5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★  生まれて初めて感動した絵は?★★

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/02(水) 16:49
生まれて初めて感動した絵は何ですか。
絵画に興味をもたせた絵等。
僕は小学生の美術の本に載っていた
スーラの「グランド〜島の日曜の午後」が好きでした。

2 :jiji:2001/05/02(水) 17:42
ありふれてますが「モナリザ」です。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/02(水) 19:51
ルオーのキリスト
絵を観て泣く、ということを初めて体験した。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/02(水) 21:41
アンリルソーの寝ている女にライオンがいる絵。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/03(木) 01:13
ジェリコー「メデュース号の筏」

人間の生への執着、野蛮な面を幼少ながらに見せつけられた。

6 :jiji:2001/05/03(木) 15:24
私は幼い頃アンディー・ウォーホルが理解できんかったが、
今は版画集や作品集を見て繊細で時代の先をいった作品を
作ったんだなあと思った。

7 :太郎:2001/05/03(木) 17:49
ウォーホルって今見ても新しいよね。
色使いが最高にいい。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/03(木) 17:54
上野の国立美術館?で20年くらい前に見たアングルの「泉」。
絵で感動したのはあれが始めてだったと思う。
当時幼稚園か小学校の低学年位だったけど今でも印象に残ってる。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/03(木) 18:09
アートじゃないけど
ノーマンロックウェル。
ディフォルメされているが
あれほど生き生きとした絵は見たことなかった。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/03(木) 21:31
ラファエロの、「ヴェルヴェデーレの聖母」
マリアの表情が何とも言えない。。。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/03(木) 22:01
ど田舎に住んでたので、美術に触れたのは高校以後だった…
でも、中学の美術の教科書で見たブランクーシの「空間の中の鳥」に
感動したのが初めての経験だったと思う。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 00:16
やっぱり美術の教科書を見て絵を好きになるのが多いと思う。
浮世絵シリーズとか好きだった。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 00:18
感動したということなら3のかたと同じく、ルオーのキリスト。

たんに衝撃を受けたということならボッシュの地獄を描いた一連の絵画。
幼稚園に入るまえ、あれを見て怖くて怖くて、でもすごく興奮した。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/04(金) 01:27
8>>さん
わたしも'81年だったと思いますが、アングルの「泉」を
大阪で観ました。 まだ学生でしたが、あまりの美しさに
3時間ほど見惚れてしまいました。
その時買った複製画は、今でも部屋に飾っています。

15 :ナナシノ:2001/05/04(金) 01:33
感動。とは違いますが・・・。
小学生(中学生?)の頃、美術の教科書での「現代絵画」紹介
で観たマレーヴィッチに驚いた記憶がある。すごくさわやか
な印象を持った。同じく掲載されていたポロックには
「死んでもこんなモノを描く人間にはなりたくない」とか
思った。。。

16 :( ● ´ ー ` ● )nazi :2001/05/05(土) 14:49
John W WaterhousのWindfiowers(1903)
まじで結婚したいと思った

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 14:53
Gustave Moreau の「出現」

18 :( ● ´ ー ` ● )nazi :2001/05/05(土) 15:13
http://sunsite.sut.ac.jp/cgfa/waterhou/p-waterhouse40.htm
これね

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/05(土) 15:21
絵じゃないけどサモトラケのニケ。
写真で見て綺麗だなとは思っていたけど、実物を見たときは
ショックで足がすくんでしまいました。
もしかしたらヨダレたらしてたやも。
首がないのになぜあんなに完璧に美しいのか
今でも不思議です。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/06(日) 00:04
小学校二年の時、ダリの「記憶の固執」。
感動というよりショックを受けた。その本が洋書だったので
タイトル知りたさに生まれて初めて英和辞典をひいた。
当然、その時は訳せなかった(笑)。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/08(火) 23:22
モネの「アトリエ舟」(だったかな?)
後頭部に突き抜けるものを感じた。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 04:09
「忘れえぬ人」 by クラムスコイ

