5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

加藤唐九郎について

1 :わたしはダリ?名無しさん?:01/08/31 17:31 ID:U4GWQHsU
加藤唐九郎について教えて。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/01 01:57 ID:RSA2cEV.
あほです。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/01 02:01 ID:RSA2cEV.
永仁の壷贋作事件で、国からの
賞などは死ぬまでもらえなかった。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/11 14:26
永仁の壷事件の真相を教えてください。唐九郎と岡部嶺男は断絶状態だったの?
関連本があれば教えてください。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/11 21:14
>>4
以下の本がありますが、あまり読んで面白くありませんでした。ご参考までに。

講談社文庫 偽作の顛末 永仁の壺
松井覚進 著: 本体 641円
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-185892-0

6 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/12 00:41
5>
ありがとう!

7 ::01/09/14 01:51
生前、当時現役では最も高い値段がついていたような気がします。
豪快なはったりだけで、当然死んで価値下がりますよね。
息子の方は国立の施設に収蔵されているのに、親父は0でしょ?

8 :ヒロ:01/09/14 23:24
焼き物は、創る人より、見る人が創ります。

9 :昔、昔。:01/09/15 02:13
加藤唐九郎を見て魯山人の手の甘さを知った。
いい器が一杯ある。

10 :ヒロ:01/09/15 07:51
魯山人とでは、世界がちがいます。
唐九郎は職人です、何も創ってません。

11 : :01/09/15 19:22
魯山人も唐九郎も感覚的にすぐれた人です。
魯山人は作る技術はへたです。
唐九郎は作る技術もすぐれています、しかし贋物事件で多くの人に迷惑をかけました。
人間的に問題があります。

12 :ヒロ:01/09/15 23:32
貴方は、焼き物されているでしょう。
どの世界にも贋物は沢山あります、贋物があるから商品に価値が生まれます。
贋物などは、近代以降の事ではないかと思ってます。

13 :ヒロ:01/09/16 01:41
書き忘れてました、魯山人は嫌いなタイプです。
焼き物も書も好きではありません。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/03 01:22
唐九郎の弟子では誰がいいですか。私は山田和がいいと思います。また孫の高宏も
若いけどいいんじゃない。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/03 18:44
>10
唐九郎は職人ではないと思う、何も創っていないなんてとんでもない。
例えば彼の茶碗は、芸術性から見れば、桃山の精神性を根底に持ちつつ、桃山のコピーではなく
そこから、独自の境地をひらいている。
殆どの作家が桃山を超えられない中、この創造性は凄いと思う。
実用面からは茶碗の見込みの深さ、高台の素直さに見る侘び感など、他の作家には見られない。
私は唐九郎ファンではないが、何も創ってないなんて違うと思う。
芸術は感性の問題だから、それぞれ独自の考えがあっても良いけどね。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/03 19:00
>12
商品に価値が出るのは贋物があるからではなくて、本筋は、本歌の素晴らしさを認識し、
それに近づこうと後世の者が写しを作るが、近づくことがなかなか出来ない
というところに、価値が生まれているのではないでしょうか。
贋物はそれに便乗したもので、直接商品価値を決めるものではない。
しかし、現在、あまりにも贋物が多いので、その辺が混同ぎみですが・・・。
一方、本歌を写す作家か、独自の芸術性を見い出し、それ自体に価値が生まれ、
作家物が本歌を超えて高価になっていくこともあるが・・・。

17 :1:01/10/03 20:09
http://www5.justnet.ne.jp/~ttp/

18 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/08 19:37
ところで、その「エイニンの壷」って今どこにあるんですか?

19 :庄九郎:01/10/09 22:41
ろさんじんの器は、とうくろうが作ったものです。絵付けはろさんじんです。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/01 10:45
永仁の壷の一つは唐九朗が持っていて、もう一つは東京のどこかにあると
昔、本で本人が言っていたような記憶がある。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/01 12:38
>18
1つは、重高じいさんのところにあるよ(正確には記念館所有だけど)。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/02 02:51
>15さんに大賛成。
今高い評価を得ている桃山時代のやきもの、唐九郎の作品というのは
その焼成時の状態と思えばいいのですよ。すごいものです。
永仁の壺は唐九郎の、権威に対する茶目っ気でしょう。役人たちに見る
目がなかったから結局大騒ぎになったけど。
魯山人はアートディレクター。食器はさすがにいいものがあるけど、
信楽なんか写した壺は「お恥ずかしい」って感じ。
唐九郎は反骨の人なんです。彼が織部を高く評価するのはわかる
気がする。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 10:54
>14
山田和は、いいね。
特に志野茶碗の高台なんかは、しびれるくらいにいい。
某人間国宝の志野なんかめじゃないね。

高宏は、ものの割りに高すぎるぞ。まあみんな先物買いの気分なんだろうけど。
ものがあればすぐに売れるみたいなのはちょっと加熱しすぎじゃないか。
重高じいさんがぐちってたけど、自分のは売れなくて高宏のばかりうれるってね。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)