5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『気まぐれコラム』〜農奴の独り言〜

1 :ノード ◆4y5mzbyo :01/10/12 02:09
『気まぐれコラム』§1

≪自己紹介はどこまで?≫

ノード。身長186cm。体重106kg。28歳。A型。乙女座。
「自己紹介」ってどこまでだろうか?
やろうと思えばエンドレス。ここまでと思えばあっけない。

趣味はプロレス観戦。特技は吹奏楽(チュ−バ)。性格は・・・・・。
情報公開一歩手前で止まると先が知りたくなってくる。

人と人が出会う時、開口一番「仕事熱心ですねぇ」とはならない。
他者から紹介されるにしろ、自己紹介にしろ
「仕事熱心ですねぇ」という言葉に行きつくまでは
名前、年齢、職業、仕事内容、状況・・・・・。
と、ここまで引き出さないと判断できない。
現代社会にあって自己紹介は、どんなモノを媒体にしたとしても
そこに他社が存在する限り必要不可欠だろう。
自己紹介。では、果たして人間だけの特権なのだろうか?
                        {つづく}

101 :ayu:01/11/19 13:48
結局のところ、今牛肉食べなくても手おくれっていう話だよね?
なーのーで、アユは、焼肉をよくたべてまぁーーーす!
ノード!頑張ってね!又、小説復活してくらはい。。。。

102 :シャア専用ノアオタ:01/11/19 20:50
>>96
本音と建前を使い分ける男、ノード。

狂牛病なんかクソ喰らえ!
・・とばかりにおとといも、そして今夜も焼肉だー!
旨かったから良しとするか。

103 :らぶぴえろ:01/11/21 08:20
牛骨ラーメンで名高い店があるが、大打撃だね。

104 :ayu:01/11/21 12:26
ノードさぁーーーん
続きをまちぼうけ。。。。してたら、寒くて風邪ひいちゃったよん??

105 :ノード ◆4y5mzbyo :01/11/22 02:02
『気まぐれコラム』 §3

≪狂牛病って?≫bQ

そもそも『狂牛病』の牛肉を食べるとどうなるの?
人間も脳味噌スカスカになるのか?
だとしたら俺なんかとっくの昔にスカスカだよ。

なんにしても名前が印象悪過ぎだよ。
『狂牛病』っていうのは。
『狂犬病』とはまた違うんだろう?
犬の肉なんか食べないもんなぁ。

しかし、今の御時世病気なんか気にしてたら
何にも食べられないだろう。

俺は食うよ。明日も。
              
『気まぐれコラム』 §3

≪狂牛病って?≫        {おわり}

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 21:01
命スレの

107 :ノード ◆4y5mzbyo :01/11/24 01:00
『気まぐれコラム』 §3

≪ファミコン≫

小学校2年生の時だった。
「誕生日、何が欲しい?」
「ファミリーコンピューター!!!」
「うん。いいよ、分かった。楽しみにしてな♪」
一番上の姉は当時、既にもう就職していた。
何かと末っ子の俺に優しく接してくれた。
決して何でも買ってくれるという訳ではない。
とにかく、怒られた記憶が無い。
その時も、ちょうど俺の誕生日の時に実家に帰って来ていた。
池袋で一人暮しをしていた姉は、3ヶ月に1回くらいのペースで来る。
今度帰って来るのは、ちょうど俺の誕生日だとの事だった。
俺はその日が来るのを楽しみにしていた。

当時のファミコンはまだコントローラーのボタンが四角でゴム製だった。
ケーブルもねずみ色をしていたし、ソフトもまだ少なかった。
その当時出ていたソフトは・・・・・・

ドンキーコング
ベースボール
テニス
ピンボール
マリオブラザース
ドンキーコングJr
算数あそび

ソフトの箱も紙の箱。説明書も小さく、すぐに破れてしまうような素材。
なによりもスポーツモノが主で、シンプルなゲームばかりだった。
でも、本当に楽しい時代だった。
                    {つづく}

108 :シャア専用ノアオタ ◆rx7nOA7M :01/11/25 00:34
ファミコン!
小学校低学年の時に親戚のおっちゃんに買ってもらったな〜。
2コンにマイクはいってるやつね。
ソフトは確かドンキーコングJrとマリオブラザーズを一緒にもらったような。。。

