちのアバドスレでもこの話題がちょっと出てる

65 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:24
>>56
ラトルのブル4って、EMI盤のブル7みたいな巨匠風?ですか?
ラトルってチェリが大好きなんだそうですね。
私はラトルのブルックナーって、アーノンクールみたいな、
強引ピリオド解釈になるのかと思っていただけに、
EMI盤のブル7はびっくりでしたが(悪い演奏ではないと思いますが)、
ブルックナー・ブラームスあたりがどうなのか、
BPO監督としてのラトルの真価が問われるのでしょうね。

66 : :2001/08/16(木) 00:01
ブリュッヘンは、18世紀オケの後任指揮者に、
「ラトルなら任せられる」って言ったらしいけど、
ラトル指揮の古典ものって、どーも好きになれない。
バーミンガムじゃなきゃ良いのかもしれないけど。

67 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 00:13
>>67
啓蒙時代管との演奏を指しているのでは?

68 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 00:23
>>64
マラ5の演奏時間は正味62分程度。
推進力に富んでいると取るかせせこまいしいと取るかは別れると思う。

69 :名無しの笛踊り:2001/08/16(木) 00:31
>>68
ゲロ早くてもせせこましくない演奏はたくさんあると思われ。
でもやっぱりラトルのマラ5はせせこましいと思う。

70 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 03:15
>>69
マジですか??マラ5で62分って、ムチャ早くないですか??
12/12/16/9/13(分)
こんな感じですよね、例えば

71 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 05:01
62分かあ。何でそんな速いテンポを採用したんだろ?
しかも全楽章を通じて。6番なんかは、速いほうではなかったのに。
何かあるんでしょうね。ウィーンフィルとはまだなのかな?もうやったのか?

72 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 05:10
マーラー5番は聴いたこと無いんでよく分からないのですが、
この人のマーラー3番は、凄く良いと思いました。
3番が、壮大な変奏曲(野蛮から高貴へ)のように構想されてるのだ
なあと感じさせてくれて、えらく感動しましたよ。
それ以来、ラトルにも好意的になりました。

73 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 05:13
ラトルのマラ7はどこがいいのかさっぱりわからん。
インバルを聴いてはじめていい曲だと思った。

74 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 06:59
>>73
この前(といっても'98だが)の来日公演で聴いた?
いやオレはインバルも好きだけど、
ラトルとバーミンガムの時は正直マラ7ライブはタルいな〜、
と思ってたのが、あのコンサートでホントにぶったまげたよ。
オレの目の前に座ってた奴らが、思いっきりマイクつきだしてMDで録ってたけど(ワラ)気持ちよく分かったよ。

75 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 07:03
ラトルのマラ5って、CDあるの?
ブートでももちろん可

76 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 07:37
タコ4は萌えたぜ

77 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 16:48
>>70
1.11'44"
2.12'56"
3.14'58"
4.8'16"
5.13'48"

78 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 16:50
>>77
あなたはこの音源をお持ちなのですか?
どこかでエアチェックしたものでしょうか。

79 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 16:51
>>78
CS-PCMのエアチェック持ってますです
97年のプロムスライヴ

80 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 17:02
ラトルが最速(?)なら最遅はおそらくマゼール
95年のザルツでのライヴでの正味のタイミングは以下の通り
1.14'57"
2.16'29"
3.19'53"
4.12'45"
5.16'17"

81 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 23:21
>>>78
> CS-PCMのエアチェック持ってますです
> 97年のプロムスライヴ

ちくしょー、オレも聴きて〜!FMでもやったの??

82 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 00:44
オペラもなかなかやるよね。
「トリスタン」なんか、申し訳ないがアバドの演奏が残り滓のように
思える。パルジファルもよかったしね。

83 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 01:21
>82
「トリスタン」どんな感じだったんですか?
これって今年のロッテルダムですよね?
SOLDOUTだったんで諦めましたが、
当日買えたそうですね。

84 :名無しの笛の踊り:2001/08/24(金) 20:55
盛り上げるのはこれからかage

85 :名無しの笛の踊り:2001/08/24(金) 23:04
ベト全集はCDで出すのか?映像は?

86 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 18:59
と言ってるところで、ラトルがベルリンフィルの監督に決定のニュース!!

87 :名無しの笛の踊り:01/08/27 00:13 ID:Cs3yAZHM
10年以上前の話だけど、ベルリンフィルとのマーラーの6番の
ライブが最高だった。バーミンガムとの演奏がCDで出たとき
わくわくして買ったんだけど、聴いてみてがっかりしたっけな。

88 :名無しの笛の踊り:01/08/27 02:11 ID:J3zTps.6
それがオケの力というものです。

89 :名無しの笛の踊り:01/08/27 07:51 ID:xH3JiWYo
いまザルツに来てる。マラ5のチケットは日本ではゲットできなかったが、
今日sucheでなんとかゲットできた。
そんで26日のwphを聴いてきたんだが。
前半、ブレンデルとのベートーヴェンコンチェルト3番。
これはよかった。ブレンデルの年代もの赤ワインみたいなカビくさいピアノに、
ものすごいデリケートな弱音で付けるラトル。
オケだけで応酬する部分では、ここぞと煽る。シビれた。
後半、マラ5。やっぱりテンポはやたら速かった。
1楽章は中ではラトル節が出ていた。
急に切り替わるテンポ、あるパートだけ突然かかるアクセント、
木管へのこだわり、歌わせる部分のむせかえるような歌わせ方。
wphもよく鳴ってた。
だが2楽章以降は、テンポがムチャ速いこともあってか、
そうしたラトル節はやや控えめだった感。
というか、正直一本調子だったような気が。
最後は大ブラボーだったが.....

明日も期待してみる。
やはりwphだと、ラトルの思うままになってない部分が多いみたい?
それが吉と出るかどうかは曲によると思う。
マラ5はあまりうまくいってないような気がした。
この前のザルツのマラ2は良かったが、7とか9はあんまり良くなかったし....

夜のマゼール「ドン・カルロ」はさすがにこなれて、最高だった。

90 :名無しの笛の踊り:01/08/27 08:01 ID:4dpfhKCw
>>89
現地からのリポートですな。どっかで放送しないかなあ。

バーミンガムとのマラ5も聴いたことないが、テンポが速いのは
何故なんだろう?何か意図があるに違いないのだが。

マラ5の躁鬱的な感情を無理やり形式に押し込めようとしてる
所を強調してるのかも。うーむ。

91 :名無しの笛の踊り:01/08/28 07:43 ID:ySIx2iOU
今日27日は昨日よりかなり苦戦だったが、なんとか開演5分前にsuche成功した。
今日のマラ5は、さすがに昨日よりこなれてきた。というか、かなりの爆演だったと思う。
ラトルの解釈は相変わらずだが...
2楽章以降は、だーっと流れるスコアを大編成のwphが弱音の美しさはそのままに、
ひたすら爆演している、そんな感じだ。
4楽章なんかは、早いこともあって、ブーレーズよりも素っ気無いかもしれない。
ただしwphがスゴい音で鳴っていたので、これはこれでスゴい演奏なのだが、
ラトルの棒より早くオケが出てる場面がかなりあったし、
音をもっと押さえたい(しかも急速に)場面も少なからずあったようだった。
5楽章最後の速さは、きっと最速なんじゃないだろうか。終演後は、怒涛のブラボーだった。
夜はぐっと小編成のwph、ナクソス島のアリアドネ。
これのデッセーはスゴかった。あまりにスゴかった。
テレビが入っていたのでBS2でやるんじゃないだろうか。必見かもしれん。
これの終演後、ゲトライデ通りを歩いてたら、ツェルビネッタのコロラトゥーラを口ずさみながら、
ブレンデルが横を通り過ぎた。やけに若い女性といつも一緒なのだが、娘さんなんだろうか??

92 :名無しの笛の踊り:01/08/29 08:39 ID:ZYMiFaqo
今夜のザルツは、アバド・BPOでマラ7。これはラトル好きの私にとっても興味深いプロであった。
マラ7でのラトルの解釈は圧倒的なものがあるし、BPOといえば...言わずもがなであるし、
アバドと言えば...であるわけで。ただ、やせ細ったアバドのマラ7、重苦しい気もしていたが。
今年はじめにオンエアされたベルレクも、音はすばらしかったが映像は痛々しかった...
ところが今日のマラ7、これがアバド?とおもえるほど、早めのテンポで最初っから鳴らしまくる。
陰鬱な夜の歌というよりは、真夏の夜の夢かと見紛うほどの、ゴージャスで派手な演奏。
その調子は最後まで変わらず、おそらくマーラー作品で最も難解でとっつきにくいと思われがちな、
7番を、明るく楽しく美しく明快に進めていく。楽想がどんどん変わる、逡巡するかのように音が移り変わる、
それらを神経質に捕らえるのではなく、楽しんでしまおう、美しい旋律であれば美しいものとして、最大限に楽しもう、
そんな風に思えるマラ7だった。これはこれで、すばらしいものだった。
正直、今回のザルツで始めてマラ5とマラ7を聴いた人がいるとしたら、
ラトル・wphのマラ5より、アバド・BPOのマラ7の方が、より楽しめる名曲であると思ったとしても、
無理はないのではないかと思える出来だったような気がする...
それくらいラトルのマラ5のテンポの速さ・素っ気無さは謎だ。
これまで聴いたアバドの中でも、最初っから飛ばしまくる今日のマラ7はびっくりするような出来だった...
奔放にBPOを鳴らしているのに細かいところもきっちり押さえるアバドは完璧だった。
邪推だが、死を垣間見ての変化なのだろうか?
いつもの中庸さ・いつもの思慮深さに加えて、ここまで開放的なアバドは、
私は知らなかった.....ただしマラ7の解釈としては、明るすぎると思う。
やはりラトルの躁鬱的表現主義と、昨年の10番でBPOから引き出したような重苦しい音が、
この曲にはふさわしいと思うのだが......

93 :名無しの笛の踊り:01/09/02 05:29 ID:RUnMoHzI
「故郷を離れて」の3,4回をBSでやってた。

全何回なのだろう?ビデオとかになってないのかな?

94 :名無しの笛の踊り:01/09/03 20:24 ID:DkkzgOWI
>>93
DVDで売ってましたよ、確か。

95 :名無しの笛の踊り:01/09/03 21:27 ID:0rf1XKO2
>>94
そう?
EMIのHPには無かったが・・・有れば良いが。

96 :94:01/09/03 21:36 ID:DkkzgOWI
>>95
あ、CDと勘違いしたかも。スマソ

97 :Sir Bernard!!:01/09/03 22:04 ID:qDi/Vfcg
ラトルが初めてブリテンにWphを連れて来たとき、ハイドンの88番、メタモルフォーゼン、
それから幻想というプロを組みました。
彼の古典派からブラームスあたりまでの音の作り方は、明らかにオリジナル楽器を
意識していて、幻想はその意味で、世界初演されたときに等しいとも言えるような
インパクトの強い演奏でした。文字通り誰にもできない、ラトルとヴィーンの
組み合わせでしかできないものでした。ちなみに、その当時、ブーレーズ、ムーティ、
バレンボイム、などなどがヨーロッパツアーの間にロンドンにやってきましたが、
いずれもマーラー、ブルックナーをメインに据えた、プロでしたから、ラトルは一際
異彩を放っていました。
ちょうどそれと相前後して、小澤/ サイトウ・キネンが浄夜、エロイカをばりばり
古典的(アナクロ的)に、S席8千円しかしないRFHに日本人を半分入れてせいぜい8割の
入りで、やっつけていたのと好対照でもありました。
ご存知の方も多いでしょうが、彼はOAEを定期的に振っていて、私も確かモーツァルトの39、
ベルリオーズのクレオパトラ?、ベト7というプロを聴いたことがあります。オリジナル楽器の
オケから、現代楽器のものにシフトした人は沢山いるのでしょうが、マッケラスのような
比較的ローカルな人を除けば、おそらく、その流れを新しい生起の中で作り上げていく
文字通りの第一人者であろうと思います。
ちなみに、プロムスでのマラ5は、その前のヴェンゲロフに圧倒されて(なにしろ
ショスタコの1番の後にアンコールでエルンストの夏の名残のバラを弾いたのです)、
そんなに早いとは知りませんでした。もう一つついでに書けば、彼のCBSOとの
マラ2は、未だに同曲の対抗馬のない絶対的な演奏と考えられていて、そのために
輸入盤では録音以来ずいぶん時間が経つにも拘わらずレギュラー盤としてしか入手
できません。彼にとっても大切な曲のようで、CBSOとの最後の演奏会にもこの曲が
選ばれていました。

