5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

VIRTUAL CLINIC OnlineW

1 :架空で夢想な風景:2001/08/01(水) 00:14
ここでは、向精神薬の情報・疑問・副作用や医療相談等 のレスの為に利用して下さい。
あまりに「躁鬱」では薬 の話がありすぎて前に既に書かれているにも関わらず、
同様の疑問をしたり、新たなレスを立ててその繰り返し が多いのでその無駄を
省くために=重くなるのを防ぐために 総合的な薬の掲示板として立ててみました。
下記、過去ログも参照してみてください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【過去ログ】
「VIRTUAL CLINIC Online」
http://piza.2ch.net/utu/kako/962/962242815.html

「VIRTUAL CLINIC OnlineU」
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=969155695&ls=20

「VIRTUAL CLINIC OnlineV」
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=976963655
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【参照HP】・・・誰もいない時や回答があるまでここで調べてみるのもお勧めです

「医薬品情報」
http://www.pharmasys.gr.jp/index.html

「お薬110番」
http://www.jah.ne.jp/~kako/search_form.html

「15万医療機関検索」
http://doctor.nhk-jn.com/

「メンタルナビ」
http://www.mental-navi.net/welcome.html?open

522 :優しい名無しさん:01/12/22 11:28 ID:???
安定剤ってそんなに怖いの???
コンスタンを常用  頓服のデパスも量が増えてる  どうしよう、どうしよう・・・(T_T)

523 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 16:03 ID:???
>>501

有害作用についてはいろいろなことが言われていて、信憑性についても
僕にはよくはわからないです。向精神薬との相互作用についても同様です。
僕の持っている書物wを調べてみたらもう少し情報があったので、DMAEに
ついて、更新します。

以前にもカキコしましたが、サプリメントに関しては、医薬品でないため
監視がゆるく、稀な副作用や相互作用は見逃されている可能性があります。
というのは医薬品でないため、調査があまりなされないためです。

524 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 16:05 ID:???
<DMAE> ver2

DMAE(ジメチルアミノエタノール)は正常な状態でも、われわれの脳に少ない量だが
存在している。DMAEは脳の機能を改善することで知られている。自然界ではシー
フードに含まれていることがあり、シーフードが脳に良いと言われている理由の
1つだ。(具体的にはアンチョビや鰯)

DMAEは気分を改善し記憶力や学習能力を向上させる。また実験動物においては寿命
を長くする効果があることがわかっている。

DMAEは多くの人に使用されている。そのマイルドで安全な刺激効果が期待されるため
である。しかしながら、通常量使用している場合は、他の刺激性薬物と違って不眠を
起こさない。(カフェイン、リタリンなどに比較)

多くの人が、DMAEを使用するようになって疲れやすさが減り、少ない眠りでもわり
あい疲れが取れることを報告している。

525 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 16:06 ID:???
続き。

通常の脳刺激薬との相違点として、例えばカフェインやアンフェタミン(覚せい剤)
やリタリンに比べ、即効性がないことが挙げられる。DMAEは服用後すぐに元気になる
とか、気分がよくなるとか、そういった効き方はしない。

普通、服用を始めて、3、4週間後から効果が出てきたという報告が多い。

服用者によれば、持続的な温和な刺激を感じるという。普通の量ではあまり副作用の
報告はない。またDMAEを突如中断した場合の離脱症状や、禁断症状は生じないといわ
れる。

医療的には現在どのような病態に試みられているかというと、学習障害、ADHD、読字
障害、分類不能の子供の行動障害などである。

有害作用。
オーバードーズでは、やはり不眠、頭重感、筋緊張などが出現する。これらの副作用
は薬物を中止すれば速やかに消失すると言われる。ある種のてんかんの患者が使用する
際は医師の助言に従うべきである。DMAEは躁うつ病の患者は使用してはならない。
というのは、DMAEは鬱エピソードをより重くするといわれているからである。