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 15:51
「落穂拾い(レプリカだけど・・・)」。
震えた。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 20:12
あ〜1さんと同じだ。
中学のとき初めて買った画集はスーラだったし。
それまで知ってた絵画のイメージとちょっと違ってた。
あとはルソーとか。
このスレッド親しみやすくていいですね。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 20:52
ミレーの「晩鐘」。
最近ミレーの絵を見る機会があまりない気がする。

26 :w:2001/05/09(水) 21:02
小学生の時、絵葉書で見た、モネの”日の出”だったかな、、
で西美とブリヂストン美にいって彼のほかの作品を観ました。
身の回りの人に、水を描かせたら東山怪異や福田平八牢の方が上だと言われてかなり凹みました。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 23:58
ミレーの晩鐘、去年見て感動しました。
時を凝縮した、って感じがいいですね。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/11(金) 17:32
あ、俺も20さんと同じダリだった。「内乱の予感」だけど。
小学生の時に初めて見たけど異次元を見たようで恐ろしくてショックをうけた。
そしてその夜、夢にでてきてうなされた。

29 :名無しのエリー:2001/05/11(金) 23:48
モネだかマネだったかの(覚えとけや自分・・・)日傘をさしてる女性の絵。
小学校の時に初めて見て、ものすごく綺麗でうっとりしたのを覚えている。
絵で感動したのはあれが初めてだったなー。
(でも絵画って絵だけで覚えちゃうから、
何回覚えても作家の名前が覚えられない。物覚え悪いな・・・)

部分的にだったらモナリザの手。大好きだ。
あの絵を見た後はやたら手のデッサンばかり書いてたなー。
あれからもう十何年立つが、未だ俺の中で「つないでみたい手No1」となっている。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/11(金) 23:59
それはモネです。
この前来日してました。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/12(土) 00:47
昔々、横浜そごうで見た、
レンブランドの「ソロモン王」の肖像画。
圧倒された。

32 :catt:2001/05/12(土) 02:28
フランダースの犬の絵本で見た協会のルーベンスの壁画
4つだったかな・・<自分

  人 々
 ミ@Д@彡

33 ::2001/05/12(土) 02:55
cattさんてほんとはいいひとなんだね。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/12(土) 04:59
『こういうの描きたい!』って思ったのは、福田繁雄さん。中1。
絵で泣いたのは、虫3。棟方志功、倉敷美術館で。
スレの主旨とズレるけど、去年、田中恭吉展を見た時の衝撃が一番
凄かった。打ちのめされた。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/12(土) 21:47
ブリジストン美術館で見たセザンヌの「聖ヴィクトワール山」。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/13(日) 01:53
林武の赤富士

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/13(日) 01:57
>>35
×ブリジストン ○ブリヂストン

38 :名無しさん?:2001/05/13(日) 07:43
>>37
指摘が細かすぎてどうでもいいって感じ。

中学の美術教科書で見た「心の琴線」。でっかいワイングラスの上に雲が載ってる絵。
ダリだったかな。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/13(日) 17:45
>>38
マグリット

NGA展でみたモネの日傘の女性

40 :moto:2001/05/14(月) 17:27
ミレイ「オフィーリア」

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/14(月) 22:49
横尾忠則

42 :wa:2001/05/16(水) 00:39
腰巻き汚染のポスターとか

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/16(水) 15:01
フェルメールの絵。タイトル分かりません。スマソ。

その当時フェルメールがどんな画家かもわからず、
美術館の中を疲れてとぼとぼ歩いていたら、
なにか視線を感じたような気がして立ち止まったら
フェルメールの絵のなかの女の人が
なんともいえない感じで微笑していた。

その絵をどんな角度で見ても、なんとなく
こちらをみて笑っているように見えるので
背筋にぞくぞくが走りました。

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/16(水) 17:59
私もマグリットです!!近美でやったマグリット展はよかった

