5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●税金で運営されてる美術館は、もっと開放しろ●

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/12(火) 23:55
今の美術館って、「あなたたちに見せてあげる」って感じ
強くない。えらそうに。!しかし、もともと、税金で購入
したものだから、収蔵品をいつでも観られる、サービスを
するべきじゃないのかなあ???

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/13(水) 03:17
ある、ある
夜、寝ながら、どうしても、
2か月前に見た、ある作家の作品が
気になってしかたないので、美術館へ電話したところ
「只今、展示しておりません。」
次に、いつみれますか?
と聞いたら、「只今、展示の予定はありません。」
だって、
「大学とか、どこかの研究室のかたですか?」
だって、サ。

サラリーマンじゃ、だめなんかよ!!
主婦じゃ、だめなんかよ!!

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/13(水) 16:54
>>2
単なるわがまま。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/16(土) 19:51
展示空間は無限に広いわけではないので、仕方ない。
だから何度も収蔵品の常設展示の展示替えをしてるのです。
リピーターになって、展示替えの度に行けばいいのでは。
(忙しいから無理って?)

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/17(日) 10:39
昨年、コロンビア大学の「美学概説」の夏期クラスをおりました。
その授業の中で、日本の美術館とニューヨークの美術館のありかたについて
多くの違いを現実に見て、驚きました。基本的な大きな違いは、日本は、
「官」つまり、上から見せてあげます。のあり方と、私たちの美術館だから
「私たちが、収蔵品をしなければ」との、大きなちがいです。ですから
寄付される作品が、非常に多いのですね。(これには寄付をすると税制上
優遇される一面もあります。具体的にどのくらいの節税になるのかは知り
ませんが。)皆さんが行かれることが、ありましたら、下のラベルを見て
ください、gift of.......に多く、なっているはずです。

 最も驚いたのは、電話で予約をすれば美術館の収蔵品であれば、個人的
に見せてもらえるシステムがあることでした。授業で聞いた時には信じられ
ませんだした。思い切って予約をすると、3日後、3時でした。べつになん
の作品でもよかったのですが、予約する時ジャスパー ジョーンズの0−9
(版画)入り口で、手を洗わせられたのには多少、ムウーときましたが、部屋
に入ると、机のうえに置いてあり、「あなたの見たかったのはこれですよね?」
感激しました。一短期の留学生にですよ。

 見せてくれた人は、インターン(卒業前の無給研究生)とのことでした。
美術品は、美術館の収蔵品を増やすためにあるのではなく、皆に見せるために
コレクションされてる、アメリカの懐(ふところ)の深さの一面を見ました。

6 :ナナシノ:2001/06/17(日) 12:08
>>5
驚きですね。「公の美術作品を鑑賞する権利」
を行使したわけだ。アメリカでは「権利」は、
斯様に可視的で実用的なかたちをしているの
ですね。。。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/17(日) 15:57
日本は100年遅れてるな。。。
>>2の美術館の人に読ませたいね。
個人に言っても仕方ないけど。

8 :goatsong:2001/06/17(日) 17:53
日本の美術館を擁護するわけじゃないけど、アメリカの博物館
乃至美術館は、そもそも成立の背景も運営のシステムも全く違
うものであって、それを日本のそれと比較して「100年遅れてい
る」と言うのも無茶があると思うけど。

言うまでも無くアメリカの美術館は、設立が民間人である場合が
多く、コレクションも寄託・寄贈、運営も多くを民間人の寄付によ
っているわけで、「国立」というものが殆ど存在しない(それは民
主主義の捉え方の問題)。日本のような政府主導型の、もっとも
典型的・徹底的なものはフランスであって、もし、遅れている否
かを問うならば、フランスを始め、ヨーロッパの美術館と比べて、
初めて見えてくるものだと思うけど。

それと日本の場合、ヨーロッパのように、展示も収蔵も年がら年
中吊るしておいても良い油絵やフレスコと違って、耐久性に乏し
い伝統的画材による作品の、メンテナンスの問題があるわけだ
し。しょっちゅう外気や光には触れさせられないわけで。

9 :ナナシノ:2001/06/18(月) 01:26
>>8
確かに。ですな。しかし、ほとんどの美術館が民間か
ら起ち上がってくるだなんて、そんな話を聞くとかえ
って「人民による人民のための美術」を称する国が、
やけに立派に感じるのは、それが隣の芝生だから?
あるいは、ヨーロッパ諸国においても、(僕のような)
日本人にとって驚嘆に値する「市民のためのシステム」
が存在するのでしょうか?ご存知の方教えてください。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/18(月) 02:23
「遅れてる、進んでる」の問題じゃない、とおもいます。
goatsongさんの言われるように、現状は美術館の成り立ちから
語られると思います。しかし、現在までの日本の美術館に
かかわらず、「国のものだから、一般には見せられない」と言う
官尊民卑の、考え方が浸透してたのではないでしょうか?

