5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

美術史研究者(現代美術は除く)について語ろう!

1 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/18(水) 01:06
今一番熱い美術史研究者って誰?

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 06:01
オレ

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 06:03
>>1
キミはどう思うわけ?

4 :goatsong:2001/04/18(水) 11:36
どうでもいいけど、日本美術の研究はつまらないものが多過ぎ。
未だ、鑑定と伝記的叙述から出ていないものだらけ。(もちろん、
面白いものもあるけど、こういうのはだいたい西洋美術史側の
人間が書いたものだったりする)

美術研究っていうのは、だいたい鑑定と、例えば精神史的アプ
ローチのような、形而上的な論考の二つに分かれる。後者が為
れるには、前者による整った環境が不可欠なのだけど、それに
しても日本美術研究はこっちの方に終始し過ぎ。だいたい、読ん
で考えて面白いのは後者の方。

理由の一つは、日本に美術が豊富にあること。鑑定をやってい
ても、それが続けられるだけの量と質がある。(例えば、美術史
の先進国ドイツは、自国の美術が乏しいゆえに、美術研究が発
達したと言われる)でも、それだけじゃねぇ・・・・・


5 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 19:39
>例えば、美術史の先進国ドイツは、自国の美術が乏しいゆえに、
美術研究が発達したと言われる

確かにヴィンケルマンがギリシア彫刻を研究対象にして以降
ルネサンス美術史研究が始まったんだろうけど、
「自国の美術が乏しい」っていうのはあんまりでは・・・。
そりゃードイツ人はイタリアに劣等感を持ってるかもしれないけど、
自国の文化だって同じように評価したいと望んでたはずですよ。


6 :1:2001/04/18(水) 21:21
>3
ぼくは、17世紀オランダ絵画が好きなので、それに限定すれば
ワシントンNGのウィーロック、ユトレヒト大学のブランケルト、
アムステルダム美術史大学のヴェーテリンクあたりが大御所かな。
若手かどうかはわからないけど、コロンビア大学のSimon Schamaは精力的に
論文を発表してるなあ。”Rembrandt's Eyes”は面白かった。
邦訳が出て有名になったアルパースは、ポストモダニズムを援用してオランダ絵画研究に一石を投じたけれど、
基礎的な事実検証がなっていなくて、どこかの大学のシンポジウムで思いっきり叩かれたみたい。
まあ、日本にいるのでよくはわからないのが本音だけど^^;
こんなもんでいい?


7 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 22:20
なんかためになるかもしれないから、6みたいな
やつを頼んだ!

8 :空耳:2001/04/18(水) 23:17
いい研究者かどうかはわからないけど、
うちの学校のビザンティン美術をやっている先生はいい先生だ。
今でこそイコンなんかよく使われる言葉らしいけど、
当時はほんとマニアックだったらしい。
西洋美術には新しい解釈はあっても、新しい発見は殆どないけど、
ビザンティン美術は考古学的興奮がまだまだある分野らしい。
(東欧の寒村の長老に連れて行かれた今では羊小屋になっている
 古い教会の素朴な壁画をこつこつ叩くと変な音がするので
 引っ剥がしてみるとその下からなんと・・・みたいな)
ということで、マイナーな分野で一人地味に
こつこつやっているような研究者の人たちにも一票。


9 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/18(水) 23:46
君ワセダ?

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/19(木) 00:03
>>8もしかしてG大の越先生?

11 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/19(木) 00:16
>>9, 10
そんなコワいこと聞かない!(笑)
オレもビザンティン美術やってるけど,やっぱり,フェミとか
対イスラム・ユダヤとか,社会層とかから攻める研究者が
特にアメリカに多いね。でも,個人的には,昔の学者だけど
ヴィクトル・ラザレフが好きだな。あそこまで徹底的に
様式史でビザンティン美術史やるのってスゴい。今の
美術史学では様式研究なんてやる人少ないからなあ。
彼ももとは初期ルネサンスの研究者で後にビザンティンに
転向したんだけど,これってどういうメンタリティーなのか。
矢代幸雄みたく自伝出してくれればいいのに。弟子たち
(ヴズドルノフ,スミルノワ,など)が書いた伝記はあるけど。


12 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/19(木) 00:34
今はブームもさめたけど、ケルト美術の鶴岡先生はすごいね〜。
日本での先行研究がほとんどなかった時代にケルト一直線でいってたもんね。
彼女が日本人にケルト文化への関心を根付かせた功績は大きい。



13 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/19(木) 05:44
日本美術(または東洋美術)の研究で優れた日本の学者ってだれ?
あと、西洋・東洋を問わず、美術史の研究するのに良い日本の大学ってどこ?
分野にもよるだろうけど。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/19(木) 06:34
ルネサンス研究は最近どうなん?
良い学者いる?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/19(木) 20:10
>>5