526 :優しい名無しさん:01/12/22 16:57 ID:???
DMAEはアセチルコリンの原料になったような記憶…

527 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 17:06 ID:???
<DHEA>

DHEAは、副腎で産生されるステロイドホルモンである。人では男性ならテストステロン
女性ならエストロゲンを生成する際の起始となるステロイドである。

DHEAは人気があって、いろいろな疾患に効くと取り立たされているが、確証を持って効果
があると言える疾患はほとんどないのが事実だ。

ただ、自己免疫疾患のSLEには有効であろうといくつか報告がみられている。これですら、
はっきりとしたエビデンスがあるわけではない。他に骨粗しょう症に有効だという報告
が見られる。

DHEAは自然界に見出せるサプリメントではなく、栄養素でもない。ステロイドホルモン
に他ならないことを心に止めておく必要がある。しかしながら、短い期間の使用ならば
ほぼ安全そうに見える。長期間使用の際の安全性については知られていない。

内因性のDHEAは男女とも20歳くらいをピークにどんどん低下していく。だから、若さ維持
の目的でDHEAを使用する人たちがたくさんいる。ところが、DHEAが老化を抑えるという
エビデンスは無い。DHEAは健康な人たちの健康度を向上させないという報告はある。w

528 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 17:07 ID:???
続き。

他に、うつ病とアルツハイマー病に効果があるという人たちがいるが、これはやはりエビ
デンスがない。

安全性。
一般の治療量を短い期間使用するならばほぼ安全に見える。50人の女性が200mgの量を
約1年使用した際に、副作用は見られなかったという報告がある。他の報告では、にきび
様の皮膚症状の副作用が出現したとある。

長期間の使用の際の安全性についての報告は無い。これは他のたいていのサプリメント
と同様である。

ある動物実験の報告でDHEAが、肝臓ガンのリスクを増大させる可能性が示唆されている。
エストロゲンはある種のガンのリスクを増大させるので、これは理解できる。

子供や妊娠中の女性に対しての安全性は確立されていない。また、他のホルモンとの
相互作用や、他の薬物との相互作用についての調査も十分行われていない。

529 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 17:26 ID:???
>516 :優しい名無しさん :01/12/21 14:59 ID:???
>Kyupin先生  過労と極端な睡眠不足によって平衡失調をおこし
>その後 鬱 様々な自律神経症状 発熱・筋肉痛・喉の痛み・等に悩まされ
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>SAMeに効果があるのなら試してみたいです

慢性疲労症候群については良くわかっていない疾患で、感染症〜自己免疫疾患
〜うつ病圏といった疾患であると思っています。

疲労を主症状の患者さんは、抗うつ剤であまりうまくいかない傾向があります。
(抗うつ剤を使用しても副作用が出るだけとか・・)

結局、生薬系の治療におさまるようですね。サプリメントも時に良いようです。
しかしこれも劇的にというわけにはいかず、まぁ従来型の薬よりマシかなと
いった程度です。

実は、こういった薬物治療ではなくて期待の持てる治療法があるんですが、
ここはネットなので(僕はメールアドレスを公開していないので)知らせ
られないのが残念です。(注;電撃療法ではない)

530 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 17:33 ID:???
>>519 :優しい名無しさん :01/12/22 07:57 ID:???

>先生、どうしても電気ショック受けたいのですが磁気刺激療法と言うものも
>あると聞きました。ぜひこれらについて詳しく知りたいのですが。

磁気刺激療法はまだ効果の面で電気ショック療法に遠く及ばないです。(らしい)
これは将来、治療に適するレベルになるか僕にはわかりません。

あなたの今の病状にもよるが、現在なら今の電撃療法が一番でしょうね。
麻酔の可能な施設で依頼されると良いと思います。

531 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/22 17:46 ID:???
>>520 :優しい名無しさん :01/12/22 09:48 ID:???
>作用の強さ、依存性や副作用は人によって違うんですが、実体験では
>最後にはデパスとロヒプノール、この2者が最強でした。強力な
>抑鬱&焦燥状態からは抜けられましたがどんどん耐性があがります。
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>安定剤ってこんなにも怖いものだったのでしょうか?

