5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銅版画が好き

1 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/20 19:04
銅版画は西欧の水墨画です

2 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/20 19:31
E.Sのマイスターとショーンガウアーの銅版画1枚づつ
持っているぞ。昔ドレスデン美術館に交換留学で行って
た時、持ってきてしまった。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/20 20:41
>>2
馬鹿か!!!

4 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/20 23:38
>>2
日本の恥です、芸術には係わらないで下さい。

5 :ベンゼン中尉:01/12/20 23:58
>>2
美術館の複製品のみやげじゃないの?

6 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 00:11
油絵以外は芸術じゃないってホザク連中が多いから気をつけろ。
特に版画という言葉に特に敏感で、過剰反応を示すからな。
そろそろ、出てくるから要注意。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 06:23
>>5
あの美術館や版画素描館は絵葉書だけで複製品を作って
いないはず。(新婚旅行で行ったことがある。)
 しかし、信義に反するというのは2のような奴だろうね。

8 :2:01/12/21 07:36
うらやましいか。
日本でE.Sのマイスターを持っているのは自分一人。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 07:49
>>2はネタ。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 09:34
銅板画って、神秘的で、深みがあって、クールなんだよね。

11 :ベンゼン中尉:01/12/21 10:07
このスレの収集家には妄想癖が多い物と思われるが・・・。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 10:25
>>9
確かにネタとしか思えん。E.Sのマイスターというと
15世紀だろ。ドイツにとっては国宝級のやつで管理は
極めて厳しいはず。

ただ、ドレスデン美術館を出してきたのが良く判らん。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 10:40
>>12
15世紀の版画、しかもE.S.の画家という多作の版画家の、さらに管理が甘い作品が、国宝級のわけがない。

14 :12:01/12/21 11:41
>>13
E.Sのマイスターというとカルテ札のマイスターの次の時代
くらいだろ。少ないと思い込んでた。
管理が甘いということなら、2の話は本当かも?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 21:53
8は偽物。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 22:13
>>2
それ20世紀のはじめに後刷りしたやつで、販促用ね。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/21 23:08
皆さん、古典版画をどこで購入していますか。
行きつけのお店が、扱うのをやめてしまったので、寂しいです。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 00:31
>>13
300点余りの作品を残していると聞いた事があるので、多作では
あるでしょうが、殆どが1点しか残っていないとも聞いた事が
あります。
もしそうだとすると、結構、貴重だと思いますが。
こちらの知識が間違っているのでしょうか?

19 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 01:12
 クリスティーズジャパンに電話してカタログを請求するとカタログ
購入のお知らせが来る。そして、好きな会場のカタログを買うと入札
用紙がついてくるからそれで購入できる。

 カタログ購入から入札までジャパンクリスティー通すが、あくまでも
英吉利クリスティーとの契約。コンディションレポート取りながら、
BID。カタログ見るだけでも楽しいよ。

 クリちゃんは親切だよ。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 01:17
17が古典版画購入に興味あるようだが、私はむしろ見たい方。
私は買いもするが見ることに力をいれたい。ルオー持ってる。

 で、古典もルオーも含めて銅版画ってどこで見てるかな、みなさんは。
町田は、常設しょぼかったときにいってがっかり。

 所蔵品を全部飾れないから、私はたまたま運が悪かったのかな?

 

21 :中尉:01/12/22 01:33
ルオーの銅版画は珍しいですね。彼の作風はメゾチントが多いような気がしますが・・
銅版画はゴヤ物がよく画廊にありますね。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 06:45
デューラーの版画をボーナス全部使って買った
後「劣悪なる後刷」と言われて以来オールド
マスターには手が出せん。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 15:16
>>22
デューラーの「良質なる初刷り」だったら、
普通の人には手が出せませんが...。

24 :ベンゼン中尉:01/12/22 18:40
>>22
後刷りなど、否応にも価値がありそうに売るのが画廊です。
池田満寿夫はレンブラントを求めてヨーローッパへ行ったそうですが。
彼等は金の使い方が凄いですね。
美川憲一宅にも油彩のカシニョールがありましたね。

25 :17:01/12/22 22:00
>>20
私も見るのが大好きですよ。でも、満足に見られる所がありません。
どこで見ているのですか?

画廊では、1枚1枚手に取って見られるので、紙の違いや刷りの
善し悪しも分かります。おまけに、ルーペまで貸してくれるので、
十分に堪能出来ますよ。一度手に取って鑑賞してしまうと、美術館
の額装された状態を見るだけでは、ちょっと物足りない...。

で、気に入った物で手の届く作品を購入しています。
家では、”おおっー”とかい言いながら、インクのでこぼこを
撫でたりしてます(極力、やらないようにはしてますが)。
おかげで、刷りの善し悪しも分かる様になってきました。

>>19
ありがとうございます。
クリスティーズでの購入も良さそうですね。
特に、カタログには興味があります。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/22 23:43
>>22
似たような事をやりました...。