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/18(金) 00:55
あの〜無粋な通りがかりのものです。
いつまでも記憶にある絵画があるのですが、題を失念して
しまいまして…どんな絵画かというと…
丘の上に一頭の雄ライオンが背を向けて佇んでいて、彼は
はるか先、地平線に傾く(昇る?)太陽を見つめている、
といった構図です。
たまたま新聞で見かけ、切り抜いておくんだったと悔やん
でいます。どなたかご存知でしたら教えてください。

46 :空耳:2001/05/18(金) 01:04
関係無いけど、この絵もいいよ。>>45さん
http://sunsite.sut.ac.jp/cgfa/r/p-hrousse1.htm
ただ同じライオンてだけだけど。。
ライオンていうとこれしか思い浮かばない。

47 :catt:2001/05/18(金) 08:11
>>45さん
ライオンつーとルソーしか思いつかないですが・・
http://www2.justnet.ne.jp/~tuyoshisuper/rousseau5.html
こんな絵ですか?

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/19(土) 01:23
>>46
>>47
45です。ご紹介ありがとう。
どちらもルソーでしたね。「眠れるジプシー女」
は私も好きな絵です。
自分が探しているのは確か「両英雄」…といった
ようなタイトルだったと思います。
googleでもなかなかヒットしないもので。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/19(土) 05:50
エル・グレコです。小学生の時、教科書で見て感動し、そのまま頭の片隅にあったけどおととし実際に見て涙が出た。

50 :goatsong:2001/05/19(土) 15:29
>>45

ジェローム?

http://www.wetcanvas.com/cgi-bin/show_image.cgi?iname=/Museum/Artists/g/Jean-Leon_Gerome/Painting/Lion.jpg&&name=Jean-Leon_Gerome&&title=Lion.jpg

http://www.wetcanvas.com/cgi-bin/show_image.cgi?iname=/Museum/Artists/g/Jean-Leon_Gerome/Painting/Lion_on_the_Watch.jpg&&name=Jean-Leon_Gerome&&title=Lion_on_the_Watch

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/19(土) 15:50
上のリンク先の岩肌がリアルだね。なかなかいい。

しかしそれにしてもgoatsongさんは、まるで生き字引だね。

52 :空耳:2001/05/19(土) 16:18
なんでそんなに知ってるのか本当に不思議。
私ももうちょっと年をとれば詳しくなれるのだろうか?
でも物忘れ激しいから駄目やね。

ジェロームいい絵だなー
こういう絵が好きだ
この前行った中国こんな感じのところがあったな

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/19(土) 22:37
ジェロームって平山郁夫みたいだな。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/20(日) 02:45
>>50
45です。またまたご紹介ありがとう。
私もジェロームかなあと思っていたんです。ライオンや
トラを素材にとったものが多いという理由で。
私が記憶にあるのは
http://members.fortunecity.com/gerome/g/Gerome_Jean-Leon/Tiger_on_the_Watch2.jpg
の構図に
http://members.fortunecity.com/gerome/g/Gerome_Jean-Leon/The_Christian_Martyrs_Last_Prayer.jpg
のライオン…といった具合です。
ここのサイトはジェロームの絵画がたくさんあります。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/20(日) 03:40
高校のとき、水戸芸術館で見た、ロスコの絵
タイトルは忘れた。No.何とかだった。黒の上にオレンジの矩形が1つのやつ。
言葉も出ないほど感動して、多分5分以上見入ってたと思う。

56 :わたしはダリ?名無しさん? 名無しのエリー:2001/05/23(水) 13:42
シャガールの誕生日。
小学生のときに新聞で見てずっと忘れられなかった。
絵って凄いなって思った最初の1枚。
すごく幸せそうな情景が大好き。

57 :six:2001/05/23(水) 23:37
ぼくも川村記念美術館でみたロスコ。

58 :69エリート街道69:2001/05/23(水) 23:39
絵画の専門サイトとかではどこがお勧めですか?
出来れば画像満載のサイト等、あれば是非教えてください。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/24(木) 00:08
美術の教科書に載ってた「麗子」

