5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スタ−バト・マ−テル

1 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:09
宗教声楽曲で一番人口に膾炙されているのはレクイエムでしょうが、
中世に書かれた詩を題材にしたスタ−バト・マ−テルも
なかなか隠れた名曲ぞろいだと思うのですが。
ペルゴレ−ジは言うに及ばず、ヴィヴァルディ、プ−ランクなど
もっと聴かれてもよいのでは。
そこで「スタバト」について何でもよろしくお願いします。

2 :名無しの笛の踊り:2001/08/15(水) 23:10
ドボルザークが一番好き♪

3 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 00:01
>>2
買いはやっぱりシノ−ポリ?

4 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 06:25
やっぱヴィヴァでしょ。あの沈鬱な表情はたまらん。

5 ::2001/08/16(木) 06:27
              ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  < >>4はクサーイ屁をしました
      /     /    \
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

6 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 19:13
>>4
ヴィヴァルディ、黒澤明の映画「八月の狂想曲」でもメインで
使われていたね。
聴いた時、黒澤氏は「これだっ!」と思わず思ったそうだが。
しかしなにか日本料理に無理矢理外国の食材を使ったような
妙な違和感もあり。個人的にはあまり合ってなかったような気もする。
演奏はホグウッド/ボウマンだったか。間違いだったらゴメン。

7 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 19:40
ロッシーニ萌え。

8 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 19:50
短いけどヴェルディはいいぞ。

9 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 20:11
やっぱペルゴレージでしょ。ヤーコプスのがいいね。

10 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 20:15
ハルモニア・ムンディからスタバト・マ−テルの
BOX CDが出てるって聞いたことあるんだけど
知ってる人いない?

11 :無知の血:2001/08/16(木) 21:30
スターバト・マーテルってなんですか?

12 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 21:35
N強のプーランクよかったぞ。

13 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 21:39
>>11
和訳すると「悲しみの聖母」です。
イエスが処刑されて悲しむマリアの心情を詩にしたものです。

14 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 21:40
>>12 漏れはあの曲に不似合いな響きだと思った。

15 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 21:44
マニアックすれ

16 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 22:44
>>12
N強海外公演でプ−ランク「スタバト」やるみたいだけど
大丈夫そう?

17 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 23:09

        /|/'-'' ̄  '‐-、
     _/^          `ヽ、
  ∠ ̄               ゝ
   /                 \ ドヴォルザークは聴いてない…
 ∠                     \
 /       .ハ ハヽV\ヽ、_     \
/,-‐、       | l| レ' | |__//__L_    __\
 /      |/Aニン  ヽー'~,,ノ | \ 〈,‐ヘ\__
/,-‐'フ   .| r〜-、_    / o ノ  \.〈,‐ヘ\~''- ,,
   |/ |ハ | ヽ__ o l  ヽ~U~     \〈_ノ \   ~'''‐-
   |   l|\~し'~~|   ヽo  U   \l ヽ、 \
        \O  |   __)    __  \  ヽ、ヽ
          \   し〜' _,,-‐'' ̄  ヽ \   ヾl
          \ r‐'' ̄    _ -‐' ̄>/   |
           \ヽ_ -‐'' ̄  ,, -''/       |
.           /\ヽ_, -‐'' ̄ /      |
           /  /`iー―――‐'        |
          /  /  |     \

18 :名無しの笛の踊り:2001/08/16(木) 23:27
一応歌詞紹介

悲しみに沈める御母は御子のかかりたもう十字架のもとに
涙にむせびて、たたずみたまえり

嘆き悲しみ苦しめるその御魂は刃もて貫かれたまえり

神の御ひとり子の祝せられたまいし御母は
いかばかり悲しみ、憂いたまいしか

慈しみ深き御母は栄光の御子の苦しみを見たまい
いかばかり嘆き悲しみうち震えたまいしか

キリストの御母がかく悩みたもうを見て
誰か涙を流さざるものあらんや

キリストの御母が
御子とともに苦しみたもうを見て
誰が悲しまざるものあらんや

御母はイエスが人々の罪のために責められ
鞭打たれるを見たまえり

ああ、愛の泉なる御母よ
御身と嘆きを共にせんため
我に御悲しみの力をかんぜせしめたまえ

神の御心にかなわんため我が心をして
神なるキリストへの愛に燃えたたしめたまえ

ア−メン

と、この歌詞に作曲家が思い思いの曲をつけたわけですね。

19 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 00:36
プ−ランクのスタバト、
レクイエムでいえばヴェルディに感じが似ているかな。
そうでもないか。