また、美術品にかかわる学芸員の「万一の場合の責任は
とりたくない」の保身からくる、怠慢。(いいすぎか?」

 こんな、話もききました。
アメリカでは、多くの美術館は、ガラスケースに入れないで
「生」のまま、展示しているが、もしもの事があったら?
 「それは、大変不幸な事だけど、起こるか起こらないか
  わからない、其の為に何十万、何百万の美術愛好家の楽しみを
  奪いたくない。」(美術館員ではなく友人の話)
(もちろん、その裏にはしっかりとした保険と、修復があっての事、)
 さすがに、ゴッホ、ピカソの素描(紙にグァッシュで修復不可)
 ジャスパーの星条旗(蜜蝋)などはガラスケース。

もちろん、外気に当たり変化をきたす美術品は除外すればいい。が
国(納税者)の美術館の運営とサービスを市民の立場にたって考え
る、時代に来てるのではないかと、思い。
ニューヨーク近代美術館は、ロックフェラー財団が発起、ウイット
ニー、やグーゲンハイムのように名乗ることを拒否?した。と聞いて
ます。

 

11 :>10、続:2001/06/18(月) 02:51
>>6
「権利を行使」したわけではありません。(単に好奇心でした)
義務(納税)を果たしていない者に対してさえ、、の驚きでした。
ましてや、納税している国にいて、私たちの「物」さえ自由に鑑賞
出来ない、苛立ち。
(最近、購入したと聞く、器の高台の切り込みぐあい、油絵の
裏側キャンバスなど、見たいよ、ね。)
あとの2行、理解不可。

12 :ナナシノ:2001/06/18(月) 03:25
そうか。>>5さんは一時的滞在者ですから権利を行使
したわけではないですね。しかしながらその待遇。
太っ腹な計らいですね。
ただしアメリカって国はやることは威勢がいいけど、どう
にも嫌味な印象を受けるってトコロもあります。

あとの2行は、「きっと我々日本人にも、同等の、ないしは
それに代わる権利が保障されているはず」ってのが前提で、
しかしながらそれを行使する場も手段も不明瞭としか言いよ
うの無い現状を感じて出た言葉です。やり様によっては可能
なのだろうか?

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/18(月) 04:44
「収蔵品申し込み閲覧」なんて、やる気になれば簡単に出来ると
思いますよ。具体的には、有事の際の責任問題だけでしょうから。


こんな掲示板だから、言えることにも限度があります。
なにせ、相手が”公務員”だから、民間が動くようなわけにも
いかないでしょうけど、ほんの少しシステムの切り替えと、ほんの
すこしの、頭の切り替え、思いっきり、をすれば「な〜んだ」って
ことが、あると思いますよ。

まあ〜米国は、善悪表裏一体の、茨(bush)のイヤミな国ですが、
一般人にとって良いところは、どんどん取り入れて明治以来、いや
江戸時代に植え付けられた、「お上は偉い」の百姓根性(失礼、
あ〜〜だんだん無責任に、過激になっていく)から脱皮すべきじや
ないか。と。

14 :its:2001/06/26(火) 03:24
税金で運用されている美術館をより広く民間に開放する
となると、現状では施設の改善が必要となり、運営上の
費用がさらに増加し、その上職員の労働時間も延長する
ことになる。
これらの費用は全て税金から賄われることになり、結局
国民の金銭的負担を増やすだけになると思うのですが。
解決策は・・・やっぱり独立行政法人化等、美術館の国、
自治体からの分離しかないのかな。
(でもその弊害も鑑賞者側からすれば明らかなわけで・・・)

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/27(水) 04:49
学芸員専攻の大学生の美術館実習、インターン制の実施。
ボランティア活動(これは定年退職後、時間を自由に使える
美術愛好家、コレクターに参加を求める。若い学芸員も、学ぶ
ことが多いと思う。)