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/24(木) 06:18
絵じゃないけど、岡本太郎の「樹人」です。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/24(木) 13:54
15年前くらいに渋谷パルコにアートスペース(簡単な美術館)があった。
そこに来たミュシャの絵(ポスター)。
あれから絵を見る旅に図録収集する癖がついた・・・

62 :55:2001/05/24(木) 22:44
>>57
ああ、おれもそれ観た。
ロスコの絵は実物を観ると迫力あるよね。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/26(土) 04:08
エゴンシーレの自画像

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/26(土) 17:24
小学1年のときに模写したミロですね。
形とか色とかデタラメもいいとこだと当時は思いはしたけど、びびび、って感じだった。
その後油彩を習い、いろいろ観たり模写したりしたけど、やっぱりミロが今でも一番好き。
心が解き放たれる。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/29(火) 16:41
私はエドワード・ホッパーの「夜の散歩者」だったかな。なんかヴィムベンダース
が映画でシーンを真似てたやつ。あの絵大好き。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/01(金) 05:02
うちにあった百科辞典に載ってた、水に浮く女の人の絵。
小学生のときだった。
そのあまりの幻想的で美しく哀しい雰囲気に見るたびにいつも涙が出た。
で、すっかり忘れた頃、大学の英文化史の授業で
ラファエロ前派運動について勉強したときにその絵と再会した。
また涙が出た。うー。いい絵はいつ見てもいい!
しかしいまだに作者名を覚えられないのはなぜかな…。

67 :catt@e141178.ppp.asahi-net.or.jp:2001/06/01(金) 06:37
>>66
>40

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 03:29
ディエゴ・ベラスケス
ラス・メニーナス

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 07:37
すごくかわいいよ。初めて感動した絵じゃないけど
http://members.tripod.co.jp/~tomi_to_matsu/aibon.html

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 07:41
かわいいね、麗子みたい。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 14:09
絵じゃないけどデュシャンの泉。

若い頃は”想像性の否定か、陳腐だな”とタカをくくっていた。

20年後くらいに突然、真意が理解できて衝撃を受けた。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 14:31
20年後かい・・・。
その真意って?

73 :  :2001/06/02(土) 22:02
>>70それよりも麗子像の方が恐ろしいと思われ

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/06(水) 22:29
「種まく人」
ゴッホのほうね。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/08(金) 00:30
アングルの絵

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/08(金) 11:46
麗子像には愛情がいっぱい詰まってるんだよ〜恐ろしいなんて言わないで…。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/05(木) 23:08
絵を見て綺麗だなぁと初めて思ったのは、シャガール(タイトル不明)。
でも、鳥肌立つほど感動したのは、ワイエスの「クリスティーナの世界」。

78 :ななし:2001/08/25(土) 01:07
セザンヌのチョッキ着た少年の絵。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/25(土) 03:00
レオナルド ダ ヴィンチ。大好きな漫画家の絵に似てる、と思って、一目ぼれ。隣にあったラファエロも、色の美しさ等に惚れてしまった。その日からイタリアルネサンスファンになった。

80 :’5’:2001/08/25(土) 07:21
ボッティチェルリ。
『春』のメルクリウスに一目惚れ。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/25(土) 13:10
ゴヤの「チンチョン伯爵夫人像」。

82 :58:2001/08/25(土) 16:41
ルネ・マグリットの・・・名前忘れた。
ん〜とね、海の上に浮いてる
とてつもなく大きな岩の上に
小さなお城みたいなのがあるんだ。
あまりに憧れたので模写(しかもアクリルでやったからバカ)
したんだが、あの通るような青はなかなか
出せなかった・・・。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/25(土) 16:50
まーてろあぬすきゃん、ばれっくびkっくらどんき、いれーてめいや、
あなるしまーる、うーすたーそーすこっと。

84 :58改めこぱ:2001/08/25(土) 19:53
>83
なにそれ。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/25(土) 20:23
シャガールの花嫁の花束とか他多数