20 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 08:24
デュトワでやるの?
デュトワになってから、Nはフランス物が上手くなったのかい?
そうには聴こえないが。

21 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 10:41
>>20
デュトワです

22 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 10:46
>>11
13と18の補足。
スターバト・マーテル(Stabat Mater)というのは、原文(ラテン語)の最初の2単語をとったもの。
stabatは英語ならstood、materはmother。
つまり、御母はたたずみたまえり、が原文では最初に来るわけ。

23 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 10:55
ミケランジェロの「ピエタ」のイメ−ジに最も近いのは
ヴィヴァルディだと思うのだが...

24 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 11:58
従来のそれとは異質だが、ペルトの曲は美しい。

25 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 18:00
>>24 聴いてみたいアゲ

26 :名無しの笛の踊り :2001/08/17(金) 18:09
板違いかも知れぬが。
桐山襲(きりやま・かさね)の『スターバト・マーテル』(河出文庫)は、
現在絶版となった模様。
 ↑
Poulencの『スタ−バト・マ−テル』にインスパイアされて書かれた小説。
(中身は浅間山荘事件)

27 :名無し笛の踊り:2001/08/17(金) 18:42
>>24
古楽ヲタのおひらにも聴きやすくていいYO

28 :名無しの笛の踊り:2001/08/17(金) 23:43
>>24
CDとか誰のがいいの?

29 :名無しの笛の踊り:2001/08/18(土) 00:25
>>20
デュトワになってからN響ちっとはましになった。
昔のN響はフランスものやるには色気が乏し過ぎ、今のN響は中途半端に色が付いてるって感じ。
まだまだ…ってのが個人的印象なんだけど?

30 :名無しの笛の踊り:2001/08/18(土) 00:39
結構ペルトに注目が集まってちょとウレシ。

オレの知る限りでは手許にあるECMのペルトアルバム「ARBOS」
に含まれる、クレーメル他の演奏があるのみではないかと(他にもある
なら情報求む)。ちなみに編成は sop,C-ten,ten,vn,va,vc 各1名。

蛇足ながらこのCDには、ファンファーレ風のタイトル曲「ARBOS」や
スタバトをよりコンパクトにしたような「Es sang vor langen Jahren」
など、傑作が目白押し。個人的には全曲お薦めしたい。

31 :名無しの笛の踊り:2001/08/18(土) 11:08
ラトル=バーミンガムがシマノフシキのスタバト録音してるよ。
プーランクのスターバト・マーテルよりも美しく神秘的なこの曲、
もっともっとメジャーになってほしい。
ラトルを知るためにも必須の演奏だと思う。
 

32 :名無しの笛の踊り:2001/08/18(土) 11:12
>>31 シマノフスキもあるのか。

33 :31:2001/08/18(土) 12:08
>>32
シマノフスキで比較的入手しやすいのは
ストリヤ=カトヴィッツェ放響(NAXOS)

34 :名無しの笛の踊り :2001/08/18(土) 19:57
近現代曲のスタ−バト・マ−テルばかり話題になっているようですが、
ルネサンス・バロック期にはさすがに美しい曲がそろっている。
モンテヴェルディをはじめとしてコ−ニッシュ、A・スカルラッティ
などどれも素晴らしいが、なかでもよかったのがD・スカルラッティ。
ホロヴィッツやスコット・ロスの全曲録音のソナタ集で有名な作曲家だが、
声楽曲も素晴らしいです。構成自体にそれほど目新しさはないかもしれないが
力強さと美しさが素晴らしく溶け合った名曲だと思う。

35 :名無しの笛の踊り:2001/08/18(土) 21:54
止めに子・スカルラッティのスターバト・マーテルお薦め盤情報UPきぼん

36 :34:2001/08/18(土) 22:55
ソニ−クラシカルから出ている
English Bach Festival Choir&Orchestra
Jean−Claude Malgoire
のCDがお薦め。
解釈としては中庸と思われるが、心地よく聴ける佳演だと思う。
同録はヴィヴァルディのスタバト。
新星堂で購入したのだが、なんと1000円だったよ。