109 :ノード ◆4y5mzbyo :01/11/25 00:52
『気まぐれコラム』 §3

≪ファミコン≫ bQ

誕生日当日。

約束通り、姉はファミコンを買ってくれた。
ソフトはドンキーコングJrを買ってもらった。
西友が近所にあったので、そこに買いに行った。
まだファミコンショップなんて無かった。

接続に手間取りながら
それでも何とか2時間を費やして接続完了!
ビデオ端子なんてモノは無く、同軸ケーブルの銅線を剥き出すのが
一番手間取った。ホント指も切ったし・・・・・。

画面に映ったドンキーコングJrの勇士を目の当たりにした時
思わず
『すげぇ〜!!!!』
と、いかにもな発言を繰り返していたのを覚えている。

さあ!!コントローラーを握り締め
いざ、スターとボタンをポチっとな!!
ステージ1が始まった!!
                    {つづく}

110 :ayu:01/11/26 14:31
ゲーム マンガ わからんなり
あゆは、突然あらわれるなりー。。。。
ルーブル美術館大図鑑のようなものを、セットで誕生日にもらったっけな。
そして、油絵教室に通ったんだった。。。

111 :オリゴン ◆oriv8mx6 :01/11/26 22:20
オレはホント、ゲームと無縁のガキだったな
2次元ヲタだったもので(w

112 :ノード ◆4y5mzbyo :01/11/27 01:28
『気まぐれコラム』 §3

≪ファミコン≫ bR

「あれ?マリオが敵キャラになってる?」

初めに驚いたのはその事だった。
友達の家で「ドンキーコング」と「マリオブラザーズ」を
プレイした事はあったので、マリオは正義の味方なんだと思っていた。
それがどうだ!
ドンキーコングを檻の中に閉じ込め、鞭を振るい
まだ幼いJrに向かってワニやらトリやらをけしかけているではないか!

とは言ったものの、これは後々になって考えた事で
当時は小学校2年生。そんな事に気が付くはずも無い。
何も考えず、ただ目の前のJrを操作する事に夢中になっていた筈だ。

しかし、
1面もクリアする事が出来なかった。
                    {つづく}

113 :シャア専用ノアオタ ◆Rx7NOAz. :01/11/28 23:06
>とは言ったものの、これは後々になって考えた事で
>当時は小学校2年生。そんな事に気が付くはずも無い。
>何も考えず、ただ目の前のJrを操作する事に夢中になっていた筈だ。

激しく同意。。。
当時のコントローラーってちゃっちいからすーぐボタンのバネがイカレて壊れちゃうんだよねえ。
しまいにゃあボタンが勝手に押されないように、下向きにしてコントローラー持ってたもんさ。。。

・・・バネって言えば高橋名人の疑惑なんてのもあったねえ〜そういえば。

114 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/02 05:02
『気まぐれコラム』 §3

≪ファミコン≫ bS

今から考えると、当時のゲームってホントシンプルだった。
だけど、長い事遊べたのも昔のゲームの特徴でもあった。
『ゴルフ』
『ピンボール』
『ベースボール』
『ギャラクシアン』
『エキサイトバイク』
『ロードランナー』
『パックマン』
これらは現在のゲームにも同ジャンルは在る。
グラフィック、音楽、操作性、難易度、効果。
どれをとっても現在のゲームの方が圧倒的にレベルが上。
だけど、長期にわたってプレイできるかと言えば決してそうでは無い。

ファミコン全盛期。
『インベーダーゲーム』世代の人達は「ついて行けない」と言っていた。
そして今、時代はプレステ2、ゲームキューブ、ドリームキャストへ。
通信対戦や、情報交換で日本全国のプレイヤーがリアルタイムで
同じ画面上のゲームを楽しむ時代になった。

『ファミコン』世代の我々も20〜30代になり、
「ついて行けない」と呟く。
       
『気まぐれコラム』 §3

≪ファミコン≫                 {おわり}

115 :らぶぴえろ:01/12/03 19:28
ゲームが好きな人ののめり込み方って凄いよね。
無趣味なおれには、ある意味羨ましいとも言える。

116 :シャア専用ノアオタ ◆Rx7NOAz. :01/12/03 23:53
小学生・中学生頃はなんであんなに熱中できたんだろう?
ドラクエなんか一晩中、親に隠れてやってたよ。
あの情熱を別のものに奉げていれば今頃どういう人間になっていたのか。。。