86 :岳葉:2001/08/25(土) 21:14
中一の遠足で京都の岡崎の美術館で見た、
ユトリロのなんとかの袋小路とかいう絵ですね。
袋小路っていうのに奥に石段があったような気がするけれど。
絵っていいなぁ、と思いました。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/26 23:41 ID:o47NyMg6
私は上村松園の「序の舞」
東京芸大美術館にあるやつです。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/27 00:36 ID:w40tRU0s
>>82ピレネーの城だと思う。
>>80左端の男の人でしょうか?私もあれには一目ぼれです。イタリアルネサンスには美男(美女は少ない)がたくさん居て楽しいです。

ところで今日の2チャンネルは文字化けしていて入れませんでした。「お気に入り」になっているのは無事でしたが。

89 :空耳:01/08/27 01:41 ID:oIiy2v/U
実はボナールかも・・・

鳥肌が立ったのは若冲。
ものすごい近くに顔を寄せて観察したら、
彼の描線に思わず立ちました。
後ドラクロワ。
これは生理的反応だから意志ではいかんともしがたい
感情なんだと思う。
電気信号的感動?

90 :80:01/08/27 08:57 ID:F7twmY9s
>88
そうそう!
今までの人生の中で一番男前。

91 :てら:01/08/28 06:32 ID:kyiSjsJI
こんにちは。HP完成しました。アドレスは、htto://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/です。感想待っています。

92 :てら:01/08/28 06:34 ID:kyiSjsJI
アドレスに間違いがありました。http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/でした。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/28 09:44 ID:gCk.yL9Y
まだ完成してない香りが・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/erosu.jpg.JPG
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/enn.jpg.JPG
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/suienn.jpg.JPG
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/akazaou.JPG
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/tubak.jpg
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/tatto1.jpg
http://www3.ocn.ne.jp/~terasaki/kinn.JPG

とかリンクがローカルに貼ってあって見えないです
てゆうかほとんどリンク切れしてます。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/28 17:16 ID:1N/0Bc7s
生まれて初めてとは違うんだけど、ボッティチェリの聖母子像。
ボッティチェリってプリマヴェーラとか有名だけど、本で見ただけだと
なんか少女趣味だよなぁって思ってて。
でも初めて本物見たときは納得した。本物と印刷の違いって大きいって
ほんとに実感した。
その中でもポルティ・ペッツォーリで見た聖母子像はとても美しくて、
その場に立ち尽くした。毎日でも眺めたい作品だったな。
あーまた見に行きたいなぁ。

95 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 02:20 ID:43qwI6BA
田中敦子

96 :総理:01/08/29 08:15 ID:Jl2izFxE
違うよ

97 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 11:03 ID:lF.7AXVo
ピカソ

98 :果詩:01/08/29 11:45 ID:dPqwPd8M
生まれて初めては覚えてないけど、東山魁夷さんの絵は、いつ見ても
優しい感動を覚えます。特に白馬のシリーズが好き。

>>65さん
私もホッパー好きです!あと、ディビッド・ホックニーも好き♪

99 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 17:16 ID:zXjfycQo
>>98
私も東山魁夷氏の作品好きです。絵葉書は愛用してます。
でも金に魂を売った現存絵描き(もう亡くなられましたが)
のスレに名前があがってるんですよね…。
そうかなぁ?私、家ご近所ですけど、どちらかというと
質素な家ですけどね。っていうと失礼かしら?
悪い意味じゃないんですけど。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 17:38 ID:ewMXJ752
写真などではない本物のゴッホの絵。
実物の持つ凄みというか、なんというか・・・
やはり絵はコピーの写真では伝わらない魅力があるんだなぁ、と知らされた。

101 :catt ◆cattBBWQ :01/08/29 19:26 ID:KU.Y4Z/Q
なんででしょうね・・>>100さん
やっぱ絵は絵なんだよねぇ・・

102 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 21:30 ID:hiPpQu1Y
モネの”ひなげし”でした。初めて見たときドキドキしました。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/29 22:48 ID:lF.7AXVo
確かにひなげしはいいですね