上に「しょっちゅう外気や光に」とありましたが、しょっちゅう
申し込みのある作品なら、常設にすればいい。管理の問題で、
常にネックになるのは、「もし何かあったら.....」ですが、現在
美術館の作品に対する、保険はどのようになっているのでしょうか?
もし、itsさん、ご存知なら教えてください。
 最悪の「不慮の出来事」の場合には、保険でカバーする。(不謹慎
ではありますが、事故がニュースになり、有名になることも....
 アンディー ウオーホールの「射抜かれたマリリン」の修復後を
注意して見込んだこともありました。」

 が、一つのアイデアですが、国公立の美術館ではおそらく「前例
がない」で、無理でしょうから、どこか私立の美術館が「前例」を
実施してくれないものでしょうか、ね。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/27(水) 06:49
日本の美術館の入場料、高いと思いませんか?
気軽に何度も通えないよう。

ちなみに私もアメリカに住んでいたことがありましたが、
ワシントンD.C.にあるスミソニアンは、あの何十もある
博物館や美術館の殆ど全て、無料でした。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/27(水) 09:58
そうそう。
NYメトロポリタン美術館も10数年前までは無料だったらしい。
今は、いくらかはっきり覚えてませんが、「何ドルぐらいが
適切な入場料です」と、書いてるだけで、強制ではない。だから
1ドルでも2ドルでもOK。
(納税と補助金の問題で基本的に定額を要求できないんだと思う。)

18 :its:2001/06/27(水) 16:57
>>15
作品の保険は、一年に一度、全収蔵品を一括してか
ける事が多いと思います。
基本的に、館内での展示中及び、展示撤去作業中に
起こる不慮の事故、火災等(但し消火設備がしっかりし
ていれば)が対象になるのが一般的かと。
地震に対しては、過去の悲惨な事例がありながら、
ほとんどの館が、完全に対処出来ているのではないため、
金額が膨大になり、保険外にしていることが多い
ようです。

展示中に関しては、時間の経過によって作品の色が
褪せた、やけてしまった、とかいった場合は、その原
因が特定できないので通常は保険の対象外。
盗難、不慮の事故による作品の損傷については、そ
れに至る過程が立証できれば、確実に保険料がおり
るはずです。

傷ついた作品については、できるかぎりもとの状態に
戻すというのが保険をかける際の一般的な保険の
条件だと思いますが、修復の度合い、依頼する修復業
者の選定などによっては、保険料のことで保険会社と
かなりもめることになるのではないかなあ。

19 :中国・斉南:2001/07/03(火) 14:27
の博物館、11時半から3時半まで昼休みで、館の一室で学芸員がネギやニンニクを切ってご飯作っていた。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/03(火) 16:17
写真撮影ぐらいは自由にさせて欲しい>日本の美術館と博物館

21 :its:2001/07/03(火) 18:45
>>19
インドの国立博物館も、停電はするは、空調きいてないは、監視のおっさん
たちは寝てるは(日本でも一緒か)、と結構ビックリした。ミニアチュールとか
大丈夫なんかいな。その一方で、貴金属類の多い部屋に入る時は、ライフル銃
背負った軍人みたいな格好した人にイチイチ身体検査と荷物検査されて、
ここが本当に博物館なのか?と不思議に思った。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 19:59
むしろ、もっと開放できるだけの税金投入を行政に要請すべきだね。
国立施設なんて、独立行政法人化されちゃって、金にならないサービスなんてやってらんないよ。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/26 22:50
外国の有名画家の絵(○ャガールとか)だけが展示内容と思っている公立美術館は
逝ってよし!!
うちの地元がそうなりそう(カネもねえくせに、妄想だけが比例してやがる(大泣)

24 :1:01/09/26 22:56
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

25 : :01/09/26 23:28
いちいちageてんじゃねえよ。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/26 23:46
sageだと転送量がふえるらしい。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/27 00:08
NYのメトロポリタン美術館はちゃんと料金があったけど?
ブースでお金払って、バッチみたいなのを貰って付ける。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/27 00:40
>>15
>しょっちゅう申し込みのある作品なら、常設にすればいい。

本気で言ってんのか?
だとしたら、あんたは一からやり直し。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/29 23:58
>>23
知事だか市長だかに言ってやりな。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)