37 :34:2001/08/18(土) 23:16
>>36
36の補足。
スカルラッティィはBBC Singers/John Pooleによる。
CDの名称は「Vivaldi Stabat Mater」だよ。
ヴィヴァルディの方は独唱のアルトが今一つか。

38 :35:2001/08/18(土) 23:55
>>36-37

早速のご教示ありがとう。探してみます。

39 :34・36・37:2001/08/19(日) 00:29
買って聴いたら感想教えてね。
あっと、なんせ1000円だから解説は一切なし。
各トラックの時間が記入してあるのみ。
悪しからず、そういうことでよろしく。
数ヶ月前に買ったばっかだから廃盤にはなってないと思うよ。

40 :名無しの笛の踊り:2001/08/19(日) 10:42
スタバで一服アゲ

41 :名無しの笛の踊り:2001/08/22(水) 23:18
シマノフスキ推薦age

42 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:30
板違いかもしれないけど
マリアってどうしてそんなに崇拝の対象にされてるの?
聖書にはマリアを神格化した箇所は一つもないと思うのだが。
ギリシャの女神信仰みたいなものにいつの間にか影響を受けて
そうなったのかな?

43 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:35
241氏なら答えられるだろう。

44 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:39
241氏とはどなた?

45 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:42
今は亡き宗教音楽スレで大活躍された方。

46 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:43
>>42
マリアはキリスト(=神)の母親。
だから、神に人間のことを取りなすように
母マリアに頼むってのが核心だ。

47 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:46
N響でロシニスタバトやったよね。
途中にホルンアンサンブルがえんえん続くところが良かったよ。
普段パートであわせることのないN響ホルンセクションが
舞台裏でずっとパー練してたのは感動的だった。
いつもそれくらいやってくれ。

48 :名無しの笛の踊り:2001/08/25(土) 00:53
N響金管下手なこと多いからね。

49 :名無しの笛の踊り:01/08/30 07:28 ID:UijGWRcU
>>34
モンテヴェルディってスタバは書いてないのでは?

50 :名無しの笛の踊り:01/08/30 09:22 ID:L2I481Ns
>>49
失礼。
パレストリ−ナと勘違い。

51 :名無しの笛の踊り:01/08/31 15:04 ID:XfO6crDs
悲しみの聖母だね

俺も好き

52 :名無しの笛の踊り:01/08/31 15:20 ID:0D7gyW2.
カルダーラもいい。

53 :名無しの笛の踊り:01/09/03 20:20 ID:kUPy2eK6
ボノンチーニは?
ちなみにロッシーニはどこが、スターバトマーテルなのかわからない。
なんか明るすぎて。

54 :名無しの笛の踊り :01/09/03 21:29 ID:/e7Q.Zxs
>>53
同意。
ロッシ−ニはオペラを意識しているから
あんな曲になったんじゃない。
悲しみにうちしずむ聖母というより悲しみに絶叫する聖母だな。

55 :名無しの笛の踊り:01/09/04 23:33 ID:rDQ3pnpo
ペルゴレ−ジのスタバトどのCDがお薦め?
たくさん出てるよね。

56 :名無しの笛の踊り:01/09/05 01:49 ID:brBWNV2U
ドヴォジャーク長すぎ。
レクイエムもそうだが。

57 : :01/09/05 02:05 ID:NtxDiZ4o
マゼール=ベルリン放送響が好き。

58 :名無しの笛の踊り:01/09/05 21:15 ID:T9vaU2hs
>>55
ジェラール・レーヌのが一番好きだし、最高だと思います。
ルネ・ヤーコプスのも不思議な味わいがあって好きですが。
ボーイソプラノとの掛け合いという感じが。

59 :名無しの笛の踊り:01/09/05 21:28 ID:Z2y7E9Y2
>>55
どちらかというとカンタ−テナ−盤の方が名盤が多いような気がする。
>>58さん推薦盤しかり、ホグウッド&ボウマン盤しかり。
それに比べてアルトを起用した演奏はどうかな?
アバト盤などは良し悪しは別としてオペラ臭が強いような気がするが。

60 :名無しの笛の踊り:01/09/10 08:13
滋味だが、コルネリウスのもえーよ。

61 :名無しの笛の踊り:01/09/10 17:19
スターバトマーテルってやっぱりあんまり盛り上がる
話題じゃないのかな。残念。
ヴィヴァルディの「サルヴェレジーナ」なんか好きだけど
さらにマイナーな話題なんだろうか。

62 :名無しの笛の踊り:01/09/10 19:54
まあ元気出せよ。
サルヴェは最後の呼びかけの所とか(・∀・)イイ!