104 :よこちん:01/08/30 02:25 ID:pmqtp2ns
きまぐれロボット/星新一
挿し絵の和田誠が、絵と名前が一致した
最初の人だったような・・・

105 :果詩:01/08/30 10:17 ID:/V18IXXQ
>>99さん
私も、「金に魂を売った〜」スレ見ました。まさか名前があがるなんて。
唐招提寺とか、皇居とかに壁画を描いたからでしょうか。
そうだとしたら、日本が世界に誇れる伝統美術を持つことを否定してるような・・・。
↑の2つの作品、実物見てみたいですが、皇居は入れないですよね(涙)。
実物観たら、きっと感動だろうなぁ・・・。

106 :99:01/08/30 12:27 ID:7XYPS0sI
>>105
ですよね。全く同感です。

あー私も唐招提寺と皇居の壁画、前々から見たくてたまりません。
いつか公開される日がくるのでしょうか…。

107 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/31 11:08 ID:KIN1czTU
超亀レスだけど
>>66
それって、ミレイのオフィーリア?
私も大好き!ビバ!プレ・ラファエロ派!

108 :空耳:01/08/31 12:28 ID:az5zU8fw
>>99
唐招提寺の障壁画結構良かったよ。
薬師寺の駄作とは比べ物になりません。
東山魁夷はいい画家だと思うけど、金に魂を売った気はする。
いろんな話を聞くと。
もっとも今までで金に魂を売った天才芸術家なんて
いっぱいいると思うから、
そんなにがっかりせずとも・・・

>>102
ひなげしイイ!

109 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/31 14:59 ID:g1Z.DQrY
>107
そうそうそうです オフィーリア
あれは歌を歌いながら沈んでゆくところなんだよね
花の一つ一つにも意味があるらしいけど
まあそんなことはどうでもいいぐらい美しい。

110 :99:01/09/01 00:36 ID:lJPjTlwk
>>108
別にがっかりしたわけじゃなくて、そうはみえないけどってことで。
だってあの家構え…巨匠の家だなんてとても思えないんですもの。
ご近所だってことは知ってたのに、ぜんっぜん気がつかなかったから…。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/03 19:49 ID:EWPcEIu6
モナリザ。東京来たとき見た。

112 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/04 03:18 ID:3MIsKsw6
もちろん、好みは人それぞれだから、とやかく言うのは野暮だけど。
それでもね、東山魁夷が良いというのは、情けないように思ってしまうぞ。
壁紙じゃないようにおもうぞ、美術は。
彼が、商業デザイナーなら、かまわんけど。

113 :くさや姫:01/09/04 06:26 ID:ogsimWi.
ルドンの「オルフェウス」
初めて見た時衝撃的だった。

114 :空耳:01/09/04 06:44 ID:G1n4gVNI
>>112
別に情けなく思われたくないんですが。
言うに事欠いて情けないはひどいね。
他に言い方無いわけ?
自分は認めないとかさあ。
私も実は東山魁夷くだらないって思ってた口だけど、
(というか、日本画一般)
唐招提寺で本物見たらくだらないとはとても言いがたかったね。
特に平山郁夫見た後だったから、一層思えなかったね。
それと、壁紙としての美術だってこの世には存在するでしょ。
あなたは装飾としての美術を認めないの?
じゃあ美術って何よ?

115 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/05 20:35 ID:fnPmZiT6
>>112
美術、芸術の楽しみ方って人それぞれでしょう?
見方によって評価って全く違ってしまうし…だから
情けないっていう言い方は意味がわからないです。
仮に壁紙だとしても、それはそれで美術品として見ても
差し支えないのではないでしょうか?
というか私は壁紙だって美術品だと思ってますけど…。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/05 21:37 ID:De3Cf4Uw
本当の意味で感動したのは
岡本太郎です。なんというか強烈な魂、精神を見た気がした。
日本の画家の絵って
なんとなく暗さが(色使いとか)なじめなかったんだけど
そんな要素もあまり感じられなくていいかと・・・。