117 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/04 01:49
『気まぐれコラム』閑話休題

年の瀬だね。
1年間って長いようで短い。ありきたりの言い方だけど。

思えば激動の新世紀の幕開けだった。

過去最高の支持率を得た新政権の誕生。
IT関連メディアの低迷による大不況。
失業率の増加。
同時多発テロ事件。
戦争。

21世紀は平和の世紀にならなくちゃいけない。
世界中の人達が『世界市民』なのだという意識のもと
国境を超えた交流と対話が
今こそ必要な時代なのではないかと思う。
理想論かも知れない。妄想かも知れない。偽善かも知れない。
だけど
悲しみよりは喜びの方が
泣き顔よりは笑顔の方が
悲壮感よりは充足の方が
対立よりは共存の方が
不幸よりは幸福の方が
絶対、良いに決まっている。

偽善者で結構。偽りでも『善』を成している事には違いないから。
可も無く不可も無くは、結局は不可なんだ。
何もしなければ何も生まれない。

新しい世紀は平和を勝ち取る闘いをしていかなければならない。

118 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/05 20:24
考えがまとまらず。
とりあえず、あげ。

119 :らぶぴえろ:01/12/05 20:34
デモクラットもパシフィストも、
闘ってこその存在意義だね。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 20:34
http://www.sex-jp.net/dh/02/

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/06 22:34
蝶野最強

122 :あゆ:01/12/06 22:50
ノードさん?こないだは楽しかった。
ちゃんと、漫才の勉強と、○ビデオの勉強しますね、、
あはは
メッセ、お疲れ様!!

123 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/09 01:56
『気まぐれコラム』§4

≪短編小説を書こうVer.2≫

「懲りない奴だ」とは言わないで頂きたい。
兆戦、あくまで兆戦ですよ。
「人生はチャレンジだ!」とは
故ジャンボ鶴田が
師匠のこれまた今は亡きジャイアント馬場より
言われた人生の指針だ。

そう、チャレンジする事に意義がある。
という訳で
次回から書き始めますので、宜しくお願い致します。

124 :シャア専:01/12/10 19:51
人生はチャレンジだ!・・・ジャンボの引退式懐かしいねー。

是非頑張っていただきたいデスナ!・・・おいらにネタバレされないようなのをひとつ(笑

125 :らぶぴえろ:01/12/10 20:03
セミリタイヤ鶴田が家族で多摩動物園来てたのに遭遇したよ。
食堂で我が家のテーブルと近くになったので
声をかけたかったのだが、家族仲が睦まじいこともあり、
遠慮した記憶がある。

126 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/11 02:24
≪短編小説を書こうVer.2≫

『禊〜みそぎ〜』
<プロローグ>

「イイじゃない!今迄とは違うんだから。ねぇ?そうでしょ?」
沙織(さおり)は不愉快さなど
これっぽっちも無かったのだが、敢えてそう言ってみた。
判ってはいたが、隆史(たかし)も調子を合わせてやろうと
「わかったよ、よーく判ったから。ったく、まだ終わったばかりだぜ?」
「終わったけど・・・・・、やだぁ、『終わった』なんて言わないでよ!」
今度はチョット本気になってしまった。
「これから始まりなのよ!二人の生活は!それなのに何よぉ・・・もう!!」
結婚式、披露宴、2次会、3次会と・・・・ようやく2人だけの時間になったのに
隆史は早速寝てしまいそうになっていた。いや、一瞬でも寝ていたかも知れない。
沙織の声は眠気を誘う。
中央高速を車で運転していた時だって、話しながらまぶたが重くなっていった。

127 :☆あゆ ◆o84z6nOA :01/12/11 23:24
わーいわーい
小説はじまったぞー

128 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/12 00:43
執筆中かな?あげとくは

129 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/13 02:46
さて、どうなるんでしょう?この話。

タイトルだけでは、『サスペンス』なのか『純愛』なのか『コメディ』なのか
イマイチよく解らないねぇ・・・・・・。

130 :◆Ayup.bbg :01/12/13 13:18
あぁ〜、、絶対前回同様に、純愛+コメディにしくださいね!

