5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<ミニマル マキシマル>展にて

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/24(日) 06:35
京都国立近代美術館の<ミニマル マキシマル>展にて
作品として持って帰ることができた
でっかいミニマルアートのポスターみたいなやつ

持ってかえったひと、どうしてますか?
ちなみにワタクシ置き場がなく、丸めてほったらかしてます。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/28(木) 01:29
おれも行ってくるよ。
報告は、それから。

3 :1:2001/07/01(日) 18:28
>>2
どないでっか?

ワタクシ「ダンスフロア」のやつとバウカのやつが特にすきやった。
それと1階の竹岡雄二の「クリーンルーム」が案外よかった。
ほかはわかるけどイマイチ…。
一緒に行った友人は「わからん」とうことがわかった、といってた。

バウカは好きやねん。
前国立国際美術館で近作展やったとき見て好きになった。

4 :techno pop:2001/07/02(月) 22:13
 私は千葉のに行ったよ。始めに普通に見て、次に学芸員の説明を聞いて楽しかった。

5 ::2001/07/03(火) 23:56
僕はちょうど竹岡さんの講演やってたけど
途中だったのとあまり前日寝てなかったのが重なって…

>>4
はじめ自分の目→学芸員の話
理想の順番ですな羨ましい。
そちらでもポスター?山積み作品はありましたか?

6 :techno pop:2001/07/04(水) 00:37
最終日にいったので残りわずかだったがもらえた。18:00に閉館するのだが、
17:30に無くなった。(昔は補充していたらしいが、今では無くなったら、
お終いだそうです。)民主党に入ろう?共和党時代?とかいう題名ですよね。

やはりビー球に乗らないでくださいって描いてありました?
(マーブルカーペット)

壁に穴があいている作品はボイラーが見えていてちょっと面白かった。
学芸員曰く「たまたまボイラーが出てきたのです。」

7 :1:2001/07/04(水) 11:28
>techno popさん
京都ではビー玉については何も書いてませんでした。
その代わり側に監視の女の人が始終鋭く目を光らせてはりました。
ビー玉、あれよかったですね。

>ポスター?
無題(共和国時代)でした。調べてみたら。
民主党に入ろうはワラタ。

>壁に穴

床においてるやつですか?

そう言えば
入り口でカール・アンドレの
『銅とマグネシウム混合スクエア』
を踏まないようにいわれ
(一緒にいた友人は何も言われずに先にはいっていってしまっていた。)
「あぁ…厨房扱いか…」と落胆しました。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 12:44
>>7
カール・アンドレの作品は踏んで鑑賞するのが本当らしい(?)。
東京都現代美術館では踏んでも何も言われなかったよ。

9 :1=7(今日は暇):2001/07/04(水) 16:52
>>8
そうそう、
滋賀県立近代美術館にあったアンドレは
踏んでも何にも言われなかったのに…
俺の頭がおかしくなったんやろうか…
と変な気がしました。

厨房は入り口の…だった、ということで。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 18:22
なんか面白そう。東京にはこないんでしょうか?。
カール・アンドレ。いいっすねー。行きたいナー。

11 :techno pop:2001/07/04(水) 21:42
>『銅とマグネシウム混合スクエア』
正しくは踏んでもいいらしいが、あれは個人の持ち物なので、所有者が
「踏まないで欲しい。」と言っているらしいから、駄目らしい。

>なんか面白そう。東京にはこないんでしょうか?。
千葉市立美術館でやっていたから、東京に行くのは最低でも10年後。
ttp://www.city.chiba.jp/art/exhibition/index.html

>床においてるやつですか?
それは「下の鉄板に鏡面を向けた、穴のあいた鏡」byブルース・ノーマン
僕が言ってるのは「壁面から36インチ角の板あるいはモルタルもしくは
地下材への移行」byローレンス・ウェイナーです。
長すぎ、ごめんなさい。

12 ::2001/07/04(水) 23:30
>所有者が…駄目らしい。

なるほどなっとく、どうもありがとうございました。

>ローレンス・ウェイナー

お恥ずかしながらどれだったか思い出せません。
なんか…造形的なヒントをください(泣)。
もしかして微妙にカラフルなちりとりが
ずらーって並んでるやつですか?