いやいや、ちょっと誤解があるようなので。結局、自国の美術品の
量が少なければ、やることがなくて、それを様々な方向から弄くる
わけです。そうして今日のような、美術に対する観念的なアプローチ
が生まれてきた。

私はドイツってかなり好きなんですけど(第二外国語はドイツ語だ
ったし)、やっぱり客観的に見ればその美術は、少なくとも量にお
いては、貧弱ですね。中世ではイタリア、フランス、イギリスに到底
かなうものではないし、なにより痛いのは16世紀の黄金時代以降、
18世紀末まで、殆ど取るに足るものがない、ってことですね。(細
かく見れば、ないわけじゃないけど) いや、本当に好きなんだけど
ね・・・・・


16 :goatsong:2001/04/19(木) 20:11
>>5

いやいや、ちょっと誤解があるようなので。結局、自国の美術品の
量が少なければ、やることがなくて、それを様々な方向から弄くる
わけです。そうして今日のような、美術に対する観念的なアプローチ
が生まれてきた。

私はドイツってかなり好きなんですけど(第二外国語はドイツ語だ
ったし)、やっぱり客観的に見ればその美術は、少なくとも量にお
いては、貧弱ですね。中世ではイタリア、フランス、イギリスに到底
かなうものではないし、なにより痛いのは16世紀の黄金時代以降、
18世紀末まで、殆ど取るに足るものがない、ってことですね。(細
かく見れば、ないわけじゃないけど) いや、本当に好きなんだけど
ね・・・・・


17 :goatsong:2001/04/19(木) 20:14
ふーむ、「中止」押したんだけどね。


18 :5:2001/04/19(木) 23:03
レスありがとうございます。>goatsongさん

ドイツ・ルネサンス(あえてこう呼びますが)の絵画作品に
対して美術史的な評価が集中していることについては同感。
それだって所詮「イタリアの真似」と言われちゃうんですけど。
でも、活版印刷技術の先進国として、版画芸術の分野では
他のヨーロッパ諸国(イタリア含む)をリードしていたわけですし、
そのへんをもう少し評価してあげてもいーんじゃないでしょうか(汗。

>美術に対する観念的なアプローチ
確かに・・・。
精神史的研究・図像解釈学発祥の地ですもんね。
自分としては芸術的貧困からというよりも、論理性を求める
ゲルマン民族の精神性がそうさせたのでは?と思うんですが。
本題と関係ないので、sageさせてもらいます。


19 :空耳:2001/04/20(金) 00:53
>>11さん
ほうビザンティンをやっていらっしゃるのですか。
荘厳のキリストというモザイクを見て以来私もとりこです。
ビザンティン美術の眼力の強さなどなど、素晴らしいと思う。
今でもやっぱりやってる人はかなり少ないのでしょうか?
例えば、ビザンティンならまだしも、昔にケルトをやるなんて、
それこそつく教授がいないですよね。
そしたら、独学でやるか、留学するものなのでしょうか。
11さんはビザンティンをやっていて、不自由を感じたこととかありますか?
(学生さんじゃなかったら失礼な質問だと思います。ごめんなさい)
ケルトなんか、ほんとにブームで終わって欲しくないです。
柳田国男とかも分野は違うけど、すごいと思う。
世の中にはまだたくさん成立していない分野がいっぱいあるのだと思います。

20 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/20(金) 11:00
>空耳さん
少し前、ビザンティン美術史が日本にいつごろ紹介されたかを
美術史学史的な興味から調べてみたことがあったんだけど、どうやら
「早稲田文学」系の評論家、森口多里あたりのよう。だから
そんなにものすごく新しい分野というわけではないのだけれども、
今でもやってるひとは少ないねえ。ぼくの知っている限り、大学で
教えている先生レヴェルの人でも10人いるかいないか(あ、辛うじて
いるか)、大学院生含めた若手でもやはり同じ数くらいか。少ない
理由は、空耳さんが言っている「不自由」が大きな理由かも。まずは
言葉の問題で、西欧語とラテン・古典ギリシアはもとより、現地の
言葉をやらなくてはならんし(旧ソ連の国は昔からロシア語だけど、
最近はギリシア、トルコの若手研究者が現地語で本だすのだよ)、
基本的にその場にある美術で、しかも辺境だったり危険なところだった
り(例えば8で挙がってる先生は、ギリシア語が上手であったばかり
に、ブルガリアでスパイ疑惑をかけられたらしい)、かといって
フィールドワークで終わらせるわけにいかなく(今は20世紀前半ほど
「考古学的発見」は少ない)、方法論を組み立てて、いわゆる「美術史
学的な研究」をしなければならず、と。それに加え、そんなところを
やってるのは「本流の美術史」ではないといじめられるし、金かかるし、
その他いろいろ、書き出したらきりがない。いつも涙、また涙(笑)。
でも、大変だけど、とても魅力的な分野ですよ。
確かに留学組は多い。でもまだいいほうで、イスラーム美術の人は
みんなアメリカで学位とってる。鶴岡さんはダブリン大だったっけ?
本題に戻ると、この分野で今アツい美術史研究者では、写本系では
ジョン・ラウデン、レズリー・ブルーベーカー、キャサリン・
コリガンなどのアングロサクソン系学者が目立ってる。壁画系では
この前モスクワ大でDとって今ゲッティーにいるアレクセイ・リドフ
さんが頑張ってるかな。国別の美術でいうと枚挙にいとまがない。
結局のところ、日本である程度できる美術史は、日中英米独蘭仏伊の
美術くらいなのかな。以上、長文スマソ。