98 :名無しの笛の踊り:01/09/04 01:22 ID:N6r69geE
>97
ラトル・wphの幻想といえば、例のハープ6台のやつですよね。
これなんかも確かCD発売が予告されていたような気がしますが....
プロムスのマラ5、聴いておられたのですね。
羨ましい限りです。なんせ前半はヴェンゲーロフのショスタコという、
超強力なプログラムでしたから....
マラ2は私も一昨年のザルツでwphとの演奏を2回聴きましたが、
面白さという意味では圧倒的な演奏でした。
ラトルのマーラーをよく「表面的な効果のみ狙ったもの」
という評論家も多いですが、私にはそうは思えませんでした。
でも今年のマラ5はホント謎。

99 :名無しの笛の踊り:01/09/04 05:24 ID:E3NK7S0Q
8/30のザルツ、ベートーヴェン&シェーンベルクプロ。
まず最初はブレンデルとのベートーヴェン2番のコンチェルト。
これは最高に良かった。特に2楽章。耽美的と言ってもいいほど、
テンポが遅く表情たっぷり。音も温かく、生気に満ち満ちている。
ブレンデルとのコミュニケーションもすごい。
前夜、ポリーニ+アバド/BPOのブラームスのコンチェルトで、
ただ鳴らすだけの3者のアンサンブルを聴いてうんざりしていただけに
(後半のドヴォ9「新世界より」は良かったが)、
この日のラトル+ブレンデル/wphのアンサンブルは、親密な素晴らしいものだった。編成は室内オケのような絞り込みで、ステージ上手に管楽器を持ってくる古典的なものだった。
このあとのシェーンベルク、ヴァリエーションopus31は、とても色彩豊かで、
まるでこの曲とは思えないような演奏だった。
リズムの複雑な部分のラトルの切れはさすがなものがあって、愉しめた。
最後のベートーヴェン「皇帝」は、wphも通常の2管編成だったが、
演奏もどちらかといえば通常公演、な感じだった。
wphの音は懐かしく温かい感じで響いていたが....

100 :名無しの笛の踊り:01/09/04 21:45 ID:QUbA0iMM
ラトルの前回の来日公演ではベートーヴェンの3・5番も勿論
良かったが、初台オペラシティでの武満の演奏が実は一番の収
穫だった。あれを聴いて「日本人が武満を我がモノ顔で振る時
代は終わったな」と実感した。
マラ7は席が悪く(1階壁際)てぐーぐー(泣)金返せ〜(藁)

101 :名無しの笛の踊り:01/09/04 21:51 ID:bUG/TDGE
初めてバーミンガムと来日した87年のプログラムと、最後となった98年のプログラム。
なんかすごく意味深なものを感じるんですけど。
なんかとても意識してるというかなんというか。

102 :Sir Bernard!!:01/09/05 01:48 ID:Fjefjgyg
>101
同感。彼は凄く考えているように見えます。Wphとのプロもそうでした。あれは
言ってみれば彼にとっての凱旋公演でした。そこでなぜあんなプロを組んだのか
最初は訝ったのですが、聴いてみると実に納得するのです。
そういえば確かBBCで放送した20世紀の音楽を解説しながら演奏した番組が
ありました。トリスタン和音、ドビュッシーから武満の流れ等々を取り上げて
とても興味深く見ました。もう日本でもやったのでしょうか。あるいはDVDか
何かのメディアで出してほしい。
彼はBoulezの知とBernsteinの情とHarnoncourtの意とを兼ね備えたまさしく
稀なBritainの星なのです。
ちょっと買いかぶり過ぎかな???

103 :名無しの笛の踊り:01/09/05 01:54 ID:4HZ9/2Zw
買いかぶりというか、あんた本気でカキコしてるの?
まあ、いいでしょう。ラーメン頭のおっかけしてなさい。

104 :名無しの笛の踊り:01/09/05 01:56 ID:NZEAMH52
>102
>彼はBoulezの知とBernsteinの情とHarnoncourtの意とを兼ね備えたまさしく
>稀なBritainの星なのです。
在英国の方ですか??私も同感。

>そういえば確かBBCで放送した20世紀の音楽を解説しながら演奏した番組が
>ありました。

これはここでもたびたび話題になっている「故郷を離れて」のことですよね。
ずいぶん前にBS2で放送されたものです。全7回ありましたが、
その後最近になってまた再放送しているようです。
DVDとかでは発売されていません。
サウンドトラックという形で2枚組のCDは出ています。

105 :名無しの笛の踊り:01/09/05 01:59 ID:eRt674eo
>>103
少しワラタ
まあ、カーリーヘアと言ってあげましょう。

個人的には、「買いかぶられる」ことを狙った思わせぶりな行動を
取ることがうまいな、ラトルは、という印象。
演奏に関しては、まあ良い時もあれば悪い時もある、一定の才能は確かに感じる指揮者ってことで。

106 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:01 ID:4HZ9/2Zw
ラトルの貧弱さにまだ気がつかないのかい?
まあいいや。洗脳された輩に説得しても無意味だからね。
しかし、俺は、ラトルはベルリンで必ず破綻すると思う。

107 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:12 ID:NOUiWBoo
>>106
101だけどその危惧は俺も感じている。
パリ管とかチェコだったらそんなかんじはしないのだが。

108 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:13 ID:NOUiWBoo
わはは、IDがBOOだって。こりゃなに言っても説得力無し。

109 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:16 ID:4HZ9/2Zw
チェコでも駄目だね。101君。
ラトルは、アメリカに行ったほうがいいね。
パリ管はどうかしらないけどね。

110 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:20 ID:eRt674eo
>>106
アバドのように、最初は評判いいだろうけど、どんどんダメになっていく気が
ずっとバーミンガムにいる方が良いはずなんだけどな。
オラモがいるから、もう客演以外では帰れないしな。

111 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:24 ID:4HZ9/2Zw
110君。君の意見はほぼ正しい。
しかし、最初から駄目だろうね。
君、ベルリンに行ったことある?

112 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:28 ID:eRt674eo
>>111
すまぬ、ベルリンはおろか日本から出たことさえない。

113 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:45 ID:4HZ9/2Zw
じゃ、話にならないね。112クン。
ばいばい。といいたいところだが、
一度、ベルリンに行って来たらどう?
若い君にとって、得るところ大だと思うよ。

114 :名無しの笛の踊り:01/09/05 02:46 ID:eRt674eo
金が貯まればね……

というわけで、ばいばい、もう寝ます

115 :名無しの笛の踊り:01/09/05 03:53 ID:vs92xFfQ
確かにラトルの非クラ系コラボ路線に対する抵抗はベルリンでは多いようだ。
ラトルでBPOのインターナショナル化にトドメを刺して、
次は純ゲルマン路線に回忌というのがシナリオだろうか??

116 :名無しの笛の踊り:01/09/05 04:09 ID:4HZ9/2Zw
シナリオ?君、ベルリンの聴衆の意見聞いたことあるの?
純ゲルマン路線なんて言ってるけど、じゃあ、誰が
振るの?

117 :カラヤン:01/09/05 09:57 ID:tFbya1VQ
俺。

118 :名無しの笛の踊り:01/09/05 09:59 ID:mFsZUhLo
ラトルは暫定政権でその次は、ベルリン生まれの彼だ
といっている楽員はいた。
でもラトルは10年契約を勝ち取ったから、「本格」になるのでは。

119 :  :01/09/05 10:24 ID:tFbya1VQ

     ______
    /_      |
    /. \ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (6      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < 正直、純ゲルマン路線だけは勘弁して欲しい
|| | | |  \ ┃  ┃/    \________
| || | |    ̄  ̄|

120 :名無しの笛の踊り:01/09/05 13:02 ID:N8vDyS/2
純ゲルマン系というと、メッツマッハーかティーレマン?
でも、前者はいろいろ手広くやってるしね。ラトルとあまり変わらない
かもね。まあ、ハルトマンとかを大々的にやるかね。
ティーレマンはレコードだけならゲルマン系ばかりだけど、これだけ時代が
変わった中では、それだけじゃ聴衆のニーズに応えられないのでは。

121 :名無しの笛の踊り:01/09/05 13:05 ID:q9atdA9.
というより、今やBPOに純ゲルマン路線を期待している人なんて
いないと思う。純ゲルマン路線だったら、バンベルク響とかNDR
とかがあるわけだし。

122 :名無しの笛の踊り:01/09/05 13:56 ID:HISvWQl2
>>120
ティーレマン/BPOでプフィッツナーなら聴いてみたい。
無理だろうけど。

ラトルはBPOとの録音予定としては何があるの?
アバドがシベリウスやイギリスものをレパートリーに入れてなかったから、そのあたりをやってほしいのだが。。。

123 :Sir Bernard!!:01/09/06 00:18 ID:Uxs8deb6
半日遅れでレスです。
>>104
3年ばかりですが、ロンドンにおりました。
>>103
私は本気で書いてるのですがね・・・。
103氏の主張が正しいかどうか、まあ時間が明らかにしてくれるでありましょう。
予期せぬ理由で3つのバランスが崩れたときに、ちょっと怪しくなるかも知れませんが・・・。
それを計算高いと言えばそうでしょうが、私にはRattleは恐ろしく頭がよく見えるのでした。
まあ、わたしが馬鹿なのでしょうが・・・。
>>122
現在の経済状況ですから、ほとんどのレコード会社はよほどのことがない限りもう以前のようには
クラシックの録音はしなくなっているようですね。私が個人的に期待するのは、オペラの録音なのです。
トリスタン、パルジファル、フィデリオ(まあこれは入れてもOAEでしょうが)などなど。
ちなみに、ティーレマンがコヴェントガーデンでプフィッツナーのパレストリーナを聴いたことがあります。
そういえばエレクトラも彼の棒でした。ティーレマンは私にはどうと言うところのない数多くの棒振りのひとりです。
と言いながら、エレクトラは3回行ってしまったのですが・・・。ボラスキとベーレンスおばさまのダブルカースト、
マッティラのクリソテミスがお目当てでしたから。でも、コヴェントガーデンがかつてエレクトラの棒振りに選んで
きたのは、ケンペ、サー・ジョージ、サー・コリンにあのカルロスでしたから、まあそれなりに期待の星では
あるのでしょうか。

124 :名無しの笛の踊り:01/09/06 02:22 ID:W9NlNK0Y
103氏=ID:4HZ9/2Zwはこのあたりでは有名な基地外だ。気にしないように。
でも>109あたりはオレも同感だな。ってことはオレも基地外なのか。

125 :Sir Bernard!!:01/09/06 13:23 ID:6QSaORJg
プロムスにグラインドボーンのフィデリオを持ってきたときの、デイリーテレグラフのレヴューです。
http://www.telegraph.co.uk:80/et?ac=000388517117162&rtmo=lznwownt&atmo=99999999&pg=/et/01/8/20/bmprom20.html

このテレグラフで探していけば、たとえばCBSOとの最後のマラ2だとか、恐ろしく早かったという
例のプロムスでのマラ5だとかのレヴューを読むことができます。日本の批評と違っていて面白いです。

126 :名無しの笛の踊り:01/09/08 04:08
↑ここのサイトの情報は確かにいろいろあって面白いですね。
BPOに行っても英マスコミはラトルを取り上げるんでしょうか?
そうでないと、独語の全くダメな私はお手上げなので、寂しい限りです。

127 :Sir Bernard!!:01/09/09 08:05
>>126
ラトルはBritain、いや(該当する人たちにとっては)Englandの星です。ラトルを
英マスコミが取り上げなくなることは決してないでしょう。実際、彼のネーデルランド
オペラでの公演なども追っかけて伝えてますからね。
日本でのベートーヴェンのチクルスももしかして・・・? でもイギリスはお金がないから
無理かな。

128 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:04
ベートーヴェン輸入盤、タワーもHMVも入荷済み。
やっと聴ける・・・

129 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:39
>>128
あっそうなんだ!
でも、おれは全集として箱で出すまで待つかな・・・

130 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:50
>129
今出てる奴って、全集時には録り直すんじゃないの?

131 :名無しの笛の踊り:01/09/09 17:53
そうなの?
なんか、上のほうにカキコしてあったような気も・・・
よ〜わからん。

132 :名無しの笛の踊り:01/09/09 19:21
この前、ウィーン・フィルとのベートーヴェン2、5番聞いてきたよ。
本当に素晴しい演奏だった。ラトルってやっぱり凄い指揮者だよ。

133 :名無しの笛の踊り:01/09/09 19:34
>132
来年5月のウィーン祝祭週間音楽祭で
・第1,3番:5/1
・第2,5番:5/5
・第8,6番:5/7
・第4,7番:5/9
・第9番:5/12,14
と,楽友協会コンサート(5/4)の第2,5番をEMIが録音するらしい.