117 :わたしはダリ?名無しさん? :01/09/05 21:42 ID:TyB9pRVM
>>114
何だよその日本画一般っていうくくり方は(w
今はそんな時代じゃないだろーが(w

>>112
俺は東山でも認めるね。別にファンじゃないけどな。
どんな腐った絵にも美術はあるんだよ。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/05 21:59 ID:tXB9Gpyw
ジョン・エヴァレット・ミレーのオフィーリア

119 :坂本巳う:01/09/05 23:15 ID:W5AkYEqc
フラゴナールの黄色の服のお嬢さんの絵

120 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/06 01:36 ID:cZjXQoHE
>>どんな腐った絵にも美術はあるんだよ。

同感。
腐ってるかどうか決めるのは個々人の主観だし、
その時代の本流に認められているからといって
後世も評価される保証はないんだしね。
私が東山魁夷を好きなのは別にお上に評価されてる
からじゃなくて、私の感性になんらかの訴えを感じるから。

>>114の日本画一般ってようするに平面構成の絵のことでしょ?
大きく西洋美術史と比較した時の。壁紙は平面構成?だもんね。

しかしこれスレ違いだよなーそろそろ逝こう…。

121 :112:01/09/06 02:57 ID:jRLecbVM
>>114 115
そうです。
それは、もちろん分かってる。
でもね・・・、
僕は近世の日本画が好きで、実は真剣に収集している。
結構な、中年のお金持ちなんだ。
岩佐又兵衛〜月岡芳年にいたる浮世絵の肉筆画(版画ではない)や、
若冲・蕭白・江漢はじめ江戸期の主要な作家は、大抵持ってる。
年に何回か、全国各地の美術館から、企画展に出展依頼がある。
自慢したいんではなく、いい加減な煽りや稚拙な美術感で言ってるんじゃ
ないってことが判って欲しいだけ。
確かに美意識は純粋に個人的な感覚で、他人がとやかく言うもんではない。
それでも、真剣に見続けていると、つい惹かれて行く方向のようなものがある。
これも微妙な感覚で、言葉では説明しずらいんだが。
せっかく美術に興味があるなら、しかも日本画も嫌いでないなら、
東山ごとき半端者(失礼、僕にはそうとしか見えないんで)の範疇で
終わって欲しくない。
いろいろ見続けて、その時々に自分の美術体験が変わり、その都度
なんとなく美意識が変わり、それでも東山が好きならそれでよい。
しかし今の僕は、又兵衛・北斎・若冲などの巨人に比べれば、どうにも
東山の半端さ、媚、欲のような品位のなさが、鼻につく。
つまり、そんな勝手が、ちょっと言いたかっただけです。
気に障ったら、お詫びいたします。
追伸
ちなみに、江戸の作家ですら、藤原仏画の情念には遠く及ばないとも
思っていますが・・・。

122 :112:01/09/06 03:56 ID:j4lNK/BA
大人げないレスをしてしまったと、再び反省してます。
重ね重ねのご無礼をお詫びいたします。
この親父(と、言っても41歳ですが)は、それほど絵画が
好きなんだと、笑ってお許しください。
追伸
僕は、千葉県内・常磐線沿線に住んでいます。
もし、江戸の絵画に興味があれば、いつでもご覧にいれます。

123 :空耳:01/09/06 06:22 ID:IeUHMAg2
>>112
あなたが真剣な人であることは充分伝わってきました。
私だってね、別に東山が芳年、若冲に並ぶなんて勿論思ってないよ。
若冲は本物の天才だよ。東山は別に天才じゃない。
でもですね、こういう言い方は作っている人には失礼かもしれないが
鑑賞者としては美術品をある価値観で輪切りにしていった場合、
その中で認められるものというのは出てくるわけです。
これはこれでいいんじゃないかっていうやつ。
私は自分の中で日本画なんて相当つまらないし、
ただのイラストだって思ってた。最近まで。
東山も知ってたけどつまんないし、迫力無いと思ってた。
でも前も言ったように、唐招提寺の壁画を見て、
東山の魅力というのがなんかまあ伝わってくるものがあったわけ。
今まで完全無視していた日本画について考え直してみようと
思わせるくらいの力はあったわけ。
東山のサイト見てきて、大体はつまらないけど、
東山なりに輝く瞬間はあったと思う。
美術を上から下のベクトルで常に接する必要は無いと思う。
それは芸術の傲慢だよ。何かを掴み損ねると思う。
常に順番をつけながら鑑賞するのは私には好ましくない。
それを言ったら、中国山水画を超える美術が世界に幾つありますか?