63 :名無しの笛の踊り:01/09/10 21:08
62へ、
ありがとう。61です。
これからジェラール・レーヌの「サルヴェレジーナ」でも
聴きます。
それから60さん、コルネリウスって知らないのですが、
良かったらもう少し詳しく教えて下さいませんか?

64 :名無しの笛の踊り:01/09/11 19:17
聖母でもっと盛り上がろう!

65 :名無しの笛の踊り:01/09/11 20:57
盛り上がりたいんだけど・・・好きだから。
内容とか、分かりやすいし。

66 :名無しの笛の踊り:01/09/13 06:36
>>59 自分で答えてるね わかりやすいね

67 :名無しの笛の踊り:01/09/14 00:12
スターバト・マーテルって一曲も知らない
っていうか初めて聞いた。。。。恥ずいなぁ
だいたいここに出てくる作曲家じたい半分くらいしか。。。鬱
なんか宗教の曲ってもともとニガ手だし
ヴィヴァルディあたり入門してみるっす 誰のがよろしいかの

68 :名無しの笛の踊り:01/09/14 00:24
>>67
オケパ−トはコルボが最高だと思う。
ただアルトの伊原直子さんの声は太くて暗い。
エラ−トから出ている。
なおこのCDには他のヴィヴァ声楽曲も収録されていて
「四季」オンリ−だったヴィヴァの違う魅力が垣間見えると思う。
ヴィヴァのスタバトは他にはピノックなんかの録音もある。
ちなみに黒澤明の「8月の狂想曲」で使われたのはホグウッド。
この盤のカンタ−テナ−のボウマンはなかなかいいと思う。

69 :名無しの笛の踊り:01/09/14 21:47
レスどうもです  >>68
早速明日CD見てみます

70 :名無しの笛の踊り:01/09/14 21:48
私はヴィヴァルディの「スターバトマーテル」は
今のところチャールズ・ブレットのものがいい。
どうもボウマンは顔が苦手で・・・。ブレットの
顔がどんなか知らないのですけど。
下らなくてすみません。

71 :名無しの笛の踊り:01/09/14 21:51
ボウマンの顔・・・・・!?

72 :名無しの笛の踊り:01/09/14 21:56
別に歌を聴くのに顔は関係ないけど、ボウマンのおじさん
顔、なんか苦手な気が・・・。
だから、下らなくてごめんなさい。気にしないで。

73 :名無しの笛の踊り:01/09/14 21:57
ブレットの顔・・・・・!!

74 :名無しの笛の踊り:01/09/14 22:29
だから気にしないで。
ごめんなさい、つまらない事言って。

75 :名無しの笛の踊り:01/09/14 23:07
もう気になってしょうがない。
ボウマンの顔。

76 :名無しの笛の踊り:01/09/16 16:40
>>70
それってどこから出てるの?

77 :名無しの笛の踊り:01/09/16 20:28
70です。
この間は書いてから恥ずかしくなってしまって。
ボウマンの顔の事ではないですよね?
ブレットのCDはCDNOWで買いました。disquues「PIERRE VERANY」って
書いてあります。ヴィヴァルディで検索していたらありました。

78 :名無しの笛の踊り:01/09/16 20:30
ボウマンの顔はホグウッド・スタバのCDに出ています。

79 :名無しの笛の踊り:01/09/24 10:59
ヴィヴァルディ聴いていると鬱になりませんか?

80 :名無しの笛の踊り:01/09/24 11:23
鬱というかしんみりしますね。
でもこういう曲って結構貴重じゃないですか。
他に同じようにしんみりする曲ってあんまりないような気もする。

81 :名無しの笛の踊り:01/09/24 11:56
ボッケリ−ニのスタバトは結構明るめ。
ボッケリ−ニ得意のチェロと独唱の絡みもあるし。
全体的にはペルゴレ−ジ系というかモ−ツアルトっぽい。
特に序奏なんかモ−ツアルトのオペラのものみたい。
秋の残照のような印象と言った人がいたけど
あまりそうは思わなかったなあ。

82 :名無しの笛の踊り:01/09/24 12:26
自分は男だし、作曲した人も男。
しかし女性からみて一番母としての悲しみを歌ってると
思うのはどの作曲家の作品なんだろうか。
女性の人教えて。

83 :名無しの笛の踊り:01/09/24 12:33
>>79
ヴィヴァルディは失恋したときに聴いたら悲しすぎて
かえってこちらは元気になっちゃいました。

84 :名無しの笛の踊り:01/09/24 13:50
母じゃないのでわからないワ

85 :名無しの笛の踊り:01/09/24 13:59
スタバト聞き比べてる人は少ないだろ。
しかも女でそんなのいるかな?