21 :空耳:2001/04/20(金) 22:49
ありがとーう!
8の先生に卒論を見てもらいたいと思ったくらい魅力的な授業だったのですが、
(一回しかうけてないけど、でもそれで充分ですけどね)
確か今年いっぱいであるとかないとか・・・
先生についてフィールドワーク行きたかったよ。
高校の時暇つぶしに年表見てたら、何気にビザンティン帝国がめちゃめちゃ
長いのに驚いた覚えがあります。
すごい国だ。千年帝国とはまさにこのことですね。
いつかイスタンブール行きたい・・・

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/24(火) 23:05
レンブラント研究者なら誰が良いですか?

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/24(火) 23:25
バル。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/26(木) 01:53
ポルネーゼ

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/27(金) 21:13
日本で、イスラム美術の研究者で誰か良い人いますか

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/27(金) 22:24
ヤマンラール水野先生かな? トルコに限ってだけど。


27 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/27(金) 22:54
ありがとうございます
東大の桝屋さんという助教授はどうなのでしょうか
というか、イスラム美術研究者のいる大学知っていらしたら
教えて下さい
またはどうやったら調べられるか教えて下さい

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/27(金) 22:58
なんか読み直したら、
すごい図々しかったです
自分で探します
すいません

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/28(土) 01:21
桝屋さんは非常に優秀です。
日本でイスラムをやっている若手でおそらく一番優秀でしょう。
語学力も素晴らしいです。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/28(土) 01:25
ありがとうございます
女性の方ですよね
今度もぐってみることにします
(もぐれたら)
東大の大学院は相当難しいと思うけど・・・
著作なども読んでみます

イスファハンが好きなんです
あとモロッコも
グラナダとかより

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 05:35
あげときます。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 06:01
>>31
あげる理由も書いといてくれよ。あげ荒らしとかって言われるぞ。
イスラム美術,みんな知りたいし勉強してみたいと思っている
ようだが,何だかんだ理由をつけてつぶされるらしい。桝屋さん
みたいにガッツのある人が増えるといいね。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 21:05
桝屋さんてガッツあるんだ(知らんけど)
で、君は何者なんですか?
研究者?>>32

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 07:40
>>33
いや,俺も桝屋さんに直接会ったことないんで知らんけど,あの時代に
イスラーム美術に真摯に取り組もうとしたあたりをガッツあると言ってるの
だよ。イスラームは井筒俊彦で十分,というか,これで分かったつもりで
いようというのがまだあるのかな。これって,中国美術を宮崎市定読んで
理解しようとしてるのと似てるかなとおもう。松本榮一や鈴木敬がやった
ような仕事が,ようやく日本のイスラーム研究でも認められる風潮になった
と言えようか。
あ,ボクでちゅかぁ? 研究者になりたいでーちゅ! でも,業績とか
ないしー,研究者の卵といえばカッコいいかもしれないでちゅけどー,
でもたぶん腐った卵だから割らない方がいいと思いまちゅよー。

35 :私はダリ:2001/05/05(土) 11:05
↑何をいいたいかわからないばか

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 12:30
>35 性格、悪いよ

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 15:10
まだあんまり人が手つけてなくて、おもしろそうな分野は
何があるでちょうか

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 16:20
密教美術かな
しかしおいらもイスラム美術とヒンドゥー美術には圧倒されるな。

39 :空耳:2001/05/06(日) 01:58
クメール美術とかもすごいよね
昔東京都美術館でやってたけど。
やってるひと・・・いなそう・・・
イスラム美術おもしろそう!

40 :f-tokyo-119093.zero.ad.jp:2001/07/22(日) 22:30


41 :.:2001/08/05(日) 10:21
.