13 :techno pop:2001/07/05(木) 00:00
 あそこの展示でわかりにくいもの
1 研かれた壁(研かれた卵と同じ作者。)
2 壁面が36インチ角に切り取られている作品です。(壁を
36インチ平方に切り取るだけなので、千葉、ドイツ、京都どこも
穴の中に見えるものが違う)

ネタバレ
 パイロット byジョン・マックラッケンはモノリスの原型らしい。

14 :torex:2001/07/07(土) 02:23
千葉は最低だった。

1. 受付以外は、いまどき「警備員」が見張ってた。ビー玉のところなんか、両脇に
警備員が見張ってた。鑑賞どころじゃなかった。

2. 玉子もすぐ隣に警備員がいたが、ずっとこっちを見ていた。何も、取って帰る
訳じゃなし。。

3. 駐車場の警備員も、「おら、停めさせてやってんだよ、おら」ってな感じで
非常に不快だった。もう、千葉くんだりまでいかねーよ。タコ。

運営側がああだと、せっかくいい企画でも台無しになるなあ。
結局、公共事業と同じ視点で展覧会やってんのね。

15 ::2001/07/07(土) 03:11
>techno popさん
研かれた壁はわかりにくいですね。
わらっちゃいましたが。
あと、せっかく説明してもらいましたけど
わかりません、記憶にありません、
壁面が36インチ。
すんません。
あと、モノを知らない厨房なのですが、
モノリス
ってなんですか?
ゲームソフト製作会社?(マニアック)
『パイロット』はなんかあの頂点の部分に立つと
まるで飛行機を見上げているような感覚に襲われて
これがねらいかなぁ?
なんて思ってたんですが。
>torexさん
でもHPの出来は圧倒的に千葉の方がいいですよ。
京都のHPはなんかこんなんあるでと書いてるだけ。
何の魅力もおきなかった。
京都でもおばさんたちは半分警備員でしたけどね。
卵はすぐそばにおねぇちゃんがいました。
確かにえらい違いですね(笑)。

公共事業と同じ視点の癖に独立行政法人だろーがこらー!
って感じです。
結構不満を感じたり感じなかったり…。

16 :ナナシノ:2001/07/07(土) 03:19
横から失礼します。
僕も観ました。実は。千葉で。川村でリヒター観た後
帰りのバスを待ってたら、なぜだか千葉美逝きのバス
に乗ってた。あれすごいですね。無料で結構な距離を
走ってくれるんだから。

17 :techno pop:2001/07/07(土) 23:01
>ビー玉のところなんか、両脇に警備員が見張ってた。
それは仕方ないと思う。僕は最終日に行ったので張り紙がしてあったが、
それ以前はあの作品に乗っかる(踏む)人が何人かいて、何人か転んだらしいから。

>モノリスってなんですか?
モノリスとは「2001年宇宙への旅」に出てくる黒い板です。
(「ファミコンジャンプ」にもパスワードを取る場所として出てきた。)

カタログは売り切れてて買えなかったよ。

18 :1:2001/07/11(水) 00:43
ども、しばらくぶりにageです。
>ナナシノさん
そちらではバスでいろいろ送迎してくれるんですか?
いいなぁ〜
>techno pop さん
モノリスについて解答ありがとうございました。
せっかく21世紀になったんだから
見よう見ようと思いつつ
まだ見てません
「2001年宇宙への旅」。
そういえば様々なところでモノリスネタはでてきますね。
キューブリックの影響恐るべし…。
>ファミコンジャンプ
また懐かしいツボを…(藁

