5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【危機・被害管理】閣議室は爆笑の渦と化した・・・

1 :LIQ ◆u5.cCuWc :01/11/28 21:14
『情報、官邸に達せず』麻生 幾 著より引用
オウム真理教教祖逮捕の日、1995年5月16日の早朝、首相官邸。

・・・〈サリン問題対策関係閣僚会議〉と題された会議は、早朝から、
村山総理を始め、五十嵐官房長官、河野洋平副総理、野中広務国家公安
委員長、与謝野馨文相、前田勲男法務大臣が総理執務室に顔をそろえて
いた。早朝午前六時三十三分という異例の会議の(中略)主題は、村山
総理の記者会見での文案作りだった。
 すべてのシナリオはすでに内閣参事官室と内閣広報官室で完成してい
た。麻原が逮捕された直後、村山総理がさっそうと閣議室を出る。官邸
一階の記者会見場でテレビカメラに毅然とした表情を投げかけ、国民へ
のメッセージを読み上げる・・・・危機管理体制について数々の批判を
浴びてきた村山にとっても、それは起死回生の場面だった。
 会見で読み上げる声明の草案もすでに官僚たちの作文によって決まっ
ていた。関係閣僚によって最終的な"言葉の確認"が残されているだけだ
った。(続く)

2 :LIQ ◆u5.cCuWc :01/11/28 21:15
「声明の細部についてご検討いただきたい」
(中略)
 最後の言葉の検討に入った。五十嵐官房長官が読み上げた。
「政府は今後とも、サリン事件再発の絶対防圧に全力を挙げて・・・」
 別の大臣が立ち上がった。
「『防圧』というのは、ちょっと弱いんじゃないか」
「そうですね、じゃあ『絶対阻止する』はどうだ?」
 五十嵐長官が返した。
「『絶対阻止する』なんて、社会党さんお得意の用語だよ、まったく」
 自民党閣僚の一人が声を上げて笑った。
 五十嵐長官も思わずつられて笑った。他の大臣にも笑いが伝染し、
閣議室は爆笑の渦と化した。
 ただ一人笑わなかった男がいた。村山総理その人だった。
「ちょっと、ここで笑うのは、まずいんじゃないかのぉ」
(中略)
 廊下には中の様子を探ろうとする記者団が大勢張り付いている
(中略)緊迫している状態の中で、その大爆笑は村山政権の命取りに
なる・・・村山は本気で心配した。

3 :LIQ ◆u5.cCuWc :01/11/28 21:17
これからもう7年も経っているけれど、日本の危機管理、被害管理って
どれくらい進歩したのかな〜。それとも世界と比べたらぜんぜんなんだ
ろうか、相変わらず。誰か教えてくれ〜!

4 :果実イチイ:01/11/29 23:55
7年前と比べ、危機管理という言葉はよく聞こえるように
なりました。
しかし、何をやっているかというと、情報収集や大臣の
パフォーマンスに力を入れているだけです。
政治家や官僚にそれ以上のことを期待しませんが、何かが
足りないと思いませんか?

5 :LIQ ◆u5.cCuWc :01/11/30 01:39
>>4
パフォーマンスっていうのは、政治家の意識は一歩先に進んだと言えるん
だろうか?
足りないのはより実効性のある政策の立案かな・・・。
期待しないって最初からおもっていたら、パフォーマンスはおろか、その
先には決してすすまないんだろうか?どうやればもっと先にいけるの
だろう・・・

6 :果実イチイ:01/12/01 11:31
≫5
今すぐにするべきことは、災害時に住民が何を欲しがるか
ということと、行政などが何をするべきか、ということを
まとめることだと思う。
どうせ、行政のプライドや、一部の人のわがままがそれを
妨害するだろうけれど。

7 :果実イチイ:01/12/01 12:57
追伸
≫5
パフォーマンスについては確かに進歩している。
それが良いことか、どうでも良いことか、悪いことかは
今後の様子を見て考えます。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)