一目で後世の刷りと分かるレンブラントを見つけて、後刷りでも
いいか(刷りの良いのなんて買えませんから)と、ボーナスを
叩いて買いました。
ところが、調べてみると最終ステートでは無い...。
そんなバカな...。
よくよく調べてみたら、19世紀のフォトコピー...。

後刷りの方がマシですよ。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/23 12:03
後世の後刷りはジャンとパサンのものが有名。  >レンブラント

ステートとは、作家が何回か刷ってみて発表したヴァージョンのこと。存命中に作家
自ら発表したものかな。これは、オリジナルであって後刷りとは呼ばぬ。

 レンブラントハウス(生家)のおみやげエッチングと間違えて買う人いるようだが。
あれは、数千円でレンブラントの生家HPから通信販売で買えるようだ。


 ところで、国立西美のレンブラントとデューラーの版画って見たことある人いる?

28 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/23 12:13
ベンゼン殿

 ルオーは色んな技法使ってるけど、メゾチントが目立つ作品ってどの辺?
「流れる星のサーカス」などカラーアクアチント中心。「ミセレーレ」も
アクアチントとパニッシャー中心。

メゾ使ってたのどの辺か教えて?使ってたとは思うけど。

 

29 :26:01/12/23 22:44
>>27
解説ありがとうございます。説明が必要でしたね。
後刷りなら、最終ステート以外にはあり得ないんですよね。
まあ、後世の人が手を加えてしまったケースも、ままありますが。
私の場合は、早いステートの物でしたから、絶対に複製です。
後刷りなら、少なくとも版そのものはオリジナルですが。

皆さんも、フォトコピーやファクシミリには気を付けて下さい。
中途半端な値段が付いた物は要注意です。

国立西洋美術館で、デューラーの版画を見たことがありますが、
所蔵品ではなく、借り物だったかもしれません。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/23 22:54
版画界の次元大介:中 林 忠 良

http://www.geidai.ac.jp/labs/hanga/naka.htm

なかなか渋い仕事してます。

31 :27:01/12/23 23:08
>26

 「死の舞踏」展ですな。
西洋古典版画だけでなく20世紀初頭前後のムンクや20世紀後半の
作家まであって楽しかったですね。

 「騎士と死と悪魔」は西美のものだけど、「死と傭兵」(1510年
製作の木版)は図録を見てもどこのものか不明です。

 ステートと後刷り、ややこしいですな。どちらも同じ銅版から刷られ
ているはずですが。
 レンブラントとデューラーの原版は没後も残っていて没後の後刷りが横行し
ています。どっかの販社がレンブラントの複製を紛らわしい説明で売ってるよ
うですが。

 ステートについては、生前であれば「第〜ステート」と言って「第〜版」とは
言いたくないものです。ゴヤの後者は後刷りの表現です。

32 :26:01/12/23 23:50
>>31
あ、そうでした、そうでした。
図録を探したのですが、見つかりませんでした。

カルコグラフィーというのもあって、面倒ですね。
少し勉強するようになって、自分の持っているルーベンスの版画が、
カルコグラフィーであることが分かって、かなりのダメージを...。
ルーブル美術館だけに、刷りはいいんですけどね。
しかし、授業料がかかるかかる。

33 :31:01/12/24 00:17
 ルーベンスとダヴィンチはオリジナル版画ありません。
美術館が版を作って複製したカルコグラフィーのみです。

 ちなみに、オリジナル版画を出している作家であっても版を美術館が
持っていればマニアのために後刷りをします。長谷川潔のように。これ
もカルコグラフィーと呼びますね。

 まあ、販社がやらない限り、授業料は数万円でしょう。買ってしまった
ら後悔せずに出来の良さを探すしかないですよ。カルコならダメージはな
いですよ。ミュ○ャのリクリなんて200万円だから。

 レンブラント、デューラーの後刷りは怖い。見られる美術館を探して
見ることにしましょう。

 買うならルオーのミセレーレで作品が気に入って価格が手の届くものが
オススメ。10万円台〜20万円台でも味わいは深いよ。(価格と作品の
良さの関連はあまりないので考えません)
 カラーだと金はかかるけど100万円を越えずに買える(数十万円単位)
から換金価値を考えつつ買う人にもオススメ。いいものはそんなもんじゃ
買えないけど、買ってみて楽しむものと美術館だけで楽しむ作品とは分け
て考えた方が無難。

 もちろん、見るのにもいいよ。
版画コレクションって美術館所蔵作品も数十万円で手が届くけど、自分な
りの楽しみが出来るから「1つの鑑賞の方法」としてオススメだね。

 ルオーなら国内のオークションでも出てくるし、上で出ているクリステ
ィーズでもいいからカタログと落札結果をじっくりと見ながら買いたいも
のを選ぶか、国内の美術館で旅行も兼ねて見るか、楽しみ方は人それぞれ
かと思います。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/24 07:42
ステートと後刷について質問
デューラー等に売れすぎで版が潰れた為、
新たに原版起こしたやつ(もちろん生前中)がある
けど、これは後刷になるの?