京都は八月までやるみたいなのでカタログはかなり残ってました。
あのへんの生産と流通ってどんななんやろう…。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/11(水) 01:50
こんなスレがあったとわ。
良い作品結構ありましたね。
昔のソル・ルゥイットをまとめて見たのは多分初めて。
クネーベルとダルボーヒェン(だっけ?)があると
もっと嬉しかったかも。

20 :1:2001/07/11(水) 23:19
>>19
ソル・ルゥイット
ってあの壁から立方体の構成要素っぽい線が飛び出してるやつでしたっけ?
情けない…ぜんぜん覚えてません(爆)。
まだ大学で勉強をはじめたての厨房なんです(泣)。

21 :19:2001/07/12(木) 21:03
>>1
いえいえ白く塗られた中空の立方体を組み合わせた作品の人です。
こんなの↓
http://www.nyu.edu/classes/finearts/karmel/modern/m_58.html

線の人は、持ち帰ったチラシによると フレッド・サンドバッグ です。
調べてみたら1943年生まれということで、展示されていた作品は学生時代に
考えたものかもしれませんね。

個人的にはルウィットやジャッドよりも素材感を表に出した作品の方が
観てて面白いんですけど、これは今だからそう感じるのかもしれないし、
30年前にルウィットを見ていたら結構衝撃的だったりするかもしれません。
何しろ最初期の作品群ですから、観られるときに観ておかないと。

似たような見かけのものにイケアの家具を使った作品がありましたが、
レディメイドの家具などルウィットはまず使わないでしょう。
きっと80年代以降の人>ミューラー
世代による作法の違いなども、自分にとっては興味深かったりします。

22 :techno pop:2001/07/12(木) 23:21
>白く塗られた中空の立方体を組み合わせた作品
あの箱の中身を見せてもらった。なるほど、すごい人だと思った。
家がかなり広かったら欲しいな。
>イケアの家具
安い家具の代名詞らしい。

23 :torex:2001/07/13(金) 19:53
たとえば、あれがオペラシティギャラリーでやってくれてたら、
もうちょっと、よかったかも。。

客層が違えば、もうちょっと展示方法(と警備方法)も違ってきたかも。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/20(金) 00:34
土曜日に京都のに行こうと思うんですが、二時間で見て回れますかね?
あと、予備知識として何か持っておいたほうが良い事があれば
教えてください

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/20(金) 13:33


26 :techno pop:2001/07/20(金) 14:29
 24へ
>二時間で見て回れますかね?
千葉の場合には2時間もあれば回れました。
>予備知識として何か持っておいたほうが良い事があれば教えてください
個人的には予備知識はないほうが作品その物を理解できると思うので、
ないほうが良いと思う。(例えばゲルニカを予備知識無しで見て、
子供の落書きと見るか、又は反戦の象徴として見るかという
自由があるので知識は無い方が良いと考える。
駄作か秀作かは他人でなく自分で決めるのが良い。)
 しかし、いくつかの知識をここに書く。
いくつかの作品(ダンスフロアー、UTVの発砲スチロールの椅子)は
触ってもよい。また、本来は触ってもよいのだが所有者の意見によって
触れないものもある。あと、共和的時代という名の作品のポスターはもらえる。
 あと最後に1つ、どれが作品かわからないものもあるので、係りの人に聞くとよいかも。
(ぼくは、室温計が作品だと思ってしまった。藁)

27 :24:2001/07/20(金) 17:14
26さんありがとうございましたm(__)m
連れは美術ぜんぜん知らないし
私も現代ものには弱いので、
ちょい不安ですが、予備知識
ないほうが作品そのものを
理解できる!!とのお言葉、
心強いです。
突撃してきます

28 :19:2001/07/20(金) 20:51
>>24
他スレで良い文章を見つけたので紹介します。
読んでみてはいかがでしょうか。
私はこんなにうまく書けません>月読さん

http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gallery&key=967504399&st=268&to=268&nofirst=true