134 : :01/09/09 21:41
遅ればせのカキコですが、HMVでべト5が店内に流れていて、思わず
聞き入っていた。3楽章から4楽章への部分が感動的で
これは誰の演奏かと思いカウンタを見たら、ラトルの
CDが飾ってあった。
なぜチョンキョンファの協奏曲と一緒のCDなのだろう?
まだ買っていませんが、きっと、買う。

135 :名無しの笛の踊り:01/09/11 05:03
今年の12/27にプロムスのフィデリオ、BBCが再放送するらしい。
その時までにYAHOOのADSLは間に合うだろうか??
また間に合ったとしても、ちゃんとステレオで聴けるかな??
いまADSLで聴いてる方、情報キボンヌ

136 :名無しの笛の踊り:01/09/14 14:37
9月16日、11時からフィルハーモニーで、アメリカにおけるテロに抗議する
「有効と団結」をモットーとした特別演奏会が開催されます。
プログラムは以下の通り。
ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」より、前奏曲と愛の死
 ティーレマン指揮、ベルリン・ドイツオペラ管
マーラー:交響曲第9番より アダージョ
 ラトル指揮、ベルリン・フィル
シューベルト:交響曲第7番
 ギーレン指揮、シュターツカペレ・ベルリン

137 :名無しの笛の踊り:01/09/14 14:38
>>136
有効じゃなくて、友好でした

138 :名無しの笛の踊り:01/09/14 19:41
>>136
えれえ芸風の違う方ばっかりお揃いですなぁ。

139 :名無しの笛の踊り:01/09/14 19:42
>>136
元ネタはどこですか?

140 :名無しの笛の踊り:01/09/14 20:35
>>138
そ〜ぉ?
ギーレンとラトルは比較的近いんでわ?
(ティーレマンは論外)

141 :名無しの笛の踊り:01/09/15 02:11
>>139
ベルリン・フィル、DOB、シュターツオーパーのインテンダント3人連名のチラシです

142 :名無しの笛の踊り:01/09/15 02:45
ラトルのマラ9は聞いてみたい

143 :名無しの笛の踊り:01/09/15 05:15
>>141さま、ありがとうございます。
これは現地のラジオ局が放送する予定などはありませんでしょうか。

144 :名無しの笛の踊り:01/09/15 05:48
http://www.staatsoper-berlin.org/news/konznews.htm
http://www.deutsche-oper.berlin.de/aktuelles/aktuell.htm

145 :名無しの笛の踊り:01/09/15 16:12
ラトルについて書かれてるUKのHPを、英語が苦手なので、
Exciteの翻訳ツール使って開いて読んでみたら、
Sir Simon Rattleが「先生、サイモンがらがら」って訳されてて爆笑死。
でも、雰囲気はあってたりするかも。

146 :関係ない話でごめん:01/09/15 16:47
>>145
翻訳ツールにポルノ小説を訳させたら、師ぬほど面白いよ。

147 :名無しの笛の踊り:01/09/15 23:50
ラトルのウィン・フィルまであと一月か。

148 :名無しの笛の踊り:01/09/16 03:55
ラトルの裏青盤を3枚買って聴いてみた。
まずBPOでマラ6。これは確かBPO初登場時のプロだった気がする。
ラトル色は出ているが....いまいちな演奏に思えた。まあ無理もないのだろうが...
次が同じくBPOでラフ2。91年の演奏。
これは愉しめた。かなりBPOをドライブできている印象。
3枚目はロッテルダムフィル、今年2月の演奏でブル4。
ちょっと録音のバランスが?だったりするのもあるが、
やはりBPOの後に聴くと貧弱なオケの印象。
EMIから既出のブル7よりもラトル色濃厚な感じ。
両翼配置で、細かい音が透けて見えるようなバランス。
チェリマニアなラトルらしく、終楽章コーダの歩みはかなり遅い。
しかしブルでこのような演奏をBPOでやってどれくらい受け入れられるのかと思うが、
アルノンクールも同じ道を歩んでいることを考えるとアリなのだろうか?
やっぱりラトルにはちょっと周縁にある音楽をやってもらった方が面白そうだ...
そういう意味では、BPOとかの監督にならないで欲しかった気がする。
ずっと前のBPO定期でスークの「アスラエル交響曲」をメインに据えたプロを振ってたりしたが、
時々行ってそういうのをやってくれた方がファンとしてはほっとするなあ。

149 :名無しの笛の踊り:01/09/16 04:05
昔から思ってるんだが、ラトルのマーラーって、最悪ね。
良いと思われる瞬間もあるのだが、全体としてダメダメ。
BPOなら少しは良くなると思ったんだがなぁ。

150 :名無しの笛の踊り:01/09/16 04:38
>>149
うーん、7とか2、クック版10とかはすごくいいと思うけどな。
CDじゃなくてライヴの印象なんだが....
要は9,6,5あたりの王道系がちょっと....、な感じがする。
その意味では8なんかはかなり期待できるんだが。

151 :名無しの笛の踊り:01/09/16 19:21
>>143
テレビで放送してる。
今、ギ−レンの未完成。

152 :名無しの笛の踊り:01/09/17 23:36
ラトル・BPOのマラ9、なかなか良かったと思うけどな...
ききたいひといたらアプするよ。
モノラルでリアルオーディオだけど
でも最後のギーレンの未完成はよかったな

153 :名無しの笛の踊り:01/09/18 00:14
そんなことしていいとおもってんのか

154 :名無しの笛の踊り:01/09/18 02:42
マーラー9番4楽章、たしかに素晴らしい演奏だった。
オケ、指揮者と一丸になっての、凄い集中力の演奏だった。

155 :名無しの笛の踊り:01/09/18 03:06
ウィーンフィルとのCDより良かったですか?

156 :名無しの笛の踊り:01/09/18 03:11
単純に比較はできないけど、
弦楽器のすごい厚みのある迫力、それにもかかわらずただ重くはならないで豊かな表情がついているとこなど、
特別な機会であった事もあってか、すごい熱気、演奏者の思いみたいなものを感じ、CDよりもいいかなと思った。

でもあのCD、録音でかなり損しているようなきもするからな。
それに今回は4楽章だけだったし。

157 :名無しの笛の踊り:01/09/18 03:18
>>156
>録音でかなり損しているようなきもするからな

禿げ堂。あれはそもそも放送用の録音だよな。

158 :名無しの笛の踊り:01/09/18 03:24
>>157
そうだったよね。

でも今回のこそ放送用だし、
その上、テレビのたいしたことないスピーカーで聞いていたんだが、、、、、、、、

159 :名無しの笛の踊り:01/09/18 04:00
在ドイツの方ですか。いいですね...ボソッ

160 :名無しの笛の踊り:01/09/18 04:14
ラトル/BPOのマラ9か・・・。
聞いてみたいね、生で。
しかし、俺はラトルはあまり評価していない。すまんね。

161 :名無しの笛の踊り:01/09/18 04:38
>>152
アップしてからカキコしてくれ。
それにステレオのMP3でよろしく頼む。

162 : :01/09/18 09:05
贅沢言っちゃだめ

163 :名無しの笛の踊り:01/09/20 01:52
アップまだ?

164 :名無しの笛の踊り:01/09/20 02:26
実はオレも密かに待っている。

165 :名無しの笛の踊り:01/09/22 07:27
こんな音だけどいいの?お試し版
sirsimonrattle.tripod.com/rattle_BPO_mahler9th_4.sir
よかったら全部アプするよ。27MB
あー犯罪者になってしまった 逝ってきます

166 :名無しの笛の踊り:01/09/22 20:35
これ、聴けないぞ

167 :名無しの笛の踊り:01/09/22 23:30
はやく全部アップするべし もしやモデムなの?>165

168 :名無しの笛の踊り:01/09/27 02:37
はやくアップしてよー

169 :名無しの笛の踊り:01/09/29 16:48
悪くない

170 :名無しの笛の踊り:01/09/30 06:02
sirsimonrattle.tripod.com/rattle_BPO_mahler9th_01.mp3
sirsimonrattle.tripod.com/rattle_BPO_mahler9th_02.mp3
sirsimonrattle.tripod.com/rattle_BPO_mahler9th_03.mp3
sirsimonrattle.tripod.com/rattle_BPO_mahler9th_04.mp3

171 :名無しの笛の踊り:01/10/01 22:17
ライモン・サトル

172 :名無しの笛の踊り:01/10/02 02:24
>>171
それ、なつかしいね

173 :名無しの笛の踊り:01/10/02 04:42
>>170
最初のほう聴きました。なんか、熱いですよね?以外やったなあ。
ウィーンフィルとやったやつでも、あんなに熱いんですか?

174 :名無しの笛の踊り:01/10/03 15:17
私も聴かせてもらいました。
wphとのCDよりはアツい演奏ですね。
コレ、テレビで流したそうですが、日本でもやらないかな...

175 :名無しの笛の踊り:01/10/03 16:48
暑い暑い!

176 :名無しの笛の踊り:01/10/05 01:32
ラトルの後継でバ響のディレクターになったオラモだが、
新譜のシベ5、これはすばらしく新鮮な演奏だったよ。
ハーディング、オラモとも、BPO定期出演が決まっているようだが、
これはぜひ日本でも放送して欲しいものだ....

177 :名無しの笛の踊り:01/10/05 01:48
>>176
ハーディングはとっくに放送してたと思うよ

178 :名無しの笛の踊り:01/10/05 21:51
今頃、こういう質問もナンですが、ブレンデルと録音したベートーベン
のPf協奏曲全集はどうよ?これは買い?近所の中古屋で2千9百円。
チョト、いやカナーリ、迷ってます。
どうか漏れにアドバイスを!

179 :名無しの笛の踊り:01/10/06 03:05
ラトル&wphのフィリップス録音はこれが最後のようなので、
EMIの録音に疑問を持っておられるのでしたら迷わず買いです。
ラトルの録音がEMIでなかったら評価もちょっと上がった気がするのですが。

180 :178:01/10/06 08:49
>>179
Thank you so much!

181 :名無しの笛の踊り:01/10/07 00:48
今度のウィーンフィル来日ではじめてラトルを聴くのですが、
正直いままであんまり聴いてなかった、というかCD1枚も持ってません。
とりあえず、最近出た「運命」は買ってこようと思いますが、
「この1枚」というのがあったら教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

182 :名無しの笛の踊り:01/10/07 02:20
まずはハルサイあたりからどうでしょう。
総譜がそのまんま目の前を流れているよう、
としばしば形容されるラトルの演奏の一例として、いいと思います。
これでオケがBPOとかだったらなー、と思わせる演奏でもありますが

183 :名無しの笛の踊り:01/10/07 02:54
シマノフスキのヴァイオリン協奏曲第1番、第2番。

184 :名無しの笛の踊り:01/10/07 02:57
シマノフスキの交響曲第3番。
曲自体が素晴らしい。
スクリャービンの「法悦の詩」「プロメテウス」
に近しい音楽。

185 :名無しの笛の踊り:01/10/07 03:03
ピアノ付きのシマ4もいいぞ。2楽章なんかとろけるような美しさだ。
でもオペラの余白に入っててちょっとききにくい。
オペラ(ロジェ王 NHKではロゲル王)も妖し美し、な傑作だと思うが。

186 :名無しの笛の踊り:01/10/07 03:11
ラトルにはシマノフスキの作品を
もっと録音してほしい。
交響曲第1番、第2番、バレエ音楽とか。

187 :ラトル 〜2002/2:01/10/07 06:04
December 8, 11,14,17,20,22, 2001
Covent Garden Royal Opera House London, United Kingdom
Royal Opera/Rattle Gr歟er/Andersen/Urmana/Tomlinson/White
Wagner Parsifal

January 27, 2002 Th脂tre du Ch液elet
Orchestra of the Age of Enlightenment/Glyndebourne Chorus
Rattle Warner/Begley/Schwanewilms/Spence/Milne
Beethoven Fidelio

January 29, 2002 Groァes Festspielhaus Salzburg, Austria
Vienna Philharmonic Orchestra Rattle/Brendel
Faur? Pavane Op. 50
Mozart Piano Concerto in E-flat major, K. 271, "Jeunehomme"
Schubert Symphony No. 8 in C major, D. 944

January 30, February 2,5,8 2002 Th脂tre du Ch液elet
Orchestra of the Age of Enlightenment/Glyndebourne Chorus
Rattle Warner/Begley/Schwanewilms/Spence/Milne
Beethoven Fidelio

February 13,14 2002 Symphony Hall Birmingham, United Kingdom
City of Birmingham Symphony Orchestra/City of Birmingham Symphony Chorus
Rattle Gritton/Chance/Bostridge/Padmore
Bach St. John Passion