つーよりママに聞いてみれば? w

86 :名無しの笛の踊り:01/09/25 15:08
いろいろ集めてみようと思ってますが・・・。
母としての悲しみっていうとやっぱり
ひとりで歌っているものの方が感じられるような。

87 :名無しの笛の踊り:01/09/25 17:50
母として究極の悲しみでしょうね。
こんなに色々な作曲家が書いていたとは知りませんでしたー。
シマノフスキにキョーミあります。

88 :名無しの笛の踊り:01/09/26 02:08
ペンデルツキもあるぞ、スタバト。
あの緊張感あふれる旋律がいい。
こうしてみると現代作曲家けっこう書いてるね、スタバト。

89 :名無しの笛の踊り:01/09/26 17:45
宗教の曲はどうも苦手だ

90 :名無しの笛の踊り:01/09/26 19:54
実はスターバトマーテルのマニアです。まだそんなにない
ですが。女です。シマノフスキ・ペンデレツキは持ってませんが
どうですか? プーランク・ドヴォルザークがあんまり好きじゃ
なかったので、最近の人は聞いてないのです。あとシューベルト
にもあるようなんですけど、聞いた方良かったらご感想を。もし
いいようなら聞いてみたいのです。

91 :名無しの笛の踊り:01/09/26 19:58
90です。
ごめんなさい。ペンデレツキ緊張感あふれていい
とありましたね。現代の人もいろいろ書いているの
ですか?

92 :名無しの笛の踊り:01/09/26 22:17
>>90
シュ−ベルトは10代の時の作品。
他のリ−ト作品と同じ感じっぽいかな。
個人的にはあまり好きではないが、佳曲というにやぶさかではない。
あと古典派としてハイドンもある。
シュトルム・ウント・ドランク時代の作品。
自分としては天地創造よりも好き。
>>91
現代ではペルトが書いている。
パロットのCDがいいかな。

93 :名無しの笛の踊り:01/09/26 22:46
どうもありがとうございます。
現代の人の作品はまるで知りませんでしたが、
どうせなら集めようかなという気も。ベルトですか?
ベルトって誰? という感じですが(無知なもので
すみません)。パロットのCDですか?
シューベルトもまあ、悪くはないですね? ハイドンは
ドヴォルザークよりは聞きやすいかなと思いました。
どうも古い人の方がとっつきやすい気がします。

94 :名無しの笛の踊り:01/09/27 00:02
ペルトは大きなCD屋だったら現代曲の棚にコ−ナ−が
設けてあるから探してみて。

95 :名無しの笛の踊り:01/09/27 21:01
はい、是非。

96 :名無しの笛の踊り:01/09/29 18:56
わしは
キャラマキ
が好きだがなにか?

97 :名無しの笛の踊り:01/09/30 06:57

キャラマキって何ですか?

98 :名無しの笛の踊り:01/09/30 07:43
>>97 同じく!見当もつかん。

99 :名無しの笛の踊り:01/10/02 04:45
ドメニコ・スカルラッティの10声のっていいっす。
新録音が出てた

100 :名無しの笛の踊り:01/10/03 03:26
100

101 :名無しの笛の踊り:01/10/06 12:04
倉庫逝っちゃうよage

102 :名無しの笛の踊り:01/10/10 09:19
本題からはずれるけど母の悲しみは主題になっても
父の悲しみはならないのだな。

103 :名無しの笛の踊り:01/10/10 14:52
スカルラッティの新録音って誰の?