29 :1:2001/07/22(日) 04:23
>>19
詳しい説明ありがとうございます。
ソル・ルゥイットわかりました。

ところで今月の美術手帳に展覧会の風景が載ってました。
千葉ですね、あれは。
僕は京都よりこちらの方が
よりよく見られました。
ソル・ルゥイットは京都は部屋の端のほうに追いやられてて、
かなり痛かったのに…。
千葉が京都よりよく見えたのは
写真屋さんの技術のせいなのかなぁとふと思ってしまいました。
24はどう思われたでしょうか。
最後に月読さんの文章サンクス。
大納得です。
一緒に行った「現代美術はダメということがわかった」
という感想を言ってた友人にも読んでもらいたくなりました。

30 :24:2001/07/22(日) 23:45
19さんの紹介してくださった月読さんの文章、ありがとうございました。
いろいろ考えさせられました。
土曜日猛暑の中ミニマム展に行きました。
壁から鉄板が数枚飛び出てるやつに触ったら、
警備のおばちゃんに怒られました(涙
私はビー玉を敷き詰めたカーペットとか、
白い床に斜めに小片が突き刺さってるのが気に入りました(題名失念)
床が点滅するダンスフロア?でベンチに座って休憩して。
ポスターはもらえなかったです。品切れ?
今回展示した作品の写真集も売ってくれたらよかったんですが。
ああいうのは絵画とは違って、写真に焼き付けたら死んでしまう
芸術なのかな?
京都国立近代美術館って一階は受付の机と売店とソファだけで広々、
ガラス張りの壁からは平安神宮に岡崎公園
さすが国立、贅沢!

31 :月読:2001/07/23(月) 05:58
>>28-30
ファンダメンタリズムの心持ちで2chにグダーッとして早半年以上が経過。
いたく恐縮です。
思考の可塑性はいつ何時も肝要です。
絶対の価値観に再び辿り着くことになろうとも
一回は渾沌の世界も見定めて欲しく思います。
良い意味でのノイズの受容でしょうか。
(個個人の内在化の過程にold-fashionedも既出もございません)

小生、2chの賢者、愚者たちには随分啓蒙されましたことでございます。
(goatsongさんもどってきて!【単なる馴れ合いにあらず】)
如何に自分が無知であったかを痛感しましたyo。
でもまだまだでございます。
一生求道日々此れ精進でございます。

ってこういうキャラじゃないんだけどね。
楽しく逝こ〜。

32 :19:2001/07/23(月) 22:00
>>31月読さん
このスレッドに最適な文章と思い、勝手にリンク
させて頂きました。
ご容赦下さい。
私はこの板に来てまだ一ヶ月にもならないのですが、
過去レスにおいて、住民の方達の真摯な議論を多数
読むことができました。
これからも、有意義な議論ができるといいですね。
その時は、私自身も参加できれば、と思います。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/24(火) 13:54
京都近美の講演会「ミニマルアートとは何か」。
内容はとてもよかったんだけど、研究員の人めっちゃ話し下手。
聴いててすごいストレス感じた。
企画はいいのに、そういう部分の情報発信が下手。
こういうところから改善していかないと人も来ないで。
独法化になって厳しくなっていくのにさ。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/24(火) 13:59
ファンダメンタリズムってなんですか?

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/24(火) 14:02
>企画はいいのに、そういう部分の情報発信が下手。
>こういうところから改善していかないと人も来ないで。
>独法化になって厳しくなっていくのにさ。

キミ。おつむは大丈夫か?だから特別行政法人にしたんだろが。ゴラァ。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/27(金) 18:21
22日に京都へいってきました。

共和党時代(共和国時代?共和制時代?何と訳すのが適切?)のポスターの山、
まだありましたよ。一枚もらってきましたが持ち帰るのに疲れた。
(はじめに見た時は、「ああ、もう、なんか四角い模様の台紙しか残ってない
・・・と思いましたが、あんな模様なんですな!)