February 20,21,22 2002 Philharmonie Berlin, Germany
Berlin Philharmonic Orchestra/RIAS Chamber Choir
Rattle Banse/Chance/Bostridge/Trost
Bach St. John Passion

188 :ラトル 〜2002/3:01/10/07 06:05
March 7,8,9,12, 2002
The Kimmel Center for the Performing Arts Verizon Hall Philadelphia, PA, United States
Philadelphia Orchestra Rattle/Upshaw
Strauss Voices for Spring Waltz
Schoenberg String Quartet No. 2, for String Orchestra and Soprano
Schubert Symphony in C major, "The Great"

March 14,15,16, 2002
The Kimmel Center for the Performing Arts Verizon Hall Philadelphia, PA, United States
Philadelphia Orchestra Rattle/Gruber
Gruber Frankenstein!!
Mahler Symphony No. 5

March 21,22,23, 2002
The Kimmel Center for the Performing Arts Verizon Hall Philadelphia, PA, United States
Philadelphia Orchestra Rattle/Zukerman
Berg Violin Concerto
Bruckner Symphony No. 9

189 :ラトル 〜2002/4:01/10/07 06:06
April 12, 13, 14, 2002 Philharmonie Berlin, Germany
Berlin Philharmonic Orchestra Rattle/Katia&Marielle Lab述ue, Piano
Boulez Rituel
Debussy En blanc et noir
Poulenc Concerto for two pianos and orchestra in D minor
Ravel Ma m俊e l'oye

April 18,19, 20 2002 Philharmonie Berlin, Germany
Berlin Philharmonic Orchestra/Berlin Radio Choir
Rattle Martinpelto/Remmert/Lippert/White
Stravinsky Mass for choir and winds
Beethoven Symphony No. 9 in D minor, Op. 125

190 :名無しの笛の踊り:01/10/07 06:11
パルジファル、フィデリオ、ヨハネ、ブル9....
ヘビィ級プロが続いてる。
このフィラデルフィアのシリーズは面白そうだけど、
時期が時期だけに行くのはちょっとなあ

191 :名無しの笛の踊り:01/10/07 08:15
西門 加里

192 :名無しの笛の踊り:01/10/08 08:53
10/20の第5はBSで生放送するそうだが、
ほかの日ってどうなんだろう。

193 :名無しの笛の踊り:01/10/08 13:31
<#148の再掲載>
ラトルの裏青盤を3枚買って聴いてみた。
まずBPOでマラ6。これは確かBPO初登場時のプロだった気がする。
ラトル色は出ているが....いまいちな演奏に思えた。まあ無理もないのだろうが...
次が同じくBPOでラフ2。91年の演奏。
これは愉しめた。かなりBPOをドライブできている印象。
3枚目はロッテルダムフィル、今年2月の演奏でブル4。
ちょっと録音のバランスが?だったりするのもあるが、
やはりBPOの後に聴くと貧弱なオケの印象。
EMIから既出のブル7よりもラトル色濃厚な感じ。
両翼配置で、細かい音が透けて見えるようなバランス。
チェリマニアなラトルらしく、終楽章コーダの歩みはかなり遅い。
しかしブルでこのような演奏をBPOでやってどれくらい受け入れられるのかと思うが、
アルノンクールも同じ道を歩んでいることを考えるとアリなのだろうか?
やっぱりラトルにはちょっと周縁にある音楽をやってもらった方が面白そうだ...
そういう意味では、BPOとかの監督にならないで欲しかった気がする。
ずっと前のBPO定期でスークの「アスラエル交響曲」をメインに据えたプロを振ってたりしたが、
時々行ってそういうのをやってくれた方がファンとしてはほっとするなあ。

194 :ひひひ:01/10/08 13:36
らとるに荒木、鈴木、片倉、近藤、ビーンが群がるぞ、連日連夜、ひひひ

195 :名無しの笛の踊り:01/10/08 13:42
やだそんなの。楽しみにしてるのに!

196 :ひひひ:01/10/08 13:50
片倉2列目通路際、松田最前列、ラトルの背後霊みたいに写真に写って音友に載って全国にバラまかれるぞ、ひひひひ

197 ::01/10/08 14:00
いやだああああ

198 :木下:01/10/08 15:43
まつだ背後霊あげ

199 :名無しの笛の踊り :01/10/08 15:45
>>196
いやだあああ・・・そんなのいやだああ〜(号泣)

200 :名無しの笛の踊り:01/10/08 16:13
>>193
チェリマニアだとは知らなかった...。

201 :ひひひひ:01/10/08 16:45
松田分家あげ

202 ::01/10/08 20:00
いわさ解禁私家盤全集あげ

203 :名無しの笛の踊り:01/10/08 23:46
>>193
なんで再掲載??

>>200
以前バーミンガムとのツアーで、ガスタイクでやるときにラトルが
「ここではブルックナーはできない」と言ったという話は知っている。

204 ::01/10/08 23:49
全曲盗み撮り準備完了あげ

205 ::01/10/09 01:50
参照スレあげ

206 ::01/10/09 08:58
盗み撮り予告あげ

207 :名無しの笛の踊り:01/10/09 09:51
今回きき逃しても録音でたのしめるな、平土間前方か左右山頂の音で(藁藁

208 :名無しの笛の踊り:01/10/09 14:13
べー様ちんほにー全集、今月25日大幅先行発売!埼玉限定(藁

209 :名無しの笛の踊り:01/10/09 16:16
>>200
そういえばチェリの海賊盤(裏青かどうかは知らない)はたくさん持ってるらしい
紫緑全部揃えてたりして(w

210 :209おっかしー:01/10/09 16:50
そのコレクションの中に川口産があったりして・・・大藁

211 :名無しの笛の踊り:01/10/09 16:52
>>209
それどころかテープまで持ってるそうだよん。
完全にチェリオタクだそうです。ニヤリ

212 :名無しの笛の踊り:01/10/09 17:11
何とかの現象学の弟子?

213 ::01/10/09 21:03


214 :名無しの笛の踊り:01/10/10 02:28
ベルリンのベートーヴェン・チクルス開始。
情報希望

215 :名無しの笛の踊り:01/10/10 13:45
age

216 :名無しの笛の踊り:01/10/10 18:20
川口あげ

217 :ひ の ひきたです:01/10/10 18:41
先生っ!盗撮している人が川口にいます!

218 :名無しの笛の踊り:01/10/10 19:22
ワケわかんない川口だとか盗撮だとか、もういいかげんウザいよ

219 :名無しの笛の踊り:01/10/10 20:27
>>214
ベルリン・フィル振ってるの?

220 :名無しの笛の踊り:01/10/10 20:41
BPOはいまアバドとUSA(!)ツアーの最中で今日はシカゴのはずだが…
ウィーン・フィルとってことか?

221 ::01/10/10 20:45
先生っ!ひきたくんがヨロパからカキコして僕がラトル盗み録りするのをバラしてます(藁

222 ::01/10/10 22:49
先生っ!ひきた君がヨロパから僕の全集収録計画をみんなにチクります!

223 :ひ!:01/10/11 09:11
先生っ!ひきた君が成田からカキコしてチクります(ワラ

224 :名無しの笛の踊り:01/10/11 12:21
盗み録り計画暴露逆ギレあげ

225 :名無しの笛の踊り:01/10/11 14:44
ラトルのブル7を聴いた。
いいね、これ。
美しい…まるでシベリウスを聴いてる様だ。
ブル入門には最適じゃないか?
ついでに、チェリの緑を聴く。
そっくりだな。
チェリのすごさがわかった。

226 :名無しの笛の踊り:01/10/12 09:53
「故郷をはなれて」って秀逸な番組ですね。
もう1回やるのかな。あっ、BS2ね。

227 :名無しの笛の踊り:01/10/12 13:25
いいかげんにしろよ、自作自演クン

228 :名無しの笛の踊り:01/10/12 13:25
いいかげんにしろよ、自作自演クン

229 :先生っ!提案です!:01/10/12 23:31
今月は生DATたくさん用意したほうが良いでしょう

230 :名無しの笛の踊り:01/10/13 00:31
このスレ、あんまり盛り上がらないね。なんで?

1.そもそもラトルを聴いたことがない(生でもCDでも)
2.聴いたけどラトルが嫌いになった
3.ラトルはともかくEMIが嫌い
4.ラトルのレパートリーが合わない
5.見た目があんまり好きじゃない
6.イギリス人が嫌い
7.とりあえずあんまり興味ない

おヒマなら答えてね

231 :先生っ!!解答しますっ!!:01/10/13 00:36
隠し録り計画がバレるのを防ぐためです

232 :名無しの笛の踊り:01/10/13 00:51
>>230
見た目。インチキな芸人って感じ

233 :名無しの笛の踊り:01/10/13 00:55
>>230
イギリス人が嫌いの反対。インタビューでイギリス人の割に
フランクでフレンドリーすぎ。もっと気難しくて意地悪ならイイ
ジョ−ク言うにしてもイギリス人ならもっとひねりとシャープさが欲しい
なんかヤンキーっぽい。嫌い

234 :名無しの笛の踊り:01/10/13 00:57
見た目、気が弱そうで自作自演するのがイヤです

235 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:01
>>232
髪型がピッチリ横わけだったら、ビーンそっくり!

236 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:07
いい反応だねえ(ワラ これでこそ2chだよ

237 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:10
ラトルが合いそうなのはアメリカ西海岸じゃないかな?
保守的な日本や東海岸では、あの新しさは理解されないよ。
私は別段、ラトルファンじゃないけど。

238 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:13
しかも来週、音盗まれるんだぜ

239 :名無しの笛の踊り:01/10/13 01:26
>>237
どこがどんなふうに新しいのよん?

240 :237:01/10/13 01:49
それに答えるのはムズい。なぜならオレ自身保守的な日本人だからだ。
わかったかヴォケくだらねえこと聞くんじゃねえ!

241 :名無しの笛の踊り:01/10/13 02:32
ラトルとベルリン・フィル

最初は評論家をはじめ皆絶賛する
CDも宣伝され売れる
定番のレパートリーをあらかた録音する
若手が台頭し(ハーディングとか?)そっちを持ち上げる人が出てくる
「ラトルならもっとやれる」という声も出てくる
そのうちに飽きられる
歴史は繰り返す

242 ::01/10/13 04:47
ベルリンでラトル&VPOのベートーヴェン全曲聴いてきた。
すごかった。もう一生ライブでベートーヴェン聴かなくてもいいや。
『第九』歌うの、東京オペラシンガーズ?大丈夫?
ラトルの棒について行けないんじゃないかな。
オススメは、全曲。日本公演みなさん楽しみに。おどろくなよ。

243 :名無しの笛の踊り:01/10/13 07:15
確かに東京オペラシンガーズはだいじょぶか??と思わせる。
昨年のウィーンでの第9では、かなり細かいニュアンスがついていたが、
シェーンベルクchoは見事だった。
あれほどのニュアンスで、なおかつかなりの少人数になると思われるが、
東京オペラシンガーズの合唱は聴きどころになるだろうね。

244 :名無しの笛の踊り:01/10/14 03:03
WPOとの運命、かなり好評だが
そこまで良かったのかなぁ…
チョト疑問。

245 :名無しの笛の踊り:01/10/14 13:00
>244
WPOってどこじゃい?(w

246 :名無しの笛の踊り:01/10/14 13:07
>>245
しらんのか?ここ見て出直してこい。

ttp://www.jda.go.jp/j/library/wp/2001/ryakugo/ar130162.htm

247 :245:01/10/14 17:42
>246
へへぇ、おそれいりましたぁ(w

248 :名無しの笛の踊り:01/10/14 18:38
今日はサントリーだっけ?

249 :名無しの笛の踊り:01/10/14 19:54
キュッヒルのレッスン?