131 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/13 17:34
前回って純愛+コメディだったかぁ?

悲しい話だと思っていたのだが。。

132 :らぶぴえろ:01/12/13 18:38
中央フリーウェイは道がくねくねしてるので、
安全運転してくれ。

133 :B'z即金 ◆K166QAYY :01/12/13 18:42
私より7歳年上なのに身長186cmかあ〜
うらやましいなあ。

134 :☆あゆ ◆Ayup.bbg :01/12/14 12:26
中央ふりぃーうぇいぃーーー、、うーん歌うたっちゃぉー!
やっぱり、天気の良い日は、気分がいいね!

135 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/14 19:12
ちゅーおーふりぃ〜うぇええ〜〜。うまく歌えてるであろうか。。。

よく走ったなー中央道は。

136 :らぶぴえろ:01/12/14 19:42
関越ならよく走るよ。

137 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/16 03:51
≪短編小説を書こうVer.2≫

『禊〜みそぎ〜』
<プロローグ>2

沙織は顔を真っ赤にさせながら、
まだ誰の匂いもついていないベッドに横になる隆史の上に
馬乗りになって、耳朶にキスをすると、
「ねぇ、今日は初夜なんだよ・・・。それに、私、もう・・・・。」
沙織は白く伸びやかな脚で、隆史の腰骨の辺りを撫でる。
足首の感触はひんやりとしているのに、隆史を撫でる太腿は熱を帯びていた。
「んン・・・、はぁあっ・・・ん・・・・。」
耳へのキスのに熱く上気した吐息が加わる。ゾクゾクとした感覚が首筋から胸元へ、
Yシャツのボタンをひとつ外しては露わになった肌に
沙織は愛おしそうに唇を触れさせていく。
「ううぅ!」
隆史の身体が少し仰け反り、顎が軽く上を指し示す。
「さ、沙織・・・。ん、んあぁ・・・。くっ・・・・・!」
「んふふっ、隆史ここ弱いんだぁ・・・・。そんな声だして、女の子みたい・・・。」
三つ目のボタンを外したところで沙織は、隆史の乳首を
唇で、舌で、歯で、序々刺激を強くしながら、時間をかけて弄ぶ。
隆史の太腿に熱く火照った自らの太腿を擦り合せながら
段々と深く腰を落とし、最も熱く熟した部分が隆史の太腿で擦られた瞬間
「あぁん!!んく・・・!はぁぁ・・・・!」
一際、切ない歓喜の声を沙織は漏らしてしまう。
「もう・・・そんなになってるのか?沙織はいやらしい子だなぁ・・・。」
悪戯っぽく、責め立てる隆史の言葉にさらに腰の動きを激しくさせると
「だって・・・・。んっ・・・隆史の・・・声・・あぁっ・・がエッチだか・・・・ら・・・。」
人差し指を軽く曲げてあま噛みしながら沙織が答える。

138 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/16 13:51
≪短編小説を書こうVer.2≫

『禊〜みそぎ〜』
<プロローグ>3

シャワーを浴びてバスタオル一枚になっていた沙織は
無心に、何も包み込む物の無い自らの秘部を、隆史の逞しい太腿で慰め続けた。
ザラついた繁みが太腿を何度も往復する感触に
隆史は神経全てがそこに集中してしまうのを抑えながら
「そんなにイイのか?バスタオル越しでも乳首が勃起しているのが見えてるぞ。」
戒めるかの様な響きの中にも、雄の肉欲が湧き上がっているのを聞き取った沙織は
「あくっ!んんっ・・隆・・・史だって・・あんっ・・くぅ!もうカチカチに・・
 ああぁっ・・なっ・・てるくせにっっああん・・んあぁ!」
自らも猫科の雌の様な淫猥でいやらしい腰をくねらせた。
「何処をどうすれば一番イイのか、自分の指で弄ってごらん・・。」
虐める様に言葉を投げかけられた沙織は
隆史の言いなりになる事で、更に淫美な快楽の深遠へと落ちる事を望んだ。
腰をあげると180度向き直り、形の良いヒップを隆史の方へ。
不規則な放射線を描き、ヒクヒクと蠢く沙織のアヌスが隆史の眼前に露わになると
ねっとりとした半透明の潤滑液が
天上のシャンデリアに照らし出されてぬらぬらと光っていた。

139 :☆あゆ ◆Ayup.bbg :01/12/16 15:55
すみません、読んでしまいましたぁ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
続きを、どっどうぞ!