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/05(日) 20:06
>>13
美術史(日本)で学ぶのにいい大学なら、
東北大学が良いのでは?
あそのこの大学院教授の有賀祥隆先生は仏教絵画の大先生だし
美術史学会の会長だよ!
有賀先生は文化庁、奈良国立博物館などに勤務していたので
実物に多く接しているし、また、知識も豊富だと思うよ!
有賀先生にお会いしたことがあるけど、温厚で凄くいい先生でした。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/06(月) 06:06
関口正之せんせいはいまどうしてる?
誰か教えて。

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/12(日) 21:59
age

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/14(火) 12:57
若桑みどりはどうよ?

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/14(火) 14:21


   ∽∽∽   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  § ゛`々´§<  age!
  ( ∩   ⊃  | 
  |※| |    \__________________
  (__)_)

47 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 02:06
age

48 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 02:50
「新しい歴史教科書をつくる会」で電波とばしまくり
(今度、会長に就任したらしい)の田中英道って
評価されているの?
システィーナ礼拝堂の天井画の修復のチーフだったらしいけど…。

49 :ヒロ:01/09/22 03:00
少し前ですが、タリバンがバーミヤンの大仏を崩壊したときに、
私はイスラムことは何も知らなかったので、
図書館へ行き、イスラムのモスクの写真を見てました。
すべて抽象で華麗な幾何学模様の世界を2時間ほど見ていて、
イスラムの抽象世界から、バーミヤンの大仏を見るとあまりにも
具象のもつ形体の強さに驚いたことがありました。
イスラムの純粋な抽象世界と具象世界はあまりにも違いすぎます。
やはりイスラムは形体のもつ汚れを感じるのかなと思ってます。

50 :空耳:01/09/22 04:39
ヒロさんは美術史研究をしているのですか?専門はなんですか?

私もイスラム美術はとても興味深いと思う。(そして大好き)
キリスト教が入ってくる前のケルト美術にも同じかほりがします。
イスラムの方がもっと理知的ですが・・・
イスラムの徹底ぶりは感嘆しますが、
それでも形体のもつ魅力には勝てなかったのか、
具象的な例もわずかながら残されています。

例えばブハラの旧市街の建築には空飛ぶ二羽の不死鳥と
人の顔がモザイクで描かれています。
(もっともこれはモスクではなく神学校でしたが)
それと、世界の臍、メッカの黒いカアバ神殿の中には
石(確か隕石)が神体として祭られています。

具象的であるということはある意味では
見る側に「媚びている」という言い方もできると思います。
だからキリスト教布教のときに利用したわけだし。
魅力的だから穢れているのかも。
時として魅力的であることはうとまれますから。
その一方ストイックなゆえに魅力的ともいえますが。

51 :空耳:01/09/22 04:53
やっぱケルトとイスラムは似て非なるものですね。
ケルトの部分は削除します。

52 :ヒロ:01/09/22 11:42
空耳さん
ただ、好きなだけです。
たとえば私が今、一番興味があるのは書です、
そして、研究するというより自分で書いて楽しんでます。
素人ですが、よろしくお願いします。

>だからキリスト教布教のときに利用したわけだし。

もし、私が昔の日本人なら、
キリストの磔をどのように見るのかなと思います。

53 ::01/09/22 12:26
ケルト美術ってアステカ王朝美術に似て無い?
全体的というより、なんか貴金属で出来た像が似てたなって。

54 ::01/09/22 16:47
アステカ王朝時代の出土品か。
訂正。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 19:59
千○伸○の元弟子だけど、みんな彼についてはどう思う?

56 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 03:30
府中でマネを観て以来凄く気になっています。
マネの研究でなにかいいものがあったらオシエテ下さい。

57 :佐藤信:01/10/01 02:40
秋山聡の新作に脱帽

58 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/15 01:36
age

59 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/19 22:24
おい、ちょいと聞いてくれよ、スレとちょい関係あるんだけどさ。
だいぶ前に美術史学会東支部会の案内がきたんです。美術史学会。
そしたら「中学校の歴史教科書における日本文化・美術の語られ方」
ってシンポジウムやるそうなんです。
んで、パネリストを見ると田中英道って名前があったんです。
ついでに千野香もでるしいんです。
もうね、おもしろそうじゃないかと、最高じゃないかと。
(略)

んで、俺は都合悪くていけないので、誰か行く予定の人は
どういう内容だったか教えてくれや。

まあ、美術史学会に入ってないような素人は、黙ってそいつらの
報告を待ってなさいってこった。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/19 22:30

つまんねーぞ。千野香じゃなくて千野香織だしな。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/19 22:37
すまん、間違った。
↑キミ、学会行ったら報告してくれよな。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/24 03:03
>>59
素人をばかにする言い方は気に食わんが,確かにお祭り騒ぎになりそうな
例会だな。漏れも残念ながらその日は仕事で行けないのだよ。
誰か報告してくれや。

63 :素人:01/11/24 03:10
馬鹿にされたと思うわけはありません(笑
キャハハ!!!

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)