それとは全く関係無い話で、壁紙であること、
装飾であることを自らの存在価値として昇華させる形での
優れた美術はあるということだけは主張しておきたいと思います。

でも、あなた本当に掛け値無しに金持ちだと思う。
はっきりいってうらやましいかも。
江戸の名画をいっぱい持ってるなんて。
コレクションのさらなる充実を願います。

124 :空耳:01/09/06 09:37 ID:IeUHMAg2
>>117
ごめんあなたの言ってる意味がよくわからない
>>120
いや、西洋美術との対比じゃなくて、
明治以降の日本画材を使って描いた日本画のことをさしています。
水墨画じゃないやつ。
ていう風に世間一般で定義されてないっけ、日本画って。
まちがってたらごめん

125 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/08 13:18
>107
僕は理系で美術には詳しくないのですが、Tate Galleryで初めて観て以来
絵葉書をずっと机の前に飾ってます。もう10年くらい眺めてる・・・。

126 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/08 13:24
ルーブル美術館で戴冠式の絵がすごく感動的でした。
まるでそこに自分も一緒に出席しているような錯覚を起こしてしまった。

127 :120:01/09/08 18:11
>>124
ああ、そうか。その前で壁紙とかなんとか言ってたから
そういう意味かと思ったんだ。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/09 03:33
エ・エフエフエフエエフ・・ウヒヒフ・・・・・
http://www5.plala.or.jp/ryo1970/midnightplus/index.htm

エエフエフエフ・・

129 :続き?:01/09/09 11:48
なんだろーな。初めて感動した絵。。
パウルクレーの魚か
ドガのバレリーナか
ピカソの石膏の足のデッサンか
ラファエロのマリア像
その辺だったような気がする。

130 :絵ではないのですが・・・。:01/09/09 17:29
サモトラケのニケを見たときは感動して、閉館まで眺めてた。
って彫刻?だけどいいよね?
追記
映画AIに出てくるフェアリー(だったかな?)ってニケがモデルの
ように見えたけどどうなんでしょ?ってこれもスレ違いか・・・。鬱だ。

131 :シュールレアリズム:01/09/10 23:16
デ・キリコ。傲慢かもしれないが運命的なモノを感じてしまった。

132 :ヒロ:01/09/11 02:06
日本画の東山のことですが、唐招提寺は禅寺です。
あの襖絵は禅寺を美術館と勘違いしてます。
こういう勘違いはほんとに多すぎますね。

133 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 12:52
ブニウ(確かこんな名前だったはず)の「ポトフの材料」。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 23:22
もう5〜6年前だけど、トヨタのカレンダーに使われていた
「アンドウ シゲオ」さんの絵。
(確か写真に和紙を貼り、パステルで色をつけたものだったと思う)
あの優しい風合いに生まれてはじめて心が動いた。
あれからずっとこの人を探しているのだけど、わからない・・・。
どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?

135 :空耳:01/09/24 23:39
>>132
私の先生も、
絵としては良いが襖絵としてはふさわしくないと言っていました。
襖絵としてふさわしいとはどういうことかはわかりませんでしたが
ヒロさんと近いことを先生は言ったのだと思います。

136 :宮武 外吉:01/09/24 23:51
東京都現代美術館で見た、白髪一雄さんの抽象画(タイトル失念)
猪の皮が大きなキャンバスに貼り付けてあり、その上に大量の絵の具を
塗りつけた絵です。
なんだかわからないけど、心をわしづかみにされました。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)