140 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/17 01:50
まさかこういう方向に行くとはな・・・

ノードのこれからに幸あれ。。。。涙

141 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/19 19:26
何か自分がドンドン壊れていくような・・・・・。

しかし!
書かねばならぬ!
それは何故か?
そこに読者が一人でもいるからだ。

142 :らぶぴえろ:01/12/19 19:49
読んでますよ。

143 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/19 21:39
そうだ!カケ!
その有り余る情熱を用いてカケ!カクんだ!ジョオオオ!・・・いや、ノード。

144 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/26 01:42
生命維持あげ。
なんか忙しくって続き書けないなぁ。

145 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/26 04:03
年末は忙しくなるからこまめに上げないとホントに消えちゃうかもな。

あ、ネタが欲しくなったらまた提供しよっか?(笑

146 :らぶぴえろ:01/12/26 17:59
商売繁昌、何よりじゃんよ〜。

147 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/26 18:43
いいじゃん
なによりじゃん
あげるじゃん
じゃんじゃんじゃん

148 :ノード ◆4y5mzbyo :01/12/27 02:03
≪短編小説を書こうVer.2≫

『禊〜みそぎ〜』
<プロローグ>4

「綺麗だ・・・・。沙織・・・・・。もっとよく見せて・・・・。」
隆史の言葉に、魔法のような不思議な響きが漂い始める。
言葉のアクセントのひとつひとつに反応する沙織の密壷から、
しとどと乳白色の愛液が流れ出す。
「ああぁ!い、いやぁ・・・。み、見られてるぅ・・・。た、隆史ぃ〜。」
ぷちゅっという水っぽい音が、沙織の思考を更に狂わせ、
指の動きが淫猥に加速し始め、マニキュアの光沢を更に妖しくさせる。
白く透き通る様な太腿に、泡の混濁した淫水が幾重にも光りの筋となって
滴り落ちる。
「ああぁぁ・・・・。何てイヤらしいんだ、沙織・・・。」
「ひゃうぅ!!」
「んあぁ!あひっ!!ダメっ・・・・。ああ!あああぁ!くうぅぅんん!」
隆史は小刻みに動く沙織の臀部の谷間に顔をうずめると
「ぴちゃっ、ぷちゅんっ・・・。じゅっっ、ちゃぷっ」
溢れ出る愛液を丁寧に、それでいて荒荒しく、舌で掬い取りながら、
沙織の最も敏感な秘突に辿り着くと、口に含んで転がす。
「ああああああぁあぁ!!た、隆史!だめぇ、お・・おかしっ・・くなっちゃうぅ!」
「んんぁぁあんっ!!き、気持ち・・・イ、イイよおぉ〜・・・。」
「ハァ、ンん、どんどん溢れてくる・・。沙織ぃ・・沙織・・・イキたいんだろう?」
「いやぁ・・・・。んあ、くふぅぅんっっ!!あぁ!も、もう・・。」
自らの指の動きと隆史の変則的な舌の愛撫により、沙織はアクメに達しようとしていた。
「ああ!い・・・・いやぁぁ・・・イ、イッちゃうぅぅよおぉ・・・・。」
「あ、ああ、ああぁ!イクぅ!あああぁんんあああぁぁぁぁっぁぁぁぁ!!!」
2匹の蠢くモノが沙織の性器を蹂躪するかのように深く刺し込まれた瞬間、
沙織は1回目のアクメに達した。

149 :シャア専 ◆Rx7NOAz. :01/12/27 02:41
エロイ!
晒し上げ・・・と言っても過言ではないな。。。。

150 :あゆ ◆Ayup.bbg :01/12/28 01:29
これはじつは経験談だったりして、、、、なんちゃって

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)