250 :名無しの笛の踊り:01/10/14 22:32
来日記念age

251 :名無しの笛の踊り:01/10/15 08:27
今日、くらしき行って来ます。第七番が特に楽しみ・・・。

252 :名無しの笛の踊り:01/10/15 16:58
大原美術館でラトルに遭遇。

253 :名無しの笛の踊り:01/10/16 07:39
くらしき乾燥きぼんぬage

254 :くらしきくらしっく:01/10/16 11:47
くらしき行ってきましたぁー!!
すごかった〜。すごい新鮮な演奏だったよ。
ラトルって、何であんなに複雑に細部までコントロール
できるんだろ?
ウィーンフィルの皆さんが、顔を『真っ赤』にしながら
懸命に演奏されていて、ものすごい熱気でした。
ホントに、曲の細部まで浮き出て聞こえて、流麗に流れるようで、
かつリズミカルで、ダイナミックな演奏でした。
アンコールのときには、『皆サン、アリガトウゴザイマス。
お礼に演奏シマス。』と日本語で観衆に呼びかけてくれて、
とても和やかな気持ちにさせてもらいました。
先日CD化された第五番と同じく、第4番・7番ともに、
『あれ、こんな曲だったっけ?・・・・でも、この演奏すごいぞ!!』
となるような、ラトル独特の世界に包み込まれました。

取り急ぎご報告まで。

255 :くらしきくらしっく:01/10/16 12:00
↑長々と書いちゃって、すいません。

256 :名無しの笛の踊り:01/10/16 13:13
age

257 :大原美術館に行ってみたい:01/10/16 13:24
7番行くよ(残念ながら10/21のみだけど)。
くらしきくらしっくさんの報告読んだらますます楽しみに
なってきた(・∀・)。

258 :倉敷逝ってきた:01/10/16 18:49
>>254
そうか?
ラトルの細工はかなりこってて面白かったけど、VPOはかなり粗かったと思うよ。
熱演だったので楽しかったけどさ。

259 :名無しの笛の踊り:01/10/16 19:35
さらに報告きぼーんage

260 :らとる:01/10/16 21:17
>258
そっかー。粗めの演奏ですか。来日直後だったらしいですが、きつかったのでしょうかね、時差ぼけとか。

261 :名無しの笛の踊り:01/10/16 22:12
ていうかラトルVPOはいっつも音粗いよん。最初気になってたけど、今じゃ「面白いし、まいっか」
て思うよ。マニエリズムが身上の指揮者なのに細部が粗いなんて(藁)

262 :名無しの笛の踊り:01/10/16 22:17
261に一票!東京皆勤がんばるぞお!

263 :名無しの笛の踊り:01/10/16 22:32
俺も岡山在住者。
なんでこんな日にやるんだ。
仕事の忙しい人間にはいけないじゃないか。
くやしいー。

264 :名無しの笛の踊り:01/10/16 23:05
名古屋の公演に行ってきました。
どなたかもおっしゃっていましたが、
ラトルの細工は面白かったですね。
アンコールの際はやはり日本語で
曲目を告げていました。会場内からは
どよめきが。
アンコールのフィデリオ序曲は
かっこよかったですね。

265 :名無しの笛の踊り:01/10/16 23:14
>>264
M山さんですか?

266 :名無しの笛の踊り:01/10/16 23:16
>>264
最後は特に同意。漏れも逝ってきて今新幹線で(S岡県)帰ってきた(藁
メインプロが共に割と地味目の曲目だったのでアンコールで発散できた
みたいな感じでした。

267 :名無しの笛の踊り:01/10/17 20:54


268 :名無しの笛の踊り:01/10/17 22:49
名古屋公演、俺も逝ってきた。
田園の冒頭がすごく明るくて新鮮でよかった。第2楽章の「レイドバックの動機」が
出てくるたびに表情が変わって、陽が差したり翳ったりしてるみたいで面白かった。
キュッヒルの禿げがさらに悪化してた。
最寄りの金山駅コンコースで演歌歌手が営業してたのが萎え〜。

269 :名無しの笛の踊り:01/10/18 09:07
梅本クン、VPO皆勤ほんとにできるかな?

270 :名無しの笛の踊り:01/10/18 20:06
金沢公演逝った方の情報ありませんか

271 :あほ:01/10/18 20:13
倉敷公演。前半の四番、リハかと思った。七番、最後の30秒良かった。アンコールのフォーレのパヴァーヌキモチヨカッタ。ああ楽しかった。

272 :ライモン・サトル:01/10/19 00:03
運命のCD聞いたとき、最初『何だこれ?』って思った。
我慢して10回ぐらい聞いてると、聞き方が分かってきたのか、
違った風に聞こえてきた。
今では、すっかり虜・・・。
7番・4番も、何度も聞いて耳を慣らしたいが、
まだCDが出てない。
よって、コンサートでの『えっ、なにこれ』
の状態のままです。

273 :うに:01/10/19 00:08
あー、そーかもな。倉敷の四番、ホント雑に聞こえたけど10回聴いたらねぇー。

274 :名無しの笛の踊り:01/10/19 00:20
習うより慣れろ!

275 :名無しの笛の踊り:01/10/19 04:57
運命はCDよりライブの方が全然いい。
FMで流れたヤツでもCDより数倍マシ
CDになるとどうしてああおとなしくなっちゃうんだろうね?
ラトルの演奏でいままでFMで流れたヤツは、
ザルツのマラ7以外は、どれもこれもスゴい演奏だった。
今夜もザルツのマラ2聴いてたが、
これなんか聴いてもラトルを評価せんというやつがいるのか?
と思うほどスゴい演奏だったよ、やっぱり。ま、いいけどさ

276 :名無し笛:01/10/19 05:30
う〜〜ん、それならライブが聞きた〜い!!(チケットとれず)
僕はCDしか聞いたことないんだよ〜!!!

277 :名無しの笛の踊り:01/10/19 05:45
こうなると当日がこの後も出るかどうかだな
注目は21日と言えよう
2萬でイケるならオレは厨房に援助するの止めようかと思う

278 :名無しの笛の踊り:01/10/19 05:55
こらぁ 援助だなんて 一体何と 天秤にかけちょるのだ?? いけまちぇん!

279 :名無しの笛の踊り:01/10/19 06:23
ところで、ラトルがロッテルダムを指揮したブル4のCD買ったのですが、裏が青かったです・・・。(でもいい演奏でした)

280 :名無しの笛の踊り:01/10/19 06:30
>275
私は逆に生演奏で感心したのが一度もなかったんだが。
フィルハーモニアとの初来日から数えて少なくとも6回は聴いているが。
(残りはウィーンと1回,バーミンガムと4回。)
結局聴き終えてからの充実感のようなものがないので空しいタイプの
演奏というのが私の印象だ。細部の工夫・面白さは認めるが。
ここに書いてる人たちも凄いとか10回聴いたら慣れたとか…
もう少し具体的・分析的に感想を書いてはもらえまいか。
あるいはベートーヴェンならばこれまでに聴いてきた他の指揮者との
比較とかね。これは煽りではないですよ。念のため。
皆さんの熱狂ぶりが理解できないというだけのことです。

281 :名無しの笛の踊り:01/10/19 10:00
開幕あげ

282 :名無しの笛のおどり:01/10/19 10:36
>>280
大筋で同意。特に
>結局聴き終えてからの充実感のようなものがないので空しいタイプの
>演奏というのが私の印象だ。細部の工夫・面白さは認めるが。
という印象は全く同じである。

283 :名無しの笛の踊り:01/10/19 13:59
蓄留守開幕age

284 :名無しの笛の踊り:01/10/19 16:30
充実感を感じるタイプの演奏ではないことは確かだな。
もっともそういう類の演奏はここ10年以上お目にかかったことはないが。

285 :名無しの笛の踊り:01/10/19 16:32
第9に関して言えば俺はやっとフルトヴェングラーの呪縛から
抜け出すことが出来たよ。

286 :名無しの笛の踊り:01/10/19 18:19
皇太子殿下来場あげ

287 :名無しの笛の踊り:01/10/19 19:58
じゅ−実感って、あんがい下世話なところにあるのかなぁ。テンポが遅いとか、風貌とか。
ラトルのは、俺の耳がついていけなかっただかなのか、ホントにスカスカだったのか、よーわからないんですよ。演奏の細部という以前にステージと自分との間に幕がかかったような・・・あれは何なんだろう。

288 :名無しの笛の踊り:01/10/19 20:01
いい指揮者かも知れないけど、かならずしも生じゃなきゃダメってタイプじゃないことは多肢か。

289 :名無しの笛の踊り:01/10/19 21:31
>270
逝ってきた。
エロイカの頭がいきなりズレズレで萎え〜

290 :名無しの笛の踊り:01/10/19 21:49
皇太子と田中外相が来てた

291 :名無しの笛の踊り:01/10/19 21:50
田中外相の隣にいた外人女性は誰?

292 :名無しの笛の踊り:01/10/19 21:52
1番フモール最高、3番も2楽章からが凄かった。

293 :名無しの笛の踊り:01/10/19 22:38
エロ烏賊1楽章、主題が出てくる度に不安定だった。でも凄い演奏だったよ

294 :245:01/10/19 22:41
1番の方が出来がよかったんじゃない?

295 :名無しの笛の踊り:01/10/19 22:50
1番最高!2番、8番あたりも超名演になりそな予感(^.^)

296 :名無しの笛の踊り:01/10/19 22:57
>295
うん,8番に期待しているのだ

今日のアンコールもなかなか凄かったと思うが

297 :名無しの笛の踊り:01/10/19 22:58
1番>>3番>>>>(略)>>朝比奈

298 :名無しの笛の踊り:01/10/19 22:59
アンコールって何やったの?

299 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:00
>298
シベリウスの《鶴のいる風景》

300 :>298:01/10/19 23:00
グレの歌

301 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:02
>>299
ラトルがよくアンコールでやる十八番だよね。
しかしベートーヴェンのあとであの曲はかなりの違和感あった。

302 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:09
そう言えば、アンコールの途中で高周波が鳴っていたな。
携帯の電池切れの音だと思うが・・・
もういい加減にしてくれとおもた

303 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:12
エロイカでいろんなことやってた。
結果的にハッとした瞬間が多かった。
だけど少々やりすぎてないかな?
ピアニッシモをものすごく小さくして、テンポも落としてみたり、
また、アクセントをはっきりと入れていたもいた。
確かに新鮮な感じがしたのは事実。
それにしてもラトルは非常に細かく指示を出していたせいか、
かなり疲労を感じたようだ。少々構えすぎじゃあなかったかな?

304 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:22
>303
同意。
ラトルの指揮は後ろから見ていて、アナログ的な音楽の流れを感じることができない。
瞬間的な音響の作りや、デジタル的な音の変化、という面での意図は分かるのだが。

また、特に強拍に早く棒が入るので音楽にタメがないので、音楽が慌ただしく感じる。

305 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:23
新しいことがやりたいのさ

306 :>302:01/10/19 23:26
補聴器のハウリングでわ

307 :302:01/10/19 23:28
>306
そうかも。
99年にムーティがショスタコの5番をやったときも3楽章で高周波が
鳴っていたのを思い出した。
サントリーでウィーンを聴くと必ず高周波(藁

308 :303:01/10/19 23:29
>>304
ウン、おっしゃる通り。
エロイカの第1楽章の展開部などは、音楽が「展開」していかない感じがした。
提示部の音楽が変容していかなかった。局部的にはあざやかでハッとさせられる
のだが、大きな流れが希薄だった。終わってみたら、「はい、これで一曲上がり!」
という感じ。 聴いている時は面白いが、あとに残る感銘があったのか、といえば
自信も持って「あった」とは言いにくい。

309 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:30
>304
というか、ベートーヴェンをあくまで古典的なアプローチでやろうとするなら
ああいう棒になるのでわ??
古典にタメは必要ないからね。

310 :名無しの笛の踊り:01/10/19 23:37
>>303
オレ、あるスレでもカキコしたんだけど、今年9月のウィーンでの4,7番を
聴いた時に、ラトルが終始非常に細かい指示を出していたために、かなり疲れて
しまい、あの7番のクライマックスでラトルの音楽が失速したのを目のあたり
にした。今夜(19日)は失速はしなかったが、あさって21日の4,7番
はちょっと心配だよ。

311 :個人敵な大胆予想:01/10/19 23:54
2・8>P4・1>>4・6>>5>>>3・7・9

312 :>311:01/10/20 00:01
なるほど、規模の大きい、小細工が効かない曲は外すという読みか。

313 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:12
ラトルはVPOに合わないと思うのは漏れだけか?

314 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:12
明日は楽しみ、明後日は・・・・ダメなのか?

315 :>313:01/10/20 00:15
漏れはBPOよりVPOとの組み合わせに萌え。マーラーは素晴らしかった

316 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:20
エロ烏賊つまんなかった。前半良かったのに

317 :なんじゃ、あのアンコールは!?:01/10/20 00:23
シャトーブリアンの後で水ヨウカンがでてきたみたいだあ

318 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:30
95年(だっけ?)のベルリンフィルサマーコンサートはどうよ?
アメリカ音楽の夕べとか言って、

キャンディード序曲、ラプソディーインブルー、
前奏曲フーガとリッフ、ポーギーとべス

なんてコテコテのアメリカ音楽をベルリンフィルでやっちゃうなんて、
当時はそれだけですげぇ、と思った。
またBPOの連中が楽しそうに演ってんだわ。特にポーギーとべス。

319 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:45
>>291
オーストリアの外相
オーストリアの真紀子さん

320 :名無しの笛の踊り:01/10/20 00:54
>319
確かにオーストリアの外務大臣は来日してるね。
エロい蚊の演奏後、その外人女性がスタンディング・オベーション
真紀子大臣もつられてスタンディング。
立っているのはその2人だけで、浮いていた。
周囲のSPがピリピリしてたぞ。

321 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:01
あれはオストリアの外相だたのか?
知らんかったワラ

322 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:05
今日の演奏会はフライングブラボー糞ボケチンカス野労がいなかっただけましといえよう。

323 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:09
↑なんすか、その、フライング何とかって言うのは??