僕はベンゾジアゼピンはかなり洗練されていて、安全度が高いと思って
います。現実に長期使用して、どんどん量が増える(あるいはそう
せざるを得ない)患者さんはあまりいませんし、血液検査で異常
所見が出る(GOT、GPTの上昇など)ことも極めて稀です。

ただ、依存性、耐性が以前より重視されてきたことも事実で、欧米では
あまりベンゾジアゼピンを使用しないように努めているのも事実です。

そもそも、一般の国では日本ほどベンゾジアゼピンの種類がありません。
不安に対し、従来だったらベンゾジアゼピンを使用しているところを、
SSRIやセロトニン1Aアゴニストなどを使用する傾向があります。

だから>>521氏の言っていることはあながち煽りではないと思われます。w

532 :優しい名無しさん:01/12/22 22:25 ID:???
>>529 Kyupin先生 >>516です  レスありがとうございます。

>実は、こういった薬物治療ではなくて期待の持てる治療法があるんですが

なんとかその治療法を教えていただけませんでしょうか?
こちらのアドレスを書けば 教えていただけますでしょうか?
またのお返事 おまちしております。

533 :優しい名無しさん:01/12/23 01:41 ID:???
半減期と効果が出てる時間は違うということで、大体の患者が感じる効き始める時間、効いてる時間を教えてください。
デパス・レキソタン・ソラナックス・ワイパックス・リボトリール・セルシンでお願いします。

534 :優しい名無しさん:01/12/23 10:52 ID:???
トレドミンを飲み出して痰だ絡むんですけど、自分今までも口渇をあまりかんじないほうだったので定かじゃないですが、口渇→痰が絡むではないですか?
でもトレドミンを飲み始めてからなんで、えと走ったり自転車で勢いよく走った後は痰の量はさらに倍、それと少しぜーぜー言う。
口が渇く(痰が絡む)→気管支の症悪化→喘息が悪化?こんなかんじ?
内科では全く問題なしでした。(一応喘息ではないと)
コレはトレドミンなどの抗鬱剤のなせる技ですか?

535 :優しい名無しさん:01/12/23 11:42 ID:???
側頭葉の働きに問題がある場合、セロトニンを増やすと、
症状が悪化します。この場合は抗痙攣剤が効くそうです。
ってあったのですが、確かにセロトニンに強く作用するのは
全部合わないんです副作用ばかり強く出て、
そして異常なくらい抗痙攣剤がよく効く(が酷い副作用の為断念)私。
側頭葉の働きに問題があるって例えば脳波とったら異常があるとかないですか?
それに抗鬱剤で痙攣起こしやすいですし、そんな私はどんな抗鬱剤、
または治療法が合ってるのでしょうか?

536 :優しい名無しさん:01/12/23 15:16 ID:???
少々早いですが いつも丁寧にお答え下さる
Kyupin先生に感謝をこめて  メリークリスマス! 
先生もお休みをとれてるといいな・・・     変な私信になってしまってすみません 

537 :優しい名無しさん:01/12/23 15:23 ID:???
精神科で処方される漢方薬で証を間違えると、効かないばかりか、病状が悪化する。
西洋薬の副作用を弱めるとか、西洋薬の減らすため、効き目を良くする、
とかそれくらいのもので過度に期待しないものらしいです。
今まで精神科でいろいろな漢方薬をポコポコ出されたんですけど、
どれも違っていてあれってどうなんですか?
ちゃんとした漢方に詳しい人が体質なんかに合わせて処方するもんじゃないんでしょうか、
結局終いにはアレルギー反応出ていろんな生薬は入ってるから漢方薬が怖くなって今飲めないんですけど。
漢方薬でアレルギーになる人っているんですか?