104 :名無しの笛の踊り:01/10/10 18:15
ここのタイトル 伸ばしが ハイフンになってるYO!
気になってしょうがない。。。

105 :名無しの笛の踊り:01/10/10 19:05
>>103
ドメニコ・スカルラッティの新録音、漏れも気になる。
BBCシンガーズのしか持ってないし。

ステッファーニっつう作曲家のもなかなかイイ!
DHMから出ているレオンハルト指揮のビーバーのレクイエムに併録。

106 ::01/10/11 00:02
>>104
すみません。間違えました。

107 :名無しの笛の踊り:01/10/14 01:43
ヴィヴァルディスレで復活

108 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:37
ドボルザーク 吉田秀和氏もやや絶賛あげ

109 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:42
やや絶賛・・・・?w

110 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:44
スタバといえば
ペルゴレジ。

111 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:46
>>109 でもそんな感じだたよ

112 :名無しの笛の踊り:01/10/14 11:56
宗教曲ってなんでみなああ冗漫なんだろう

113 :名無しの笛の踊り:01/10/14 12:24
ヴェルディのスタバト(聖歌四編)もいいぞ。
ロマン派以降では一番好き。

114 :名無しの笛の踊り:01/10/14 12:25
>>112
君のクラ人生、
それをいっちゃあおしまいだよ。

115 :名無しの笛の踊り:01/10/14 12:46
>>112
歌詞の意味するところにシンパシィもリアリティも感じられないからじゃない?
そんな無理に聴くこたないよ。

116 :名無しの笛の踊り:01/10/14 12:52
シンパシー、リアリティー、か。

117 :名無しの笛の踊り:01/10/14 12:53
ロッシーニ

118 :名無しの笛の踊り:01/10/14 13:22
子を失った親(特に母親)の悲しみというのは
世界共通のシンパシ−を得てますね。
たとえ病気で子を失っても共感できる部分はあるでしょう。
戦争や犯罪に巻き込まれて失った場合はなおさら。
現代の日本人は戦争でも病気でも子供を失うことがあまりないから
(それでも病気はそれなりにあるとおもうが)
リアリティ−がないと感じるのかもしれない。

119 :118:01/10/14 13:27
またリアリティ−がないからシンパシ−が得られないとも
言えるかも。
つまるところ日本は平和なんですよ。

120 :115:01/10/14 13:30
>>118
いやいや、そうなんだけどさ。
そうやって宗教的なテキストを一般論に置き換えて捉えるのは限界があって
ちょっと難しいんじゃないか、という意味もあったんだけどね。
新約聖書のエピソードだったら、まぁ適当に折り合いを付けて向かい合えるかもしれんが、
天地創造とかキツイっしょ?でも、向こうにとってはそれもこれも一連の世界観なのであって。

よく宗教曲聴くし、好きだけど、切々と語られるメッセージとはやはり一歩距離を置かざるを得ない。
そのへんに敏感な人は無理に聴くことないかもね、と思う。

121 :115:01/10/14 13:33
ごめん。宗教スレにするつもりはないんだ。
聴く人だけでスターバト・マーテル語ろうや。

122 :118:01/10/14 13:46
もちろん無理に聴くことはないですよ。
ただスタバトのテキストは一応新約に基づいていて
それをふくらましたものとは言えるでしょう(マタイ第27章)。
それにいろいろな作曲家がシンパシ−を得てたくさん
(でもないですが)曲が作られたと。
クラシックからそういう出典などに興味が派生していく事も
個人的にはなかなか楽しいことではあるのですが
なかなか難しい面もありますね。
2ちゃんだからこそできるような気もしますが(笑)。

123 :118:01/10/14 13:53
という私も詳しくなくたいした話はできませんので
拡げようもありませんけど。
ただ時代が下るほどに聖母の悲しみも仰々しくなっていく傾向にありますが、
ルネサンス・バロック期のものは控えめな内心の静かな悲しみという
感じでいいですよ。
私もどちらかといえばこちらの作品の方が好きです。

124 :108:01/10/14 15:16
>>118 ドボルザークにはそのリアリティ、シンパシーがあるとのこと by吉田秀和

125 :名無しの笛の踊り:01/10/14 15:58
>>124
なんでドヴォルザークやねん。詳しくおしえれ。

126 :横レスですが:01/10/14 16:38
>>125 子供をすべて亡くしているらしい

127 :名無しの笛の踊り:01/10/14 17:52
プーランクのが評判良くないのは、ボード盤で聴いている人
が少ないってことなのかな? これに限らず、プレートルが
振ったプーランクの合唱曲が、国内盤では幅をきかせている
けど、どれも聴くに耐えない。