324 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:12
明日(というか、今日か)は中継あるからキケンだね
>フライングブラボー

325 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:15
明日放送あるんですか?
どこで何時から?

326 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:16
なんていうか、具体的に言えないけど、ラトルの音楽の語り口自体が、
全く独特なのでは?繰り返し聞くことで、あるときそれが分かるように
なると、実はものすごいエネルギーが渦巻いている演奏であると感じる
ことがあるのだが。
つまり、スカスカに聞こえるのも事実だけど、聞き方によってはすごい
エネルギーのうねりを感じられるというか・・・。

327 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:17
>>326
同意。でも3番はベストじゃなかった気がする

328 :325さんへ:01/10/20 01:18
BSで生中継じゃなかった?

329 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:20
>>328
吊り下げマイクすらなし

330 :名無しの笛の踊り:01/10/20 01:26
よし。録画用に最高のビデオテープ買いにいこっと。

331 :名無しの笛の踊り:01/10/20 03:32
今宵のラトル&ウィーンフィルの演奏会のベートヴェンの1番&3番、僕とっ
ては今年のベストだけでなく、これまで数多く聴いてきたラトル(バーミンガ
ム市響&BPO)の中でもベスト、
WPhの近年の日本公演の中でも飛びぬけたものとなりました。
今夜の感動、充足感はまるでクライバーやヴァント、ザンデルリンクを聴いた
後のような大きさでオペラを含む今年のあらゆるパフォーマンスの中でも上位
に来るものでした。
彼らのベートーヴェンは決して万人受けするものではなくウィーンフィルを愛
する方の中には非常に当惑された方も居るでしょう。ある意味で非常に古楽的
(弦のボーイングやヴィブラート、そして非常に堅いスフォルツァンドなど・・・)であり、一方である意味で非常に現代音楽的な演奏でした。
めくるめくテンポの自在な変化、音量の変化、色彩の変化は非常に研ぎ澄まさ
れたものでありそれでいながら決してウィーン風の色気と官能性を失っていな
い。まさにシェーンベルクやウェーベルンを聴くかのよう。
そしてこうした理知的な楽しみだけでなく、音楽そのものが呼吸を失わず、歌
心が曲全体に余すところなく横溢している。また決して局部だけをルーペでの
ぞいた演奏ではなく全体の見通しも素晴らしい。
(特にゆったりとした3番の4楽章は驚異的な流れがあった。)
このような21世紀的なラトルの解釈にまたあの誇り高きオーケストラが全身
全霊を込めてついていっているのも驚異的でした。
これまでのウィーンフィルの日本公演とは明らかに次元の異なるものであり、
まるで本拠地やベルリン、ザルツブルクで聴かれるような「本気」モードのオ
ケにただただ驚きました。解釈が全くお気に召さない方も、このオケの集中力
には驚かれたのではないでしょうか。1番の冒頭と3番の冒頭にやや弦の乱れ
があった以外はオケもほぼパーフェクト、特に木管&ホルンのハーモニーの美
しさ(3番3楽章のHr.トリオはこれまで生で聴いた中で最高)は筆舌に尽
くしがたいものがありました。

332 :名無しの笛の踊り:01/10/20 04:09
今年になってからウィーンフィルはオペラを含めて13回ほど聴い
てきましたが、今日のラトルはとびきり個性的で、密度の高い演奏
は説得力にも溢れていました。まず全体にオーソドックスでスピー
ドも中庸。しかし随所に納得のいく解釈が行われていて、まるで彼
の描く設計図通りにウィーンフィルを導くと同時に、生命力を吹き
込む魔術師ラトルといったところでしょうか。

第1、第2ヴァイオリンを左右に広げたレイアウトも音のパノラマ
を演出するのに効果的でした。ベートーヴェンの描く音楽を空間で
認識できるためか、とても明晰な印象を受けました。例えば交響曲
1番1楽章の第2主題がオーボエで提示される箇所で、第2Vnの
上昇音形と第1Vnの下降音形が連続するパッセージは左右を走る
響きが空間の広がりを感じさせていました。特にラトルの息吹が顕
著となり始めたのはメヌエットでした。くっきりとしたアクセント
やスフォルツァンドによるメリハリがとても鮮やかでしたし、トリ
オ開始部における木管パッセージのデクレッシェンドも心憎いばか
りに効果的。そしてフィナーレでのアダージョはスピードを極限ま
で落として、続くアレグロ・モルト・ヴィヴァーチェを快速に聞か
せるコントラストは見事でした。第1主題進行中30小節目におけ
るティンパニの連打も実にパワフルで、若きベートーヴェンの躍動
とラトルの表情の豊かさがオーバーラップするようでもありまし
た。

333 :名無しの笛の踊り:01/10/20 04:10
さて3番のシンフォニーについては、夏に聞いたノリントンの斬
新さが印象的でしたが、ラトルのアプローチも素晴らしいものでし
た。全般にスタッカートは鋭く、弦は歯切れ良く、管も空間を抜け
るような明るさで、全体がバランスするといった感じ。音は決して
重々しくならないで、フォルテ・ピアノを顕著に聞かせながら、音
が消え行く余韻に次の響きが連なるようなサウンドは爽快そのもの
でした。音楽の推進力は申し分なく、特に第1主題に続く、45小
節から続く木管のパッセージは10小節にまたがるレガートのよう
に演奏され、とても流麗であって、オーボエ、フルート、クラリ
ネットと順次変わる音色の変化が耳を喜ばせてくれました。こう
いった多彩なニュアンスが変幻自在といったところで、基本となる
弦のベースも歯切れのよい力感が最高にバランスしていました。そ
れから強弱の設定も随所に加えられていて、特に1楽章エンディン
グの手前、662小節で急激なデクレッシェンドを効かせて、すぐ
にクレッシェンドに転じ、フォルティッシモのトゥッティ連続に突
入するあたりの冴えは素晴らしかったです。じっくりと聴いている
と、随所にラトルの手の内が見えてくるのですが、これらがとても
自然でリーズナブルなところがまた凄いです。またフィナーレは圧
巻で、アレグロ・モルト冒頭の強烈なパッセージに続いて、素晴ら
しく響くピチカートを経て、3連打のフォルティッシモ。長めの
フェルマータを取ったあと、スピードを落としてからの弦の連打と
次の管の連打のコントラストが強烈でした。目まぐるしく展開する
パッサカリアに呑み込まれそうな演奏で、ホルンの朗々とした響き
に大きく高揚しました。音楽全体の統一感も見事でミクロとマクロ
で聞かせるベートーヴェンに圧倒。アンコールはシベリウスの「鶴
のいる風景」。弦の深い響きがとても印象的でした。今日はまさに
ウィーンフィルの真髄を新鮮な指揮で聴ける貴重なコンサートでし
た・・・

334 :名無しの笛の踊り:01/10/20 06:14
高周波、なんか臭そう。
それは口臭歯か・・・

335 :名無しの笛の踊り:01/10/20 09:04
収録が今日しかないのを盗録マニアは喜んでいるだろう・・・欝

336 :名無しの笛の踊り:01/10/20 09:36
玄人受けする曲ほど期待できるのか>311

337 :名無しの笛の踊り:01/10/20 10:11
>>332
>>333
 こら、辻本さんの感想のコピペではないか(藁

 俺も聴いてきたけど、ウィーン・フィルって、懐が深いオケだね。
 伝統を維持するために、新しいことにも積極的にチャレンジして、しかも主体性は失っていない。

 両翼配置にするだけでブチブチ文句言ってる根津など、「音楽家」として括ること自体が間違いだということが判った。

338 :本日BS―2生中継:01/10/20 10:58
フライングブラボー&拍手、お楽しみに!

339 :名無しの笛の踊り:01/10/20 11:25
厨房がわめこうが英雄が不出来だった事実はかわらん

340 :名無しの笛の踊り:01/10/20 23:34
実演聴けない貧乏人が劣悪音質のBS見てわめいていますなあ(藁

341 :ライモン・サトル:01/10/21 02:22
331・332・333のレスに、全く同感です。
『マクロとミクロで聞かせるベートーヴェン』
全く同感です。
ホントに、こういう演奏は、これまで生きてきて、
聴いたことがない。全くすごかった。
なにか、歴史的な瞬間に立ち会った、という
気持ちがしました。

342 :名無しの笛の踊り:01/10/21 03:39
BSで聴いたのだけれども、無理してでも行けば良かった。

2番は評判に聴いてたよりも、オケにまとまりがあったし、4楽章なんてある意味、
現代の作曲者が疑似古典派の曲を書いたかのような気すらした。特にコーダ。
この変な部分がこんなに変に演奏されたのは初めて聴いた。いきなりバーンとか、正直笑える。でも、古典派の様式をなんとか打破しようとする作曲者の創意工夫が随所で見られ、この曲あってのエロイカという気がした。
2番がこんなに面白いとは。

5番はアンサンブルは乱れてたし、放送ではティンパニの音がハウり気味だったのが残念。
けど、あのアグレッシブさならまあいいんじゃなかろうか?
4楽章などは古楽チックな部分もありながら、2楽章なんかはかなりロマンティックな表情付け。
3楽章から4楽章に気が付けば入ってました、みたいな4楽章の入りも面白かった。
只、4楽章で、第一主題が三回登場するうち、再現部のそれが最もタメた、堂々としたものだった
のは、何を意図したことなのだろう?4楽章の入りに向けて、オケがあんま盛り上がらなかっただけなのかも。

が、なによりこの曲が一つの動機でマニアックに作られている事をきちんと押さえ、
音楽を推進させてるのは、他ならぬあのリズムなんだと言うことを、こんなに分からせてくれる演奏は初めてだった。
4楽章なんか特に。クローズアップされる音にきちんと意味のあったところが、
目新しさ以上の何かを表現してたような気がする。

343 :342:01/10/21 04:38
別スレで書いてあったけど、ラトルが、ベートーヴェンなんてこんなもんと開き直ってるような所が
素敵。こんなに変でパワーに満ちた曲を書いた人がいましたっていうような感じか。

このパワーが、後のロマン派を引っ張っていったんだなと。そして神格化され祭り上げられて、
厳格に重々しくやらなきゃイカンと。そして、古楽がそんなのウソだ、と。

今、ラトルのベートーヴェンは、そんな時代はもう終わったし、私、全然ベートーヴェンから
神聖な何かを感じませんみたいな人で、古楽にどうしても抵抗を感じる人に受けてるんじゃなかろうか?
古楽で不満に感じてるようなことを現代オケがやってくれてるし。

ラトルの第9が面白そう。きっと、第1楽章は厳格にやって次第に崩してゆき、第4楽章ではそのキッチュさ
を強調するんだろう。どっかで放送せんかな?