以上、お願いします。

538 :優しい名無しさん:01/12/23 15:28 ID:vlay096/
すいません、「テトラミド」を10mg飲んだだけで、
丸二日動けなくなりました‥‥。
体を起こすと吐き気が襲ってくる感じで、
常に寝てなきゃいけないみたいな。
テトラミドに関する知識を教えて下さい。

539 :パキシラー ◆aefuuTtY :01/12/24 01:08 ID:???
Kyupin先生。いつも有り難う御座います。

あの、パキシルは20に減らし、ノーマルンも35から10に減らしてみたんです。
今日改めて怖くなったんですが
眼球を動かすと指先が痺れるのが酷いんです。
指だけじゃなく全身の神経を伝わるって言うのか・・・
言葉にするのが難しいんですけど・・・
特にまばたきをした時が最悪なんです。

それと少しの物音や気配に敏感になりすぎていて
もの凄く(オーバーなほど)体がビクッと反応するんです。
これも「神経過敏」の一種なのだとしたら
副作用なのかセロトニン症候群なのか、それとも禁断症状なのか・・・
ちなみに以前相談しました「過食」と「体重の増加」は
驚くほど明確に消えてなくなりました。
この前の半分の食事で満足しています。

質問の内容が曖昧になりましたが「セロトニン症候群」
と「副作用」「禁断症状?リバウンド?」について教えて下さい。

540 :優しい名無しさん:01/12/25 12:33 ID:???
ageとく。

541 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/26 01:26 ID:???
>532 :優しい名無しさん :01/12/22 22:25 ID:???
>>529 Kyupin先生 >>516です  レスありがとうございます。

>>実は、こういった薬物治療ではなくて期待の持てる治療法があるんですが

>なんとかその治療法を教えていただけませんでしょうか?
>こちらのアドレスを書けば 教えていただけますでしょうか?
>またのお返事 おまちしております。

今、どうしたら良いものか考慮中です。このスレッドを注意して見ておいて
下さい。

542 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/26 01:26 ID:???
533 :優しい名無しさん :01/12/23 01:41 ID:???

>半減期と効果が出てる時間は違うということで、大体の患者が感
>じる効き始める時間、効いてる時間を教えてください。
>デパス・レキソタン・ソラナックス・ワイパックス・リボトリー
>ル・セルシンでお願いします。

ベンゾジアゼピンは半減期および、最高血中濃度に至るまでの時間
の2本の柱があって、作用を感じ始める時間や有効な時間はこの値に
関係します。

しかし別に最高血中濃度にならなくてもなにがしか作用は感じられる
ものです。患者さんの言葉を借りれば、30分〜1時間で作用は出てくる
と思います。

半減期についてはいろいろ資料により異なっていることがあります。
なぜかといえば、未変化体の半減期と活性代謝物の半減期で値は異なる
からです。

543 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/26 01:27 ID:???
続き。

重要なのは、活性代謝物の半減期です。
ちょっと記載の仕方がバラバラになりますが、一応今わかる範囲で、

デパス:未変化体の半減期=6時間
    活性代謝物の半減期=16時間
ソラナックス:半減期=12時間
レキソタン:今、資料なし
ワイパックス:半減期=15時間
リボトリール:半減期=27時間
セルシン:詳しくはわからないがかなり長い。

一般に、作用時間の目安は、
セルシン=2〜4日。リボトリール=1〜2日
ワイパックス=8〜12時間
ぐらいといわれています。

544 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/26 01:30 ID:???
最近かなり忙しいので、ここにカキコする時間が十分取れません。
まぁ、ぼちぼち、レスするつもりなのでよろしく。

545 :優しい名無しさん:01/12/26 05:03 ID:???
実際のところ代替療法(SJW・漢方薬・チロシン・フェニルアラニン・
トリプトファン・NADH・等など)で鬱病の完治・寛解はあるのでしょうか?
どうも抗不安薬のような一時凌ぎのように思えまして。

546 :優しい名無しさん:01/12/26 08:23 ID:???
あ、俺もサプリメントのマカとDHEA飲んでる・・・・
どちらもステロイドだって事少し前知った、マカは天然?のステロイドらしいけど
不安になってきたよ。
これらって即効性ないんですよね?持続的に飲むことになるからなあ、どうしよどのくらいなら大丈夫なんだろ・・

547 :優しい名無しさん:01/12/26 10:51 ID:???
>>541 Kuypin先生  おはようございます。
慢性疲労症候群の治療法について これを書いた者です  ↓

   >532 :優しい名無しさん :01/12/22 22:25 ID:???
>>529 Kyupin先生 >>516です  レスありがとうございます。
     >なんとかその治療法を教えていただけませんでしょうか?