128 :名無しの笛の踊り:01/10/14 17:59
お、久々に盛り上がってますな。

129 :名無しの笛の踊り:01/10/14 18:06
>>118
日本は平和ボケで他人の痛みが分からない→シンパシィが得られないというより
むしろそこまでの余裕がないのではないかと思う。

おっと本題から逸れたのでsage

130 :名無しの笛の踊り:01/10/14 18:17
>>127
プーランクねぇ。
楽曲的にストライクゾーンが狭めで、演奏がキマるというのが結構難しそう。
ロバート・ショウのもいいんだけど・・・どうしても次の一手が欲しくなるんだよね。
この飢餓感は何なのか(ワラ

管や合唱にある程度ドライなパリッとした響きが欲しい。管弦楽ならデュトワ的響きみたいの。
ただ、奴は合唱にそれほど拘ってないので、これまた決め手にはならなそう。
ボード盤ってそんなにいいの???

131 :名無しの笛の踊り:01/10/14 18:34
>>127
禿同!
プレートルはスタバトを2回も録音してるくせに、どっちも声楽が恐るべき低レベル。
プレートルのプーランクは概ね名演が多いのに、何故?

132 :名無しの笛の踊り :01/10/14 19:31
>>129
118は日本は親より子供が先立つような事故(悲劇)が少ないから
スタバトの主題が身近に感じられないという意だと思うが
子供を持つ親なら案外想像だけでも身近に感じられるんじゃないかな。
自分はまだ子供いないからわからんけど。

133 :名無しの笛の踊り:01/10/14 19:34
今年N響デュトワのプ−ランクスタバト聴いた人の感想求む。

134 :名無しの笛の踊り:01/10/14 20:09
118=132 でしょ

135 :名無しの笛の踊り:01/10/14 20:31
スタバで待ってる。

136 :名無しの笛の踊り:01/10/14 20:33

既出ギャグ

137 :名無しの笛の踊り:01/10/14 20:50
>>133
確か合唱はスウェーデン放送合唱団だったのでは?
聴きたかったー。

138 :名無しの笛の踊り:01/10/16 08:21
>>103
ベルニウス/シュトゥットガルト室内?合唱団(Carus)。
塔の試聴機に入ってました。
ただし、ほかはリゲティとかの現代曲。

139 :名無しの笛の踊り:01/10/16 12:02
>>103
ありがとう。ベルニウスかー。
うーん、上手そうだがネーム・ヴァリューだけで惹かれはしないなぁ。
試聴しに逝こうかな。

140 :名無しの笛の踊り:01/10/16 12:03
139は>>138へ。
間違いスマソ。

141 :名無しの笛の踊り:01/10/16 17:53
今合唱団でドヴォルザークのスタバト練習しています。
オーチャードで11月にやります。聴きに来てください。25日です。

142 :名無しの笛の踊り:01/10/16 18:14
141さん、ドヴォルザ−ク スタバトの
どういうところを聴いて欲しいと思いますか?

143 :名無しの笛の踊り:01/10/16 19:16
たかがアマチュア合唱団のくせにオーチャードでやるの?生意気ね

144 :名無しの笛の踊り:01/10/18 16:23


145 :名無しの笛の踊り:01/10/20 02:59
スカルラッティのって、アレッサンドロの方も曲あるんだよね。
あんまりよく知らないんだがたしかソプラノ、アルトの2声だったような・・・。

さっきfnacのサイト逝って試聴してきたんだが、
ヴァージンからピオ(S)、レーヌ(C-T)、イル・セミナリオ・ムジカーレのCDが出てたYO!
欲しいかも。

146 :名無しの笛の踊り:01/10/20 10:25
>>131
プレ−トルはプ−ランクから自作の演奏者として
非常に高く評価されて満幅の信頼を置かれていたそうだが。

147 :名無しの笛の踊り:01/10/20 11:41
>>146
それは管弦楽などもあわせての評価なのではないかなぁ?
>>127,>>131は、彼の演奏が合唱曲の分野で幅を利かせていることを言っている。

こと宗教曲になれば、合唱や声楽の扱い方が問われるはずだが、実際は軽視されがち。
とりわけ合唱団の選定に無頓着であれば、いくら指揮者が有能でも駄演になるものだ。
デュトワもプレートルも録音でのコーラスの選び方イマイチと思っちゃうんだけど。