不満な人は、その辺がしっくりこないんだろうね。一昔前の、偉大で神聖視された
ベートーヴェン像にはまってる人は、容易にそれから抜け出せないんだろう。ある意味、宗教だからね。
私は、常々産まれてくる時代(ついでに国も)間違えたなと思っとるので、できればそういう
捉え方をしたいなあと思ってたけど、やっぱだめ。正直、ベートーヴェンの作品はかなりイモ臭いと思うもんね。
ただ、あのパワーは尋常じゃないとラトルの聴いて思った。

ラトルの開き直りみたいなものから、私はこうやるしかないんです、
こうとしか思えませんみたいな主張を強く感じる。それが良いのか悪いのかよくわからんけど。
まあ、良い悪いの問題ではないか。そもそも、アンコールで楽団と一緒に演奏、
なんていう姿勢が、君臨してませんよというノリで今っぽい。それを嘆くも良し、笑うも良し。
つまり、上手くやるには、そういう方法しかないんだろう。

344 :ライモン・サトル:01/10/21 06:43
昨日のテレビ放映での、ラトルがベートーヴェンとVPOについて
語っているのを見きましたか?
ラトルのベートーヴェンとVPOに対する姿勢については、
すごく真摯な感じを受けましたし、真剣さ、敬虔さすら漂っていました。
それを大げさに表現せずに、自然体で語っているところに
ラトルの賢明さというか、人間性が現れていて好感が持てました。
私は、ラトルの姿勢からは、音楽を謳歌するような伸びやかさを感じます
が、やはり同時に音楽に対するある種の厳格さを感じます。
ポップな感じはあまり受けません。

345 :073:01/10/21 08:24
昨日ノアンコール
ドボルザークのスラブ舞曲
らとるがティンパニをたたいて共演

346 :名無しの笛の踊り:01/10/21 08:43
>>295
2番は超名演でしたYO!
2番>1番>>>>5番>3番
って感じ。3番の第1楽章での不揃いが痛かった。

んでも、5番終楽章のピッコロ萌ぇ〜

サントリーのRBブロック初めって(っつーか2F席初めて)だったが、
すっげー良く聴こえた。1F席より良いわ。

347 :そーなんやー:01/10/21 08:50
じゃあ、次回は私も二階席にしようかな・・・。

348 :280:01/10/21 08:53
>343
>別スレで書いてあったけど、ラトルが、ベートーヴェンなんてこんなもんと開き直ってる

それってこれのことかな:
>629 :名無しの笛の踊り :01/10/20 22:00
>ラトルの心は…ベートーヴェンなんちゃって!かも
これ書いたの私でした。(笑 ベト交の後のアンコールでドヴォルジャークとか
シベリウスやったんでしょ。旧美学の持ち主だったらまあやらないわな,そんな曲。
なぜわざわざこれらの作曲家を選んだかというラトルの真意はわからないが…
ひょっとしたら日本への顔見世興行(ラトルにとって今回が実質上の日本へのお目見え)で
私実はこっちの方が得意なんですよーってアピールしたかったのかも。

349 :>346:01/10/21 09:30
漏れは、2>1>>3>>>5、だな

350 :名無しの笛の踊り:01/10/21 09:46
346さん
ピッコロはヘタでしたよ。

351 :>350:01/10/21 09:51
下手?そうか?漏れは346にあらず。

352 :名無しの笛の踊り:01/10/21 10:21
ビルスマ爺のフモールと案外共通点があるかも。来月聴きに逝くかな

353 :サいもん・らとル:01/10/21 10:33
サルにしか見えない…。

354 :名無しの笛の踊り:01/10/21 10:46
5番を見ての感想。
リズムの流れをブチ壊すような指揮法に疑問。
古典ウンヌンという屁理屈の以前の問題として音楽がまったく流れない。
音痴だ。
意味不明のサル顔の表情からも、とても音楽をやるセンスのある人間とは思えない。
単なる分裂症だ。白人が意味もわからず小澤の表情のサルマネしてる様にしか見えない。

355 :名無しの笛の踊り:01/10/21 10:52
>>354
流れない
思えない
見えない

ちゃんと韻を踏んでるね。もしかして有名なラッパーの方ですか?(w

356 :名無しの笛の踊り:01/10/21 11:09
BS-2の放送録画見たけど音が最初モノラルかと思うほど平板。
昨日ではなく一昨日サントリー行ったが、現場で聴く音は遥に
情報量が多く殆ど別物。
BS-2だけで判断したら「ラトルだめじゃん」で終わってしまう
かも。

357 :名無しの笛の踊り:01/10/21 11:14
5番、昨年末ORFと今回のNHKでも情報量ちがいすぎ。どうにかならんか

358 :名無しの笛の踊り:01/10/21 11:56
結局、NHKが映像音声共にタコってことで結論づけていいですか?>ALL

359 :356:01/10/21 12:45
映像もだが音楽番組の中継は音声もうちょっと何とかしてもらわんと。
EXTONに技術供与してもらうとか(笑)
仮にもオーケストラを抱えて定期的に中継するならもうすこし頑張って
頂きたいが、金が問題か?

360 :↑お耳の問題でしょ:01/10/21 14:07
10年前のケルン放響のマーラーチクルス、収録隊も来日して、NHKから放送された音は別物だった

361 :放送を見て・・・・:01/10/21 15:34
少々音質が悪くても、十分伝わってきたよ。それがラトルの演奏の
すごいとこだと思ってる。トスカニーニやフルヴェンの演奏が、
モノラルのザラザラ音でも感動できるのに似ている気がする。
繊細な中にも、実はものすごいエネルギーを生み出している音楽で、
思わず一緒に指揮してしまったよ。

362 :サルトル:01/10/21 15:41
へぇ〜、現地ではもっと違った音が鳴ってたのか?
テレビで流してくれたのは不幸中の幸いだが、
やはりチケットが取れなかったのは不幸だったよ・・・。
再来年こそは・・・。

363 :名無しの笛の踊り:01/10/21 17:16
本日のアンコール:フォーレ/バヴァーヌ

364 :ど素人の感想:01/10/21 22:38
7番、音量やビブラートを抑えに抑えて始まった2楽章、
悲しくなって泣きそうになった。4楽章はうねって絡んで
突っ込んで終了でまいった(アンコールはホントに無くて良かった。
フルートは素敵だったけど)。
ラトルは茶目っ気がありそうな人だった。指揮も本当に楽しそうで、
団員も一生懸命やってるのがこちらにも充分伝わってきた。

オマケ話:クルクル寿司の「UOKi」で1枚900円の金皿を
2枚食べたのに、茶色の皿と間違えたらしく、1枚分しか
計上してなかった。他の皿の間に挟まれた金皿を見間違えたらしい。
(もう一枚はラストに食べたので一番上に乗っけてあった為
一目で金皿と分かる)

365 :名無しの笛の踊り:01/10/21 23:40
漏れは、隣のヤツのVPOグッズの入った紙袋が動く度にガシャガシャ鳴って、
悲しくなって泣きそうになった。

昨日は昨日で5番の2楽章で隣の婆あがハンドバックの上に老いた手が離れる
度に、ペタペタ音を立てて、悲しくなって泣きそうになった。

明後日、漏れの隣に座るヤツ、音たてるなYO!

366 :名無しの笛の踊り:01/10/21 23:42
>>365
それはある種のテロですなあ。ご愁傷様デス。

367 :365:01/10/21 23:43
一昨日は一昨日で、ブラボーブラボーって耳もとで騒いでたし、
3番が終わった直後、ガッツポーズしてたし(藁

なんで、漏れの周りに座るヤツって碌なの居ないんだろう。

368 :名無しの笛の踊り:01/10/21 23:47
7番4楽章、2段階ギアチェンジが見事に決まって効果絶大!

369 :名無しの笛の踊り:01/10/22 01:46
4番は終楽章以外は普通の出来だった。7番は強い推進力一気に押し切った名演。4楽章の盛り上がりは絶品。

おれの隣に座っていた奴は、音楽にあわせて体を揺らすわ、指でリズムをとるわで最悪。なんでこういうやつって迷惑行為ってのを分かんないわけ?
そんな聴き方している奴って、音楽を感情だけで聴いていて本当の深みなんか分かんないんじゃないかと思うから、余計に腹が立つ。
あと演奏途中で飴をなめる奴は二度と来るな。目障り。あと自分で指揮の振りする奴も。

370 :名無しの笛の踊り:01/10/22 02:06
>>368
ごめん、あれだけは僕には不自然、っていうかやり過ぎの感がした。

371 ::01/10/22 02:29
そうそう、ギアチェンジするんだよね、7番の終楽章。
<速・高速・最速>3段ギアで、最速から速に落ちるのが堪らなかったな。
速度上がるのは慣れてるけど、落ちるのって酔うね。好きだな。

372 :本日オフ:01/10/22 08:41
ラトル洋琴披露&アルトマン公開講座あげ

373 :気持ちは分かるが・・・:01/10/22 14:08
>>369
そんな風に、自分と異なる行動性向を持つものへ不寛容なのは、
ラトルの音楽を解し愛することのできるあなたには、不似合いな
ものではないかとおもう。
歴史的にも、感情が身体に表れなくなるのは近代以降のことで、
感情の表出を抑圧することが規範化されたことによって近代人からは
身体性が剥奪されました。
それまでは皆、感情は身体表現と共にあったわけです。
つまり、ラトルの素晴らしい演奏によって、心理的に抑圧されていた
近代人の身体性が取り戻されたといったところでしょう。
それも、ラトルの演奏の稀有な力の証だと思います。
ただし、珍しがり、新しがりのクラシックファンが鼻につくというのは、
私も良く分かります。

374 :名無しの笛の踊り:01/10/22 14:15
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ehole/

375 :373:01/10/22 14:24
補足:
一般に、音楽とは、音・リズムを用いて、聴く者の空間感覚と時間感覚
に影響を与えて、精神に多様で多質な感情・イメージを呼び起こす
表現形態であるといわれます。
そうであれば、感情・イメージこそが本質です。
呼び起こされたものを、『つたなく』身体表現すると、
『指揮のマネ』等になるのでしょう。

376 :....:01/10/22 14:33
>>374
陰湿な奴だな ブラクラとは

377 :名無しの笛の踊り:01/10/22 15:05
>>373,>>375
一理あると思うが、演奏によって喚起される受け手の感情やイメージに
は、当然のことながら個人差というものがあるはず。
体をゆすったり指揮真似したりというのは、そういった個人差を無視し
て自分の感じ方を他人に強制する行為といえよう。

378 :聴衆の一人:01/10/22 17:28
>>377
なるほど。表現行為が、他者に影響を及ぼすのは、
聴衆→聴衆の場合でもありうるという訳か。
そう考えると、客席で大きな身振りをすることは、
控えないと周りの人に迷惑をかけかねないね。
ちなみに私は、指先(人差し指)をゆする程度に
留めました。

379 :名無しの笛の踊り:01/10/22 17:56
>>378
ちなみに客席のブレンデル、指すらも動かしていなかった。
ずっと彼を見ていたわけじゃあないけれど...

380 :名無しの笛の踊り:01/10/22 18:55
>>379
え〜ブレンデルの近くだったんだー いーなー。

381 :名無しの笛の踊り:01/10/22 19:06
4年ほど前のVPO東京公演(ハイティンク指揮)でブルックナー7番
やったときスケルツォ楽章で、客席にいた内田光子が、リズムに合わせ
て右手で軽く指揮をしていた。彼女のななめ後ろにいたボク、本当に
あの時は参ったヨ! 大迷惑だった。
でも今度のラトルとの公演に内田が客席に来ていたら、軽く指揮の真似
するどころか、体も揺らしかねないだろうなあ!

382 :名無しの笛の踊り:01/10/22 19:24
>>381
オモロイ!!

383 :名無しの笛の踊り:01/10/22 20:41
勝ってに指揮真似しちゃう人も、たぶんその人には自然なわけで、その人がまわり
の多数に合わせようと無理しなきゃいけないというのも、反応を強制されている
ことだよね。勿論、そこでは多数の客の暗黙のルールを優先するのが、マナーなん
だけど、そんなこと考えだしたら、演奏会で感動どころじゃないんだよね。
倉敷のラトル行ったけど、隣の客だの、屁をコキタクても、我慢だし、オレは
そんなことばっかりで・・・カンジンの音楽に集中できん。エンソウカイという
もの自体が問題含んでる。

384 :名無しの笛の踊り:01/10/22 20:48
結論=心底音楽に集中できない小姑が周りの些細な事に難癖をつける。以上。

385 :名無しの笛の踊り:01/10/22 20:49
>>383
一理あると思うね。

386 :Cブロック友の会:01/10/22 20:56
7番の最終楽章は、そのリズムが体を突き抜ける感じがして、
思わずロックのライブの感覚になっちゃったけど、
クラシックの場合はピクリともせずに聴けっていうことなのかな?
それもちと寂しいような!

387 :名無しの笛の踊り:01/10/22 21:11
>>386
  同意!!