「今、どうしたら良いものか考慮中です。このスレッドを注意して見ておいて下さい。」
のお言葉、本当にありがとうございます。 ここを覗きに参ります。
もし必要でしたら (フリーメールですが)アドレスをここに書きます。

年末で何かとお忙しいと思いますので どうぞご無理なさらないで下さい。

548 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/27 00:13 ID:???
>534 :優しい名無しさん :01/12/23 10:52 ID:???
>トレドミンを飲み出して痰だ絡むんですけど、自分今までも口渇をあまり
>かんじないほうだったので定かじゃないですが、口渇→痰が絡むではない
>ですか?
>でもトレドミンを飲み始めてからなんで、えと走ったり自転車で勢いよく
>走った後は痰の量はさらに倍、それと少しぜーぜー言う。
>口が渇く(痰が絡む)→気管支の症悪化→喘息が悪化?こんなかんじ?
>内科では全く問題なしでした。(一応喘息ではないと)
>コレはトレドミンなどの抗鬱剤のなせる技ですか?

精神科薬物に限らず、薬というものは頻度の低い副作用があるものです。
これなんかは、一見関係がないように見えます。が、トレドミンを服用してか
ら出現したなら、それが原因かもしれないです。

痰は「杯細胞」が関係しているらしいです。これの多寡に関係しているかも
しれないし、あるいは無関係かもしれません。

口渇が出てきたのなら、これと関係があるのかもしれないです。トレドミン
の口渇の副作用はひどく珍しいものではないです。

549 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/27 00:42 ID:???
>側頭葉の働きに問題があるって例えば脳波とったら異常があるとかないですか?
>それに抗鬱剤で痙攣起こしやすいですし、そんな私はどんな抗鬱剤、
>または治療法が合ってるのでしょうか?

一般的にいえば、抗うつ剤はけいれんを起こしやすくする効果?を持ちます。
テグレトールなどの抗けいれん薬は躁鬱にも効くし、けいれんも抑えるので
有効だと思われます。

550 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/27 00:43 ID:???
<けいれんを起こしやすい人のうつの治療について>

抗うつ剤でもMAOIはけいれんの閾値を下げないらしい。(これはMAOIは
けいれんを起こしやすくしないという意味)しかしMAOIは日本では発売
されていない。

SSRIは3環系抗うつ剤に比べ、けいれんを起こしやすくしないようであるが、
これもややデータが不足している。

それでも、3環系抗うつ剤に比べ、プロザック、ゾロフト、セレクサはまだ
推奨できる。ほかに、デジレル(レスリン)は3環系抗うつ剤に比べれば、
リスクが低いと思われる。

旧来の抗うつ剤のうち、ルジオミール、アモキサン、テトラミド、アナフラ
ニールはできるだけ避ける。

あと、抗けいれん剤も併用している場合は、相互作用にも注意する。例えば
プロザックは抗けいれん薬の血中濃度を上昇させることがある。セレクサ、
ゾロフト、デジレルは比較的薬物相互作用が少ないものの、やはり抗てんかん薬
の血中濃度を上昇させることがある。

551 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/27 00:44 ID:???
続き。

躁うつ病の場合は、テグレトール、デパケンが推奨できる。フェノバール、
マイソリンの使用はさける。

リチウムは禁忌ではない。

あと、ドグマチールは軽度の鬱状態ならば、けいれんを起こさせるリスクは
低いため推奨できる。

552 :優しい名無しさん:01/12/27 14:56 ID:5xOn1GnU
age

553 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/27 23:55 ID:???
>>536 :優しい名無しさん :01/12/23 15:16 ID:???