148 :名無しの笛の踊り:01/10/21 10:33
D・スカルラッティのスタバトってガ−ディナ−もCD出してるよ。
モンテヴェルディ合唱団&イギリス・バロックオケで(エラ−ト)。
1984年に録音されているもの。
カンタ−テナ−でマイケル・チャンスも参加している。
ガ−ディナ−のバッハはあまり好きではないけどこの演奏は
すごく気に入っています。
モツレク好きな人はこの曲なんかいけると思うんだけど。
個人的にはモンテヴェルディの「聖母」より好き。

149 :名無しの笛の踊り :01/10/22 23:37
スタバトのCD持ってないんですけど、初めて買うとしたらどれがお勧めでしょう?教えてください。

150 :名無しの笛の踊り:01/10/22 23:39
>>133,137
合掌は芸大生だったよ。ルツェルンではスイスの合唱団だった。

151 :名無しの笛の踊り:01/10/23 00:07
>>149
とりあえずこのスレ全部読んでみたらどう?
そのうえで興味を持った作曲家がいたら、
ここで挙げてみればお薦め教えてくれるでしょう。

152 :名無しの笛の踊り:01/10/25 23:18
今日、新宿タワ−でベルニウスのD.スカルラッティのCD買ってきた。
ゆったりとしたテンポで声楽なんかなかなかきめの細かい音楽作りで
好感がもてたよ。輸入盤で2290円だった。
スタバトのCDは結構数揃ってたね。
D.スカルラッティは他の新譜もあった。
他に違う演奏家によるD.スカルラッティのスタバトとレオンハルト演奏の
ソナタ集(チェンバロ)買ったよ。
今日はD.スカルラッティばっか。両方とも輸入盤で990円だったよ。

153 :名無しの笛の踊り:01/10/27 03:06
ハルムンのカタログ見てたら、
ソプラノ独唱+アンサンブルでボッケリーニのスターバト・マーテルを発見。
曲的にいいのかねぇ?

ヴィヴァルディのをショルが歌ったヤツは正直欲しいと思ったYO!

154 :名無しの笛の踊り:01/10/27 09:26
>>81
ボッケリ−ニ感想あり

155 :名無しの笛の踊り:01/10/27 09:39
>>154
ありがとう!良さそうな曲みたいだ。
バロック−古典の明るめ、好きなんだよねー。

156 :名無しの笛の踊り:01/10/27 09:51
ところでハルモニアムンディで伝説の(?)スタバトBOXがあって
古今のスタバトがほとんど入っているという噂を聞いたこと
あるんですけど御存じない?

157 :名無しの笛の踊り:01/10/27 19:25
ボッケリ−ニのスタバト、初版(1781年)とマドリ−ド版(1800年)が
あるようだ。
両者の違いはソプラノ1声だった声楽パ−トが3声(女声2部とテノ−ル)に
変更されていること。
ボッケリ−ニは改訂した理由も述べていて
「初版の声楽1声部という編成の単調さを避け、1声部にかかる過度な負担を
軽減するため作品全体はそのままに声楽パ−トのみ変更した。」
という事だそうだ。
ただ実際には器楽パ−トも若干変更がされているとのこと。
局の最後はppだったのに祝祭的な鐘の音の模倣に続く華々しい結びに変更
されているなど。
聖母の悲しみのまま曲を終わらせるよりイエスの復活を匂わす華々しいラストの
方がいいと思ったのだろうかと自分なりに思ったりする。

158 :名無しの笛の踊り:01/10/27 19:42
>>156
ほんと?
そんなものがあるなら是非誰か教えてほしいですね。

159 :名無しの笛の踊り:01/10/28 00:50
>>158
漏れ、どっかでうろ覚えに見たことがあるような気がするんだが、細目がワカラン・・・
↓これじゃないよな?古今の集成にしては少なすぎる(ニガワラ

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=701903

160 :名無しの笛の踊り:01/10/28 00:51
ボッケリ−ニスタバト多分にバロックオペラの影響を受けてる気がする。
ソプラノアリアのコロラト−ラが非常に心地よくていいんだけど...
今ひとつしんみりしないのも確か。演奏のせいかな。
ワ−ナ−から出てるシモ−ネのCDなんだけど。

161 :名無しの笛の踊り:01/10/28 01:15
>>159
これはこれで欲しいね。持ってないから。
しかしボッケリ−ニ、ペルゴレ−ジ、プ−ランクの3曲って
どういう選択でそうなったのか謎だ。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)