5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★関東大震災の対策★★★

1 :名無しさんダーバード:2001/06/23(土) 18:06
対策してんのかな〜住んでいて不安だよ・・

2 :de:2001/06/24(日) 01:28
陸上自衛隊は何年も前から、やってますな。

都知事が今のままなら大丈夫じゃないの?彼は面子をかけてやるでしょうし・・・

3 :名無しさんダーバード:2001/07/29(日) 11:12
大地震の火災に軍事作戦の手法活用 東京消防庁
 大地震で火災が同時多発したら、いまの消火能力でどう抑え込むか――。東京消防庁は第2次大戦中の作戦研究にも使われた「オペレーションズ・リサーチ(OR)」の手法を活用して消火態勢などを検討することを決め、30日に開かれる都知事の諮問機関「火災予防審議会」に諮問する。前例や経験に頼って消防隊員を配置するのではなく、統計や数式から最も効果的な運用を導こうという試みだ。
 ORは軍事作戦を統計学的に分析したことから始まった学問で、企業の在庫・工程管理から交通信号の切り替え秒数の設定まで、今では幅広く応用されている。
 新手法を取り入れる背景には、大地震に見舞われると今の態勢では消火しきれないほどの火災が起きる、という危機感がある。
 東京都防災会議が4年前にまとめた被害想定では、東京の区部に震度6強の直下型地震が起きた場合、都内全域で824件の火災が発生。うち149件は2時間以内に消すことができず、延焼する。阪神大震災では7483棟が焼失したが、首都の直下型地震では約50倍にあたる約38万棟が焼失するとの試算だ。
 審議会は03年3月までに答申を出す予定で、1件でも多くの火災を消すには消防隊員をどう動かせばよいかなど、数量モデルを示す方向だ。
 杉村哲也消防総監は「小さな火種のうちに消せれば被害が拡大しない。同時多発する火災に最も効率的に対抗するにはどうすればよいか。ORによる提案を期待している」と話す。(10:21)

4 : :2001/08/02(木) 10:40
他府県は、東京大震災の面倒は見れない。

5 :名無しさんダーバード:2001/08/02(木) 13:41
たのしみだネ!☆

6 :名無しさんダーバード:2001/08/02(木) 22:41
漏れ9月中旬に東京に戻るから、それ迄に地震済ませてちょ
戻った直後に地震じゃ洒落にならんよ

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)