ありがとうございます。

554 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/28 00:12 ID:???
>>537 :優しい名無しさん :01/12/23 15:23 ID:???
>・・・・・・・・・・・
>今まで精神科でいろいろな漢方薬をポコポコ出されたんですけど、
>どれも違っていてあれってどうなんですか?
>ちゃんとした漢方に詳しい人が体質なんかに合わせて処方するもん
>じゃないんでしょうか、
>結局終いにはアレルギー反応出ていろんな生薬は入ってるから漢方薬
>が怖くなって今飲めないんですけど。漢方薬でアレルギーになる人って
>いるんですか?

基本的に精神科では、
西洋薬>>漢方薬   です。

僕は、精神科医の中ではわりあい漢方は使う方なのですが、精神科疾患という
より他の症状に使うことが多いです。漢方は証が合わないと効果が期待でき
ないし、だいたい本人が飲みにくいです。

これは絶対とはいえませんが、漢方薬が自分に合えば、味は甘い〜無味で
比較的服用しやすいことが多いです。

555 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/28 00:13 ID:???
ただ、精神科で推奨されている薬がいくつかあって、それが、まぁ
機械的に処方されることはあります。

そういうときは証が合わないこともあると思います。かなり専門的に
勉強しないと正確に本人に証を合わせられないところもあるので、処方
してみて、本人の感想というか手ごたえを聞くのもアリと思います。

アレルギーについては、柴胡剤がダメだという人に何人かあったことが
ありますが、精神科で使われることが多いどの薬が、よりアレルギーを
起こしやすいかはよく知らないです。(柴胡剤はよく使われる生薬で、
これがダメだと、かなりの種類の漢方が服用できない。)

漢方薬はやはり東洋的な薬なので、おそらくエビデンスがある薬はあまり
ないと思います。厳密な調査はあまり行われているとは思えません。

それでもなお、漢方薬は一部の疾患で(補助的に)有用な場合はあると
思っています。

556 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/28 00:36 ID:???
>538 :優しい名無しさん :01/12/23 15:28 ID:vlay096/
>すいません、「テトラミド」を10mg飲んだだけで、
>丸二日動けなくなりました‥‥。
>体を起こすと吐き気が襲ってくる感じで、
>常に寝てなきゃいけないみたいな。
>テトラミドに関する知識を教えて下さい。

テトラミドは4環系抗うつ剤。用量は〜60mg程度までだが、時に90〜120mg
程度まで使用されることもある。

3環系抗うつ剤の副作用で特に抗コリン作用などが減らしてあるが、この薬は
眠いという患者さんが多い。

力価的には(使用ミリ数は低いので)高いのだろうが、同じ4環系のルジオ
ミールの方がおそらく使用しやすいと思われる。

テトラミドはそれでも全くダメな薬ではない。テトラミドのみで治療も可能
なので、(地味だが)わりあい効く薬と思っている。

557 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/28 00:37 ID:???
最近の流行は、テトラミドを老人のせん妄などに使用するのがあるが、
これはテトラミドの鎮静効果を期待したものでもある。

こういう使い方をするとよくわかるが、時に10mg程度でそれこそ過鎮
静と呼べる状態になることがある。(傾眠を呈して、食事がとれない
など・・)

将来は、テトラミドに替わってセロクエルぐらいが、せん妄に使用される
ようになるのではないかと個人的には思っている。

以前はSSRIが無かったので、患者さんの条件が悪いケース(例えば
緑内障を合併している場合)で使用価値が高かった。テトラミドは緑内障
に禁忌になってなかった。

最近ミルタザピンという新しいタイプの抗うつ剤が開発され、アメリカでは
すでに発売されているが、これはテトラミドがベースになっている。

558 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/28 00:42 ID:???
>516

カイゼルひげ氏を探してメールで連絡をとってみてください
彼はどこかにメールアドレスを書いているはずです。
彼が取り次いでくれます。

その際、捨てアドはダメです。正アドレスでメールすること。

559 :優しい名無しさん:01/12/29 08:01 ID:???
ステロイドは副作用がいっぱいだから、お医者さんの言うとおりに
使ったほうがいいよ。
( 副作用 )ムーンフェイス(顔が丸くなる)・胃潰瘍・ステロイド性糖尿病
多毛症 野牛肩など
だからマカやDHEAも・・