388 :名無しの笛の踊り:01/10/22 21:19
好きなように聴きゃあいいのよ。どうせ面と向かって文句いう度胸のある奴なんてそうそういないんだからさ。

389 :通行人:01/10/22 21:20
指揮してる時のあの顔は怖い・・・・(藁

390 :名無しの笛の踊り:01/10/22 22:08
私は今回の7番4楽章は舞踏というよりセックス描写だと思った。
最初の方が異様にゆっくりでどんどん加速して最後は悦楽としか言いようがないほどの
速度だった。
私は7番のあまりに直接的な快楽より4番のデリケートさを含んだ感じの演奏の方が
印象にのこった。あとアンコールのフォーレのパヴァーヌも繊細すぎるフレージングにドキドキ
した。全体的にウィーンフィルならではの細部の陰影があったし、ラトルの解釈も斬新な中に優雅さを
漂わせていた。「過激なのに色っぽい」これがこのコンビの醍醐味だと思う。
あと関係ないけど、この日(21日)は休憩時間にロビーの上に宇野コーホーが知り合いと
なにやら語っていた。見た感じ休憩の前に演奏された4番を褒めていたような感じだった。

391 :名無しの笛の踊り:01/10/22 22:30
>>390
コーホー、ベト7に関してはどうなんだろう?
まさか自分の指揮したやつが最高なんてまだ思ってるんじゃ無いでしょうね。

392 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:04
坂本リューイチが、以前書いてたよね。バッハは大好きで、平均率ナンカをひとりで
弾いてるのは、トテモきもちいいけど、それだけだとなんかしっくりこない・・と。
どうしても、ドビッシーとか違う音体系のものとかを弾きたくなるトカ、ナントカ・・・。
ベトの後にフォーレなんて、客に対してと同じに奏者に対する配慮カナとも思ったりする。
多分、弾いてて気持ちいいと思う・・単純にね・・。

393 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:13
ベト7フィナーレで、思わずさすがに体動かしたい衝動に狩られたが、
ナナメまえでモーレツに指揮してるヤツのコトや、隣の「私は冷静に
聴いております」モードのクラヲタのコト、Aちゃんねるの住人が
半径10メートル以内で冷ややかにオレを観察している可能性などを、
吟味、逡巡してるうち、曲は終わってた。いつもオレはこのパターン。
なんとかしてくださいよ。フォーレのときオレは半泣きだった。

394 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:22
禿同!私も演奏会ではどうしても自意識過剰状態で結局、帰途のカーステ
から流れる音楽に安堵している。会場で音楽のみに没頭できる人たちを
激しく羨むが、しだいに憎しみも増してくる自分が情けない。

395 :まあまあ落ち着いて:01/10/22 23:25
一転して明日はしっとり地味プロ。これも楽しみ

396 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:53
自分は音楽にあわせて体を動かしたくなっても我慢して聞いている方が感動が発散されずに体に蓄積してくるので、結果的に感動が大きくなると思う。
ちなみに自分の困った癖は、感動してくると息が出来なくなること。いい演奏会に行くたびに死にそうになる。

397 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:55
本当の名演に接したら体が縛り付けられたようになって体を曲に合わせて
動かす余裕なんぞなくなると思うのは俺だけ?

398 :じゃあ死ねよ:01/10/22 23:57
読んでてつまんねえんだよ、きさまのバカレス。早く寝ろ

399 :4楽章ラストは硬直:01/10/23 00:03
自分もです>>397

400 :396:01/10/23 00:07
>>398
わかりました寝ます。

401 :名無しの笛の踊り:01/10/23 03:25
今日のピアノはまあまあ、ティンパニよりはうまい。

402 :名無しの笛の踊り:01/10/23 04:55
BPOとの初来日希望プロを語る

1.リゲティ グラン・マカーブル(セミステージで良し)
2.タコ ジャズ組曲&第5(8,7)←CDになってないやつ
3.マラ 亡き子&第6(5,7)
4.マラ8(実はコレが一番聴きたい)
5.ブル9、4楽章付き(最近流行り)
6.ワーグナー 管弦楽曲集(後半はワルキューレ3幕など)
7.シェーンベルク&ウェーベルン編曲集
8.アダムス・プロ(後半はハーモニウム)
9.ブラームス 3&4(ハーディングが良かったので)
10.ストラヴィンスキー 結婚&春の祭典

あとなんかなかったっけ

403 :名無しの笛の踊り:01/10/23 04:57
忘れてた。 シマノフスキ チクルス
交響曲全曲とヴァイオリンコンチェルト、ロジェ王もアリ。
こんなのが聴けるといいなあ

404 :名無しの笛の踊り:01/10/23 07:58
ウェーベルンなんかもいいなあ。
タラスブリーバ、弦チェレ、ドビュッシーなんかも面白そう。
ラモーなんかも期待。
でも、シューマンとかブラームスとか、ああいった
ドイツ浪漫派バリバリの曲はやってもらいたくないね。

405 :名無しの笛の踊り:01/10/23 09:04
マラ10は?

406 :名無しの笛の踊り:01/10/23 09:15
明日の第九かんそうキボンヌ

407 :名無しの笛の踊り:01/10/24 01:07
明日の第九リハーサルかんそうキボンヌ
ラトルの言ったことを書いてちょうだい>コトバの分かる学生さん

408 :名無しの笛の踊り:01/10/24 01:12
田園とピアノコンチェルトは忘れられてるのか?

409 ::01/10/24 08:08
ラトルはマーラーの5番を来年ベルリンフィルと、
8番を2004年にバーミンガム市響と録音して、全集完成!だそうです。
最近出版された伝記に書いてあった。

410 ::01/10/24 13:10
揚げ

411 :名無しの笛の踊り:01/10/24 13:16
もう一つのラトルスレにすでに書いてしまったんだけど
ここにもカキコさせて。

ラトル/VPOのベト5CD聴いたけど面白かった〜
(他に4種類の録音と聴き比べてる。)
あれって楽譜通りにやってるの?
なんかレコ芸8月号に金子健志が分析載せてるらしいね。
読んだ人要点をウプしてくれると嬉しいんだけど…
もちろんご自身による解説・分析も歓迎。

412 :名無しの笛の踊り:01/10/24 15:13
>>409
8番はバーミンガムじゃなくなったとか

413 :名無しの笛の踊り:01/10/24 15:25
会場には、いろいろいて大変そうだが、
近ごろは放送も大変です。
ばか穴と堀内。お前らどんなやつを想定してしゃべってんだよ。
それに、ただいまの曲は・・って知らんやつぁいないよ。
ぶらぼお隊といい勝負だよ、ったく。
87年のニューイヤーの中継で、
「あらら、カラヤンさんすぐ始めちゃうんだもん」
って、ほざいたバカを思い出した。

414 :名無しの笛の踊り:01/10/24 15:59
>>412
マジっすか??元ネタどこっすか??
もう少し詳しい情報ありましたら教えて下さい
お願いします。

415 :名無しの笛の踊り:01/10/24 16:04
本人がBPhにしたいと言っているそうな。
ある情報通から。出所は赤いレーベル。

416 :エミール:01/10/24 16:06
東芝EMIのクラシッククラブ会員通販で買ったシベリウス全集が良かった。ベルグルンドの次くらいかな!

417 :名無しの笛の踊り:01/10/24 21:24
第九、おわったかな…

418 :365:01/10/24 22:52
>>365
> 明後日、漏れの隣に座るヤツ、音たてるなYO!

敵は隣で無かった。左斜め後ろだった。
ピアノコンチェルトの最中、パンフを指で叩いていた。
鬱陶しかったので、楽章の間、「音をたてるなら、表へ出てやれ」って逝ってやった。


419 :名無しの笛の踊り:01/10/24 22:54
>>418
偉い!よく頑張った!

420 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:42
ラトルでBPOも地に墜ちるな。

421 :名無しの笛の踊り:01/10/24 23:44
>>420
どして?

422 :名無しの笛の踊り:01/10/25 00:34
いやぁ、ベートーヴェン・チクルス終わったね。
次の来日が楽しみ。

423 :名無しの笛の踊り:01/10/25 00:40
420はキティガイなので相手にしないでね!

424 :名無しの笛の踊り:01/10/25 00:45
ところで、今日P席におったのは弔旗か?

425 :名無しの笛の踊り:01/10/25 01:52
>>418
私の隣の人はオーバーリアクションで、
合唱にいちいち反応して、体のけぞらしたり、手で顔を覆ったりしていた。
まあ、「ここまでやるか」って思うかも知れない合唱ではあったけど。
あと、ソプラノにあわせて口ぱくぱくさせるものだから、
くちゅうくちゅ音がして、これも迷惑だった。
はあ、書いて少しすっきりした。

426 :名無しの笛の踊り:01/10/25 02:29
>>415
出所って、いまは参詣のH末さんですか?

427 :名無しの笛の踊り:01/10/25 19:59
か〜るage

428 :名無しの笛の踊り:01/10/25 22:41
ラトルのベートーヴェン交響曲のCDは、この前でた第五番以外も、出ているのでしょうか?どなたか知りませんか?

429 :名無しの笛の踊り:01/10/25 22:44
盗撮きちがい男に訊けば。最高の席で全曲盗んだようだし

430 :名無しの笛の踊り:01/10/25 22:45
   , /⌒⌒γ⌒、
  /      γ  ヽ
  l       γ   ヽ
 l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V
  |6|      |     .|
  ヽl   /( 、, )\  )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ ヽ二フ ) /  < やっぱり誰か隠し録りやっとったんでっか?青裏出るんでっか?
   丶        .ノ     \____ホンマでっか?ホンマでっか?
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ

431 :名無しの笛の踊り:01/10/25 23:17
盗録って、そんなに悪いことですか? 長い歴史的スパンから言えば、録音はできるだけ各地に拡散した方が、後世に残ると思うけど。200年後とかにも。発掘される可能性が高まるじゃん・・・。

432 :名無しの笛の踊り:01/10/25 23:44
>431
意味不明なんですけど

433 :歴史専攻のラトルファン:01/10/26 00:19
え?意味不明?
後世の人たちにも聞いて欲しいじゃん、ラトルの演奏。
発掘されるんだよ僕らが今住んでる家とかも、
200年くらい経てば、大体埋まってる。
よく発掘されるの知らないか?江戸中期の家屋とか。
ほんの200年前の話でしょ、江戸時代も。

・・・・そんな空想を、しただけです。

434 :名無しの笛の踊り:01/10/26 08:51
>433
だって裏青なんてそんなにもたないよ。

435 :名無しの笛の踊り:01/10/26 12:52
>>434
CDもだめだよ

436 :431は盗撮犯でした:01/10/26 13:00
抗欝剤は強いお酒と一緒にガブ飲みしてね

437 :名無しの笛の踊り:01/10/26 15:19
ラトルは全然いけてない

438 :名無しの笛の踊り:01/10/27 00:27
いけてなくはないが、露出が増えるとすぐに飽きられるだろうな。

439 :名無しの笛の踊り:01/10/27 00:36
>438
前からわりと来日してたじゃん

440 :コレは聴きモノ:01/10/27 06:44
8th of August 2002 (note that is 2002)
there is the following end of season concert:

Mahler: Symphony No.8 "Symphony of a Thousand"

CBSO Chorus and Youth Chorus
Sydney Philharmonia Chorus,
LSO Chorus
National Youth Orchestra of Great Britian
Conducted by SIR SIMON RATTLE

441 :名無しの笛の踊り:01/10/27 09:02
ベト全盗み録り犯=1階6列19番と判明

442 :名無しの笛の踊り:01/10/27 09:46
以前から来日していたのに取り上げなかったマスコミが自らの不明をないがしろにしようと「実質的なお披露目」
などと訳のわからない枕詞を頻発しているだけ。クレーメルやアルゲリッチと着た時にもっとプッシュしてたら
良かったのにね。

443 :名無しの笛の踊り:01/10/27 12:42
CBSOとの5番は聞いたんだけど、今回は行けなかった
どなたか比較リポートを
ガイシュツだったらスマソ

444 :名無しの笛の踊り:01/10/27 17:11
・ラトルの意図が音としてはっきり伝わってきたのはバーミンガム
・音の立ち上がりの良さではウィーンフィル。(バーミンガムは案外平均年齢が
 高いせいか、立ち上がりとかきっかけでは結構もたつきがあったと思います。
 リズム的な音型も必ずしも正確には弾けていなかったし、、、。)
・音が出てしまってからの透明度ではバーミンガム。(音楽が良い意味で「抜け
 て」いたと思います。ラトルのコンセプトへの理解度が高く、決して無理せず
 に起伏を作っていました。その点、ウィーンフィルはまだまだ「我も我も」の
 アンサンブルといった感じが強いです・・・アクセルを
 少し弛めた方がコーナーを速く曲がれる事がありますが、それを自然にやって
 いたのがバーミンガム。目一杯踏んでドリフトさせて豪快に曲がっているのが
 ウィーンフィル、といった感じです。)
バーミンガムとの「第5」をもう一度ナマで聴きたくなってきました。あの軋み
と立体感は忘れられません。こういう曲だと思います。

445 :443:01/10/27 21:53
>>444
どーもです
CBSOとの5番って、ラトルについて来る団員とついて来ない団員に二分されていた感じ(特に弦)があったんだけど、今回は違ったようですね
やっぱり聞きたかったなあ

446 :名無しの笛の踊り:01/10/27 22:10
ショスタコーヴィッチの4番はいい

ただラトルもチョン(録音)も線が細い気がする
(チョンはライブが素晴らしいのに)

447 :名無しの笛の踊り:01/10/28 00:27
今晩BS−2にて「故郷を離れて」の第6・7回放送予定。
02:39〜04:26詳細は
http://www.nhk.or.jp/hensei/bs2/week.html
をご覧有れ。
お見逃し無きよう。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)