35 :26:01/12/24 11:11
>>33
>ルーベンスとダヴィンチはオリジナル版画ありません。

ルーベンスの工房では、彼自身の直接監督の下に多くの版画が
制作されていた様です*。
これらは、殆どがルーベンスの油彩に基づいた翻刻版画ですから、
複製版画と呼ばれることが多く、絵画の制作者とは全く無縁の
作家が制作した版画と混同される事も多いようです。
また、そういったルーベンスの油彩を原画とした、後世の作品も
数多く存在し、実際私も所有しています。

個人的には、本人が直接手を下さなくとも、きちんと監督し、
出来映えを認めた物は、本人の作品と考えています。
(でないと、油彩ですら危ないのもがたくさんありますから)

ちなみに、ルーベンスが直接手を下したエッチングによる
作品や原画の無い作品も存在するようです*。

ダヴィンチについては、知識がありません。

*参考 ルーベンスの版画展<ルーベンス工房の版画家たち>
    町田市立国際版画美術館 1988

36 :教えて君(w):01/12/24 16:32
もう7〜8年くらい前のことなのですけれど、
京都の近代美術館(?)で、
教会か何かの回廊をモチーフにした(?)
エッチング(黒一色だったとおもいます)があったのですが、タイトルを忘れてしまいました。
作者は宮井(?)なんとかとあったのを覚えています。
最近ぜひみたいと思うのですが、京都にそう易々とぬウーヽ(`ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!

37 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:20
オキロ ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

38 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:21
xpもってるぞ!

39 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:21
ノートン持ってるんだNYO!

40 :かせきさいだぁ:01/11/27 02:22
自己紹介キボン

41 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:23
悪魔ツールもってるぞ!ヘッヘーン

42 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:27
>>5
辞書3つもってるぞ!
パーティションマジック!
尻集!
イラストレーター!
ホームページビルダー!

43 :ゆき(σ'д`)σのふ:01/11/27 02:28
ラウンジで見かけたじょ。
最近MX繋いでなかった。
もせが多いけど交換するー?

44 :ハウーヽ(`Д´)ノ(・∀・)マコトニコマタ!:01/11/27 02:29
CD革命!
ドーナツR!
紙!
GCA!
カチューシャ!
ソンヰレ手を下したエッチングによる
作品や原画の無い作品も存在するようです

 貴重な情報をありがとうございます。レンブラントやデューラーに比べて版画家
としての扱いはルーベンスに関しては不当ですね。

45 :教えるちゃん(スマソ):01/12/25 00:00
>>36

それは「宮井里夏」さんではないでしょうか?
わたしも多分同じ作品ではないかと思いますが、
(空から光が降りてくるような奴でしょう?)タイトル等、詳しいことは
解らないです。けれど、一度目にしたら忘れられない不思議な作品ですよね。
 ちなみに検索をかけてみたのですが、その作品は出てきませんでした。

 どなたかごぞんじな方いらしたら私にも教えて下さいませんか?

46 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/25 00:50
 ここって、純粋に銅版画が好きな方が多いですね。教える方もコレクター
なのに偉そうでないところがグー。

 ところで、ステートと後刷りの違いですが、作家の意思の有無であるものが
ステートと思っています。

 だから34のおっしゃる版がつぶれて作り直したものはステートかと思います。
アルブレヒト没後、弟に版が渡ってその後どっかに行ったものを使って刷ったもの
は後刷りですよね?

 レンブラントなんて自画像に第7ステートくらいまでありましたよね?
出来に満足しないから何度も同じ原版をいじって刷り直してといったことを
重ねましたから顔の影の表現が幅広いんですよ。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/25 18:02
>>34
版そのものをそっくり作り直したとは初耳です。
作品名は分かりますか?

版そのものを作り直した事が、刷られた版画から分かるとすると、
後刷りやステートといった話ではなく、別の作品になる様な気が
します。

48 :34:01/12/25 18:26
>>40
来年、学校が始まったら書き込むので待ってて。

49 :26:01/12/26 00:50
>>37
”オリジナル版画”と書いてあったので、ちょっと引っかっかていました。
確かに”オリジナル版画”ではありませんから。

>レンブラントやデューラーに比べて版画家
>としての扱いはルーベンスに関しては不当ですね

仰る通りだと思います。しかし、自ら版を彫っていませんから、同列に
扱われなくても仕方がないかもしれません。

ところで、ルーベンスの1枚はカルコグラフィーだったのですが、
それとは別に、ルーベンス原画の版画があります。
どうも、これはルーベンス工房の作品では無さそうで、モノグラムが
入っているものの、作者が不明で気になっています。
そして、もう一枚、マージンが完全に断ち切られている最後の晩餐が
あります。これは、ルーベンス工房の作品に見られる、四つ折りにしたような
痕があり、工房の作品ではないかと思っています。
しかし、ルーベンスが描いた最後の晩餐の版画を見たことが無く、判断に
困っています。
どなたか、ルーベンスの版画を集めた資料など、ご存じ無いでしょうか。

50 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/26 20:20
 なかなか面白くなってきたね。銅版画でルーベンスベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)