560 :優しい名無しさん:01/12/29 08:41 ID:???
2週間ぐらい飲んで安定した状態ではメイラックスとレスタスどっちが強いですか?
それとメイラックスは思考力や記憶力が極端に落ちる事ありませんか?
いつもありがとうございます、

561 :優しい名無しさん:01/12/29 10:50 ID:???
難治性らしく鬱病(燥はないです)でデパケンを処方されたのですが、抗鬱剤ではないのに鬱病の寛解などを望めるのですか?

562 :優しい名無しさん:01/12/29 11:57 ID:???
俺の友人で一日にアモキサン   150mg
        トフラニール  200mg
        パキシル    40mg
       
        ベゲタミンA  6錠
        ヒルナミン   25mg
        ハルシオン   0.5mg
        ロヒプノール  4mg

処方されてしっかり生活している奴がいます。自分もそこに通っているが、
症状の重い人に少なく弱い薬の量のカクテルでビクビクしている医師の話を目にするが、
とても力量のある医師とは思えないんだが・・・
どう思われますか?

563 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 13:03 ID:???
>>539 :パキシラー ◆aefuuTtY :01/12/24 01:08 ID:???

>眼球を動かすと指先が痺れるのが酷いんです。
>指だけじゃなく全身の神経を伝わるって言うのか・・・
>言葉にするのが難しいんですけど・・・
>特にまばたきをした時が最悪なんです。

>それと少しの物音や気配に敏感になりすぎていて
>もの凄く(オーバーなほど)体がビクッと反応するんです。
>これも「神経過敏」の一種なのだとしたら
>副作用なのかセロトニン症候群なのか、それとも禁断症状なのか・・・

この神経過敏のような症状は、非特異的だがセロトニンに関係する症状っぽい
ですね。

パキシルはSSRIの中でも離脱症状が出現しやすい薬なので徐々に減らすことが
必要です。しかし、まだパキシル20mgは服用しているみたいなので、全体的な
減量が関係しているように思われます。離脱によるものならばだんだん症状が
減少していくと思います。

セロトニン症候群は検索でもかなり上がってくると思います。↓
ttp://www.google.com/search?hl=ja&q=%83Z%83%8D%83g%83j%83%93%8F%C7%8C%F3%8CQ&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

564 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 13:10 ID:???
>545 :優しい名無しさん :01/12/26 05:03 ID:???
>実際のところ代替療法(SJW・漢方薬・チロシン・フェニルアラニン・
>トリプトファン・NADH・等など)で鬱病の完治・寛解はあるのでしょうか?
>どうも抗不安薬のような一時凌ぎのように思えまして。

この質問は少し変だと思います。
これらの薬物といわゆる西洋薬の差は力価的なものでしかない。(強い抗うつ
作用だとか弱い抗うつ作用だとか、そういったこと)

本来、3環系やあるいはSSRIでも対症療法であって根本治療ではない。
しかし自然寛解もあるぐらいなので、抗うつ剤の治療をしているうちに
薬がいらなくなることはある。

それを完治と呼ぶならば、どんな薬だって完治の可能性があります。

565 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 13:18 ID:???
>>560 :優しい名無しさん :01/12/29 08:41 ID:???
>2週間ぐらい飲んで安定した状態ではメイラックスとレスタスどっち
>が強いですか?
>それとメイラックスは思考力や記憶力が極端に落ちる事ありませんか?
>いつもありがとうございます、

正確にいうのは自信がないが、メイラックスとレスタスでは(量にもよるが)
ほぼ変わらないと思います。

メイラックスに限らず、ベンゾジアゼピンは少し頭が鈍くなったような、
あるいは注意力が散漫になる面があります。

だからベンゾジアゼピンを服用中では、自動車の運転などは一般の人にくらべ
やや危険です。

どういうことかというと、子供が飛び出してきた時に、瞬間的にブレーキを
踏むの少し遅れるとか、カーブで大回りして車を擦るとかそんなことです。

566 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 13:41 ID:???
以下やや専門的。

難治性のうつ病に対する治療(1st choice)