卵の警備が厳重なのは、千葉で展示した際に、誰かが触って床に落として
割ってしまったからだそうです。(ホント?)ただのアクリルかなんかだと
思ってたが、ホントに卵なんだ。

あと、客が多い!カップルやおばはんが連れ立って歩いてたり。観光地だから
なのか、みんなそんなにミニマリズムが好きなのか。
6月に伊丹へジャッド版画展を見にいった時は数時間いて10人くらいしか
見なかったので。

37 :京都の美術館:2001/07/30(月) 21:55
京都の美術館は内容に関係ないのよね。
特に岡崎公園は観光コースだし。

それにしても分け知り顔の監視のおばはんたちがじーっとこっち見てて腹が立った。
「いちげんさんおことわり」って感じ。

38 : :2001/07/30(月) 22:02
>「いちげんさんおことわり」って感じ。
イメージとしての京都はいつもこんな感じ。

39 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/07/30(月) 23:07
私はまだ行っていないのですが、宜しいですか?
あのマキシマルって、なにが、マキシマルですか?

40 :やめといたら:2001/07/30(月) 23:50
ワシは美術史とか全然しらんが、正直言ってつまらんかった。
20世紀最大のムーブメントだそうだが。
カラオケでも中途半端に古い曲歌うのが一番ダサイしなあ、そんな感じがした。

41 :。。。:2001/07/31(火) 05:49
思うに
ドイツ作家中心になったのが
なんとなく面白みがあまり感じられない原因では?
とふと考えたりします。
ちょっと前に大阪の国立国際美術館であった
「フルクサス」展もドイツ〜が絡んでて、
あのときにうけた微妙な印象と、
今回受けた微妙な印象がけっこうかぶったりしました。

あと、今思えば明らかに展示方法が悪いと思います。
一階はすごくいい感じだったから
(二階へと上がる階段もいい感じだったから結構わくわくしたんだけど)
二階もすごいのかと思ってたらむちゃむちゃに狭くて、
作品同士の味わいがぶつかり合ってました(涙)。

>>39
ミニマル(最小)マキシマル(最大)
=最小の構成要素で最大の表現をする
ってことのようです。

(最大の表現及び感動を我々に与えるには
最小限の構成要素でありながら、
会場にもっと空間的余裕が必要だと思いましたが。)

現代美術好きでミニマルアート好きな方でないと辛いかも。
当方、一緒に引っ張ってった友人には愚痴たれられました。
余談ですが今ホットなのは名古屋の豊田市美術館で開かれている
「野村仁」展がすごくいいです。
余談失礼しました。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/31(火) 09:47
。。。

43 ::2001/07/31(火) 10:03
>>41
有り難うございました。建築家のミース・ファン・デル・ローエ
の標語は LESS IS MORE.です。現代デザインの源流にバウハウス
がありますね。ミニマリズムとの関連はよく分かりませんが。

ところで、私もミニマリスムの作品はジャッド、ル=ウィットなど
昔から興味を持っていました。今は安藤をはじめとして、建築関係
に興味の中心が移っています。そして、建築に於けるミニマルこそが、
その精神を最もよく具現した、と考えるようになっています。

44 :。。。:2001/08/01(水) 00:47
人さんいいことおっしゃりますねぇ。
建築のミニマル、確かに同感です。

また余談ですがあんただ好きです。
彼のでミニマルでありマキシマルなのは
京都三条のタイムズかなぁ…なんて。
有名どころじゃなくて民間のであんただのを一軒見たんですが
これがよかった。
てところで余談おしまい。
失礼しました。

45 :タイムズって:2001/08/01(水) 18:32
タイムズビルって安藤さんの設計ですか?

46 ::2001/08/01(水) 21:34
>45
TIMES /(京都市中京区河原町三条下ル大黒町92)
は彼の代表作の一つです。下記HPなど御参照下さい。
http://www.ne.jp/asahi/net-world/hiroshi/index2.html

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)