1、リーマスの追加。
  (十分に確立されている。約半数が有効。文献で十分支持されている)

2、電撃療法
  (十分に確立されている。有効率が非常に高い。文献で十分支持されている)

3、T3を追加(いわゆる甲状腺剤)
  (服用しやすい。文献の支持はそこそこ)

4、Lトリプトファン付加
  (利点:服用しやすい。十分に研究済み
   欠点:セロトニン症候群の危険。好酸球増多筋痛症候群の理論的危険性。)

5、カルビスケン付加
  (服用しやすい。十分に研究されている。)

6、高用量の3環系(例えば、トフラニール300mg。ただし日本人には多い量だと思う)
  (アメリカでは広く使用されている。)

他にもあるが、日本で発売されていない薬剤もあるため省略。

567 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 13:47 ID:???
他の治療法。1st choiceに準じる。(試す価値があるもの)

1、リボトリール付加

2、ミルタザピン付加

3、ジプレキサ付加

4、リスパダール付加

5、エストロゲン付加(長期治療はいろいろ問題あり困難)

6、セロトニン1Aアゴニスト付加(ブスピロンやセディールのこと)

7、モダファニル付加

などです。きちんと論文になっているのは少ないです。

568 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 14:10 ID:???
これは、566の前にいれたい。(カキコミス)

>>561 :優しい名無しさん :01/12/29 10:50 ID:???
>難治性らしく鬱病(燥はないです)でデパケンを処方されたのですが、抗鬱剤
>ではないのに鬱病の寛解などを望めるのですか?

デパケンは日本では正式な適応がありませんが、躁うつ病の治療薬として極めて
すぐれていると思います。

特に典型的でない躁うつ病(ラピッド・サイクラーや非定型)には効果が期待でき
ます。

難治性うつ病に対してはいろいろ方策がありますが、ファーストチョイスではないも
のの、デパケンを併用する方法は挙がってくると思います。

569 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 14:13 ID:???
>562 :優しい名無しさん :01/12/29 11:57 ID:???
>俺の友人で一日にアモキサン   150mg
        トフラニール  200mg
        パキシル    40mg
      
        ベゲタミンA  6錠
        ヒルナミン   25mg
        ハルシオン   0.5mg
        ロヒプノール  4mg
>処方されてしっかり生活している奴がいます。自分もそこに通っているが、
>症状の重い人に少なく弱い薬の量のカクテルでビクビクしている医師の話を目にするが、
>とても力量のある医師とは思えないんだが・・・
>どう思われますか?

この処方は実は562さんのものではないですか?

個別の量はそうでもないが全体ではやや多いと思います。(僕の感想)
特にベゲタミンA6Tは驚きました。しかしこの合剤にしても、フェノバールがやや多い
かなと思うくらいでコントミンとプロメタジンはそれほどではないです。

570 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 14:14 ID:???
(以下、個人的な意見だが重要)

基本的に僕も薬物をしっかり使う方です。
少ない量で長期間治療してなかなかよくならないというのは最悪と思います。

外来の初診で、難治性のうつ状態のパターンを考えてみると、

「40〜50歳の婦人で、内科でトリプタノール30mgで2年間治療しているが
なかなか良くならない」

ぐらいが多い。
こんなに長期間良くならない状態で少量投与されていた場合は、後でずいぶん
難渋します。(なぜかわからんが、抗うつ剤全般に効きが悪くなっている)

3環系抗うつ剤(トリプタノール、トフラニール、アナフラニール、アンプリットなど)
は150mgまでは使ってみること。ルジオミールも同様。アモキサンは可能なら200〜300mg
まで。

562さんの処方の場合、抗うつ剤がかぶっているのが少しアレですね。笑。

571 :kyupin ◆LZ.gsETk :01/12/29 14:15 ID:???
では、これから帰省しますです。
皆さん、良いお年を・・

296 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)